大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006年07月04日 (火) | 編集 |
少年ジョニーは父親の厳しい特訓に耐えきれず、ある日バットで
殴り殺してしまう。
その後晴れて彼は野球選手となるが、実力不足で球界から
抹殺されてしまった。
父親殺害事件から17年後、弱小チームデビルズの
問題児ウォーカーは、仲間から嫌われるだけではなく
成績不振で女性マネージャーのテリーからリストラを通告される
そして、試合後の陽が落ちた球場で人が次々と殺されていく
果たして犯人は誰なのか

te1.jpg■1999/6月DVD発売 (日本劇場未公開)

■アメリカ制作

■監督 ・イベット・ホフマン/・ガイ・クロフォード

■出演
・デビット・ヘヴナー
・モニーク・バレント
・ジョー・エステヴェス







■感想■

今日は、前記事で「アルバトロス・フィルム」さんの
隠れた、オススメ作品情報をいただいた「べろさん」の
一本、ホラー「ザ・キャッチャー」を鑑賞しました~。

うわ~、内容は血しぶき、バシバシの王道ホラー!!

殺人鬼、ジョニーも少年時代は、凄い美形の普通の男の子
それが、父親の鍛えに、かこつけた言葉の虐待・・。
あれだけ、我が子をケチョンケチョンに、けなせば
子供も、精神に異常をきたして当たり前!!
殺人鬼ジョニーは父親によって作られたと云う感じですね。

te2.gif


17年後、父親を殺した日に、球場に帰って来たジョニー。
そこからは、もう凄い事に(汗)

バットで頭は割るは、お尻の穴に柄を突っ込み殺すは
はたまた、頭をベース替わりにスパイクで踏みつけるは
人間をピッチングマシーンの標的にするは・・・・。

もう、血だらけのグチャグチャドロドロ状態

完全にスプラッタホラーです。

しかし、最初うちは犯人は問題児捕手ウォーカーだと
思ってました・・・凄い、後ろ姿とか似てるし、映画の流れ的にも
そおゆう風に持って行ってあったと・・しっかり騙された私。
なかなか、凝ってたりするんだよね~

ラスト、マネージャーテリーとマウンドで、ピッチャー、バッター
として戦うのですが・・・ありゃ、何の意味が有るのですか?

内容的には、結構面白い流れで、画像的にも、それなりだったので
すが、いかんせん流れが、ぬるい(笑)

命がけで、逃げてるわりには、走りがノンビリだったりするの
まー、ここがアルバトロスさんの神髄って事で・・。

今まで、見たアルバトロス・フィルムのレンタルの中では
一番面白かったかも・・さすが、べろさんのオススメ一本です。

どう見ても、B級ホラーなんですが、独特の、味わいがあり
結構最後まで、ドキドキで見る事が出来ました。

べろさん、名作ありがとう!!

1つ大笑いしたのが、アルバトロスのページで「ザ・キャッチャー」
の関連キーワードに「変人」ってのが、ツボに、はまりずーと
笑ってました。




コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
むむ、血だらけのグチャグチャドロドロ状態…でしたか。なんだか凄そうですね。確かにアルバトロスにしては一見の価値がありそう。

私もこの作品を探しに行ったのですが、残念ながら発見できませんでした。でもまだ2つレンタル屋があるので足を延ばしてみようかな。(^^;
2006/07/09(日) 18:44:31 | URL | 白くじら #VdvmM0eI[ 編集]
白くじらさん、こんばんは

キャッチャー、お金かけてないホラー
でしたよ~(笑)

今度は、白くじらさんの一本ケンタッキー・・・レンタルしてきますね
鑑賞したら、又、感想お知らせします(^_^)v
2006/07/09(日) 20:28:14 | URL | アニー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。