大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006年06月29日 (木) | 編集 |
ロンドンの遺物博物館から、窃盗団により銀の棺桶が盗まれた。
その事を知った館長 ヴァン・ヘルシングは、棺桶の行方を追うが
時すでに遅く、棺桶は破られ、窃盗団はヴァンパイアに化していた。
実は、この棺桶に眠っていたのは100年もの間、ヴァンの手で
封印していた闇の帝王 ドラキュリアだった。
蘇ったドラキュリアはマリーという女性と接触しようとしていた
ヴァンは、甥 サイモンと共にドラキュリアに戦いを挑むが

dr1.jpg■2002/1月DVD発売

■アメリカ制作

■監督 ・パトリック・ルシエ

■出演
・クリストファー・プラマー
・ジョニー・リー・ミラー
・ジェラルド・バトラー





■感想■

ドラキュラ映画としては、異色でした。
血を吸う場面も、あんまり多くなくて、怖い感じはありません。

ドラキュラの死ねない苦悩とか、彼は誰なのか?
そうゆう事が描いてあって新鮮と言えば新鮮な感じ

ドラキュラ役のジェラルドさん、あんまり有名で無い頃の作品
なんですが、この頃から既に存在感ありますね。
怪しくて、魅力的でした。

dr3.jpg


ドラキュラはキリストを裏切った者で、銀貨の為に
キリストを裏切った?って事ですか?

その為に神キリストの怒りをかい、自殺する事さえ許されず
永遠に苦しみの中、生き続ける

それで、ドラキュラは銀が嫌い・・・なるほどね~
こうゆう、奥深くまで、突っ込んだ映画は少ないかも
もちろん彼が、誰だったのかとか仮想の話ではあるのですが・・。

この辺、今までには無い話で面白い設定かもしれません。

ですが、せっかくの新しい設定が生きてないような気が
話の流れは良く理解できるのですが、イマイチ深みが感じ
られません。
それぞれの場面が中途半端で終わってしまってるような

ドラキュラが探してるマリーの父親ヴァンヘルシングは
100年以上もドラキュラの遺体?を保管し彼の血で生きてる
父親の方が娘より存在感有り(汗)

父親と娘マリーそれぞれの、戦いになるのですがどちらかに
重点おけばもっと面白かった。

マリーと甥サイモンもそれほど存在感なくて、年老いた半端
バンパイアの父親とドラキュラの戦いにしたら良かったのに
体力的に無理ですね・・・・。

だいたい、マリーはドラキュラの一部なのに血吸わなくて
苦しくなのでしょうか?・・・その辺不思議だ

dr2.jpg


戦いが、2カ所に分散してるうえに、戦いにするのか、ドラキュラの
苦悩にするのか、あやふや・・どっちも盛り込もうと欲張った結果
どっちも中途半端で終わってしまってます。

この映画、ドラキュラの存在感に内容が付いて行けず
遅れを取ってました。残念。

イマイチ、印象に残る映画では無かった気がします。

ラストで、父親の後を継ぎ、「私の名はマリー・ヴァン・ヘルシング」
って台詞は格好良かった(汗)

ドラキュリアは、2そして3までシリーズで続いてます。
ちょっと興味があるので、見てみたいなぁ~・・・・

■自己中評価stars-3-0.gif


コメント
この記事へのコメント
こんばんわ♪

ヴァンパイアものってとっても好きです
この映画も随分前に観ましたよ。

異色といえば異色作。
逆に吸血鬼の血を必要とする(?)なんてね。

あまり内容は覚えていませんが、
私は付けるとしたら★2.5くらいかな

一番好きなヴァンパイア・ストーリーは
「恋する十字架・バフィー」が最高に面白かったです。嵌りに嵌りました。
2006/07/01(土) 00:59:10 | URL | nigera #-[ 編集]
nigeraさん、こんばんは~

私も、吸血鬼物、好きですね~

この映画もnigeraさんと一緒で2、5が
丁度かなとも思ったのですが、後ⅡとⅢがあるんで、Ⅰよりヒドカッタひには
★マークなくなりそうで、頑張って★3つで手を打ちました。

続編になると、怖いくらい変な映画
になってるシリーズばっかりなんで(笑)
2006/07/01(土) 01:19:47 | URL | アニー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。