大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年01月08日 (金) | 編集 |
2012.jpg

■2009/11/21日~公開中  ■アメリカ制作  ■158分

■監督 ・ローランド・エメリッヒ

■出演
ジョン・キューザック / キウェテル・イジョフォー / アマンダ・ピート / オリヴァー・ブラッド

■あらすじ■
2009年、リムジン運転手のジャクソンは、子供達との旅行を楽しんでいた。ところが、偶然湖底に沈む巨大な研究施設を発見し、地球が滅亡に向かっていることを知る。この危機から逃れる手はないものかと模索するジャクソンだったが、すでに天災は地球上の至るところで起こり始めていた。

■かんそう■
今頃、2012鑑賞てのもどうかと思ったものの、時間が合わずアバターは来週回しと
先にエメリッヒ監督作見てまいりました。

監督らしい作品で、凄まじいまでの地球崩壊・・・そして少々の人間ドラマ(~_~;)

ロシアのパイロットさんは男気が有ってカッコ良かったのですが
ワンコ連れたお姉さん、誰にも気付いてもらえず溺死したの可愛そう。

マヤの予言通り、惑星が並び太陽フレアの大放出により長い年月作り上げて来た
人間文明が、いとも簡単に粉々に。

人間が作った建造物が、人間に襲い掛かって来る様は見事の一言です。
薄ら怖さを感じられる迫力でした・・流行の温暖化問題を絡めて無い所も良いね。

巨大とは言え、箱舟で生き延びた人類はヒビタルもんだろうなぁ~。
この監督さんの作品は、ラストに希望が描かれてるのでホッとしますね。

大娯楽作として映像でグイグイ押しまくって来るので、息つく暇与えない作品でした。
ただ・・・・「インディペンデンス・デイ」「デイ・アフター・トゥモロー」と
何処がどう違うのか、区別が付かないのが悲しい(^。^)

一言、動物達は箱舟の狭い空間でストレスに耐えられたのかしら?

私の好き度 stars-4-0.gif

★よろしかったらクリックお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

コメント
この記事へのコメント
こんばんわ♪
どうも~、アニーさん!

これでもか! と見せつける崩壊映像は凄まじかったですね。
劇場で観なきゃ作品の一つかな~。

>「インディペンデンス・デイ」「デイ・アフター・トゥモロー」
言われてみれば確かに同じです~(^_^;
まあ規模は2012の方が数十倍上ですけどね。

動物たちはさぞ息苦しかった事でしょう…。
2010/01/08(金) 23:27:54 | URL | 猫人 #-[ 編集]
こんばんは!
ローランド・エメリッヒ監督は、
壊してなんぼってスタンスが最高です。
過去作では、その後に希望ありなんですが
これも多分そうでしょうか~
製作総指揮ですが、13Fが印象的。
いや~2012
面白そうですね!
2010/01/10(日) 00:21:13 | URL | hiro #-[ 編集]
こんばんは~♪
おっ!これも、映画館の方がGOODな映画よね。
破壊王ですね。
日本なんか、あっという間にない。
アニーさんですね、動物サンの心配をちゃんとしてる!
飼育係もちゃんといるのか心配よね。
たたみかけるように次から次へと色々あって、最後までぐぐっと観られました。
あのパイロットさん、ちょっといい男だったしね。もぉー!!

アバターは、ぜひとも映画館!ワタシ、もう一回観に行くかも。
マーターズ、あにーさんにオススメのDVD!!
2010/01/10(日) 01:52:42 | URL | ちゃぴちゃぴ #-[ 編集]
No title
おひさしぶりです~。
観ましたか!すごい映像美でしたよね~。
こういう作品を映画館で観れたときは、お金払った価値があると思えます。
ちょっと、人間臭い場面が多すぎましたがね。。。
方舟は、食料足りたのか!?と思いますね(笑)
2010/01/11(月) 02:13:24 | URL | とら次郎 #mQop/nM.[ 編集]
こんにちは。
これは劇場ならではの大崩壊シーンでしたね。
ただパニックモノとしては、あまり恐怖感のないもので、崩壊シーンも主人公たちにとっては死なないアトラクションみたいな感じの不思議な作品でした。(^^;

肉球たちの心配をしているところがアニーさんらしいです。人間の扱いは酷かったですね。

「インデペンデンス・デイ」は宇宙戦争のリメイク版ですよ。(^^) なので明確な敵がいましたけど、「デイ・アフター・トゥモロー」は同じ自然災害を扱ったものなので同じかもしれません。

トラックバックさせていただきました。
2010/01/11(月) 15:46:00 | URL | 白くじら #7ZJYb.PU[ 編集]
No title
これは僕の2009年ベストワンに輝いた傑作でした。

いやー、感動したなー。

特にウッディ・ハレルソンが、山のてっぺんでド派手にブットンで死んだトコ。

あんなカッコいい死に方ってないよ。

『インデペンデンス・デイ』『デイ・アフター・トゥモロー』と決定的に違うのは、宇宙人やオオカミが出てこないところですよ。

そこが全然違う。
2010/01/12(火) 16:57:05 | URL | shit #cegS/oW.[ 編集]
映像の迫力は満点
こんにちわ、アニーさん。Ki-Tsu-Neです。
2012、有象無象が壊れていくシーンはすさまじいものがありましたね。私が思うに、この映画は、すべての2D映画の中でもトップレベルの迫力が有ったとおもいます。

もっとも、映画の流れから思うと、あの大きな船のそばに居た人たちはほとんどが「超お金持ち」なわけで、思い返して見ると、「人間、お金がすべて」なのかな?という気にさせられてしまいます。そういう点で私には不満が残るお話でした。
2010/01/13(水) 22:50:36 | URL | Ki-Tsu-Ne #g4rZUMYg[ 編集]
No title
猫人さん、こんばんは

ほんと、映像の凄まじさは見事の一言で
ございました。
ただ、地上はインディ・・そして津波は
デイ・・を合わせたような雰囲気で
でもね、何故か溶岩で真っ赤になってる
ハワイ島?あそこは目に焼きつきました。

動物君達、可愛そう。

トラバありがとうございました(^_^)v
2010/01/14(木) 21:34:09 | URL | アニー #-[ 編集]
No title
hiro君、こんばんは

これは是非劇場で見たってください!
紀元前一万年よか数百倍面白いです。
息できないくらい、猛烈映像のオンパレード
でしたし、それなりに人間ドラマも有り
少々感動したりできて満足です(^・^)
2010/01/14(木) 21:36:51 | URL | アニー #-[ 編集]
No title
ちゃぴさん、こんばんは

私、箱舟・・・ってモロねたばれしてるのに
今気づきました(~_~;) もう良いか今更
これは絶対スクリーンですね・・凄いの一言でした。高層ビルが狂喜乱舞・・絶対人間勝てませんねぇ。

アバター見たので、近いうちにアップしますね。

それと、マーダーズ、リストインしてるの
ですが、まだ借りてません。
二月リリースの「豚小屋」と共にレンタルするかもしれませんです。

それと、何故かコードブルーの山Pがカッコよくて、珍しく日本の連ドラアップするかも
(*^_^*)

トラバありがとうございました。
2010/01/14(木) 21:42:43 | URL | アニー #-[ 編集]
No title
とら次郎さん、こんばんは

凄まじい!・・につきる映像映画でした。
ここまで大金かけられる監督って恵まれてますね~。エヘリッヒ監督のネームバリューの
成せる技だと思えます。

私は、もう少しドラマ部分が濃いほうが好み
なんですが、そこそこですかね。

食料はキット、箱舟でバイオ栽培か何か
してたのでは・・・あ!タンパク源は?
乗せた動物食ってたら嫌だぁ~(笑)

トラバありがとうございました。
2010/01/14(木) 21:46:52 | URL | アニー #-[ 編集]
No title
白くじらさん、こんばんは

そうですね~、一種アトラクションの乗り
かもしれません。まず、キューザックさんが
あんな危険シーンで生き残れるはずが無い(笑)

が、あの遅い来る町には度肝抜かれました。
ほい、内容の違いは分かるのです。
ただ、映像だけ見ると、区別が付かないと
言うか、多分数年後には三作品がゴッチャに
なりそうな予感がします(~_~;)

そうそう、そうなんです。
人間は自分の置かれた状況が分かるから
絶えられる・・が動物達は理解してないかも
するとストレスに耐えられず死んでしまう
固体も多々有ったのでは。
それとも動物的感で人間より危機察知出来てて耐えたのかなぁ~。

トラバありがとうございました(^。^)
2010/01/14(木) 21:54:43 | URL | アニー #-[ 編集]
No title
シット君、こんばんは

アハハ・・・なるほど、宇宙人&狼が
出てない所が違う訳ですね(笑)

が、自由の女神が波にサラワレたりするのと
エアフォースワンが吹っ飛んでるのと変わり
が無いようなv-221

しかしながら、凄い迫力でした。
ここまで、大崩壊させる作品って最近無かったような。
ひとたび、地球が崩壊し始めると、こんな事になりますって予告してるような
そう考えると、人間なんて蟻んこレベルだと
思い知らされますね。

ちなみに、私はインディペンデンスデイ
大好きですよ。人間ドラマ部分に心がプルプルしました。良い映画です(^_^)v
2010/01/14(木) 22:02:26 | URL | アニー #-[ 編集]
No title
Ki-Tsu-Neさん、こんばんは

私も、映像に圧倒されました。
次から次に襲ってきて息をする暇なかったです←息してなかったら死んでしまいますが(笑)

ここまで、崩壊大迫力映像に徹した作品
もう文句ありません。凄いです。

アハハ・・究極の場面でも人間は目先の金
なんでしょうね~。器が小さいのですよ人類ってのは。地球上でトップに立ってるつもり
なんでしょうが、まず消滅するは人類なのかもしれません。

ちなみに、私は貧乏なんで箱舟には乗れません(~_~;)

トラバありがとうございましたv-218
2010/01/14(木) 22:07:37 | URL | アニー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
2012年 マヤの予言通り、世界は終わる―。 【感想】 古代マヤ人が予言した人類が滅亡する2012年のお話し。 64万年に一度起...
2010/01/08(金) 23:25:50 | Recommend Movies
これは、映画館で体験してなんぼかなと思いまして。しかも、でっかいめのホールでやってるときに観たいというわがままな思いのもと、公開二週目に行けました。地割れ、噴火、地震、津波、洪水…すごかったです…。日本沈没をどこか頭によぎらせながら観ちゃう...
2010/01/09(土) 00:55:15 | 晴れたらいいね~
『2012』 【製作年度】2009年 【製作国】アメリカ 【監督】ローランド・エメリッヒ 【出演】ジョン・キューザック/アマンダ・ピート/ダ...
2010/01/11(月) 02:15:14 | こわいものみたさ
我々の知っている世界はもうすぐ崩壊する。 2009年(2012)製作国:アメリカ監督:ローランド・エメリッヒ原作:製作:マーク・ゴードン、ハラルド・クローサー、ラリー・フランコ製作総指揮:ローランド・エメリッヒ、ウテ・エメリッヒ、マイケル・ウィマー脚本:ローラン?...
2010/01/11(月) 15:39:42 | MOVIE-DIC
世界が壊れていく様は、私が見た中では一番緻密 くじ引きがいいよ...くじ引きも問題だけど... わたしん所、世界の工場だし、ちゃんと秘密守るアルよ こんにちわ、Ki-Tsu-Neです。 古代マヤ文明の予言には、西暦に直すと2012年に世界が滅びるというものが有?...
2010/01/13(水) 22:34:16 | Ki-Tsu-Neの祠 R
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。