大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年10月17日 (土) | 編集 |
anata1.jpg

■2009/10/9日~公開中  ■アメリカ制作  ■110分

■監督 ・ニック・カサヴェテス

■出演
キャメロン・ディアス/ソフィア・ヴァジリーヴァ/アビゲイル・ブレスリン
エヴァン・エリングソン/ジェイソン・パトリック/アレックス・ボールドウィン

■あらすじ■
11歳の少女アナは、白血病の姉に臓器を提供するドナーとして、遺伝子操作によってこの世に生まれた。母サラは愛する家族のためなら当然と信じ、アナはこれまで何度も姉の治療のために犠牲を強いられてきた。そんなある日、「もうケイトのために手術を受けるのは嫌。私の体は、自分で守りたい」と、アナは突然、両親を相手に訴訟を起こす。しかし、その決断にはある隠された理由があった…。

anata2.jpg
anata3.jpg
anata4.jpg

■かんそう■
自然と涙が溢れてしまって止まらなくなり、鼻水ズルズル垂らしっぱなしでした。

夕焼けの海でのケイトの表情の穏やかさ
そして母サラが最後泣き崩れた場面では、もう涙マックス状態。

愛する姉ケイトを救いたい・・・それだけで生きてきた母親。
見守る父親、そして姉中心で犠牲を強いられて来た、妹と長男。

3人の子供達、胸が苦しくなるくらい優しくて
与えられなくても、奪われても、そこにはお互いへの思いやりが溢れてる。

ケイトとテイラーの一時の幸せ・・・儚くも美しかった。

母の気持ちも、充分過ぎるほど分かるし愛です。

この映画、病気で苦しむ娘の悲しみと共に
母親に「受け入れる」その気持ちを理解し前向きに生きて欲しい
と願う家族の物語だった気します。

親が思うほど、子供は幼くは無くて、大人なんだと思えました。

最後まで、笑顔を絶やさなかったケイト・・・テイラーと再会出来る事祈ります。

一言、テイラー君、眉と髪有ったら、なかなか男前だと思うなぁ。

私の好き度 stars-4-5.gif

★よろしかったらクリックお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

コメント
この記事へのコメント
泣いた・・・
これって結構予想外の展開だったよね!

最初はそっか、こういう考え方も当然あるよねって少し納得した。
姉のために生まれて自分って?って思うのも当然だよねって。
でも家族ってそんな一般論当てはまらないくらい愛に溢れてるんだよね・・・

最後助かったとかそんな甘い話じゃなくてやっぱり厳しいんだけど、だから残された家族が前向きに生きていけたのかも。
言葉悪いけど死人を悪く言えないみたいな・・・だから色んな感情も全部消化できたんじゃないかな。

確かに女の人向けって言われたらそうかなって思うけど、行きてる意味とか闘病とかそうじゃなくてこんな家族の愛って自分が手に入れたいっていうすっごく純粋な思いなんじゃないかな・・・・

長いし、自分の感想うまく言えなくてもどかしいけど、ホントにゆる~く感動した。実際号泣だったけど・・・
2009/10/17(土) 23:00:18 | URL | ちひろ #-[ 編集]
たわしの中の泡だ!?
こんばんはv-411

「私の中のあなた」
なかなか良さそうな映画ですね。
見たら号泣しそうです。
なにせ「カンフーハッスル」で号泣した
イカレタ僕の涙腺ですから(笑)へいぇひぇ~

バビロンA.D.見終わりました。
ひどいですね~。

アニーさん。あれ犬じゃなくウサギ食ってます。
嫌だけど確認しました^^;

なんか『トゥモローワールド』みたいな内容ですね。
ヴィン・ディーゼルだからアクション全開と思いきや

グダグダと要らないシーンばかりで
話が進まないし説明不足で意味が解らない。

監督の自己陶酔映画になってますね。
客を置いていくし、話を投げ出して終わりますね

コメントするのも面倒くさい映画です。
映画と同じく、僕もコメント
投げ出します~あ~も~嫌だ~。

マックス・ペイン。バビロンA.D.
バンコック・デンジャラス。三作この世から
抹消しましょう~(笑)殺される)

アニーさん。あれ犬じゃなくウサギ食ってます。
嫌だけど確認しました^^;

ポチっとv-352
2009/10/18(日) 01:03:44 | URL | オーラ・スピリット #-[ 編集]
ごめんね・・・
昨日も酔ってたんで、自分のコメント意味不明で・・・アニーさん、許してください。

とにかく色んな愛情表現あるけど、その愛ゆえの優しさってすっごく素敵で、感動したんです。

何でみんなそんないい子なの?
こういうのって悲しいけど、幸せなんだよな~って。
観て良かったです。
2009/10/18(日) 20:02:37 | URL | ちひろ #-[ 編集]
こんばんは!
これは今年一番といっていいほど泣けたねえ。。。

>3人の子供達、胸が苦しくなるくらい優しくて
>与えられなくても、奪われても、そこにはお互いへの思いやりが溢れてる。

家族の愛にあふれていて、胸がいっぱいになりましたよ。
それぞれの思いがダイレクトに伝わってきた。
思い出すと泣けてくる・・・いい映画でした!

テイラーくんはサラ・コナーシリーズのジョン・コナー役の俳優さんだってね。
眉毛なしだから、まったく気がつかなかったよ。
2009/10/18(日) 22:49:39 | URL | アイマック #mQop/nM.[ 編集]
ちひろさん、こんばんは

いやいや、ほろ酔いコメントありがとう!!

姉を快復させたい・・・それも母の愛。
現実を受け入れ、娘を静かに見送る・・それも愛。

子供達は、真っ直ぐ生かすだけを追って来た
母親に、ケイトの死後立ち直れないショック受けるのを予期してたんだと思うの。

だから、母親に前向きに生きて欲しい
姉の気持ちに、2人の弟、妹は精一杯協力したんだよね

姉ケイトの絶妙の演技が光りましたよね。

かなり泣きますが、お涙頂戴より家族のあり方
1人が重病になり、初めて分かる事なのかも
しれません。私も、見て良かったと思ってます。
(∩.∩)
2009/10/19(月) 00:19:17 | URL | アニー #-[ 編集]
スピリットさん、こんばんは

泡じゃない!(笑)

あ、あれウサギだったんだ!
2回もダメ出ししてくれてありがとう(^∇^)アハハハハ!

てっきり犬だと思ってました。何か世紀末みたい
だったし食い物無い時代設定かと勝手に思い込みですね

そうそう、3作品とも・・何とも、どーでも良いような作品で・・・私がボツにしたの分かってもらえて良かったですσ(^◇^;)

で、この作品、カンフーハッスルで無く貴男
なら号泣ものです。かるくテッシュ一箱無くなるかもo(^▽^)oゲラゲラ
2009/10/19(月) 00:23:51 | URL | アニー #-[ 編集]
アイマックさん、こんばんは

えぇぇぇ~、テイラー君、ジョンだったの!!?
ヒェ~全然気付きませんでしたσ(^◇^;)

どおりで、毛あればイケメンだろうと思った
わけだ(笑)

私もなんですよ・・この記事3日くらい後に
書きました。その日に書くと、思い出されて
再び涙が込み上げそうだったので開けて
・・・でも上手く、言いたい事が表現出来なくて
こんなもんになっちゃいました(笑)

トラバありがとうございました。
2009/10/19(月) 00:27:55 | URL | アニー #-[ 編集]
感動しました。
久しぶりに涙がかなり出ましたね。
死という人間にとっての大きなテーマが目の前にせまったとき、それを受け入れるのか、受け入れないような努力をするのか・・・
これは、家族と言えど、感情は異なります。
でも、やっぱり、家族は家族。
お互いのことを思ってるんですよね。
いやぁ、良い映画でした。
2009/10/19(月) 07:38:25 | URL | 亮 #-[ 編集]
亮さん、こんばんは

でしょ!私も、ズルズルでしたσ(^◇^;)

死は誰にでも訪れるし、逃げようのない現実だと
思います

しかし、それが順番で無いのが母親は受け入れ
られないのだと・・・自分より子供が先に逝くのは
耐え難い苦しみだと思えます。

その苦しみから、一刻も早く、立ち直ってほしい
そう願う子供達や、夫・・そして回りの人物達

凄く伝わって涙が止まりませんでした。
家族って、頼りになるモンダと感じますね
2009/10/20(火) 23:44:57 | URL | アニー #-[ 編集]
おはようございます!
泣けましたねー(>_<)
最初から最後までハンカチ手放せませんでした。

大変な生活だったと思うのに、子供3人が素直で優しくて・・・
お互いを思いやっている姿は感動♪

サラの気持ちも母としてわかります。

ブライアンの覚悟を決めてからの姿は良かったです。
海辺でのシーンは感動的でした。
2009/10/21(水) 08:11:50 | URL | みすず #qx6UTKxA[ 編集]
みすずさん、こんばんは(^_^)v

ほんと、ズルズルグスグスの連続でした。
何だろう、涙誘う場面じゃないのに
涙がこぼれてしまって・・完璧に映画の中に
入り込んでしまったようで

父も母も子供達も、叔母さんも弁護士も判事も
テイラー君も、みんな優しくて素敵な人ばかり
だったね

ケイトが最後まで笑顔絶やさなかったのが
凄く印象的で・・素晴らしい子供や夫に恵まれた
母親は幸せ者だと思えます。

ケイトが快復してくれたら言う事無しだったんだけどね
2009/10/22(木) 00:03:01 | URL | アニー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
My Sister's Keeper(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督・脚本: ニック・カサヴェテス 出演:キャメロン・ディアス/アビゲイル・ブレスリン/アレック・ボールドウィン/ジェイソン・パトリック/ソフィア・ヴァジリーヴァ/トーマス・デッカー/ジョーン・キューザッ?...
2009/10/18(日) 22:41:58 | 小部屋日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。