大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年09月29日 (火) | 編集 |
dawt1.jpg

■2009/8/19日DVD発売  ■アメリカ制作  ■105分

■監督 ・ジョン・パトリック・シャンリー

■出演
メリル・ストリープ / フィリップ・シーモア・ホフマン / エイミー・アダムス

■あらすじ■
1964年NY。ブロンクスにあるカトリック学校では、校長シスター・アロイシスが厳格な指導を信条に日々職務を果たしていた。一方、生徒の人気を集めるフリン神父は、ストイックな因習を排し進歩的で開かれた教会を目指していた。しかし、唯一の黒人生徒ドナルドと不適切な関係に有るのではないかという疑惑が持ち上がり、シスター・アロイシスによる執拗な追及が始まるのだった…。

■かんそう■
休止中に見た作品なのですが、元々舞台劇だと知らずにレンタル。

驚愕するような秘密が暴露されるのかと期待して見ていたのですが
神父が男子生徒に手を出す・・・定番ストーリーで終わりなの?

と思いきや、ラストには唸りました。生徒を心配すると言うより
長年守って来た学校の伝統、そして校長の教育スタイルを死守したい

その為に、疑惑は解明される事も無く事実へと

それだけだと嫌な女で終わってしまうのですが
校長は自分の間違い罪に気づいてる・・・神に仕える者にとって大罪
分かっているのに、引き返せない。
人間らしい行動と同時に神の僕としての苦悩がズンズン伝わりました。

これは、もう俳優陣の力量勝ちですね!
神父vsシスターの舌戦、凄い気迫に圧倒され
黒人生徒の母親の切なる訴えも許せないけど分かる

人間って道理で割り切れない複雑な動物だと感じられて見応えありました。

私の好き度 stars-4-0.gif

★よろしかったらクリックお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

コメント
この記事へのコメント
アウト/有る?蚊とり機、買っといで!?
こんばんはv-411

「薔薇の名前」みたいなサスペンスを
期待しちゃいけないんですね?

カトリック学校。。
僕は、カトリックの幼稚園に行っていました。
(意外とお坊ちゃま君なんですよ^^)

白いタイツが嫌で登園拒否していましたね。
お遊戯も嫌いでした。
あの子供っぽい演技が嫌でしたね~。

嫌なガキですね(笑)へへへ
ポチっとv-352
2009/09/29(火) 22:44:47 | URL | オーラ・スピリット #-[ 編集]
見ごたえあり!
予想とは違ったお話だったけど、演技で見せてくれましたね!真実は分からないままだったけど、校長の「悪を排除するためには少しくらいは神から離れなければならない」ってあえて戦った姿、そしてあの涙には心打たれました!

言いようのない衝撃を受けたけど、「で、実際のとこどうなのよ?」ってすっごく知りたいんだけどな・・・
2009/09/30(水) 16:56:15 | URL | ちひろ #-[ 編集]
スピリットさん、こんばんは

薔薇の名前って見たこと無いなぁ~。
傑作サスペンスなん?面白いのかな~。
面白かったら見てみたい

スピリットさん的にはオススメなのよね?

スピリットさんの白タイツ幼少時代
見たいぃ~! 今度ブログで公開してよ(笑)
キャワイイ~けど妙にクールなガキだったりして

私も高校はカトリック女子校だったよ←お嬢様
ミサとか有るんだけど、あたしゃ神徒の家だよ

ついでに、他校男子らがイメージだけで
美人揃いだと思ってて、ガックリしてたみたい

お前ら、自分の姿を見てから人の事は言えってんだ
(`´) フン

>アウト/有る?蚊とり機、買っといで!?
ノーマットの液が切れたのね(笑)
2009/10/01(木) 00:09:32 | URL | アニー #-[ 編集]
ちひろさん、こんばんは

校長って誰の何の為に意地張ってたのかと
思うと、やはり自己保身としか思えないよね

でも罪の重さに、耐えきれなかった
人間らしい女性でした。

確か、生徒の方も男性が好きみたいな事
母親が言ってたけど・・・神父は大否定だし

ん~結局、真実はヤブの中でしたね^_^;

こんな地味で重たげな作品も、演じる俳優陣で
凄く印象に残る見応えある物になるんだね
素晴らしい演技力っすね(-^□^-)
2009/10/01(木) 00:15:00 | URL | アニー #-[ 編集]
演技合戦だったね
私も、舞台劇だったとは知らず鑑賞して、やっぱしな~って思いながらも、まだ観やすかったと記憶してます。
ラストのあの二人のバトルが圧巻でしたねぇ。
結局~っていうのは、わからずじまいだったけれど、妙に見応えがあった。
2009/10/01(木) 00:15:28 | URL | ちゃぴちゃぴ #-[ 編集]
ちゃぴさん、こんばんは

私、舞台劇って苦手なんだよね~^_^;

なもんで、最初はソコソコって感じだったんだけど
後半は何か凄かったよ。

人間の深い真相心理みたいなモン感じて
地味だけど見応え充分でした。

神父&シスター・・・やっぱスゲーです。
さすがと言うしか無いよね(-^□^-)

トラバありがとうございました。
2009/10/01(木) 18:23:54 | URL | アニー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
とにかくホフマンさんとメリルの役者バトルが素晴らしい。 進歩的な神父と厳格なカトリック・シスター。実際には(おそらく)あのような事実はなかったんでしょうね。ただ、相手を追いつめられれば良かったんだと思う。メリル演じる校長の「私にはわかる!」というこの根...
2009/09/29(火) 22:34:17 | いやいやえん
アカデミー賞で、主要4人の俳優がそろってノミネートされてました。確かに、すごいなー。演技合戦は、ハイレベル。観てる方も、ひきこまれてしまう。少し前に、ホフマンとメリルはまったく別のタイプの役柄を観ているだけに凄っと感じてしまいます。後半の二人のバトルは?...
2009/09/30(水) 22:24:52 | 晴れたらいいね~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。