大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年09月28日 (月) | 編集 |
siroi1.jpg

■1971年作品  ■2009/7/8日DVD発売  ■アメリカ制作  ■105分

■監督 ・ドン・シーゲル

■出演
クリント・イーストウッド / ジェラルディン・ペイジ / エリザベス・ハートマン
ジョー・アン・ハリス / パメリン・ファーディン

■あらすじ■
南北戦争末期の森の中。戦火を避け、女だけで自給自足の生活を送る学院があった。ある日、戦闘で意識をなくして倒れていた男が、少女に発見され学院に運び込まれる。女達は彼が敵兵である事に困惑するが、仕方なく男をかくまい看病をすることに。手当の甲斐あり男は回復するが、その男の魅力が女たちを虜にしてしまう。やがて、女たちは互いに欺瞞と妬みを募らせていく…。

■かんそう■
ミザリーの原点らしい恐い女達のお話。ジャケ見ただけで、時代を感じます。
イーストウッドさん、若い!・・・骨太さ感じないが背高くて男前。

最初は、善意でも戦争中とは男女共に異性に飢えてるんだなぁ。
男も、女だらけで妄想下心は有ったと思います。

が、女を甘く見たのが大間違い・・敵地で逃げようとすれば、通報される
女郎蜘蛛の糸に絡まりモガク虫状態。女達の嫉妬心に翻弄されて行く。

若い子はともかく、院長の上品ブッタ態度と裏腹の独占欲は気味悪い

やっとの思いで、解放されかけたのに毒キノコ
子供なのに、女なんだね・・・感謝のキスが少女には初恋だったのかも

美しい想いは、激しい嫉妬へと・・。 同性として分かるが異常だ

結末も、異様で誰1人とがめる事も無く、何も無かったように日常へと

地味だし、特別スリリングでも無いのですが
女の隠された内面がジワジワ伝わり薄ら恐くなりました。

私の好き度 stars-4-0.gif

★よろしかったらクリックお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
お久しぶりです。
細々と復活です。またよろしくお願いいたします。

これは大昔、日曜洋画劇場か水曜ロードショーで観た記憶がありますが、女性って恐い!って子供心に思ったような気がします。(^^;

クリント・イーストウッドってダーティーハリーのイメージが凄く強かったので、こういう作品にも出ていて驚いたものです。
2009/09/28(月) 21:23:58 | URL | 白くじら #22oi7nDU[ 編集]
おぉぉぉ~白くじらさんだぁ!!

お久しぶりです~。オゲンコされてましたか?
復帰おめでとうございます。

こちらこそ、これからもヨロシクお願いします。

で、この映画、最近DVDが発売されてて見てみた
のですが、イーストウッドさん優柔不断男って
感じでした・・・イメージが違いますよね(笑)

全然派手さは無かったのですが、何か不気味でした
女は恐い。私もこうなるのかしら?^_^;
2009/09/28(月) 23:07:24 | URL | アニー #-[ 編集]
ひどい、嫌だ、とイミョンバクの世論!?
こんばんはv-411

クリント・イーストウッドは
やっぱり、山田康雄の吹き替えで見たいですね。

グラン・トリノも山田康雄で見たかったです~
栗田貫一じゃ似てないし~

女は恐いです。
青チOポになりそう!←青チOポで悩まないで(笑)

ポチっとv-352
2009/09/28(月) 23:54:03 | URL | オーラ・スピリット #-[ 編集]
スピリットさん、こんばんは

もしかして、隠れ韓流ファンなんじゃないの
ヒヒヒ・・・( ̄∀ ̄)

山田康雄=ルパンとイーストウッドだよね!
栗カンも似てるけど、微妙に違う

そりゃそうだ、山田さんは素声
栗田さんは、作り声だもん

はい、青モッコリで、もう悩みません(笑)
2009/09/29(火) 19:24:11 | URL | アニー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。