大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年09月10日 (木) | 編集 |
sasu1.jpg

■2009/9/9日DVD発売  ■イタリア/アメリカ制作  ■98分

■監督 ・ダリオ・アルジェンド

■出演
アーシア・アルジェンド / クスリティアン・ソリメーノ / アダム・ジェームズ
モラン・スティアス / ヴァレリア・カヴァッリ

■あらすじ■
ローマの古代博物館で研究をするサラは、副館長のジゼルと共に、館長で恋人のマイケルの元に届いた遺品入れを開けてしまう。そこには邪悪な魔女“涙の母”を復活させる法衣が納められていた。呪縛を解かれた魔女はジゼルを惨殺し、ローマ中に呪いを放つ。さらに遺品入れの秘密を知るサラやマイケルにも魔手を伸ばし、マイケルの一人息子のポールを誘拐。愛息を探すうちマイケルも魔女の手に落ちてしまう…。

sasu4.jpg
sasu3.jpg
sasu6.jpg

■かんそう■
ストーリーは、凝ってないものの、やはりヨーロッパホラー。
残酷グロシーン出し惜しみ無し~のシャープですわ

歴史の古いヨーロッパなので魔女系や悪魔系の雰囲気ハマッテました。

アナログ感がいかにもらしいし、「サスペリア」と言うビッグネームのオーラに押され
あんまりドウコウ言いたくないなぁ

突然地下道に刑事が居たり、日本の魔女が「冥土に行きな!」って^_^;
掘り下げると突っ込み所多々有りですが・・・3部作閉めだし良いか

欲言うと、ラストの戦いもう少し盛り上がりたかったのですが
淡泊に終了したのが物足りなかったような

私の好き度 stars-3-0.gif

★よろしかったらクリックお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

コメント
この記事へのコメント
こんにちは!
イタリアンホラー、ダリオさんらしく殺害シーンの腸とかぶっさし具合の容赦なさとかはなかなかだったんですが、
とにかくストーリーには魅力がないですねえ^;
もうちょっと上手いこと描けたんじゃないかなーと思ってしまう題材ではあるもののオカルト感が全然なくて、違う意味での衝撃の連続でした。

ラストの「あっけない」という容赦のなさにもビックリ!
日本人が演じた魔女さんの声が微妙に小さくてききとれなかったんですが、なるほど「冥土にいきな」だったんですね!
2009/09/11(金) 15:09:32 | URL | maki #jQTfdwCM[ 編集]
makiさん、こんばんは

これって、もうオカルトでは無くて、ホラーですね(笑)
初代サスペリアとは雰囲気が違うような・・こんなグロじゃ
無かったですわ

ただ、題名&監督で、あんまり文句言えない小心者の私・・トホ

悪魔系オカルトって、やっぱヨーロッパですよね~。
ハマリ過ぎ・・。
日本の魔女って・・・日本は妖怪でしょうに(^∇^)アハハハハ!
まして日本語で「冥土・・」には転けました。

戦い&ラストも、どうも拍子抜けでしたね

しかしまー、完結なんで良しと言う事で(^_^)v

トラバありがとうございました。
2009/09/11(金) 18:45:10 | URL | アニー #-[ 編集]
こんにちは!
今夏は、蜂に刺されたりと大変だったみたいですね~
休養期間が長かったので、12月休みは無しですね(笑)

サスペリアだけ観て、インフェルノは観てないんですが
オチがサスペリアに似てるなぁと!
館に辿り着いて、もう時間切れ寸前だったから
予想はできましたが。
ホラーとしては、グロいし、前半の考古学を除けば
分かり易くて良かったです。
あの日本語魔女に一瞬ビビリましたよ~
突然だったから!
2009/09/13(日) 09:56:43 | URL | hiro #-[ 編集]
hiro君、こんばんは

左手の指が曲がらずキーボード打てないのには参りました(笑)
うんにゃ、それはそれ、これはこれ・・年末も冬眠しそうよ
Ψ(`◇´)Ψ キャハハハ

私もインフェルノはチートモ覚えてないのよσ(^◇^;)
テルザのグロはなかなかのモンでしたよね。

チンプな所も、らしいし・・監督と題名にビビッテしまった私です(笑)

(^∇^)アハハハハ! 日本の魔女は何ですかね?!
「冥土」って言葉は英語&イタリア語で何て訳したのかなぁ~
2009/09/15(火) 18:41:40 | URL | アニー #-[ 編集]
こんこん^^
『サスペリア』が好きで、満を持して発表された三部作の最終章である本作に期待を寄せていたのですが・・・。

エログロ作品としては申し分ないですが、いかんせんストーリーが安っぽいのと、母霊が出て来てから妙に白けちゃったのが、最後まで響いていました。

で、あのラストでしょ?
余韻もなんにもありゃしない。
尻つぼみも良い所です。

残念でなりません。
2009/09/24(木) 21:06:11 | URL | ヒロ之 #-[ 編集]
ヒロ之さん、コン×3(笑)

なんせアルジェンド監督・・期待しちゃいけません
とは言え、期待しますよね~。
私も、一応期待してたのですが^_^;

雰囲気は良いものの、お話も映像も(^∇^)アハハハハ!
まー、元々映像はあんなもんだけどね

せめてラストに一盛り上がりしたかったのですが
あっけなくて、嘘~と叫びたくなりました(笑)

トラバありがとうございました。
2009/09/24(木) 23:40:13 | URL | アニー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
魔女3部作(サスペリア、インフェルノ、テルザ)完結編。この間ざっと30年。どうもラストがあっけないような…そして駆け足感とかなりのチープさがあるせいで物凄いB級感です。だってダリオ・アルジェントだもん! 主演はもちろん監督の娘のアーシア・アルジェントさん?...
2009/09/11(金) 15:04:48 | いやいやえん
【サスペリア・テルザ 最後の魔女】の感想etc (2007) Review イタリアン魔女ホラー3部作の完結編,ダリオ・アルジェントが,実の...
2009/09/16(水) 23:21:21 | 嗚呼,魅惑の映画道+Σ
LA TERZA MADRE/07年/伊・米/98分/劇場公開 監督:ダリオ・アルジェント 出演:アーシア・アルジェント、クリスチャン・ソリメノ、アダム・ジェームズ <ストーリー> 現代のローマに復活した、「涙の魔女」に立ち向かう女の運命は? <感想> 今更言わずもがな?...
2009/09/24(木) 21:05:32 | 銀幕大帝α
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。