大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年07月24日 (金) | 編集 |
sindo1.jpg

■1994年公開作品  ■アメリカ制作  ■194分

■監督 ・スティーブン・スピルバーグ

■出演
リーアム・ニーソン / ベン・キングスレー / レイフ・ファインズ

■あらすじ■
第二次世界大戦が勃発した'39年。ナチス・ドイツ軍が侵攻したポーランドのクラクフにやって来たドイツ人実業家のオスカー・シンドラーは、ユダヤ人の所有していた工場の払い下げを受け、ユダヤ人たちをタダで使って事業を軌道に乗せる。やがてユダヤ人たちは強制収容所に送られ始め、ナチの親衛隊員が彼らを虐殺するのを目撃したシンドラーは私設収容所を設け、アウシュヴィッツなどの死のキャンプに送られるユダヤ人たちを救おうと、労働力としてユダヤ人労働者を要求し、1200人をリストアップするが・・・。

■かんそう■
長時間と題材の重さに、今まで見ずにいた作品です。
シンドラーが少々美化されてるので完全実話では無いのだろうと思いますが

直接的、残忍シーンは少ないもののナチスの冷酷さ
集められたユダヤの人々の末路が見えるようで恐ろしさをヒシヒシ感じました。

全編白黒映像の中で、真っ赤なコートの少女にスポットが当てられ
辛いとも悲しいとも表現出来ないよな感情が湧きます。

「戦争だ」の一言で、未だに続けられてる惨劇

シンドラーも、アクドイ事をし、多くの人の死を黙認して来た人物だと思います。
でも、「シンドラーのユダヤ人」と呼ばれる人々が実在してるのは事実。

資財を投げ打ち、祖国を裏切った勇気・・道義だけで真似出来る
モノでは無いし、相当の覚悟と度胸が無いと行動に移せないですね。

車を売れば、バッチを売ればの場面では涙出そうでした。

ユダヤ人イザックに出会い、沢山の工員との触れ合いの中から
同じ人間だと目覚めた彼。過程はどうであれ結果に胸打たれてしまいました。

一言、レイフさん演じたドイツ将校?彼の迷いと狂気が表情に出てて恐い。

私の好き度 ★★★★★

★よろしかったらクリックお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

コメント
この記事へのコメント
こばわー(・◇・)ゞ
イエローは当時劇場で観ました。まだ若かったから、ビックリしちゃった。戦前生まれの人って、こういう世界を生きてきたんだぁとか、いろいろ思った。今が平穏でうれしいですよね。
2009/07/24(金) 19:19:38 | URL | あっぱれジャー イエロー #MrbaXB1o[ 編集]
多分高校生だったんじゃないかなって思うんだけど、誘われて映画館行ったものの多分上映直後にいつまで白黒?もしかして最後まで?ってだけで、途中退場してしまったやつです。

なので、トラウマのように実はまだ観てません。

でも★5ってすげぇ~!
ナチスとかつらいイメージでどうも・・・・

もしかして間違ってるのかもだけど、タランティーノ監督で、ブラピ主演のナチスの映画製作中なのかどうか、そんなのありませんでしたっけ?
最近そういう情報調べなくなっちゃって(汗)

もしご存知でしたら教えてください♪
2009/07/24(金) 21:14:03 | URL | ちひろ #-[ 編集]
実話は悲惨だよね。
こんばんは(^~^)

ユダヤ人が罪も無く捕らえられ、その命を奪わる。
ナチスは彼らを毒ガスによって殺戮し、
それら死体から出た脂で石鹸を、
骨からは肥料を、そして髪の毛からは布地を作ったという。

これは現実です。
こんな怖ろしい事はありません。
アウシュビッツ強制収容所で殺された
罪もない人々の安らかなご冥福を祈ってやみません。

映画手法としては
少女のパートカラーはやり過ぎだと思います。

ポチっと!!!
2009/07/24(金) 23:21:51 | URL | オーラ・スピリット #-[ 編集]
これ、194分もあっただかぁ。
やたら、長かった記憶はあったけど。
ドイツ将校は、レイフさんだったんだね。この映画観たときは、知らなんだ人(爆)
最終的に美化にはなってるけど、初めは女好きの銭儲けのおじさんだったね。そのへんは、人間らしくていいかなって思いました。
ナチスの悲惨な迫害で、ものすごーく印象的だったなぁ。
モノクロが、妙にリアル感あったような。

ちひろちゃんのタランティーノXブラピのヒトラー暗殺計画(だったと思う)映画は「イングロリアス・バスターズ」。日本は10月?8月にアメリカらしいから、評判をちょい気にしてみようかな。私も、内容は詳しくはサーチしてない。
2009/07/25(土) 01:32:52 | URL | ちゃぴちゃぴ #-[ 編集]
これは、心を打つ映画でしたね。
非常に良い、深い作品でした。
歴史から学ばないといけませんね。
2009/07/25(土) 03:29:19 | URL | 亮 #-[ 編集]
いやー、それにしても、『E.T.』『フック』『インディ・ジョーンズ』を撮った人が、『シンドラーのリスト』や『プライベート・ライアン』『ミュンヘン』を撮った人と同一人物ってのがステキですよね。

スピって絶対狂人。
つーか、よく分らない人。

『シンドラーのリスト』は未見。
2009/07/25(土) 06:02:56 | URL | シット・ヘッド #-[ 編集]
こんばんは!
今日、戦争映画みてきたばかりだよ。
それもナチスだし。
この映画、未見なんですよー。みたいと思いつつ遠ざけてるかも、、
戦争は悲惨だし、人間って愚か。
でも正義を貫くことはほんとにむずかしいこと。
日本のシンドラーといわれる杉原氏のことはTVドラマでみたことあるよ。
2009/07/25(土) 22:41:34 | URL | アイマック #mQop/nM.[ 編集]
こんばんわ♪
何気に未見な『シンドラーのリスト』。
あんぽんたんなわたくしが観賞しても理解出来ますかね~。
周りはみんな“すごい映画だよ”って。
後ほどチャレンジしてみます♪

ところでアニーさんのお住まいの地域の気象状況はいかがなものでしょう。
豪雨や強風、被害が無ければよいのですが…。
2009/07/29(水) 01:10:01 | URL | 猫人 #-[ 編集]
こんにちは。
ちょっと留守にしていたので、こちらに伺うのも久しぶりです。

この映画、心を揺さぶられますよね。
戦争というものを今一度考える機会をくれた作品だと思います。
過去から学ばなければ、前に向かって進んで行かないですから。

良い作品の紹介、ありがとうございます。
2009/08/03(月) 06:53:05 | URL | 亮 #-[ 編集]
アニーさん、元気?へばってない?
たぶん、恒例のお仕事かな?
アイス食べてるぅ?
2009/08/06(木) 00:31:26 | URL | ちゃびちゃび #-[ 編集]
僕はアイス食べました。

チョコバナナのヤツ。
50円。

昔よりずっと小さくなってました。
悲しいですよね。

そうそう。
昨日『ハムナプトラ3』観ましたが、メチャクチャ最高でしたね。
ジェット・リーがステキすぎて。
2009/08/06(木) 08:09:10 | URL | シット・ヘッド #-[ 編集]
イエローさん、こんばんは

これ劇場で見ても、時間忘れてしまいそうですね。
長いと感じないような

私も二枚組、一気見でした・・。グイグイ引き込まれてしまって

ほんとにね~、当時日本がドイツと連合国だったと言うのが
非常に悲しいです。
2009/08/08(土) 22:42:18 | URL | アニー #-[ 編集]
ちひろさん、こんばんは

戦争作品が苦手な方にはチトどうかな?
が、戦争と言うより歴史として見ると、凄い映画でした。

シンドラーって人も、元々助けるつもりでも無かったと
思うし、安い労働力として見てたのでしょうが
結果、彼は助けた・・・この事実だけで充分だと思えます。

私的には、★5です(∩.∩)
2009/08/08(土) 22:47:10 | URL | アニー #-[ 編集]
スピリットさん、こんばんは

ホロコーストが現実なのか不明だ・・って話も有りますが
現実だと思ってます私。

日本の外交官にも6000人救った方居らっしゃましたよね。
この映画の中でもポーランドの大製薬会社が数千人単位で
労働力を欲したとか

実現しなかったけど、製薬会社もユダヤ人を救う手段だったのか
と予想すると、何て尊い・・と思います。

私、このジャケ見て、分かりました。
赤いコートの子供の手を掴む大きな手・・これシンドラーの手
ですね。あ~なんて凄い!
2009/08/08(土) 22:52:34 | URL | アニー #-[ 編集]
ちゃぴさん、こんばんは

ほんと、シンドラーって人、この映画ではかなり美化されて
るようだけど、そんな崇高な人では無かったみたいですね

でも、過程はどうであれ救ったのは確かな事で
そうとう覚悟しないと無理だよね。

救った・・その現実だけで彼は英雄だと思えます。

タランティーノ監督のヒトラー暗殺・・どんななるんだろう?(笑)
2009/08/08(土) 22:58:14 | URL | アニー #-[ 編集]
亮さん、こんばんは

車やバッチのシーンでは泣きそうでした私。
そしてシンドラーの為に指輪と書名を渡したユダヤの人達

お互い命かけで、闘ったからこその信頼と絆だと感じます。

長丁場でしたが、心打たれる作品でした。
2009/08/08(土) 23:01:40 | URL | アニー #-[ 編集]
シット君、こんばんは

(^∇^)アハハハハ!
スピルバーク監督って謎ですよね
多種多様な作品手がけられてて

ミュンヘン・・・あの作品の何処がユダヤよりなんですかね?!
世間ではユダヤ人監督の偏見だの何だのと言われましたが

何故ラストの銃撃シーンに目を向けないのか理解不能です。
2009/08/08(土) 23:07:01 | URL | アニー #-[ 編集]
アイマックさん、こんばんは

私もやっと見ましたよσ(^◇^;)
どうも手出せなくて、見たら傑作でした。

あ、そうそうこの映画が元で、日本の外交官の方の話を
世に出たようです。手が腫れるまで、ビザを書き続けた

命令に反して、書き続けた杉原さんも尊いですよ・・うん(∩.∩)
2009/08/08(土) 23:13:01 | URL | アニー #-[ 編集]
猫人さん、こんばんは

私もなかなか手出せなかったのですが、心打たれましたよぉ。
危険を冒し、財産投げ打って人を助ける。

口で言うのは簡単ですが、実行するとなると

何かね~、ズーンと染みて来て、真似するのはとても
無理・・それをやったシンドラーって人に感動しちゃました(∩.∩)

サボってました今頃ですが、私は何の被害も無く無事生きてます
ご心配ありがとうございます(-^□^-)
2009/08/08(土) 23:18:29 | URL | アニー #-[ 編集]
亮さん、こんばんは

いえいえ、私こそ最近サボってまして、お返事も訪問も
出来てません・・ごめなちゃい<(_"_)>ペコッ

ほんとに、お馬鹿映画には、お馬鹿の楽しさ有りますが
こんな映画も見ねば・・と思う最近です。

と言いつつ、ホラーばかり見てる私ですが(笑)
2009/08/08(土) 23:21:54 | URL | アニー #-[ 編集]
ちゃぴさん、こんばんは

白熊食ってるよぉ~。練乳かき氷(笑)

最近、忙しくて、やっと更新!と思った矢先
庭の草取りしてて知らずに、蜂の巣突いたらしくて
左手、刺されてグローブよ!

晴れ上がって指曲がらなくて、キーボード打てなかったσ(^◇^;)

治ったので、そろそろ復帰しまっさぁ。
ご心配かけてゴメンチャイませ。ありがとう(=●^0^●=)
2009/08/08(土) 23:26:37 | URL | アニー #-[ 編集]
シット君、こんばんは

私は、南九州名物「白熊」ばかり食ってます!

あ!そだ!・・秘密の県民ショーで北海道名物
「羊羹パン」やってた・・美味しそう!食いたい。

私は、ハムナのお兄ちゃんのファンです!
クラブ「イムホテップ」Ψ(`◇´)Ψ キャハハハ
2009/08/08(土) 23:31:19 | URL | アニー #-[ 編集]
こんばんは!
アニーさんも更新が…∑(;`∀´)
夏バテしてないですか~?大丈夫?

ナチス物がずっと怖くて見れなかったけど、
勇気を出してこの映画を見て良かったと思いました!
事実も伝えながらもやっぱり映画としてのエンタメ性もあるのよね、
スピルバーグは!
いい映画でした~。
2009/08/09(日) 21:55:13 | URL | ラルフ #nft/jt/c[ 編集]
こんにちは。
『映画と本 そして コーヒー』の亮です。

お忙しいですか?
それとも、夏バテ?

こちらをよくチェックしている自分としては、更新が遅くなっているので、かなり気になりまして、コメントしました。

お元気でしょうか?
2009/08/21(金) 06:09:41 | URL | 亮 #-[ 編集]
こんばんは(^~^)

>蜂に刺されて
 左手がグローブ!?

大丈夫ですか?
大変でしたね。。

このブログにコメントを書かないと
なんか調子が狂います(^^;)

そう思うと
このブログは偉大なブログなんですね。。
お早い復活を希望いたします。

僕の映画に対するコメントで
不快に思うことがありましたら
深くお詫び申し上げますm(_)m

ポチっと!!!
2009/08/22(土) 00:09:11 | URL | オーラ・スピリット #-[ 編集]
ラルフさん、こんばんは

ご無沙汰してましたが、ようやく復帰・・いや、しそうです(笑)

この映画、多分忘れる事がなさそうな気します。
現実はもっと酷かったと思うのですが、その辺ソフト描写
しながらも伝えたいと思う監督の気持ちは伝わったと思えます。
2009/09/10(木) 21:59:56 | URL | アニー #-[ 編集]
亮さん、こんばんは

今頃お返事で申し訳ありません。
何とか、無事復帰できました・・・多分ヾ(≧∇≦)ノ"キャハハ☆
2009/09/10(木) 22:01:39 | URL | アニー #-[ 編集]
スピリットさん、こんばんは

蜂がイッパイ居るのよ! 巣は一カ所確認。
で、そこには近寄らないんだけど、庭のツツジを
家庭用剪定バリカンでウィ~ンって快調に刈ってたら

何匹も蜂が飛び出して来て「こんちわ~」と刺しやがった!

何処に巣有るんだ!おかげさまで、その辺いったい
手付けられなくて、ジャングルになってますσ(^◇^;)

い~え、スピリットさんの映画酷評、笑えて楽しんでますよ私。
2009/09/10(木) 22:06:06 | URL | アニー #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/08/07(火) 01:03:16 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。