大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年07月21日 (火) | 編集 |
cen1.jpg

■2009/7/17日DVDリリース  ■アメリカ制作  ■142分

■監督 ・クリント・イーストウッド

■出演
アンジェリーナ・ジョリー/ ジョン・マルコピッチ/ ジェフリー・ドノバン/ コルム・フィオール

■あらすじ■
1928年。ロサンゼルスの郊外で息子ウォルターと幸せな毎日を送る、クリスティン。だがある日突然、留守番をしていた息子が失踪。誘拐か家出か分からぬまま、行方不明の状態が続き、クリスティンは眠れない夜を過ごす。そして5ヶ月後、息子が発見されたとの報せを聞き、クリスティンは念願の再会を果たす。だが、彼女の前に現れたのは、最愛の息子ではなく、よく似た見知らぬ少年だった。

■かんそう■
嘘のような本当の話・・・100%実話なのかは分かりませんが
失踪した息子を捜す母親。 まず、誰でもが頼るの警察ですよね。

が、腐敗仕切ったロス警察・・当時DNA鑑定なんて無かったのだろうけど
強引に事件を解決し、反論すると恐ろしい扱いをされる。

近所も違うの気付かないモン? 警察が恐かったのかな?

警部の、威圧的態度がムショウに腹立たしかった。
あんな非道が、平然とまかり通ってたのが信じられない。

それに犯人が目的も無く、多くの子供を殺害したのも許せない。
何が神の許しだ。 地獄へ堕ちろ!

彼女は警察を敵に回す気など無く、タダ息子を捜したいだけ。
母の懸命さが伝わって来ました。 会わせてあげたかったなぁ。

遺体を自分で確認しない限り、寂しくても悲しみは実感出来ないと思うし
一筋の希望だけが、その後の彼女には救い。

それに頼って生き抜いたのだろうと思うと、かなり辛い気持になりますが
希望を見出した時の、彼女の笑顔が忘れられない。

私の好き度 stars-4-5.gif

★よろしかったらクリックお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

コメント
この記事へのコメント
こんばんは!
憎まれ役である横柄な警部役のジェフリー・ドノバンさんが非常にいい演技をしていたと思うんですが…思うんですが、
それにしたってあの警察の対応は腹立たしいですね
映画では実際の事件よりもだいぶん抑え気味に描写されていましたが、ラストもウォルターがいたから助かった少年など救いのあるかすかな希望の残るラストはとても良かったです
前評判どおり、アンジーの熱演は素晴らしかったですね。
実際に今幼い子供がいる彼女だからこそ、母親の子への思いというものを体現できたのかもしれませんね。
それにしても、あの嘘をついた少年にも実際には理由があったようなのですが、映画では「馬に乗りたかったんだ、テヘ★」とみえてしまってなんともいえない気持ちになります
2009/07/21(火) 01:05:57 | URL | maki #jQTfdwCM[ 編集]
こんばんわ
アニーさんも、怒りまくってますね。ふふ
この事件、かなり悲惨な事件でしたよ。私も、色々ネットで調べたりしたんですけど…。
猟奇事件は、ホラーよ!凄まじく。
ホラー映画じゃないからって、抑えめの演出されていたようです。
そのくらい、キョーレツ。
周りも、精神病院に入れられかねないからだったかもしれないですよね。
息子が帰ってくるんじゃないかって、私もかすかに期待しながら待っていたエンディングだったんですけど、そういう希望を少しでも持たせてくれるようなところが、にくい演出でした。
2時間半近くを、ぐぐっと見応え満点でした。
しかし、腹立ちすぎて血管切れそうだったよ。
2009/07/21(火) 21:02:01 | URL | ちゃぴちゃぴ #-[ 編集]
makiさん、こんばんは

ムショウに腹立たしかった
つーのが、上手いって事なんどす(∩.∩)
見てて、演技と思えないくらい怒りでイッパイになりました。

makiさん所みたら、凄く良く分かりました!
犯人の目的がまるで分からなかったのです私。
身代金でも無いし、性的でも無いし←描かれてないので

変態男だったのですね! あのバカ男。
母親の視点から描いてあるのだと思うので、その辺絵かがなかったのでしょうが、やはり気になってました。

う~ん、スッキリ(^_^)v

少年は何の目的で来たのですかね~。

トラバありがとうございました。
2009/07/22(水) 22:04:23 | URL | アニー #-[ 編集]
ちゃぴさん、こんばんは

血管切れそうでしたか! (^∇^)アハハハハ!

母親の視点がメインだったようで事件そのものは
あまり詳細では無かったですよね。

せめて、犯人の目的のサワリくらいは見たかった気しますが
相当酷かったんだね。既にホラーの域だったんだ・・惨劇だね

当時の警察でマジあんな事してたのですかね?
あんまりじゃないですか?信じられないくらい傲慢な

警察も犯罪組織みたい^_^;

せめて一目会わせてあげたかったですね。
でも彼女は命尽きるまで、希望があったから死体確認された
母親より救いがあったのかも・・とでも思い込まないと辛すぎますね

トラバありがとうございました。
2009/07/22(水) 22:11:13 | URL | アニー #-[ 編集]
実話映画なので、おやじギャグは無しにします。
こんばんは(^~^)

凄い実話ですよね。
坦々と描いていますが
恐ろしさが伝わってきます。

見知らぬ少年を自分の子だと思わされる
違うと言ったら精神病院行き!?

こんな怖ろしい事はありませんね。
救いがある様で、救いの無い微妙な終わり方。

アンジー姉さん演技出来たんですね。
トランスフォーマーリベンジみたいな

スッカラカンな馬鹿映画がアホらしく思えます。
久々に考えさせられた映画でした。

少年達と家族の方々のご冥福をお祈り致します。

ポチっと!!!
2009/07/22(水) 22:36:27 | URL | オーラ・スピリット #-[ 編集]
スピリットさん、こんばんは

ぬぉ~、クズ言いスピリットさんが・・まさか(笑)

が、ですよね~。違うと言うと病院行きなんて
マジ話なんですかね?・・いくら昔とは言え、にわかには
信じられませんよ私^_^;

そうそう、ラストは辛いですよね。
希望で締めくくってしまいましたが、ほんとの意味で救いと
言う言葉は当てはまらないのだけど・・希望しか表現出来ませんです(∩.∩)

こらこら、例をオプティマスにするの禁句です
o(^▽^)oゲラゲラ
2009/07/24(金) 00:04:52 | URL | アニー #-[ 編集]
これはなんと言うか・・・私も一応(汗)母なので、何度泣いたことか。
最初はあまりにも腹が立って涙がジヮって、残酷すぎて悲しくてまた泣けてきて、ラストは切なかったけど、息子の勇気ある行動が分かって無事に家族の元に返ってきた子供がいて、また希望が持てたあの気持ちが分かってまた泣けた・・・

帰ってきた子供のお母さんとお父さんに会いたかったって言葉忘れられません。

あの犯人の「きよしこの夜」マジむかついた!黙って死んで超特急地獄行きだよ!!!


久々に感動した、いっぱい考えることができた。
この熱が冷めるまではもう少し子供大事にします。
2009/07/24(金) 15:36:37 | URL | ちひろ #-[ 編集]
今年のナンバーワンは決まりました。

当然『トランスフォーマー リベンジ』です。
理由は、スゲー変形してたから。

『チェンジリング』は傑作すぎて完成度が高すぎるので、ベスト10から外して、代わりにニコケイの『ノウイング』入れます。

まだ観てないけど。
2009/07/24(金) 19:10:01 | URL | シット・ヘッド #-[ 編集]
僕は実話は実話なので映画評価はしません
こんばんは(^~^)

100%実話ですよ。
犯人は少年を性行為のために連れ去り
必要がなくなれば撲殺して生石灰で肉を溶かし
骨を養鶏場周辺の砂漠に遺棄していました。

怖ろしいのは犯人の母親が手伝っていることです。
親子ともども狂っていた事です。

ロサンゼルス市警察もクリスティンを
精神病院に強制入院させたり
不遇が重なった生き地獄状態が怖ろしいです。

僕なら自殺しているでしょう。
クリスティン・コリンズさんの精神力の強さ
正義感の強さには感銘を受けます。

犯人のゴードン・ノースコットを中心に映画にしたら
サイコ・ホラー映画になったでしょうね。

トランスフォーマーリベンジ
僕の中では今年の最低クソ映画に決定!!!
(^0^)ひゃっひゃっひゃっ!(おいおい場を荒らすな)

トランスフォーマーリベンジ好きな人は無視してね^^
ポチっと!!!
2009/07/24(金) 22:53:42 | URL | オーラ・スピリット #-[ 編集]
こんばんは!
実話物は、あまり好きでは無いのですが、
チェンジリングは名作です。
女性から観たほうがより深く感じられそうです。
アンジェリーナ・ジョリーのイメージが
変わりました、彼女を活かしつつも露出に
頼らず起用したのは、イーストウッド監督の手腕かな
本当は、サイコですよね。
おもいっきりホラー・・・・・・・
アニーさんの分野じゃないですか(笑)
2009/07/25(土) 00:08:09 | URL | hiro #-[ 編集]
こんばんは!
ロス警察は腐りきってますな。
裏には恐ろしい事件が隠されていたこともびっくりでしたが・・・このへんはサイコ、、
アメリカって犯罪に関しては悪い意味で一歩先いってるよ。
母親の気持ちを思うとやるせなくなるね。
でも希望があったのは救いでした。
2009/07/25(土) 22:47:53 | URL | アイマック #mQop/nM.[ 編集]
アンジョリさんはですね、やっぱ『ウォンテッド』みたいなムダに変態で、グロテスクで、イッてしまっているキャラがいいですね。

犯人の犯罪と、彼の内面を掘り下げて描いてしまうと、たぶん新たな名作が生まれてしまうんでしょうね。

『羊たちの沈黙』と並ぶ変態サスペンスの傑作になりますよ。

タイトルは、もちろん『アイ・ラブ・キッズ』。
若干ハートフルすぎですね。笑
2009/07/26(日) 15:17:21 | URL | シット・ヘッド #-[ 編集]
こんにちわ♪
とても気になってた映画でしたがレンタル開始してたんですね!
最近はまったく映画観る時間がなくてトホホです。。。

実話をベースにしたっていう事ですが、
こんな事件が実際に起こったなんて信じられないです~。

後で借りてきます~(^^ゞ
2009/07/26(日) 17:13:20 | URL | 猫人 #-[ 編集]
ちひろさん、こんばんは

お子さんの居る方には、より一層悲しみが体感できたでしょうね~。

居ない私ですら、悲しみ辛さ、憤りを思いっきり感じましたもの

犯人ね! あいつも、警部も許せません私! 
一刻も早く、この世から消えてくれ・・と切に願いましたよ

こらこら~
熱が冷めても僕大切にしてくださいよぉ(^∇^)アハハハハ!
2009/08/08(土) 22:07:09 | URL | アニー #-[ 編集]
シット君、こんばんは

うんうん、これは完璧過ぎて番外なんですね(笑)

オプティマスがダントツ1位ですね∠(^_^)ラジャ
ノーウィングも是非入れてください

ラストはビックラこきますが、面白かったのは確かです(∩.∩)
2009/08/08(土) 22:11:19 | URL | アニー #-[ 編集]
スピリットさん、こんばんは

実際の事件を知らなかったので、理由がサッパリ
分からなくて・・・詳細まで描いてしまうとグロホラーに
なってしまうので、理由だけ知りたかったですね~。

スピリット兄さん!
何を言ってるのですが、マローダからするとオプティマスは
傑作ですよ

あ! マローダは去年でしたかね(笑)

ダントツ一位さんが居たり、ダントツドンジリさんが居たり
楽しいね映画って(^_^)v 映画ブラボー!
2009/08/08(土) 22:16:45 | URL | アニー #-[ 編集]
hiro君、こんばんは

これね~、犯人視点がだったら、凄い事になったね(笑)
ただ、作り物なら大興奮だったろうけど
実話となると話別ね・・・殺人詳細場面、見られないよ私。

犠牲になった子達が実在してたと思うだけで辛すぎて無理。

アンジー姉さん、良いふうにイメージ変わったけど
痩せすぎで恐かったよ・・もうチート肉付いても良いんじゃ
ないべか?(-^□^-)
2009/08/08(土) 22:22:28 | URL | アニー #-[ 編集]
アイマックさん、こんばんは

何処の国の警察も、ありえないくらい巨大犯罪組織ですね
あんな事が平然とまかり通ってたとは驚きでした。

腹立たしいけど、盾付けないのが現実なのかもしれません。

ほんと、希望と言うには、あまりにも悲しいけど
それだけが、彼女の生きるエネルギーだったとしたら
それも希望と呼べるのかもしれません。

トラバありがとうございました(^_^)v
2009/08/08(土) 22:29:21 | URL | アニー #-[ 編集]
シット君、こんばんは

『アイ・ラブ・キッズ』
やめてよぉ~・・・・・・・σ(^◇^;) 
楽しそうな題名で、中身は猛烈グロなんて(笑)

犯人った男の子だけに発情する奴だったのかね
だったらキッズボーイになるなぁ。

レクター博士は、オーラーが出てるよね!
アンソニーオジサンの成せる技なのか
恐くて残虐なんだけど、ミステリアスな雰囲気がある

でもこの犯人は、むかつきと嫌悪感しか感じないのよね
2009/08/08(土) 22:35:27 | URL | アニー #-[ 編集]
猫人さん、こんばんは

是非ご覧ください。
女性だろうが男性だろうが、子供を思う母親の気持ち

犯人の残虐さ、そして警察の恐ろしい権力
ヒシヒシと感じらると思いますよ(∩.∩)
2009/08/08(土) 22:39:06 | URL | アニー #-[ 編集]
アンジー
これはいい映画でしたね~
見ていて警察に対する怒りで爆発寸前だったけど、
母が願ったのは、子供に会いたい、ただこれだけっていうのが
痛々しかった。。。
アンジー上手かった!
2009/08/09(日) 22:00:29 | URL | ラルフ #nft/jt/c[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
妖精の取り替え子というチェンジリングからとったタイトルなんでしょうね。 クリント・イーストウッド監督、アンジェリーナ・ジョリー主演。これは実際にあった事件をもとにつくられています。 ロス警察の腐敗のひどさがとにかく目立ちます。子を想う母親クリスティン役...
2009/07/21(火) 00:55:34 | いやいやえん
クリント・イーストウッド監督作品には、ハズレがないよ。これも、見応えありました。観に行ってよかったです。ブレのない話の進め方、演出、音楽、絵作り、…上手いですよね。すっかり、どっぷり。1日の日曜日のサービスデーということで、ほぼ満席。すんごい端...
2009/07/21(火) 01:34:24 | 晴れたらいいね~
民放各局や大手代理店らがナショナルクライアントの強い要望に応える形で始まった、“タレント潜在視聴率ランキング”の最新版が流出。 それ...
2009/07/23(木) 13:36:07 | 【綾瀬はるか】プライベートをお届け♪
Changeling(2008/アメリカ)【劇場公開】 監督・製作・音楽: クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー/ジョン・マルコヴィッチ/コルム・フィオール/デヴォン・コンティ/ジェフリー・ドノヴァン/マイケル・ケリー/ジェイソン・バトラー・ハーナ?...
2009/07/25(土) 22:43:23 | 小部屋日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。