大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006年06月10日 (土) | 編集 |
米連邦航空局航空保安官"所属するブレッドは
アメリカへ向かう旅客機に搭乗していた。
そこへ、突如テロリスト達が現れ、旅客機をハイジャック
してしまった。元特殊部隊だった彼は一人テロリスト達
に立ち向かう航空アクション。

ar1.jpg■2005/5月DVD発売

■アメリカ制作

■監督 ・アレイン・ヤクボウィッツ

■出演 
・ディーン・コクラン
・アマール・ダライス





■感想■

テロリストのハイジャク映画としては、一通りの流れは
描いてありました。

ブレッドと犯人達の戦いも、最後の最後まで続いて
結構凝った展開にはなっていたのですが・・・。

ar3.jpg

ストーリーが軽いです。1人立ち向かう所は「ダイハード」
もしくは、セガールさんの「沈黙シリーズ」のような雰囲気。
いや、タダ雰囲気が似てるだけで、内容は薄~いんです。

飛行機のサイズも、こじんまりしてて、草原に不時着したり
するんですが、飛行機内部では、大した揺れが無かったり
逆に、飛んでる時は、内部が横揺れし続けてたり

ar2.jpg

小さいので飛んでる時、揺れるんでしょうが
見てる方が、気分が悪くなりそうでした(乗り物酔い状態)
何も、あんな所に、こだわらなくても良いんじゃないかと

それと、凄く客室乗務員のスカートが短い!
あれじゃ、ちょっと、しゃがんだだけでパンツ丸見えだよ
こんな所まで、見てる私の方が、異常ですかね・・。

お、この人も犯人の仲間だったのかぁ~と、ビックリする所も
あったのですが、全体的に、面白い・・とは言えない映画でした。

■自己中評価
stars-2-5.gif

アクセス解析


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。