大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »05
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年06月14日 (日) | 編集 |
on1.jpg

■2009/6/5日DVDレンタル開始  ■タイ制作  ■110分

■監督 ・モントン・アラヤンクン

■出演
インティラー・ジャルンプラ / チャッチャー・ルチナーノ

■あらすじ■
医師による妻殺害事件を追うことになった女性レポーターのチャリニーは、調査を進める中で事件と酷似したふたつの殺人に行き当たり、ある家の存在に辿り着く。

on2.jpg
on4.jpg
on6.jpg

■かんそう■
実話ベースのタイホラーですが、中盤まで結構恐い

妻殺し医者のグリグリ見開いた目つきは異様だし
チャリニーの怯え方が上手い。

恐ろしい形相の女性霊が、ジワジワと迫ってくる怖さ体感できるし
彼女は、危険を伝えようとしてるのですが
あの顔で警告されても恐くて、聞いてる余裕無いね^_^;

霊が巣くう家も、良い塩梅の不気味さ。
熱帯地域なので日本とは違って開放感有るのですが
そこはアジアンホラー・・何か居るのが気配で分かる。

黒い影は、「回路」を連想してしまいまたが、まあ有りです。

私は、てっきり旦那に取り憑いたと思ってたのですが
違ったぁ・・・逆パターンだったのか? どちらも取り憑かれたのか?

時悪な者の正体ですが、掴み所が無く曖昧な感じ受けました。
が、実話ベースと言う事でエタイの知れない存在
逆に現実的なのかもという気はしますが・・・・・。

私の好き度 私の好き度 stars-3-0.gifstars-3-5.gif

★よろしかったらクリックお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

コメント
この記事へのコメント
こんにちは
こんにちは。
この映画とは関係ないコメントで申し訳ありません。
できれば、私のブログと相互リンクをはってもらえないでしょうか?
非常に充実した映画のブログで、毎日参考にさせていただいています。
無理だったら、ご連絡ください。
よろしくお願いします。
2009/06/14(日) 07:34:31 | URL | 亮 #-[ 編集]
こんにちは♪
おっと 見られましたね、ウフフ
私も中盤までかなりこれいけてる!と思ってたのですが
後半が、ねえ…(-ι_- )
ああいう戦没者的な霊ものよりも、
やはり単体の怨霊のほうが怖いですよね
その点非常に残念な作品だなと思ってしまいます

それにしても、親切極まりない(笑)警告量でしたよね
あ~~れは、怖いよ^;
最初の被害者さん役の女優さんが、2人向き合うシーンで
過去を話す場面での身の変わりようがなかなか良かったです
それにしても、やはりこういった見た目怖い霊とかって緑色の液体を吐くのね…(エクソシスト?)

どのあたりが実話だったんでしょうか、
やはり最初の被害者とそのあと同じ家に住んだ人たちの連続殺人、あのあたりなのかな…?
2009/06/14(日) 09:27:55 | URL | maki #jQTfdwCM[ 編集]
亮さん、こんばんは

相互リンクありがとうございます!
無理だなんて、そんな事全然ありませんです。

こちらもリンクさせて頂きます。
今後ともヨロシクお願いします

ありがとう(^_^)v
2009/06/14(日) 21:36:34 | URL | アニー #-[ 編集]
makiさん、こんばんは

やっとこさ、見ましたぁ~。かなり恐かったです。

凄く優しい女性で、いや、医者旦那も良い人だったのだと
思います・・が、あの家に取り込まれてしまいましたね。

しかし、あの形相で「気をつけろ」と言われても
恐くて聞こえるはずがないよ(笑)

何家族も速攻退去したのに、あの人達は住み続けたのが
間違いで・・。

殺人事件は、現実だと思うし、多分最後の曖昧霊
あそこもホントな気がします。

たたられた土地の上に立ってる家・・・恐ろし過ぎる^_^;

トラバありがとうございました。
2009/06/14(日) 21:42:09 | URL | アニー #-[ 編集]
ありがとうございます
ありがとうございます。
相互リンクを快く引き受けていただいて、うれしく思ってます。
これからも仲良くしてくださいね。
よろしくお願いします。
2009/06/16(火) 06:45:58 | URL | 亮 #-[ 編集]
亮さん、こんばんは

またまた、こちらからご挨拶に伺わなければイケナイのに
出遅れてしまってすいません。

私、いつもこんなんなんですよ!<(_"_)>ペコッ
新たに、ご挨拶に伺いますので、ごめんなさい(∩.∩)
2009/06/16(火) 19:35:14 | URL | アニー #-[ 編集]
タイは良い!
この映画もそうですけどタイ映画ってば最近やたらと活気づいてますけど、内容もそこそこ面白いんですよね~。

ホラーに関しては流石に『theEYE』程の作品は未だ出てきてませんけど、『心霊写真』とかいいものありますし。

サスペンスものでしたら『セルラーシンドローム』っていう佳作もあります。

アクションだと『マッハ!!』『トムヤムクン』、そして『チョコレート・ファイター』。

う~ん、どれもこれも秀作揃い。
(『レベルサーティーン』は・・・ウェ・・・)
最近、他にもタイ映画のDVD何かないかと探しているのですが・・・。

すんません、記事と関係ないコメになっちゃいました。

けど、やっぱタイ映画は熱いッス!!
2009/06/17(水) 02:45:28 | URL | ヒロ之 #-[ 編集]
ヒロ之さん、こんばんは

中盤まで私も、かなり恐かったです。
ただ、やはりラストの霊の正体が・・・あの方が作り物で
無いリアルさは充分分かるのですが(-^□^-)

タイは頑張ってますよね
心霊写真、私★4付けてますよ。スゲー恐かった

レベルサーティーンは、さすがにウンコ食いで
ゲーム確実におります私(笑)・・無理・・絶対食えない^_^;

トラバありがとうございました。
2009/06/17(水) 20:24:47 | URL | アニー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
なんてわかりやすい邦題!これは実話に基づくホラー作品なんだそうです。秀作が多いタイホラーですよ~。 妻を殺した医師の事件を調べる女記者が主人公。 調査中に屋敷をビデオにとったことで、この主人公チャリニーは女性霊に決して入るなという不気味な警告を受けます...
2009/06/14(日) 09:21:03 | いやいやえん
THE HOUSE/07年/タイ/110分/劇場未公開 監督:モントン・アラヤンクン 出演:インティラー・ジャルンプラ、チャッチャー・ルチナーノン、チャマナン・ウォンウィンウェート <ストーリー> 医師による妻殺害事件を取材する女性レポーターが、廃屋と化した医師の...
2009/06/17(水) 02:38:56 | 銀幕大帝α
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。