大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »05
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年05月25日 (月) | 編集 |
eie1.jpg

■2009/5/22日DVD発売  ■スペイン/メキシコ制作  ■108分

■監督 J・A・バヨナ   ■制作 ギレルモ・デル・トロ

■出演
ベレン・ルエダ/フェルナンド・カヨ/ロジャ・ブリンセブ/アベル・リベラ/モンセラット・カルージャ

■あらすじ■
子ども時代を過ごした孤児院に30年ぶりにラウラが戻ってくる。閉鎖された古い屋敷を買い取り、障害を持つ子供達の施設として再建する計画だ。気がかりなのは、難病を抱えた7歳の息子シモンが空想の友だちに夢中になっていることだったが、怪しげな女ベニグナの突然の訪問がラウラの不安を一層掻き立てる。そして、子供達を集めたパーティの中、シモンは忽然と姿を消してしまう。

eie5.jpg
eie4.jpg
eie2.jpg

■かんそう■
綺麗だ! 既にオープニングロールの壁紙破りから美しいぃ。
幻想的な映像・・監督違うけど、ギレルモ色の世界観が濃い。

霊物ですが、酷い事をした人物に恨み抱き成仏出来ないのでは無く
無邪気な子供のまま、だるまさん転んだで、遊びたいだけなんだ

子供達が姿表す場面は、ゾクゾクして日本人好み。
妖しい女の事故シーン・・・切れが良すぎて逆に違和感持ったりして

シモンの死因が分かった時、ラウラ辛かったろうね・・

何だか、子供達は息子のシモンが欲しかったのでは無く
ラウラが来てくれるのを待ってたって感じ受けました。家族同様だったんだろうね

よくよく考えると、これ以上無いような悲劇なのに
最後に、幸福劇に錯覚させてしまう所が、「パンズラビリンス」に似てます。

父親の涙目笑顔・・・・あれ見て、私までウルウル
幸か不幸か分からないけど、ラウラもシモンも子供達も幸せなんだと思えます。

私の好き度 stars-3-5.gifstars-4-0.gif

★よろしかったらクリックお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

コメント
この記事へのコメント
こんばんは!

バッドエンドのハッピーエンドですね
映像と雰囲気が物凄くよかったです
かなり緊張感のあるシーンなんかもあり、質の高い作品でした
ベニグナの事故シーンはびっくりしましたね!
…てか人工呼吸、無理でしょう~?@@;アレ(息がもれちゃいますよ!)
緩急のつけ方が上手いのかもしれませんが、でもあそこのシーンはあそこまで見せる必要あったのかは疑問です…^;

絶望から美しい希望へと変わる描写が非常に巧みで、
冒頭の伏線なんかも、かなり練りこまれていた気がします
トマスの部屋あたりから胸がいたかったです…
2009/05/25(月) 18:27:16 | URL | ヨヨ #jQTfdwCM[ 編集]
こんばんは~
そういえば、ラストはパンズラビリンスみたいな作りですね。
こちらの方が、はっきりした結果かも知れませんが。
子供には子供の世界があるし、霊にも霊の世界が・・・

最後手前のラウラの謎解きは哀しいですよね。
立ち直れない衝動も分かりますし、
それを否定しないのもギレルモカラーなんですかね~
2009/05/25(月) 21:04:48 | URL | hiro #-[ 編集]
永遠にDoCoMoだし!?
こんばんは(^~^)

ギレルモ・デル・トロですか
マニアックな作品になってるんでしょうね?

重そうなのでパンズラビリンス見てないんですよね。
次はギルレモつながりで
『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』でしょうか?

これまた見てないのでコメントしづらい。。
あ、ポチっと!!!
2009/05/25(月) 21:48:33 | URL | オーラ・スピリット #-[ 編集]
だーくふぁんたじ~
最後は非常に良かったですよ。
愛する者たちとの再会。
失っても、陰でず~と見守ってくれていた子供たち。

ラストカットの旦那さんの顔も含めとても美しい映画でした。

只、個人的にはもっとホラーしていると思って観ていたので、意外と普通のドラマだった事がちょっと残念だったかな~と。
婆さんの事故シーンだけはやけに気合入ったホラーでしたけれども(笑)。
2009/05/25(月) 22:59:35 | URL | ヒロ之 #-[ 編集]
ヨヨさん、こんばんは

何で突然、あんな衝撃事故シーンだったのですかね?(笑)
それまでの流れと違う感じ受けました。

ほんと、口無くなってたよね・・あれ人工呼吸は無理だね
(^∇^)アハハハハ!

私も、最後まで食い入るように見ましたが
監督が違うとは言え、どうしてもギレルモさんが頭から
離れなくて・・・こちらも上質だったのですが
やはり、ラビリンスの方が印象深かったかなぁ私。

トラバありがとうございました(-^□^-)
2009/05/25(月) 23:40:43 | URL | アニー #-[ 編集]
hiro君、こんばんは

内容も映像も良かったですよね。雰囲気勝ちですかね

ただ、ラストがパンズ見てなかったら、多分もっと衝撃受けた
のでしょうが・・・現実的に考えると悲しすぎるけど
それを美しく、幸せだと思わせてしまう

やっぱり、ギレルモ色否定できないのですよ私(^o^)
2009/05/25(月) 23:45:14 | URL | アニー #-[ 編集]
スピリットさん、こんばんは

(^∇^)アハハハハ!
スピリットさん、永遠にドコモ!?
私ずーと、エーユーですが・・・話が違うな(-^□^-)

どちらもダークなオトギ話系ですよ・・う~ん重いと言えば
重いかも・・でも、どちらも釘付けになりますよぉ。

ラストが、上手いのよ! 何とも表現できないくらい
不幸なのに、幸福感で満たされてしまうような

あ、すまんです<(_"_)>ペコッ
あたしゃ、アメコミ苦手っす! 

ヘルボーイは、スピリットさんや皆様にお任せします
(=●^0^●=)
2009/05/25(月) 23:50:30 | URL | アニー #-[ 編集]
ヒロ之さん、こんばんは

確かにね~、ホラーとはチト違うよね。
その辺り、期待して見ると肩すかしくらうかも^_^;

私は、穏やかな中の不気味さが続いてたのに
突然オバチャンのグロ事故が妙に浮いてたように感じられて(笑)

何でなんだぁ~と思った次第です

が、全体的に見入ってしまったし悲しいけど
救いの有るラストで、落ち着き有る良い映画でした(^_^)v

トラバありがとうございました。
2009/05/25(月) 23:55:41 | URL | アニー #-[ 編集]
今日借りてきたんですが、まだ観てないので、サラって読ませてもらって、また来ますね♪

『パンズラビリンス』ですか・・・すっごく印象に残ってるんでこれも楽しみです。
2009/05/26(火) 20:47:18 | URL | ちひろ #-[ 編集]
はろ~!
出遅れたなぁ…(f^^) ボリボリ

これ、好き♪
壁紙はぐのも、なんかあるのかなぁと思いながら、あのオープニングロールを観てました。これもつながりはあったね。
なにかしら、伏線のつながりかたが好みです。
考えると、あのエンディングはパンズに通じるものがあるんだけど、あれよりはHappyな気がしたのは、ラウラが大人のせい?
それでも、涙腺刺激はかなりのもんでした。
緊張感の付け方が、上手いね。
間をあけて、また観たい作品です。
2009/05/26(火) 23:43:38 | URL | ちゃぴちゃぴ #-[ 編集]
こんにちは!
オープニングの壁紙がぺろんとめくれるところとか凝ってるね。
見せ方がうまい。
だるまさん転んだはびびったなあ。冷や汗。。
そうそうゾクゾクする恐さは日本人好みかも。
どちらかというとパンズのほうが好きだけど、
世界観に酔いしれました~!

2009/05/28(木) 12:36:13 | URL | アイマック #mQop/nM.[ 編集]
ちひろさん、こんばんは

コリャ又、返事遅くなってすんまそん<(_"_)>ペコッ

で、どうでしたかねぇ~? ちひろさんのお気に入り度合いは?

やはり、パンズの方が衝撃波が強かったのですが
こちらも良い・・と言うか悲しいけど幸せなお話でしたよね(^_^)v
2009/05/28(木) 22:07:32 | URL | アニー #-[ 編集]
ちゃぴさん、こんばんは

何か、これ系作品は、記憶に残りますねぇ~。
結構な年月忘れない気がします。

派手では無いけど、内容勝負って感じで染みました
ラストの父親の顔が忘れられない
あの涙笑顔・・それだけで、ラウラや子供達が幸せなんだと
感じられて、悲しさ忘れちゃいますね(-^□^-)

トラバありがとうございます。
2009/05/28(木) 22:10:56 | URL | アニー #-[ 編集]
アイマックさん、こんばんは

私もパンズの方が好きです。やはりラストの衝撃度合いは
尋常では無かったですよね(∩.∩)

しかし、永遠も凄く悲しいけど優しい映画でラストには
私も涙ウルウルしてしまいましたよ

映像の美しさ&独特の世界観・・チョット、ハリウッドでは
出せない雰囲気ですね

トラバありがとうございました(^_^)v
2009/05/28(木) 22:13:56 | URL | アニー #-[ 編集]
内容ちゃんと知らずに見たんですが、途中で、「え?これホラーなの!」って衝撃がありましたが(笑)

だるまさんが転んだが怖かったです・・・

ラストは、彼女の夢がかなったって感じでしたね。
だんなさんが、幽霊なんて信じてなかったのに、多分幽霊ってより彼女の魂を感じたんでしょうね。
いいだんなさんだ~

だんなさんはかわいそうではあったけど私の好きなハッピーエンドだったように思います!
パンズはもちろんインパクト大きかったですが、奇妙な生き物が私は苦手なんで、こっちの方がリアリティがあって、受け入れやすかったです。
2009/05/29(金) 06:38:46 | URL | ちひろ #-[ 編集]
ちひろさん、こんばんは

ホラーとして見ると、少し違いますよねぇ。
ただ、霊の表れる場面は、ゾクゾクしました。

旦那さんは、ラストに妻&息子の幸せを感じたんだと
思います・・・あの表情は安堵感で溢れてたもの

悪霊物が多い中、優しい霊だったと言う事で

私は、パンズの方が好みでした。
現実からの逃避で作り出したオトギの国。
あの光に包まれたラストは非常にインパクト大でしたので
(-^□^-)

こちらも素敵なお話でしたよね(^_^)v
2009/05/30(土) 00:23:01 | URL | アニー #-[ 編集]
こんにちは!
アニーさんも見たのね!
ちゃぴさんとこで記事見て、
早くみた~~い、と思ってます♪
友達とかには絶対「パンズ・ラビリンス」お勧めしてるから、
これも楽しみだけど、ギレルモ監督じゃなかったのねw
それでも楽しみでーすw
2009/06/03(水) 18:20:26 | URL | ラルフ #nft/jt/c[ 編集]
ラルフさん、こんばんは

ほぉ~い、見ましたぁ~(-^□^-)

私は、パンズの方が好きなのですが、この作品も
独特の世界観があって、引き込まれてしまう映画でしたよ~。

奇妙な生き物は出てないのですが、幻想的な雰囲気は
充分感じ取れました。

ラストも悲しいのに嬉しいような
素敵な物語でしたよ(^_^)v
2009/06/03(水) 21:02:05 | URL | アニー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
映像と雰囲気が物凄くいいですね。袋をかぶった少年なんかの映像は個人的に好みの部類。ギレルモ・デル・トロ監督の作品かと思ってたらプロデュースらしい。 冒頭の「123壁たたけ」ってあれ日本で言うところの「だるまさん転んだ」?外国にもあるんですね! 「僕はず...
2009/05/25(月) 18:20:03 | いやいやえん
EL ORFANATO/07年/スペイン・メキシコ/108分/劇場公開 監督:J・A・バヨナ 出演:ベレン・ルエダ、フェルナンド・カヨ、ロジェール・プリンセプ、ジェラルディン・チャップリン <ストーリー> 怪現象が起こる古い屋敷を舞台に、突如消えた我が子を探し続ける...
2009/05/25(月) 22:59:22 | 銀幕大帝α
これ見たかったんですよねっ。当初は、ギル・レモ監督作品かと思っていたのですが、プロデュースだった。母親が、子供を捜す…という愛の物語だけだと思っていたら、大間違い。子供はどこ?というサスペンスとホラーもあり、満足しました。永遠のこどもたち原題:El ...
2009/05/26(火) 23:36:30 | 晴れたらいいね~
【永遠のこどもたち】の感想etc (2007) Review 【フライト・プラン】+【アザーズ】=【永遠のこどもたち】ってことで! 子供は隠れ...
2009/07/05(日) 23:38:45 | 嗚呼,魅惑の映画道+Σ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。