大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年05月12日 (火) | 編集 |
sho2.jpg

■2009/5/2日DVD発売  ■カナダ制作  ■90分

■監督 ・ウーヴェ・ボル

■出演
マイケル・バレ/ウィル・サンダーソン/ラルフ・モーラー/ジョデル・フェルランド/テア・ギル

■あらすじ■
アメリカ史上最悪の殺人鬼シードの死刑が確定。電気椅子による処刑が実行されるが、その心臓は動き続けていた。捜査官のビショップたちは法に背き、シードの死を偽装、地中深く埋葬する。しかしそれでもヤツは死ななかった…。

■かんそう■
「アローン・イン・ザ・ダーク」の監督作品ですが
入りの虐待映像が、動物好きの私には極端にキツイ。

ホラー好きと言いながら、その部分は目閉じてホトンド未見

シードは、子供時代大火傷を生う過酷な運命を背負ってるのですが
何故に、あそこまで冷酷になったのかは不明。

赤子の場面も辛かったな・・普通に見ると、泣いてるだけなんだけど
ビデオを見てる刑事が涙を流してるもんで、残酷さが感じ取れてしまって

だいたい、電気イスで絶命しなかった男を、そのまま埋める?!
極秘に毒薬でも打つだろうに・・それか逮捕時に撃ち殺すか

刑事の心得や、死ぬだろうの考えが、更なる惨劇呼ぶ訳だけど
相変わらず、暗! 仕掛けられたトラップも切れは良いのに見えない^_^;

かたや、延々続けられる鮮明トンカチ殴打は、凄くてサスガに引きます。
生理的に受け付けない程のマニアックさ・・。 

展開は断片的に繋いで有り、物語的には意味分からないのですが
人体破壊物、好きな方には、トンカチだけでも見る価値有るかも

果たしてシードは、映画界伝説の殺人鬼になれるのか?・・・微妙。

私の好き度 stars-2-5.gifstars-3-0.gif

★よろしかったらクリックお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

コメント
この記事へのコメント
こんばんは~

アニーさんもついに見ちゃいましたか!
みていられないと思うのは冒頭とトンカチシーン。
あとは死体になる早回しテープ。

正直、それ以外はストーリーの見せ方が下手なこともあって
感心する部分はない作品なんですが…
このトンカチシーンの出来具合が、悪趣味ではあるもののあまりにも素晴らしく、ある意味で個人的に「伝説の殺人鬼」になるかもしれません

冒頭シーンの動物のあの目は忘れられません><
2009/05/12(火) 22:25:01 | URL | ヨヨ #jQTfdwCM[ 編集]
塩辛!?
こんばんは(^~^)

「アローン・イン・ザ・ダーク」の監督作品ですか
あの映画自体がショボイB級映画でしたからね。。

「アローン・イン・ザ・ダーク2」もダメダメでしょう?
まあ、見ずにダメダメ言うなって言われそうですが・・・

映画に関しては、厳しく辛口批評させて頂きます^^
SHOCKER ショッカー

寛大なアニーさんに 2.5、3点じゃダメダメ映画決定ですね。
記事UPに時間がかかってしまった。。。

もう寝よう(^^;)

ポチっと!!!
2009/05/13(水) 01:17:07 | URL | オーラ・スピリット #-[ 編集]
ヨヨさん、こんばんは

おぉぉ~、ヨヨさん的には伝説になりそうな雰囲気
なんですね(-^□^-)  私的には今の所微妙ですが(笑)

トンカチはサスガに少々引きました(汗)
延々だもんね~。シードが又楽しそうにかっ飛ばしてる
のが有りえんσ(^◇^;)

そうなんですよ!
私、動物大好きなんで、動物虐待物はハッキリ言って
見られません・・・ほとほとあの場面には疲れました
見てないけど(^∇^)アハハハハ!

トラバありがとうございました。
2009/05/14(木) 19:37:35 | URL | アニー #-[ 編集]
スピリットさん、こんばんは

塩辛・・・今日の大受け! ナイス!Ψ(`◇´)Ψ キャハハハ

アローンの1はサッパリでしたよね!
とにかく、暗くて見えない・・やっと見えたら有りえないくらい
ショボ怪物σ(^◇^;)

2は、さすがに未見です・・でも他ブログさんで聞いたら
どうにもこうにもならない代物らしいです。やっぱしね(笑)

この映画は、トンカチ殴打だけわ見所です!
凄い狂気が感じられます・・殺人鬼には普通の事なんだと
思いますが・・後は普通(^_^)v
2009/05/14(木) 19:43:05 | URL | アニー #-[ 編集]
撲殺
この映画はトンカチでしょう。
あの場面だけはやたらと気合入れて撮ってましたね。
カット割じゃなくて、ワンカット撮りってのが、私的には良かったですね~。

ストーリーとしては無茶苦茶ですけどね。
この辺が、最低監督と言われ続けているウーヴェ・ボルならではです。

でも、これまでの彼の作品の出来からすると、今回はまだマシな方だと思いますよ~。
2009/05/15(金) 00:04:10 | URL | ヒロ之 #-[ 編集]
ヒロ之さん、こんにちは

(^∇^)アハハハハ!
あそこ、ほんと気合い入ってタネ(笑)

内容的には、大した事も無かったのですが
トンカチは迫力ありました・・どっか見てて、嫌になりそだったよ

確かに、アローンからすると遥かにマトモだったような
が、相変わらず暗いのは定番ですなぁ~(^_^)v

トラバありがとうございました。
2009/05/16(土) 12:56:53 | URL | アニー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
冒頭のフィルムの中での動物を生きたまま手足をもいだり皮をはぎ、踏み潰しながらの屠殺行為が一番きつかった。あの動物の瞳は忘れられない。 何度死刑を執行しても死なない…そんなことありえるだろうか?電気椅子が何度も失敗し、殺人鬼シードはついには警官達に生き埋...
2009/05/12(火) 22:09:25 | いやいやえん
SEED/07年/加/90分/劇場未公開 監督:ウーヴェ・ボル 出演:マイケル・パレ、ウィル・サンダーソン、ラルフ・モーラー、ジョデル・フェルランド <ストーリー> 死刑執行後も生き続け、釈放された殺人鬼が、自分を葬ろうとした関係者たちに次々と襲い掛かる。 <...
2009/05/15(金) 00:03:54 | 銀幕大帝α
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。