大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年04月29日 (水) | 編集 |
room11.jpg

■2009/4/24日DVD発売  ■アメリカ/日本制作  ■90分

■監督
ケン・ラッセル/ ショーン・S・カニンガム/ モンテ・ヘルマン/ ジョン・ゲイダー/ ジョー・ダンテ

■出演
ヘンリー・ギブソン/ ディック・ミラー/ レイチェル・ヴェルトン/ ジェイス・バルトーク
ララ・ハリス/ 石橋凌/ 杉本彩/ 比留間由哲

■あらすじ■
伝説の恐怖映画『ヒステリア』・・・それが撮影された"死の館"と呼ばれるセットが、まだスタジオの片隅にひっそりと残っている。やがてそのセットに7人の男女が集められ、たった一時間で終わるはずの見学ツアーだったが、彼らは8角形の部屋に監禁されてしまう。脱出が無駄に終わった彼らは、集められた理由を探るうち、それぞれは世にも恐ろしい体験をしていたという共通点を発見する。そしてそれぞれの体験談を語り出すが・・・果たして、彼らが集められた理由は?

room3.jpg
room2.jpg
room7.jpg

■かんそう■
発端&結末は1つに繋がってるのですが
そうそうたる監督陣が描くオムニバス形式の作品でした。

4つの恐怖体験が綴られ、ジョー・ダンテ監督はオープニング&エンディング担当。

ホラーと言うより、怪奇物の気色悪さで・・・日本的オドロオドロしさ有り。

スタジオ案内役の、プチトマトみたいなヘンリーさんが、一癖二癖あるのが
入りから感じ取れます・・さすがの存在感。

全ての物語が、エロ絡みで女優陣が惜しげもなく裸体さらしてます。

ユーモラスな話も有りますが、よくよく考えると、やっぱり全話気持悪

豊胸手術で、エタイの知れない肉片入れる所や
腐乱男とのセックスなど、かなり異様・・品の無い話ですが、あのドロドロ肉体
のチ○コは?! 考えただけで、寒気がする^_^;

結末、解せない部分が有りつつも・・・エロス、肉欲がもたらす地獄。

特別面白い訳でも無いのですが、最近のホラーとは毛色が違い
独特の世界観に新鮮さを感じました。

私の好き度 stars-3-0.gifstars-3-5.gif

★よろしかったらクリックお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

コメント
この記事へのコメント
彩姐さん
妙にエロくて、グロいホラーでしたね。
そんなに飛びぬけて面白い作品ではなかったですけど、血を吸うおっぱいは笑いました。

各々のエピソードがえらい中途半端に終わるなぁって思っていたら、ラストで追加があって、更にオチ付き。
この辺の作りも良かったと思います。

あんな適当な手術で綺麗な豊胸って出来るんですね(笑)
2009/04/29(水) 22:49:05 | URL | ヒロ之 #-[ 編集]
意外とユニークな作品でしたね!
オムニバスとは知りませんでした
八角形の部屋で4話でしたが、8話みてみたかった気がしますね

一話目の馬鹿っぽい部分、かなりキテましたねー
乳首がサイケ色なギザギザ口になるところなんか、良かったです(笑)
2話目3話目は微妙でしたが、4話目も嫌悪感がある部分なんかが良かったですね
こう考えると、1話目4話目などの、
直接的に一般的な女性としての嫌悪感を感じる物語(胸や子宮)が面白かったのかも…
2009/04/29(水) 23:10:39 | URL | ヨヨ #jQTfdwCM[ 編集]
レズ・で~す(←それしかないんかい!合ってないし)
こんばんは(^~^)

スチエーション・スリラーぽいのかと思ったら
オムニバスのホラーなんですね?

ホラー版トワイライトゾーンって感じですか。。
石橋凌/ 杉本彩/ 比留間由哲。。この日本勢が

話にどう絡んでくるのか・・・興味はありますね
中途半端な英語を話してるんですかね??

杉本彩のエロは世界に通用するエロなのか
侍エロ・がんばれ!杉本・エロ・japan!!!(笑)

ポチっと!!!
2009/04/29(水) 23:23:53 | URL | オーラ・スピリット #-[ 編集]
ヒロ之さん、こんばんは

彩姉さんは、ボーとした婦警さんでしたね(笑)
オッパイ、笑いました!
3人のバカ医者トリオも意味分からんし^_^;

しかし、何か妙味雰囲気かもし出してる作品で
やはり、監督の腕ですかね~。意外と印象深い作品でした。

結末は・・・ありゃ、みんな死んでたのですかね
あの辺、ツジツマ合わなくて解せませんが、まー良いか(笑)

トラバありがとうこざいました。
2009/04/30(木) 00:11:07 | URL | アニー #-[ 編集]
ヨヨさん、こんばんは

あ~8角形だから8エピソードあるんだ!
知らなかったぁ~・・・・そうなんだぁ。

何か、怪談100物語みたいな印象受けました。

切る、刺す・・そんなやり方のホラーでは無くて、嫌~な
気持にさせられると言うか・・恐いでは無くて、気味悪い
そんな感じで、最近には珍しい作りだったよな

あのオッパイが最後に血ジュースをストローで飲んでる
姿・・・アホですよね(笑)

トラバありがとうございました。
2009/04/30(木) 00:16:22 | URL | アニー #-[ 編集]
スピリットさん、こんばんは

異様なエログロワールドでした。
しかしながら、結構な印象度合いで・・取り立てて面白い
事も無いのですが、悪くもないって感じ。

トワイライトゾーンより、キツイですね~。
感じわ似てますが、もっと強烈と言うか^_^;

怪奇小説の映像化って感じ

杉本さんは、チョイ役もチョイ役・・婦警さんでした。
石橋さんは英語ペラペラだけど、格好がお坊さん?なんで(笑)

レズでーす・・・スピリットさんお気に入りですね
Ψ(`◇´)Ψ キャハハハ
2009/04/30(木) 00:22:02 | URL | アニー #-[ 編集]
懐かしい才能が大集合ですね。

ショーン・S・カニンガムもジョー・ダンテも素晴らしい監督です。

ショーン・S・カニンガムは『ガバリン』がマジ最高ですよ。

ジョー・ダンテの映画ってホラーとゆーより怪奇映画っぽいんですよね。
『グレムリン』とか。

ですので、アニーさんの感想は的を得ていると思います。
個人的に。

死体とセックスって、危険なファンタジーですよね。

そんな映画ありました。
『モルグ』ってヤツ。
死体置場のバイトを始めた青年が、殺害した死体とセックスする殺人鬼に狙われるヤツ。
ブキミなドイツ映画でしたね。
傑作ですよ。
ハリウッド・リメイクもなかなか良い出来でした。
2009/04/30(木) 21:27:17 | URL | シット・ヘッド #-[ 編集]
シット君、こんばんは

さすがに、才能ある監督ばかりって感じでした。

面白さは、特別でも無かったのですが
発想が日本人好みと言うか・・・オドロオドロした怪奇
そんな独特の雰囲気があって、意外と見入ってしまいました(^_^)v
2009/05/01(金) 19:37:47 | URL | アニー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
人食い乳首、日本画に纏わる呪い、不老不死の吸血鬼、寄生虫の双子etc...なんだこれと気になりません? 昔ヒットしたホラー「ヒステリア」が撮影された八角形の部屋に閉じ込められた見学ツアーメンバー。この屋敷内のチープさはいい感じでしたね~構造も面白いです。 閉...
2009/04/29(水) 22:26:04 | いやいやえん
TRAPPED ASHES/06年/米・日/90分/劇場未公開 監督:ケン・ラッセル、ショーン・S・カニンガム、モンテ・ヘルマン、ジョン・ゲイター、ジョー・ダンテ 出演:レイチェル・ヴェルトリ、ジェイス・バルトーク、 ララ・ハリス、スコット・ローウェル、石橋凌 <スト...
2009/04/29(水) 22:47:59 | 銀幕大帝α
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。