大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006年06月06日 (火) | 編集 |
夫の暴力に耐えかね、故郷に戻ったジョージー。
10代で父親の分からぬ長男サミーを出産した彼女に周囲
父親さえも理解を示さず冷たい。
だが、ジョージーは、2人の子供を養い生きる為、友グローリー
の勧めで男達に混じって、炭鉱で働く事を決める。
だが、彼女を待っていたのは、女に対する敵意と嫌がらせ
息子へのいじめ。自分の無力に打ちひしがれそうになりながらも
彼女は立ち上がる。


stand1.jpg■2006/6月DVD発売

■アメリカ制作

■監督 ・ニキ・カーロ

■出演
・シャリーズ・セロン
・フランシス・マクドーマンド
・ショーン・ビーン





■感想■

ヒドイ嫌がらせに驚きました。
男性って、もっとアッサリしているのかと思ってましたが
集団になると、何でも有りなんですね!!
もちろん、不景気で数少ない男の職場を女に取られると云う
危機感もあったのでしょうが・・イジメ方が陰湿です。

stand3.jpg

数少ない女性従業員達も、気持ちを爆発させたいのに、それぞれの
事情で、給料の良い炭坑を辞めたくない
その為に、トラブルを避けようと我慢を重ねてます。
私なら、パンチ食らわして辞めてやる~!と言ってしまいそう(汗)
自分の事のように、はがゆくて、イライラしてる自分がいました

stand2.jpg

実話がベースなので、実際、当事者の女性達は、
どんなに辛く情けなかったか、想像も出来ないくらいです。

ジョージーも、根性入った母親なんですが、周りの人達も
自分の信念、プライドをそれぞれシッカリ持ってて素晴らしい!

父親が、組合の集会でジョージーをカバウ場面
泣けてしまいました。やはり、娘を心から愛したのですね。
友人のグローリー、余命幾ばくも無い体で女性従業員の為に
ジョージーに賛同して立ち上がります。そして、グローリーの旦那さん
最高の男だな・・感動してしまいました。

理不尽な事に対しては、しっかり意見を述べる事
大事ですね・・男性には嫌がられるでしょうが(汗)
でも、ナカナカ、それって難しい・・事無かれ主義を選んで
しまうんですよね実際は・・現実は厳しいです。

この訴訟で、アメリカ社会において女性の地位を保証する
法律が出来たと言うくらいで、非常に見応が有り
人間の勇気と、心の気高さ、を感じる事の出来る物語でした。
オススメです(^_^)v

■自己中評価stars-4-0.gif

アクセス解析


コメント
この記事へのコメント
トラバありがとうございます♪
おじゃまします♪TRBありがとうございます!(^^)!
男性達のいじめもさることながら・・・・
同僚で同性の女性職員たちの消極的な態度にも
イライラしてしまった私デス。
父親の“立ち上がる”シーンは一番の見どころかも?!
(裁判勝訴のシーンよりも・・・(^~^;))
こちらからもTRBさせていただきました♪
2006/06/11(日) 21:42:20 | URL | soratuki #/02qLiNA[ 編集]
いらっしゃいませ
soratuki さん、こんばんは。

コメント&トラバありがとうございます。
私も、父親のシーンーが一番心に残ってます。シャリーズ・セロンも良かったのてすが、脇の俳優陣素晴らしかった
ですよね。

私も又伺いますね。
ありがとうございました。
2006/06/11(日) 21:54:26 | URL | アニー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
{/hiyoko_cloud/}時々{/kaeru_rain/}以前、UPした『モンスター』で変貌を遂げたシャーリーズ・セロン。今回は、シングルマザーの女性鉱山労働者で虐げられ、ボロボロにされてもなお戦い最後は勝利を勝ち取るという、同性としては心強いキャラクターを演じています。ジャンル
2006/06/11(日) 21:44:42 | 徒然なるままに・・・?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。