大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年03月27日 (金) | 編集 |
war2.jpg war1.jpg

■2009/3/20日~公開中  ■アメリカ・ドイツ  ■120分

■監督 ・ブライアン・シンガー

■出演
トム・クルーズ/ケネス・ブラナー/ビル・ナイ/トム・ウィルキンソン/カリス・ファン・ハウテン

■あらすじ■
第二次世界大戦下のドイツ。アフリカ戦線で左目を負傷したシュタウフェンベルク大佐は、“良心”と“忠誠心”の葛藤に悩んだ末、祖国の平和のためにヒトラー暗殺を考えるようになる。やがて画期的な暗殺計画≪ワルキューレ作戦≫を立案し、トレスコウ少将やオルブリヒト将軍ら、同志と着々と準備を進めていく―。そして、決行の1944年7月20日を迎えた。ヒトラーとその護衛たちを前に、大佐たちは計画を成功させられるのか…。

■かんそう■
実際の、暗殺事件をサスペンスタッチで描いて有り見やすかった。
トムちんのイメージから、勝手にアクション映画かと思ってましたが

派手さは無いのですが、計画実行に移ったとたんハラハラ緊張感みなぎり
その行方に、目が離せず引き込まれてしまいます。

良心と言う名の元、集まる人々・・・一枚岩のようで迷いも存在する

その辺の心理描写も読み取れました。大罪犯すわけで、当然ですし
政治的な思惑も入り乱れながら、大佐を中心に遂行される反逆行為

想定外の状況になっても、今やらなければならない・・・決意が伝わる。

暗殺計画がメインの為、物語に少し深みが足りなかった気はしますが
自分達が、やろうとした事に誇りを持ち、言い訳する事も無く
立ち向かった彼らの志の高さが、心に響き見応えありました。

一言、最後、大佐をカバイ先に撃たれた部下の気持ちを酌み取ると
胸に熱いモノが込み上げて来て、又泣いちまったよぉ。

私の好き度 stars-4-0.gifstars-4-5.gif

★よろしかったらクリックお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

コメント
この記事へのコメント
カフェオーレ!?
こんばんは(^~^)

純ドイツ人将校には見えないトムクルーズ
アメリカ人てアホですね。

トムクルーズをドイツ人として映画見ているのでしょうか!?
まあ、宝塚のベルサイユのばらを日本人がフランス人で
演じている様な感覚で見ているのでしょうかね!?

ヒトラーは暗殺されていないのだから
緊迫感っていうのはないのでは?

ユージュアル・サスペクツ の脚本家ですからね
それなりに楽しめたんでしょうか。

なんだかんだ言っても
映画は楽しめた人の勝ち
泣くほど楽しめて良かったですね^^

ポチっと!!
2009/03/27(金) 23:36:39 | URL | オーラ・スピリット #-[ 編集]
こんばんは
作戦て、きっといろんな人が関わってるので、
もっと、いろいろ出来事があったんでしょうね。
それを、わかりやすく絞って、
見やすく、ドキドキに、うまかったです。
でも、この作戦を支えるのは、ドイツ人としての誇りだからなー。
暗殺が成功か失敗か、
ミッションインポッシブル的に見えるのも、どうかなーということと、
トムさんでは、生粋のドイツ精神は出せなかったですね。
軽いので、最後、泣けなかったなー。
2009/03/28(土) 00:10:39 | URL | kino #Kyeye.Gc[ 編集]
スピリットさん、こんばんは

あーた何言ってるのですか!(笑)

極端な話、キアヌは宇宙人だったし、ソフトバンクのお父さんは
犬ですよ犬←極端過ぎる例ですがΨ(`◇´)Ψ キャハハハ

最初から、トムちんが演じるドイツ人だと言うの分かってるので
素直な気持ちで見られました。

いやいや、ワルキューレ作戦ってどんなか知らなかったし
もちろん、その部分は現実なのか分からないのですが
そこを、サスペンスタッチに描いてあるので、意外と緊張感
あるのですよ

後、9週間?だっけか待てば、終戦だったのに
でも、その時に分かるはずも無いですよね

カフェオーレ大好き~(^_^)v
2009/03/28(土) 01:34:48 | URL | アニー #-[ 編集]
kinoさん、こんばんは

そうだと思います。家族との別れや、関わった人物達の
物語は、あまり描かず暗殺計画をメインテーマとして
扱った感じでしたよね~ので、物語に深みは感じませんでした。

が、私は、最初からアメリカ人が演じるドイツ人って事で
あまり違和感無かったです。

そうなんですよ!私最近、涙もろくてね
あの部下の最後の行動&意志の強さを感じられてしまって
ホロッとしてしまいました(-^□^-)

トラバありがとうございました。

>
2009/03/28(土) 01:42:44 | URL | アニー #-[ 編集]
そうそう、地味めよね。
まじめに直球で作ってる感じかな。
この暗殺に関しては、知らなかったけど、ヒトラーが自害でendなんだから、結果はわかってる。
それでも、ワクワクしたしドキドキするのは、面白かったってことだと思ったわん。
もぉ、いつばれるのか…ドキドキよ。
最後のあれね、実話らしいよ。
泣けるねぇ。
しかし、ヒトラーはウワテだった。ドイツ軍の内部崩壊の部分が見えたのも面白かったです。

トム、軍服似合いすぎっ!(^ー^* ) フフフフ
2009/03/28(土) 01:43:34 | URL | ちゃぴちゃぴ #-[ 編集]
満足いただける内容だったみたいですね。
『アナコンダ3』よりは相当観る価値ありますよ。

トムクルはドイツ人ではなく宇宙人です。

それが本当のトコロ。

あと、僕は映画って基本的に楽しいと思うけどなぁ。

つーか、映画を楽しめないヤツなんてただのアホですからね。
本当にね。

ディズニーランドに自分の意志でわざわざ遊びに行って「つまらなかった」とゆーのと一緒ですよ。

映画ごときを楽しめないヤツってのは、ソイツ自身が死ぬほどつまらない人間なんだよ。

映画だけじゃなくても、日常において「つまらない」って言葉を頻繁に使う人間ってのは本当に終わっている。

「楽しむ」

正直、とてもカンタンなことだよね。

アニーさんもそー思うでしょ?
2009/03/28(土) 09:03:08 | URL | シット・ヘッド #-[ 編集]
こんにちわー♪
アニーさん、どーもー☆

今回はトム・クルーズ主演にしては
アクション重視じゃない作品でしたが、
駆け引きっていうか緊迫した演技が見どころだったと思います。
あと、ヒトラーの極悪非道な背景に一切触れていなかったところも
逆に良かったかなって。

結果はどうあれ、国や家族を想い、
信念を貫こうとした彼らは立派だったと感じます!
2009/03/28(土) 09:40:18 | URL | 猫人 #-[ 編集]
ちゃぴさん、こんにちは

アクションかと勝手に思ってたら、違ってましたね~(笑)
そうですよね~、ヒトラーは自害したので結末は分かって
るんですが、命がけで闘った彼らの行為は決して無駄では
無かった思えるし、ハラハラして釘付けでしたよ(^_^)v

へぇ~、あのラストのカバッタ部下、実在した方なんだね
あそこは、響いたなぁ。みんな男の中の男だよ!

私はね、トムちんより、ワルキューレが発動
された時の部隊の指揮官がカッチョ良かったなぁ(笑) 
惚れそうだった(^∇^)アハハハハ!

ドイツ軍服・・あのコート姿は凄く格好いいね!
さすが、ヨーロッパは昔からファンションセンス洗練されてるね

トラバありがとうございました。
2009/03/28(土) 15:35:54 | URL | アニー #-[ 編集]
シット君、こんにちは

うんうん、これは良かったわ~。特別娯楽炸裂では無いのですが、ドキドキ感も味わえるし、彼らの志も伝わりました。

あのね~、勘違いしないでね。
みなさん、映画大好きな方ばかりなのよ・・もちろん私も

その中でも、軍服姿に憧れる方、思いに共感される方
響かなかった方、色々な方が居て当然なのよ。

自分が今、置かれている立場や精神状態で、入り込めない
映画って誰でも存在するのが自然だと思うし

私は、色々な意見があって嬉しいのよ。
映画が大好きだからこそ、あえて苦言を言う場合もありで

「つまらない」では無く、1意見として言ってるので
その辺は、理解してくださいませ。
2009/03/28(土) 15:50:10 | URL | アニー #-[ 編集]
猫人さん、こんばんは

作戦遂行には、ドキドキして見入りました!
重い題材をサスペンス風に描いてあるので見やすかったし
楽しめました。

彼らの、国民を助けたいと言う熱意・・その信念を貫いた
姿は心に響いたし無駄な死ではなかったと思いたいです

大尉家系の方が7人いらっしゃると言う事で、その方達に
とって、この映画は未来永劫誇りだと思うなぁ。

トラバありがとうございました。
2009/03/28(土) 16:02:43 | URL | アニー #-[ 編集]
こんばんは!
右のポスターのトム、かっちょいい!

>想定外の状況になっても、今やらなければならない・・・決意が伝わる。

鞄の中をゴソゴソしているシーンは、ドキドキものでしたよ。
しかしヒトラーの暗殺計画、40回以上も未遂って、びっくりな事実ですよ。

>一言、最後、大佐をカバイ先に撃たれた部下の気持ちを酌み取ると
>胸に熱いモノが込み上げて来て、又泣いちまったよぉ。

んだ・・
射撃の号令をかける涙目の将校にも涙・・
サスペンスものですが、熱い男たちのドラマでした。


2009/03/29(日) 20:53:56 | URL | アイマック #mQop/nM.[ 編集]
アイマックさん、こんばんは

>んだ・・・
アイマックさんが言うとイメージが違って笑えるぅ~。
ヾ(≧∇≦)ノ"キャハハ☆

そうですよね~、熱い熱意を感じられて
彼らの、決意の強さに涙してしまいました。

ハラハラ感も充分感じられ楽しめました。

40回も狙われて、生き延びたヒトラーって
逆の意味、強運の持ち主だったのですね

トラバありがとうございました。
2009/03/30(月) 21:57:05 | URL | アニー #-[ 編集]
こんにちは!
トムさんではドイツ将校はやはり無理でしたねぇ…。
アメリカ的にやけ顔であるため、きりりと演じているつもりでも
どこか軽い。
物語も計画実行自体がメインなので、その間における苦しみや苦労がなく非常に淡々とすすんでいくため、重苦しさがあまりなかったですね
もともと大佐の役は、トーマス・クレッチマンさんが演じることが内定していたとか。
私はそちらのほうで見たかったですが、例えもしそうだとしたら根本的に脚本をマジメに変えていかないと失敗しそうです。
エンタメ要素がある作り方のため、知名度なんかからトムさんに変更したのかなー?
ただこの作戦が当然失敗しているというのが周知の事実である以上、どこか哀しみも感じられましたし、どう実行しどう失敗したのかわかる緊張感はありましたね^^

ラストの副官が大佐の前にたつ演出は凄くよかったですよね
だからこそ、もう少し副官と大佐との関係(へんな意味ではなく、自分達が重要なことしている自覚と相互信頼みたいなのとか)を描いてほしかったかなーと思います
2009/08/08(土) 11:16:01 | URL | maki #jQTfdwCM[ 編集]
makiさん、こんばんは

やはり、ドイツ人らしくなかったですかねぇ~(笑)
私、元々トムちんって分かってたのでイッコウに
違和感無しでした・・・凄く、感化されやすいの私σ(^◇^;)

謀反起こした、面々の絆・・この辺感動呼ぶはずなんですが
少し薄めでイマイチ深み無かったですよね~。

でも、ドキドキ感はかなり体感できて最後まで楽しめました(∩.∩)

トラバありがとうございました。
2009/08/08(土) 21:55:58 | URL | アニー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ワルキューレ=北欧神話に登場、「戦死者を選ぶ者」との意味を持つ女神たち。 有事の際にドイツ予備軍を動員し、反乱勢力を鎮圧する危機管...
2009/03/28(土) 00:11:39 | 映画通信みるみる
観てきましたよん♪ヒトラー絡みの映画は、濃いもんが多いですね。見応えある。ドイツなのに、英語というのは、私もちょっと違和感ありかな。ドイツ映画は、なんだかんだと観てますから、独特のリズムと感覚が頭にこびりついてるようです。実話です。ヒトラーは自殺し....
2009/03/28(土) 01:37:46 | 晴れたらいいね~
『ワルキューレ』 それは、女神の名を冠した「作戦」 【出演】 トム・クルーズ、ケネス・ブラナー、ビル・ナイ トム・ウィルキンソン、...
2009/03/28(土) 09:24:00 | Recommend Movies
Valkyrie(2008/アメリカ)【劇場公開】 監督・製作: ブライアン・シンガー 出演:トム・クルーズ/ケネス・ブラナー/ビル・ナイ/トム・ウィルキンソン/カリス・ファン・ハウテン/トーマス・クレッチマン/テレンス・スタンプ 作戦は10分。 その瞬間に、世界はゆ?...
2009/03/29(日) 20:48:02 | 小部屋日記
トム・クルーズ主演。国内の危機管理オペレーション「ワルキューレ作戦」を逆手にヒトラー暗殺を実行しようとするドイツ人将校の計略。 1944年に実際に起きたナチス・ドイツ史上最後の反乱です、結末をしっている(当然失敗する)からこその悲しみが漂う作品でもあります...
2009/08/08(土) 11:02:49 | いやいやえん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。