大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
  • 01«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • »03
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年03月04日 (水) | 編集 |
int1.jpg

■2009/2/27日DVD発売  ■アメリカ制作  ■140分

■監督 ・ショーン・ペン

■出演
・エミール・ハーシュ(クリス)
・ウィリアム・ハート(父)
・マーシャ・ゲイ・ハーデン(母)
・キャサリン・キーナ(ジャン)
・ハル・ホルブルック(ロン)

■あらすじ■
1990年夏、アトランタの大学を優秀な成績で卒業した22歳のクリスは、将来へ期待を寄せる家族も貯金も投げ打って、中古のダットサンで旅に出る。やがてその愛車さえも乗り捨て、アリゾナからカリフォルニア、サウスダコタへとたった一人で移動を続け、途中、忘れ難い出会いと別れを繰り返して行く。文明に毒されることなく自由に生きようと決意した彼が最終的に目指したのは遙か北、アラスカの荒野だった

■かんそう■
自分の回りのシガラミを全て捨て・・・自由でありのままの姿を探求した青年の
ロードムービー的作品でしたが、140分間飽きませんでした。

彼の旅立ちが、羨ましくて憧れるけど、飛び出すの恐いし
妹が言ってたように、両親への反感からだけでは無く、本能だね。

恵まれた人間が求めそうな事だ・・・・と思う反面、理屈じゃない何か、も理解出来ます。

色々な人に出会い、最終的に「幸せとは誰かと分かち合うこと」
それに気付いた時には、後戻り出来なかった。もっともっと生きたかったと思う。

彼は、沢山の人に喜びを与えた、が一方では悲しみを残して行ったのも事実。

見終わると複雑な気持ちになりましたが、せめて美しい北の大地に抱かれ
少しでも満足行く人生だった事願うのみ。

それにしても、主役のエミールさんの熱演プリったら
同一人物とは思えない程のヤツレ方、ラストの悟ったような表情が穏やかで印象深い。

スピードレーサーでは、CGが主役だったので分からなかったけど
彼って演技派なんですねぇ。

私の好き度 ★★★★

★よろしかったらクリックお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

コメント
この記事へのコメント
アニーさん、\(^▽^)/コンバンワ!
おぉ、おおむね満足されたようで(笑)
ずっと、心にひっかかって残った映画なんですよ。
彼の行動には、憧れる部分は本当にありますよね。でも、出来ない。捨てたいものは、もりだくさん♪あるもん。
ただの無謀な若者の暴走ともとれなくない行動なんですが、
なんか心に響くものがありました。
じーんときた。
エミールくん、別人でっしょ。
私も、こんな演技派とは思わなかったよ。いい顔してました。
おかあさん役の人がね、あのミストの狂信おばさん!最近、知ってさぁびっくりしちゃった。ウィリアム・ハートも彼女も、実在の両親にそっくりに演じてて、これまたびっくりした。
あのロンじいさんと一緒に暮らせばよかったのにねーなんて思ったり、色々思いましたよ。
帰りたかっただろうね。
2009/03/04(水) 21:06:19 | URL | ちゃぴちゃぴ #-[ 編集]
ちゃぴさん、こんばんは

楽しめましたよ~。
私も、理屈ではない、本能行動みたいなモノ理解できましたよ

ただ、彼は確実に生きたかったように思えて
それが辛かった

両親も彼の旅立ちで、絆が深まる・・やはり彼の旅立ちは
沢山の人に愛をもたらしたと思うけど、彼を失った悲しみも
残してしまったよね。

エミールさん、演技派ですね! ビックリしちゃった
最後、眩しい光に照らされ逝く表情が凄く印象に残りました。

トラバありがとうございました。
2009/03/04(水) 22:17:10 | URL | アニー #-[ 編集]
胃痛・が・マイルド!?
こんばんは(^~^)

140分とは長いですね。
今の自分には耐え難い長さですぅ

スピードレーサーの兄ちゃんですか?
スピードレーサーが最低映画だったので
見る気がなくなりますね。。

ショーン・ペンの演技指導で
演技派に見えたんでしょう。

ポチっと!!!
2009/03/04(水) 22:58:33 | URL | オーラ・スピリット #-[ 編集]
アニーさん、こんにちは。

私ロードムービー好きなんですよ♪
ほんわかしてていいですよね。これ気になります。
今日も頑張って行動して気分UP目指します。
昨日もレンタル行ったのに『MR ブルックス』なかった・・・多分もう10回は行ってるのに。縁がないのか観ないほうがいいということなのか・・・?
これからレンタル行って探してきます。

ショーンペンは全く出演してないんですか?出てなくていいんですけど(笑)
2009/03/05(木) 10:57:08 | URL | ちひろ #-[ 編集]
観たよー!
これすごく好き♪
長かったけど、なんとも言い様のない感動があった。これで感動するのは珍しいかも知れないけど、今の私にあまりにもいろんなことがはまっちゃって・・・

いろんなしがらみから解放され、未知の経験が心を豊かにし、一期一会な出会いが彼の旅をさらに素晴らしいものにしていく・・・。

うらやましいけど、私には絶対出来なくて、でもいつの間にか自分もそんな旅をしてるみたいな気分になって、でも最後には誰かと分かち合う事が幸せなんだと気づいてしまう。
すっごい切ない。
久しぶりに感動してしまいました~~~最後泣いてた。
アニーさん、ありがとう♪

2009/03/05(木) 17:57:10 | URL | ちひろ #-[ 編集]
スピリットさん、こんばんは

そうそう、マッハゴーゴーの兄ちゃんでしたよ。

実話なんで、最後にはヨリ一層感じるモノがありました。

そうだねぇ~確かに、ショーンさんの指導は有ったと
思うけど、それだけでは無いね・・付け焼き刃じゃ無理。

元々の才能が無いと、いくら頑張ってもパリス・ヒルトンだね
(笑)
2009/03/05(木) 22:16:19 | URL | アニー #-[ 編集]
ちひろさん、こんばんは

早!(笑)
楽しめて良かったです!

この旅って、見ようによっては1人よがりのワガママって
見方も出来るけど、理屈じゃ無くて、本能なんだと思います。
彼は、冒険家の素質が有ったんだと思えました。

何もかも捨てて、自由に生きる・・・ホント羨ましいし憧れます
でも、そんな勇気ないよ私も^_^;

あの野草?さえ間違わなきゃ彼は帰ってタネ
が、思うに帰っても彼は又旅立ちそうな気がするの
やはり、本能だよ

それにしても、極寒のアラスカで、狩猟で生きられる
なんて甘い考えは、都会育ちの青年だと

ラスト本人の写真見たら、ジーンと響きました。
2009/03/05(木) 22:23:11 | URL | アニー #-[ 編集]
アニーさんも評価よいね。
みなさんおすすめなので、早くチェックしたいんですが・・・
スピードレーサーって未見なんだけど、CGが主役かあ。笑

2009/03/07(土) 12:55:30 | URL | アイマック #mQop/nM.[ 編集]
アイマックさん、こちらにもありがとうございます。

はぁ~い、なかなかの傑作でしたぁ。
お暇な時に、見てね(^_^)v

そうそう、スピードレーサーのメインは映像ですね。
2009/03/07(土) 22:19:16 | URL | アニー #-[ 編集]
こんばんは!
140分でしたが、時間を感じさせないのが
ロードムービーの特徴でしょうか。
旅先の情景なんかも綺麗で飽きなかったです。

時々、仕事なんかも放り投げて、
旅立ちたい気分に晒されますが、
なかなか実行は出来ないですよね。
先を考えるから。
一瞬一瞬を楽しむのが1番幸せなのかもです。
2009/10/12(月) 23:43:19 | URL | hiro #-[ 編集]
hiro君、こんばんは

ほんとだね~、日常全て捨ててフラット
旅に出られたら、どんなに幸せかなぁ~。

でも、この映画の彼みたいな強さは私には
無いわσ(^◇^;)

どっか観光地とか温泉とかなら1人旅も
良いかな・・と思うけどねヽ(´▽`)/へへっ

トラバありがとうございました。
2009/10/13(火) 19:37:46 | URL | アニー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
この映画、映画館で観るのはあきらめていたのだが、お昼の回になったし10/24で上映終了なので、最優先で観に行った。予告を観て、ピピッときた映画なんですよね。この荒涼感あふるる大自然を映画館でみないでどうする?みたいな気持ちで…。監督のショーン・ペンにも...
2009/03/04(水) 20:55:17 | 晴れたらいいね~
イントゥ・ザ・ワイルド INTO THE WILD (2007) Review ☆見所☆ 親への反抗と真の自由への渇望。社会の歯車の一片になることに拒否反応...
2009/10/12(月) 23:35:39 | 嗚呼,魅惑の映画道+Σ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。