大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年02月14日 (土) | 編集 |
buru1.jpg

■2009/2/6日DVD発売  ■アメリカ制作  ■120分

■監督 ・ブルース・A・エヴァンス

■出演
・ケヴィン・コスナー(ブルックス)
・デミ・ムーア(刑事)
・テ゜ィイン・クック(スミス)
・ウィリアム・ハート(マーシャル)

■あらすじ■
大物実業家、アール・ブルックス。美しい妻との関係も良好、公私ともに誰もが羨む人生を送っていた。しかしそんな彼には、誰にも言えない悩みが…それは“殺人”の依存症。何年も理性で衝動を抑えてきたブルックスだが、ある晩、その誘惑に耐えきれずセックス中のカップルの部屋に忍び込み、銃殺してしまう。だがカーテンが開いていたため、向かいのアパートに住む盗撮趣味の青年に、犯行現場を撮影されてしまい…。

buru2.jpg
buru3.jpg
buru4.jpg

■かんそう■
善人役イメージの強いケヴィンさんが殺人鬼役でしたが
さすがに、ベテランはどんな役でもコナしますねぇ。

墓地での表情は凍り付いたように冷たくて恐かった。

良き夫、父、敏腕の会社経営者・・何も誰にも不満などない良識人
ただ、単に殺人依存症。回りは彼が殺人鬼だとは想像できないと思う。

決して、証拠を残さない切れ者。 ターゲットの下調べも綿密で慎重。
過程から、ブルックスは興奮と緊張で楽しかったんだろうと・・

脅迫する青年スミス、追跡する刑事トレイシーの心理を巧みに読み
聞き出してしまう技は、どかこレクター博士バリ

もう1人の人格マーシャルも、最後にタネ開かしするのでは無く、最初から登場。

殺人そそのかしたり、助言したりと考えようによっては凄く頼りになる奴で
この2人には、誰も敵わないね。一枚も二枚も上手だわ

いつ何時でも、スマートで冷静なブルックス。
無表情の裏に真の狂気は潜んでいるのかもと思え面白かったです。

一言、子に殺人癖が遺伝する事なんて有るのかは分かりませんが
行き当たりバッタリ殺人の娘・・・彼女も恐。緻密さ無い分、家族でも平気で殺しちゃいそう

私の好き度stars-3-5.gifstars-4-0.gif

★よろしかったらクリックお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

コメント
この記事へのコメント
コスナーですか。
ごぶさたぶりだなー。

やっぱアレ。
『ウォーターワールド』ね。
ダントツのベスト。

メッチャ好きです。
スゴイ映画でしたよね。

デミ・ムーアもごぶさただなー。
一体何の役?
2009/02/14(土) 18:44:16 | URL | shit_head #-[ 編集]
これ観たくて仕方ないのに・・・ほぼ毎日チェックに行ってるのにその度に貸し出し中(涙)

近所のレンタル屋さん、どっちも1本しか入荷してない。どして?


ケビンさん、ほんとに最近見ない。覚えてないだけかな・・・
思いついたのは『ボディガード』くらい(笑)
2009/02/14(土) 20:05:41 | URL | ちひろ #-[ 編集]
アニーさん、面白かったですね。
ケビンさん、守護神の教官もまぁまぁよかったですが、こっちの方がうんといいね。
マーシャルとの対話が、またよかったですねぇ。
この人物は、頭が切れるというのが、色んな伏線や会話の中からわかるしかけで、殺人の事細かな様子とかは1から10までないのに、妙に納得。
あの娘は、感情の方が強いので恐いね。
この親子、やるかやられるかの関係っていうのも、怖さを残して面白い。で、ブルックスの親は…??

シャッターもブラッドパラダイスあったんだけど、落下になびきました。
ほんでもってデクスターを借りてきたので、この休みに観るわん。また殺人依存症です。
2009/02/14(土) 22:11:39 | URL | ちゃぴちゃぴ #-[ 編集]
ミスった。ブスっです/完璧なる倦怠期
こんばんは(^~^)

・ケヴィン・コスナー
・デミ・ムーア
・ウィリアム・ハート

最近見ない人の詰め合わせ商品ですね。
別人格も出て来るって
ジョニー・デップのシークレット ウインドウぽい
感じでしょうか??

今となっては普通の人達による
普通のサスペンスですかね?

ポチッと!!!
2009/02/14(土) 23:33:28 | URL | オーラ・スピリット #-[ 編集]
こんばんはアニーさん^^
意外と面白い作品でしたね^^
個人的には別人格である殺人鬼マーシャルが、まるでその場に存在してるかのような演出が非常に良かったです
2人で大笑いしてる描写なんかが、なんだかツボにはいっちゃいました
知的殺人鬼ということですが、やはり意識するのは
レクター博士などなんでしょうか、
とてもじゃないけど、作品だけをみるに、ブルックス自身が女性刑事に興味をもたなかったら、全く接点がないまま終わりそうな感じでしたよね
直接的接点が最後まで全くなかったですし… そこがちょっと惜しいかな~と思いましたがなかなか楽しめましたね^^
2009/02/15(日) 01:17:57 | URL | ヨヨ #jQTfdwCM[ 編集]
アニーさん、こんばんは!
ケヴィン・コスナーの悪役、なかなかあってましたよねー。
セレブな人が実はサイコキラーだったという設定がおもしろい。
もうひとりの人格も堂々と出演してるし。(笑)
逆に他人はみえてないから、変な感じもしたけどね^^;
青年スミスはちとアホだっな・・
墓場で涼しげな顔でバッサリは恐かったです。。
2009/02/15(日) 20:37:11 | URL | アイマック #mQop/nM.[ 編集]
シット君、こんばんは

足に水かきが有る映画ね(-^□^-)
陸地の楽園に辿り着いても、海に帰って行く男・・可愛そうだったね

シット君の為に、役柄を付けたししました(笑)
ただね、別に刑事役デミさんじゃなくても良かったような
あんまり印象に残ってなくて、感想に出て来てないのよσ(^◇^;)
2009/02/15(日) 21:09:38 | URL | アニー #-[ 編集]
ちひろさん、こんばんは

うちは数本入荷してましたね。残ってましたよ
久しぶりですよねケヴィンさん。

この方も悪役できたら良いのに
と思ってたら、悪役やってくれました。
結構、ハマってて冷酷そうな冷たい表情恐かったよ(^_^)v
2009/02/15(日) 21:12:29 | URL | アニー #-[ 編集]
ちゃぴさん、こんばんは

ウィリアムさんみたいな人格・・・殺人好きじゃなかったら
かなり頼りになるね(笑)

2人とも、凄く冷静で切れ者だもの

私、デミさんの役所がイマイチ分からなかったよ。
脱獄犯との撃ち合いバンバンで、終わっちゃったような
この殺人鬼を追うのか、脱獄犯見つけるのか
どっちなんだ!・・・みたいなσ(^◇^;)

娘も恐い・・・彼女もそうとうなモンだね

トラバありがとうございました。
2009/02/15(日) 21:17:07 | URL | アニー #-[ 編集]
スピリットさん、こんばんは

>ミスった。ブスっです/完璧なる倦怠期
私の事ですか!・・・ほっといてくださいo(^▽^)oゲラゲラ

ジョニーのは、別人格だって知らずに脅迫されるけど
こちらは、頼もしい相棒って感じで上手く共存してる
のですよ。

デミさんの役所がイマイチだったのですが
なかなか面白かったでーす。
2009/02/15(日) 21:40:24 | URL | アニー #-[ 編集]
ヨヨさん、こんばんは

もしかしてヒットしたら続編作る
気じゃなかったのですかね?

最後にデミさんに直接接触したし、この映画は序章だった
ような印象受けましたが

デミさんの生い立ち気持を掘り起こして、これから
色々な展開が始まっても変じゃないような

私は、続編から絡んでくるんだったら次ぎも見たいなぁ
とは思いましたが・・・無いよねキット。残念(*^_^*)

トラバありがとうございました。
2009/02/15(日) 21:44:54 | URL | アニー #-[ 編集]
アイマックさん、こんばんは

そうですよね~スミスが一緒に居て、2人で会話してる
場面なんか、スミスには1人喋りみたく見えるのかと
思ったら、心の中頭の中で会話してるような

全然気付いてなかったしね

ケヴィンさんの殺人鬼・・・悩みながらも止められない。
これが、殺人癖・・・貧乏揺すりと同じね
違うか(笑)

トラバありがとうございました。
2009/02/15(日) 21:48:47 | URL | アニー #-[ 編集]
デミムー、刑事か。

デミムーはあんまりオモシロい映画ないですよね。
僕だけかもしれませんが。

つーか、ほとんど思い出せないです。

ただ『G.I.ジェーン』はスゴかったですよね。
恐ろしい映画でした。
2009/02/16(月) 19:53:42 | URL | shit_head #-[ 編集]
シット君、こんばんは

デミさん、年齢の割には綺麗ですよね。
体も鍛えて、ぜい肉無しの締まった肉体で

私も、あんまり印象に残る映画が無いかもしれないなぁ。
2009/02/17(火) 19:16:43 | URL | アニー #-[ 編集]
こちらにも…♪
ケヴィン・コスナーが悪役なんて珍しいですね!
しかもアニーさん的に評価も高めだし♪
最近はあまり聞こえなくなってきたので、
これは要チェックですね(^^ゞ
2009/02/18(水) 11:55:14 | URL | 猫人 #-[ 編集]
猫人さん、こちらにもありがとう!

ほんと、久しぶりの方が沢山で
グロ抜きなんですが、意外と面白かったですよぉ。

死体を綺麗に見せるように、ポーズを取らせる所なんか
もろ、イカレタ殺人鬼なんです。が、何故かスマートな殺人鬼で
2009/02/18(水) 20:49:13 | URL | アニー #-[ 編集]
こんばんは~
ケヴィン・コスナー、似合いすぎでした~
やっぱり、レクター入ってますよね!
残忍さより、スタイリッシュに殺してますけど
悪人なんだろうけど、相手の先を次々読んでいくのは
いいかもです。
無差別に殺すのは許せないですけど(;´∀`)
2009/05/08(金) 23:09:37 | URL | hiro #-[ 編集]
hiro君、こんにちは

似合ってましたね~。
常識人で良きパパ・・・地位も名誉も手にしてるのに
それでも癖わ辞められない・・みたいな

私には理解不能ですが、癖なんでしょうがないね
たとえ、殺人癖でも^_^;

ラストはだいたい予想できましよね~。
ブルックスが降参する訳ないし青年まだまだ青い!(笑)

トラバありがとうございました。
2009/05/09(土) 14:12:01 | URL | アニー #-[ 編集]
すっごく観たかったのに探しても見つからなくて、やっと今日見つけて観ました♪
でも、探してもないはずだよ~なんですよ!これがホラーコーナーの『ヒルズ・ハブ・アイズ』の隣にあったんですよ!ありえないですよね。

頭切れすぎる殺人依存症。こんな人実際いるのかどうか・・・?何かしら脳内物質が出て、一種の薬物依存みたいなんでしょうが・・・

デミ・ムーア何のためにいたのか?全く要らない役のような(汗)

でも、こういうお話好きです。

希望としては、依存症であったとしても全くの無差別殺人じゃなくて何かしら理由があった方が面白かったんじゃないかなって思います。
何だか、胸の高鳴りなんてフィーリングみたいな事は言ってましたが。
娘の殺されるシーンは夢でよかったのか、リアルの方が面白みはあったけど。
2009/07/26(日) 22:01:28 | URL | ちひろ #-[ 編集]
ちひろさん、こんばんは

(^∇^)アハハハハ!
グログロの横でしたかこれ

チート、ジャンルが違う気しますがね(笑)

ほんとにね~デミ姉さんは別に誰でも良かったような
何か、逆にデミ姉さん模様も入っててゴチャゴチャに
なってしまったのが残念ですよね^_^;

ん~、ブルックスは理由無しの殺人だからこそ癖なんだと
思いますよ・・理由が無い。これこそ究極の殺人癖だすな(^_^)v
2009/08/08(土) 21:40:34 | URL | アニー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
これは、調子よく観てしまった(^◇^;)私、ヘンタイな主人公好きだしね。(映像の中だけですけど)ケビンさんより、ウィリアム・ハートがまたよかったりするんですよ。せっかく狂気路線から脱出しそうだったのに、あきまへんなぁ。ブルックスさんは、殺人依存症です。ちな...
2009/02/14(土) 22:12:40 | 晴れたらいいね~
ケビン・コスナーが知的殺人鬼を演じている本作、もう一人…殺人者の自分である別人格を別の人間(ウィリアム・ハートさん)が演じていてまるで相棒のようであるという演出が面白かったですね。 意外と役者は豪華。ケビン、ハート、デイン、女刑事にデミ・ムーア、それに...
2009/02/15(日) 01:13:36 | いやいやえん
MR.BROOKS(2007/アメリカ)【DVD】 監督・脚本: ブルース・A・エヴァンス 出演:ケヴィン・コスナー/デミ・ムーア/ウィリアム・ハート/デイン・クック/マージ・ヘルゲンバーガー 富も名声も手にいれた男、 彼が殺人鬼であることは誰も知らない。 善良なイメージ?...
2009/02/15(日) 20:31:26 | 小部屋日記
【Mr.ブルックス 完璧なる殺人鬼】の感想etc (2007) Review ヴァンパイヤが,血に飢えて人を襲うように,殺人にしか本物の快楽を...
2009/05/08(金) 00:59:18 | 嗚呼,魅惑の映画道+Σ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。