大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年11月14日 (金) | 編集 |
fu1.jpg

■2008/10/24日DVD発売 ■フランス制作 ■85分

■監督 ・ドゥニ・デルクール

■出演
・カトリーヌ・フロ(アリアーヌ)
・デボラ・フランソワ(メラニー)
・パスカル・グレゴリー(ジャン)

■あらすじ■
ピアニストを夢見て一途に励んできた少女メラニーはコンセルヴァトワールの入試に臨むが、憧れの人気ピアニストでもある審査員アリアーヌの無神経さに深く傷つき、自ら夢を封印する。数年後、息子の子守として再会したアリアーヌはもちろんメラニーを覚えていない。万事そつなくこなすメラニーを気に入ったアリアーヌは、彼女に譜めくり役を依頼する。やがてメラニーはアリアーヌにとって掛け替えのない存在になってゆく。

fu8.jpg
fu7.jpg
fu6.jpg

■かんそう■
メラニー・・・・恐~~。
少女時代から、優等生を演じるも心の底には激しい感情を押し殺してる。
試験を受ける他少女の、指を傷付けようとする彼女の闇の部分を誰も知らない。

メラニーの夢を無惨に潰したのはアリアーヌだが、ここまで執念深く恨むとわ
法律事務所に研修に行くのも、代表がアリアーヌの夫と知っての事
復讐計画は静かだが、確実にアリアーヌ一家を崩壊へと導く

平然を装いながらも、息子をジワジワ追い詰める場面も恐かったな。

が、アリアーヌとメラニーの間に、譜めくり役を超えた愛情が生まれる所が薄くて
感じ取れなかったのが残念かなぁ。 突然、愛に変わってるのよ^_^;

メラニーの本性を見抜けなかったアリアーヌは全てを失い破滅
息子もピアニストとしての将来は絶望だと予想するし

結局、アリアーヌは、少女時代のメラニーなど記憶してるはずも無く
相思相愛だと思い込んでた女性の罠に訳も分からず落ちちゃったようで
どちらが、悪いのかは分からない・・。

メラニーの微笑み、美しい容姿とは裏腹の不気味さ感じました。
表情で表現する作品なんで派手さは無いが、逆恨みの怖さ感じる映画でした。

私の好き度stars-3-5.gifstars-4-0.gif

★よろしかったら御協力お願いします。

人気blogランキング  ブログランキング

コメント
この記事へのコメント
はあ、何かこわそうだね。
血が飛び散るワケじゃなさそうだから、
僕好みだろうな。
恨みって静かなほど恐ろしい…。
2008/11/14(金) 19:58:13 | URL | cdoor #1Cm5Xbjo[ 編集]
怖いおねえちゃんの映画だぁ~。
めちゃめちゃ計画的だわよ。
決して、自分の手は汚さず、心理的に追いつめていくんだもん。
息子まで、あんな目に合わせていいのかいな??
アリアーヌのメラニーへの気持ちっていうのは、ちょっと唐突な気もしたね。
メラニーの心情っていうのが、語られないし、表情も読みにくいんだよね。
静かだけど、怖い映画でしたよ、ほんまに。
アイゼンハイムの復讐?も、用意周到な感じがしたけど、こっちはまたリアルなんだよねぇ。
メラニーは、なにも手を下してないし。
殺したりするよりも、こういう事の方が、
やはりキツイかもしれないですねぇ。
アリアーヌは、彼女にしたことなんてご存じないに違いないのも、いたいとこね。
2008/11/14(金) 20:35:58 | URL | ちゃぴちゃぴ #-[ 編集]
アニーさん、こんばんは!元気ですか?

悲しいくらい全く知らなかったです、これ・・・
10月24日何観てたかちひろノートチェックしてみたらshitさんの指摘を受けて「ヒッチャー」オリジナル観てたみたいです。

ノーチェックだったのがショックです。明日探します!

関係ないんですが、ツナちゃん元気してますか?今うちはお友達のハムスター預かってるんですが、すっごく面白いですよ!「トムとジェリー」みたい(笑)ルル最高に寝不足で昼間起きてる姿は見れないんですよー
2008/11/14(金) 22:25:17 | URL | ちひろ #-[ 編集]
昨日「アイランド」みた~^^
すごく面白かったよ☆
2008/11/14(金) 23:29:56 | URL | 愛 #-[ 編集]
あのさー、関係なくてすんまそん。
こんなんみつけたんだわさ。
にくきゅー
http://www.art-meter.com/blog/cat/

使おうかとも思ったんだけど、ここはアニーさんに見てもらってからだにゃ~。
2008/11/15(土) 15:47:28 | URL | ちゃぴちゃぴ #-[ 編集]
シードアさん、こんばんは

これ衝撃的展開なんて何も無いのですがジワーと恐かったよぉ。
綺麗で若くて、才能の有る優等生・・でもその裏の深い所には
魔物が住んでるような感じで

夢を潰され可愛そうな気もするし、そこまで追い込まなくても
とも思ったり・・・する映画でした。
2008/11/15(土) 18:30:45 | URL | アニー #-[ 編集]
ちゃぴさん、こんばんは

お姉ちゃん、恐いよ^_^;
人から見ても、親から見ても、凄い良い子のまま成長した
んだと思うけど、彼女は生まれつき残酷なのかも

平然と、やってのけてたよね~。
ちょっと、時間が短すぎたのかも・・せめて100分あると
繊細な表現とか、もう少し描けたのかもと思います。

そうそう、誰だか分からず、理由も分からず
酷い仕打ちされたアリアーヌは途方にくれるよね

トラバありがとうございました。
2008/11/15(土) 18:35:12 | URL | アニー #-[ 編集]
ちひろさん、こんばんは

これもねヨーロッパ映画だから、派手な事はまるで無いのよ
でもジワジワ怖さが伝わってくるの

あんまり期待せずに見てくださいね。

あ、そっかぁ~「ヒッチャー」見てたんだね(-^□^-)
私ね、昔の恐いだと「ヒッチャー」より「激突」の方が
恐かった記憶が有るのですが・・シット君に怒られるかなぁ(笑)

あらま、ネコとハムスターって大丈夫なの?
ハムスター、心拍数上がっ寿命が縮みそうだけど^_^;

ツナは相変わらず元気してます・・ただ、風邪かな鼻水
ダラダラでバッチィよ(笑)
2008/11/15(土) 18:39:57 | URL | アニー #-[ 編集]
愛ちゃん、こんばんは

ユアンのアイランド?だよね・・・。

面白かったよね~・・・って本当は、既に内容忘れちゃったり
してるんだ私・・ごめんちゃい<(_"_)>ペコッ
2008/11/15(土) 18:42:39 | URL | アニー #-[ 編集]
ちゃぴさん、こんばんは×2

白ネコ&黒ネコの肉球可愛い!(笑)
どちらもピンクの肉球なんだね・・・クリックすると色々な
声で泣いてくれるんだ(-^□^-)

ちゃぴさん所行ったら、毎日クリックしまくりそう(笑)
2008/11/15(土) 18:46:12 | URL | アニー #-[ 編集]
shitちゃんがきゃわいく参上。
きゃわいくですよ。
きゃわいく。

こらぁ。
怒るわけないです。

僕がまるで気難しくて、頑固で、偏屈で、くだらないゴミ映画評論家みたいじゃないですか。

アレですよ。
僕はちひろ嬢を夢中にさせるほどの魅力あふれるオナニストですよ。
今日はまだ2回しかしてないけど。

つーか、『激突!』傑作ですよー。
ホントに。
信じてください。

スピ氏の才気溢れるスリル演出に酔いしれますよね。

オッサンが正体不明のトラックにひたすら命を狙われ続けるとゆーシンプルなプロットのホラー映画でした。

僕が思うに『激突!』って『ヒッチャー』とゆーより『ジョーズ』なんですよ。

トラックがサメなんですよ。
アレ。
2008/11/15(土) 19:42:58 | URL | shit_head #-[ 編集]
シット君、こんばんは

>僕がまるで気難しくて、頑固で、偏屈で、くだらないゴミ映画評論家みたいじゃないですか。

まー良くここまで、台詞をひねり出したもんだ(笑)
誰も言ってねーぞぉ~Ψ(`◇´)Ψ キャハハハ

「激突」凄かったよね!
私未だに、坂道でスピード出なくなってグングン迫ってくる
トラックの場面が忘れられないのよ!
傑作中の傑作よね! 素晴らしい怖さ

下ネタは、ちひろさんにお任せしょおっとヾ(≧∇≦)ノ"キャハハ☆
2008/11/15(土) 21:09:35 | URL | アニー #-[ 編集]
逆恨み・・・
世の中に逆恨みほど怖いものはないーって
これがテーマの物語だったのかな・・・もしかして。
メラニーのキャラがすごく印象的でした。
現実社会にはいないって・・・あんな女。怖い~~
つか,いてもらったら困るよね。
自分のしらないところで,人に恨まれてないか
半生を振り返りたくなりました・・・・。
2008/11/15(土) 22:33:53 | URL | なな #-[ 編集]
ひねくれ本間!?
こんばんは(^~^)

友達に本間っていう
ひねくれた奴が居ましてね・・・・

いやいや、それより
この邦題の「譜めくりの女」ってセンスないですよね。
もっと良い邦題なかったんでしょうか?

なんか賞でも取ったのかと思ったら
カンヌに正式出品だったり
なんかにノミネートだったりの表示だけですね。。

こういう表示をする映画に面白いモノはない!

ポチッと☆☆☆
2008/11/15(土) 22:50:42 | URL | オーラ・スピリット #-[ 編集]
ななさん、こんばんは

いや、逆恨みと言うのは私の勝手な見解です(笑)

そうですよ! 恨みを買ってる事に気づいて無い
理由も分からず酷い仕打ちされる

これが1番恐いですよね。
理由が分かれば、土下座してでも謝れるっーもんなんですが
どうすれば良いのかさえ分からず破滅されられる
コワ~^_^;
2008/11/16(日) 21:41:16 | URL | アニー #-[ 編集]
ひねくれ本間さん、こんばんは

ほんと、ひねくれてるね!(笑)

これはね、来るよ~! 訳分からず追い詰められる気持に
なってごらんなさいな

本間さん、知らない所で恨みかってない?
復讐がジワジワ迫ってくるぞ~(^_^)v
2008/11/16(日) 21:44:05 | URL | アニー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
フランスの愛憎混じったサスペンス。ちょっと、怖いよ。監督は、日本の能とか邦画を参考にしたようですよ。だって、主演の表情がわかんないのよね。台詞も少ない。知らず知らずのうちに、どんどん沼に足をとられていくピアニスト。静かな中に潜む残酷さ。このピアニスト....
2008/11/14(金) 20:40:22 | 晴れたらいいね~
怖い怖い@@; 正直完全に逆恨み。でも少女はピアニストの夢を絶たれたと憎悪して成長する…。 ピアノを弾いているときの得意げな少女の表情、他の少女に鍵盤のふたを落とす彼女の性格、これがある意味で全てを物語っていますよね。 なにもこの一件だけで全てを諦めて...
2008/12/04(木) 10:50:03 | いやいやえん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。