大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年11月01日 (土) | 編集 |
curif3.jpg
curif2.jpg

■2008/11/1日~公開中 ■アメリカ/中国/日本/台湾/韓国制作 ■145分

■監督 ・ジョン・ウー

■出演
トニー・レオン / 金城武 / チャン・フォンイー / チャン・チェン / ヴィッキー・チャオ
フー・ジュン / 中村獅童

■あらすじ■
西暦208年。曹操軍に追われる劉備軍は孫権軍と同盟を結ぶため、軍師の孔明を孫権のもとに遣わした。しかし孫権軍では曹操に驚異を感じているものの非戦を唱える臣下が多く、同盟は容易に成立しそうもない。そんな中、孔明は赤壁で孫権軍の司令官・周瑜と出会い、そのカリスマ性に魅了される。一方の周瑜も孔明の人柄と戦術眼に驚嘆し、その存在を意識するようになる。そして二人は信頼を深め、共に戦う事を決意するのだった。

■かんそう■
構想18年、制作費100億円。 これでもかっ!ってくらい劇場予告見せられたら
見て見ぬフリもできず・・・・・見て来ました

「三国志」の映画化ですが、題名は知ってるものの、物語はあんまり知りません。
入り、サラッとですが、説明してくれるので知らなくても理解できました。

映像は、さすがに文句無しの美しさと迫力・・グイグイ迫ってきて圧倒されます。
しかし、パート1では登場人物紹介のような感じで、周瑜&孔明がメインながら
他の将軍達の勇猛果敢な戦いブリが、際だってました。 忠誠心と強さ・・カッコイイ!

それと敵の曹操演じたチャン氏も、優しげな表情の裏に隠れた傲慢さが伝わってグッド。
それぞれのキャラがマッチングしててて、せめぎ合う姿に引き込まれてしまいます。

中村獅童さん、鬼のような形相で演じてますが、冷静で穏やかだが
心には熱い正義を持つトニーさんとのバランスも良かったように思えました。

陸上戦が終わり、さあ、待ちに待った赤壁の壮絶な戦いが始まるぅ! ワクワク
あれれ、パート2に持ち越しだわねぇσ(^◇^;)

パート2では女優陣も、活躍されるようですね

三国志自体を良く知らない私でも、長時間にもめげず楽しめました。
ただ、人物の名前がホトンド覚えられなかったよ。

一言、曹操が孫権を滅ぼそうとしたのは、周瑜の妻に恋いしてたのが発端とは本当の話? 

私の好き度 ★★★★

★よろしかったら御協力お願いします。

人気blogランキング  ブログランキング

コメント
この記事へのコメント
アニーさん、こんばんは!観ちゃったんですね。
今日映画館行ったらすごい行列で、本日3回目の上映もチケット残りわずかなんて言ってました!

私は観てもきっと分からないだろうって思ってたけど、歴史詳しくなくても観れそうだったんですね。
映画に興味ないだんながこれには反応してた(笑)

トニーさんは「ラストコーション」のイメージがまだ残ってるので、違和感感じそう・・・

あれれ?で終わるのはなんか悔しいですね!何が何でも次ぎ観なきゃってなりますよね・・・
2008/11/01(土) 19:44:21 | URL | ちひろ #-[ 編集]
はやっ!!せっかくの1日なのに、仕事だったのよね(T_T)
私、3日にいこうかと思ってるの。
やっぱし、これでもかーってくらい予告みせられてるしねぇ。
どうも、中国名っていうのが頭に入りにくいんで、中国の歴史はすごく苦手。
もちろん三国志も、覚えようとしないから、諸葛孔明の名前くらいしか知らん。呉越同舟は、これですかいねぇ??
でも、大丈夫なのね…(^^)v

前売りのオマケのキューピーが人気ですぞ。
(買わなかったけど、part2どうしよう?)
2008/11/01(土) 22:09:15 | URL | ちゃぴちゃぴ #-[ 編集]
ほぅっ!
観たのですか~!


みぁぅんもこれは、映画館で観たいです。
金城武の孔明…観たい~♪

噂では、男逹の挽歌の人が出るはずだったとか?それも観たかったなぁ。
(=ΦωΦ=)
2008/11/02(日) 00:15:35 | URL | MIAUN #-[ 編集]
納得いく? / アパート合わん
こんばんは(^~^)

イベント・ホライゾンのタイトル没ネタ紹介です^^
◎イベント・ホライゾン→お弁当、ほら良いぞ!

リアディゾンの方が旬なので
意外とリアディゾンの方にしました。

レッドクリフ / part1のタイトル没ネタ紹介です^^
◎レッドクリフ / part1→熱湯ブリーフ / パート合わん

前後の文章のツジツマが合う方を選びました。
あ~~何だか自分のブログよりも
ここのコメントの方が真剣に考えてる気がする(笑)

で、何でしたっけ?
あ、そうそうレッドクリフね。

孔明の戦術とか心理戦なんかを主体に画いて欲しいですね。
死せる孔明、生ける仲達を走らす。

ポチッと☆☆☆
2008/11/02(日) 00:59:57 | URL | オーラ・スピリット #-[ 編集]
この映画は新聞広告などでもよく出ていますね~。
三国志はまったく知らないのですが、何とかついていけそうでしょうか。 (^^;
まだまだ続編があるんですね。
2008/11/02(日) 08:38:16 | URL | りぃみぃ #jI5XCJ0.[ 編集]
ちひろさん、こんにちは

うちみたいな田舎でも結構混んでましたよ。1000円てのも
あったのだとは思うけど・・・。

私もね、三国志ってのは知ってるけど内容はサッパリ知らずで^_^;
でも、意味は分かりましたよ。ただ、名前は難しくて分からず(笑)

あのね、本編中で唯一ラブシーンがあるのがトニーさん(笑)
やっぱり、彼は女絡みが多いと言うか、雰囲気なのか顔立ちなのかマイルド系ですかね(^_^)v

そうよね! 赤壁の戦いを見ずしてレッドクリフは完結しないよ
来年4月公開らしいので、結局見るはめになりそうですヒヒヒ・・・( ̄∀ ̄)

2008/11/02(日) 13:33:06 | URL | アニー #-[ 編集]
ちゃぴさん、こんにちは

孔明は私も確かに知ってます・・戦略の天才だったのよね。
が、呉越同舟って何ですか?^_^;
人物名?国名?・・・チートモ分からんです(笑)

知らなくても、大丈夫でした! ご丁寧に日本語で説明されます
何で日本語なのかは(〃^∇^)o_彡☆あははははっ

そうそう、キューピーでしょ!人気なのね。
パート2は、孔明の合格必勝キューピーが有ったよ!
受験生には、グッドかも

何だか、この特典って全種類揃えてなんぼって感じで
全種なんて買えないもの・・旦那が行けば良いんだけど
いきゃしないのよ^_^;
2008/11/02(日) 13:40:47 | URL | アニー #-[ 編集]
みぃあちゃん、こんにちは

面白かったよ~。結構戦闘シーンが激しくて血のシャワーが
ジャージャ降ってね(笑)

金城さんも上品かつ戦略のプロって感じで目立たないけど
良かったよ。

これね最初は敵の曹操役に、渡辺謙さんの名が
上がってたらしいけど実現しなかったようで・・見たかった
そんな気もします。

かなりキャストが変更されたようで、金銭的に合わなかったのかな?
2008/11/02(日) 13:47:33 | URL | アニー #-[ 編集]
スピリットさん、こにちは

お弁当もピッタリはまってるね(笑)
リアも良いけど、ボツネタも笑える!! ナイス

納得いく? / アパート合わん ・・・パート1の部分が良いな。 毎回楽しませてもらってます。すいませんお手数かけて
しまって、でも面白くて・・ありがとう!


>死せる孔明、生ける仲達を走らす。
スピリットさん、三国志読んでますね! この台詞が原作に有る
と見た。さすがに読んでるんですね~。

本編中にトニーさん演じた周瑜が
「1本の藁も束ねれば強固になる」って言ってましたが
もしかして、この有名な言葉は三国志が発祥なのかなぁ?

2008/11/02(日) 13:59:34 | URL | アニー #-[ 編集]
りぃみぃさん、こんにちは

凄い宣伝の嵐ですよね(笑)
多分、原作の三国志知らない方が見やすいかもデス。

知ってると逆にアラが見えてしまうような気がします。

2作完結なのですが、パート2は、最大の見せ場「赤壁の戦い」
が描かれるので、2の方が見応えあるように予想してます(^_^)v
2008/11/02(日) 14:04:23 | URL | アニー #-[ 編集]
これって続き物なんですね
このような大作は続きってあまりないのですが
三国志だからでしょうか?長いですよね!物語が・・・
劇場にいったんですね
これは劇場で見るほうがいいかもしれません
2008/11/02(日) 16:55:13 | URL | トッタィ #-[ 編集]
トッタィさん、こんばんは

中国の大河ドラマですねこれ。日本で言う戦国時代の物語
のような

それぞれ登場人物の人間模様なども描かれてるので長いのかも
しれません・・しかし、長さは感じませんでした。(^_^)v

パート2が楽しみです(-^□^-)
2008/11/02(日) 21:00:41 | URL | アニー #-[ 編集]
きゃー!見てきたのね!
三国志知らなくてんもいけそうね。

>ただ、人物の名前がホトンド覚えられなかったよ。

一番恐れてることなんだよ。。
明日、いく予定にしてしまーす!
またおじゃましますね。
2008/11/02(日) 21:12:01 | URL | アイマック #mQop/nM.[ 編集]
アイマックさん、こんばんは

ほんと、人物名、記憶できませんでしたσ(^◇^;)
それが、監督にも分かってるようで、何かにつけて
名前の字幕が登場しますよ(笑)

楽しんで来てくださいね(^_^)v
2008/11/02(日) 23:19:03 | URL | アニー #-[ 編集]
周瑜の妻に恋したというのは・・・
たしか、「曹操が大喬(孫策の妻 孫策は呉王・孫権の兄)と小喬(周瑜の妻)の姉妹を自分の元にはべらせたい」と言っていた噂を、諸葛孔明が周瑜に話して、彼をたきつけた事なのでしょう。

単なる噂で他人をたきつける孔明も人が悪いのですが、曹操も女性関係に関してはいろいろ問題が有ったとされてましたから、周瑜もそれを信じてしまったのでしょう。
2008/11/03(月) 00:20:45 | URL | Ki-Tsu-Ne #g4rZUMYg[ 編集]
Ki-Tsu-Neさん、こんばんは

孔明が周瑜に、そんな噂を流したのですかぁ。
あ~やっぱり、映画ではまるで描かれず、曹操が一目だけ会った
まだ周瑜と結婚してなかった妻に、長年恋いこがれつづけ

それが発端で孫権軍を攻め落としたかった・・そんなニュアンスでした。

が、曹操が女性好きだったてのは、映画の中でも伝わりましたよ。

勉強になりました! ありがとうございます。
2008/11/03(月) 21:19:18 | URL | アニー #-[ 編集]
こんにちは!
みてきたよー。
あの解説は日本版だけなのかなあ。漢字にもふりがながついてたり
日本人向けにご丁寧な映画でした。笑
戦闘シーンは鳥肌たったし、
あの武将たちもキャラが立ってたね。
ちと長いけど、大満足のパート1だった。
次回の来年の4月が待ち遠しいよ~

2008/11/04(火) 15:48:27 | URL | アイマック #mQop/nM.[ 編集]
アイマックさん、こんにちは

あはは、凄い丁寧な説明でしたよね(笑)
入りは、字幕じゃなくて日本語だったりして

そうそう、フリガナ無いと読めないよ私(-^□^-)

1では他将軍達が光ってしまたよね~。
金の盾の前にポーズ決めた将軍・・・名が分からん(汗)
痺れました(^_^)v

パート2は、もっとスケールアップしてるはず
それを楽しみに春を待ちましょうぞぉ。

トラバありがとうございました。
2008/11/04(火) 16:56:26 | URL | アニー #-[ 編集]
こんばんは!

やはりTBは出来ませんでしたのでコメントで~^;

私も1日に劇場で観てきました^^
もともと三国志スキーなので、色々「ファンとしては観なければならないところ(チェックですw)がたくさんあるぞ!」と鼻息荒くして意気揚々と行ったのですが、結果は…… (´・ω・`)

ただ、他のコメントの方ものべてらっしゃったとおり、あまり三国志に詳しくない方でも非常にある意味でわかりやすい万人向けな作りになってましたね!(何度も名前字幕でてましたし・笑)

行った映画館では吹き替えしかなかったのですが、弟が同じ日に別の映画館にいったら字幕しかなかったようで、2人で夜中に「あれはどうだった、これはどうだった」と比べつつ話をしたのですが、やはり多少要約するため台詞の意味合いが違ったりはしてたみたいですねえ~

これから盛り上がるぞ!ってところで続いたので、PART2が楽しみです★

それはそうと どうしても吹き替えでの勝利の掛け声「大・勝・利!大・勝・利!」は笑ってしまうのです(笑)
2008/11/08(土) 21:22:57 | URL | ヨヨ #jQTfdwCM[ 編集]
ヨヨさん、こんばんは

いえいえ、私の方もダメみたいですし
ニフィティとかには一度も飛んだこと無いし、飛んでも来ない(笑)
ヤフーに飛ぶすのも、四苦八苦してます^_^;

だから、ヨヨさん所のブログとも相性が悪いのだと思います。
こちらこそ、ごめなさいね。コメントのみになってしまいますが
今後ともヨロシクです。

あ~、やっぱりですね! 三国志に詳しい方にはアラが
かなり見えるだとうと想像してましたぁ。

知ってる方は、ケチョンケチョン評価ですもんね(笑)
原作本が有るモノとか、オリジナルのリメイクとか続編とか
映像化するの、かなり難しいですよね~。

私は、三国志をまるで知らなかったので、楽しめました。
知らぬが花ですかねヾ(≧∇≦)ノ"キャハハ☆

パート2凄く楽しみです(^_^)v
2008/11/09(日) 20:41:32 | URL | アニー #-[ 編集]
おもろかった!
歴史好きも,そうでないものも,楽しめる内容でしたね。
中村獅童さん,こういう役が似合います。
彼,予想より,ずっと見せ場が多かったのでびっくりしました。
中国語もがんばってましたね。
パート1はそれぞれの人物紹介のようでしたが
「ライラ~」とは違って,将軍たちの活躍にハラハラ,うっとりできたので
退屈なんかしませんでしたね。
これはぜひ,パート2も観なくちゃ!
2008/11/22(土) 23:31:44 | URL | なな #-[ 編集]
ななさん、こんばんは

三国志通の方には、どうだったのか分かりませんが
知らない者は、かなり楽しめました。

ほとん、中村さん最初分かりませんでしたね
完璧に三国志に同化してました(笑) 違和感無しで

映像もさすがに、素晴らしかったし私もパート2が
楽しみです。赤壁の激闘見届けねば(^_^)v

2008/11/23(日) 23:11:59 | URL | アニー #-[ 編集]
アニーさん、ごきげんよう。
更新もないし、遊びにも来ていただいてないから、心配してるよ。
具合悪いんだったら、無理しないでね。

やっと観たよ。
私も三国志知らないけど、楽しめた。迫力あったね。映画館で観られてよかったよ。うん
名前は、観てた時は意外にすーと入ったんだけど、もう忘れてる人いますよ(笑)
金城武がよかったな。
獅童サン、同化してたね。派手な見せ場あったし。
2が楽しみだー!
エロい話?トニー、今回は露出少なめねヾ(=^▽^=)ノ 奥さん役の人が、色っぽい。
孫権の妹も、活躍でした。
2008/12/01(月) 00:30:02 | URL | ちゃぴちゃぴ #-[ 編集]
こんばんは~
2ではなく1でした(笑)
中村獅童が意外に上手く思えました~
迫力は感じました!
ただ妻とか妹とかの存在は知らなかったので、
生い立ちとか知りたかったなぁと
いずれにしても前夜祭な雰囲気でした~
2009/04/29(水) 20:46:31 | URL | hiro #-[ 編集]
hiro君、こんばんは

良いの良いの、2作マトメテなんぼだから・・違うか(笑)

獅童さん、中国人って言われれは疑わないよね(^∇^)アハハハハ!
さすが、元海賊だけあって、面構えも鬼みたいだし

私なんか、赤壁は知ってるものの何の話なんだか
知らなかったのよ。曹操&孔明しか知らなかったし

圧倒的映像を楽しむ娯楽作として見ると、グッドだと
思いまーす(^_^)

トラバありがとうございます。
2009/04/29(水) 23:22:28 | URL | アニー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
赤壁/RED CLIFF(2008/中国=台湾=韓国=アメリカ=日本)【劇場公開】 監督: ジョン・ウー 出演:トニー・レオン/金城武/リン・チーリン/チャン・チェン/ヴィッキー・チャオ/フー・ジュン/中村獅童/チャン・フォンイー 帝国が、襲ってくる。 信じる心、残ってい...
2008/11/04(火) 15:43:00 | 小部屋日記
三国志の赤壁の戦いを「オリジナル脚色した(ここポイント)」映画です。本日公開ですので映画館に観にいってきました! いち三国志ファンとしては、予告や公式サイトなど、事前情報だけをみるに「ざ…残念な予感!」というのがどうしても拭えなかったのです。さてさて実...
2008/11/10(月) 22:19:20 | いやいやえん
中国史は、まったく疎い。三国志は、もってのほか。西暦何年頃の話かも、わからなかった。中国名も、頭に入りにくくってねぇ。日本版のみに、親切な説明があって助かりました(笑)三国志は、ファンも多いということで、色々ツッコミもあるんでしょうが、私にとっては、....
2008/11/30(日) 23:38:35 | 晴れたらいいね~
2時間強の上映時間だが、ゆったりした流れ パート2への期待が高まります 鳩はあんまり出ない こんにちわ、Ki-Tsu-Neです。 「Red cliff」と書かれても、何の事かピンと来ませんが、「赤壁」と書けば、「中国四大奇書」の一つ、三国志の中でも物語の大きなターニ...
2008/12/12(金) 00:02:39 | Ki-Tsu-Neの祠 R
【レッドクリフ Part I】の感想etc (2008) Review 4000年の歴史を持つ中国,遥か紀元前から戦乱が周期的に発生してる中で,三国志...
2009/04/29(水) 20:55:27 | 嗚呼,魅惑の映画道+Σ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。