大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »05
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年10月27日 (月) | 編集 |
cora1.jpg

■2005/12/22日DVD発売 ■フランス制作 ■97分

■監督 ・クリストフ・バラティエ

■出演
・ ジェラール・ジュニョ (クレマン・マチュー)
・ジャン=バティスト・モニエ( ピエール少年時代)
・ ジャック・ペラン( ピエール)
・ フランソワ・ベルレアン (ラシャン)

■あらすじ■
世界的指揮者のピエールは、母の葬儀のために帰郷する。そんな彼に、古い友人のペピノが一冊の日記を手渡した…。時は、1949年のフランス。問題児が集まる寄宿舎へ、新しい音楽教師マチューが赴任した。子供たちの酷いイタズラに迎えられたマチューだが、何よりも、体罰で規律を保とうとする校長に疑問を持つ。子供たちの心を開くため、合唱団を結成したマチューは、学校一の問題児、ピエールの美声に驚嘆する。やがて子供たちは、歌を通じて純粋な心を取り戻していくのだが…。

cora2.jpg

■かんそう■
ズート見よう・・と思いつつ、今日まで延び延びになってた作品です。
問題児が集まる孤児院。 そこに左遷させられた教師マシュー。

昇進のみが命の校長、そして子供達に閉口し見捨ててしまった教師達
コーラスを通じ心を通わせ、マシュー&子供達、お互いに立ち直って行く物語。

どいつもこいつも扱いにくくて、ちっとも言う事聞きゃしない^_^;
マシューは、今までの体罰に変え、子供達をかばい・・自らの反省を促す手法を取る。
すると、夢を持つ純粋な少年達だと気付くんですね。

思春期の少年達って、繊細でモロイ。悪態ツイテても、本当は気持を伝えたい

子狸みたいな教師マシューが、又良いのよ。 体型、顔立ち、優しさ溢れてる。

マシューが孤児院を去る場面、窓から飛ぶ紙飛行機には、込み上げてしまって
彼の行動は決して間違ってなく、子供達にも伝わってたんですね。嬉しかった。

その後、マシューがどうなったのかは分からず終わりなのかと思ったら
彼の後を追った、ペピノが語ってくれる・・ただ、映画では語られない。

が、語られずとも、分かる気がする・・・充実した人生を過ごしだんだろうなぁ。

鼻つまみ者の少年達・・そして、どん底まで落ちたマシュー。
知らずのうちに助け合い、人生を取り戻した・・・

多くは語られず、大げさな感動も無いけど、穏やかで感覚にプルプルと来るお話でした。

私の好き度 stars-4-5.gif

★御協力お願いします。

人気blogランキング  ブログランキング

コメント
この記事へのコメント
2つ前の記事にあった「奇跡のシンフォニー」もそうかもしれませんが、音楽・楽器を通じて心を触れ合う・通じ合うような作品は、とてもいいなぁ、と思います。
(海の上のピアニストや、北京ヴァイオリンが印象に残っています・・・他にもたくさん名作があるんでしょうね)
2008/10/27(月) 22:12:31 | URL | りぃみぃ #jI5XCJ0.[ 編集]
鴻巣!?
こんばんは(^~^)

この映画も未見なので
何ともコメントし難いのですが・・・

埼玉県の東部中央、
大宮台地の北端に位置する人口約12万の市である
ことは間違いではないです。

え、鴻巣市のことではなかったのね?
ドッチラケで失礼しました~

ぽちっと☆☆☆
2008/10/27(月) 23:32:08 | URL | オーラ・スピリット #-[ 編集]
音楽ものですねー。これも観てましたぁ。

ブログ開設前に観てるのかな、感想は書いてませんでした。
この先生がねぇ、ほんと子狸みたいでねぇ、よかったよ。
少年たちの繊細な心っていうのも、割と描けてたような??
確か、フランスで涙しまくった…てな宣伝があったような記憶があるんだけど、じわぁ~という感じで、泣きまではこなかったような。
彼の声は、キレイでしたね。
ウィーン少年合唱団とか思い出しちゃいました。
2008/10/27(月) 23:35:05 | URL | ちゃぴちゃぴ #-[ 編集]
ここ数日見てると、
アニーさんって穏やかな映画の方が
ホントは好きなんじゃないかなって…。
ホラー大好きなんて、無理しちゃってサ♪(笑)
僕と一緒だね♪
2008/10/28(火) 01:48:07 | URL | cdoor #1Cm5Xbjo[ 編集]
これは観ました!泣こうって思って見たのに残念ながら泣けなかったな・・・フランス映画だから?

お話はよくあるって感じなんですが、先生がちょっと違ってた。そんなに熱いって訳じゃなくて人のいいおじさんだった。

きれいな歌声でしたね♪
紙飛行機は拾ってほしかったな・・・
2008/10/28(火) 08:45:27 | URL | ちひろ #-[ 編集]
私もこれずぅーと観ようと思っているにもかかわらず、まだみてない。笑
4.5☆というのはかなりいい映画じゃないですか!
子供を題材にしたヨーロッパ映画は、秀作が多いね。
今度みてみます。
2008/10/28(火) 12:35:20 | URL | アイマック #mQop/nM.[ 編集]
りぃみぃさん、こんばんは

音楽系の作品って、妙に大げさで押しつけない所が良いですし
音楽だけで、何か伝わって来ますよねぇ。

北京ヴァイオリンは見た事が無いのですが、海の上のピアニスト
傑作でした。客船から死ぬまで下りれなかったピアニスト。
彼の人生は始まりから、終わりまで船だったのですね。
2008/10/28(火) 20:16:14 | URL | アニー #-[ 編集]
スピリットさん、こんばんは

鴻巣! ヾ(≧∇≦)ノ"キャハハ☆
実在の市なんですね。スピリットさん、そこ住んでるの?
詳しいからさ

いやいや、大丈夫!ドッチラケじゃないよ
だって、うちに来てくださる、ちひろさんって若妻も
隠れスピリットファンみたい・・だからスピリットさん
頑張って!(笑) 
2008/10/28(火) 20:19:35 | URL | アニー #-[ 編集]
ちゃぴさん、こんばんは

私、紙飛行機のシーンでは、ジョワと来てしまたような^_^;
フランスらしい、地味な映画でしたが、見てる側に感じろ!
みたいな(笑)

モノ足りないようだけど、ラストのオジサンになった2人を
見ると、彼ら、そしてマシューの別れてからの人生も
読み取れる気がして深い。良いお話でした。
2008/10/28(火) 20:22:45 | URL | アニー #-[ 編集]
シードアさん、こんばんは

読みが、甘い甘い!o(^▽^)oゲラゲラ

私の一番好きなジャンルはサスペンスなんだけど
映画全般好きよ

ただ、ホラーは一段と好きよ(笑)
最近外しばっかりで、アップしてないだけなの(’-’*)フフフッ....
2008/10/28(火) 20:26:11 | URL | アニー #-[ 編集]
ちひろさん、こんばんは

フランス映画って、自然体が多いよね。
妙に、感動を押しつけない・・ナチュラルって言うか

見る側の取り方だと思うんだけど、私、この映画は
かなり気に入ってしまってね。

飛行機、広いきれないだろう・・飛ばしすぎ(笑)
2008/10/28(火) 20:29:32 | URL | アニー #-[ 編集]
アイマックさん、こんばんは

私も、やっと見ました。
ストーリーも目新しいくも無いし、感動もそれほど無いのですが
響く作品でした。

内容は違うけど私的には「奇跡のシンフォニー」より
好みだったのですよ・・が、私の評価はスルーしてくださいね
肩すかしくらわしたら、申し訳ないので(^_^)v
2008/10/28(火) 20:32:22 | URL | アニー #-[ 編集]
これ 私も観ようと思っている作品です
感動物がどうしても見たいのですよね

感想もまぁまぁいいようなので、観たいと思います
2008/10/28(火) 20:53:12 | URL | トッタィ #-[ 編集]
こんばんは~!
これは名作でしょ!!
ずっと前に見たから、記事はないけど、
紙飛行機のシーンとか忘れられない(ノω・、) ウゥ・・・
天使の歌声だったね~
美少年だし♪

ちゃぴさんとshit君のペタペタは
故障中みたいね…ヾ(・ω・`;)ノ
2008/10/28(火) 23:00:54 | URL | ラルフ #nft/jt/c[ 編集]
トッタイさん、こんにちは

ヨーロッパ映画らしく、ほんと地味だした(笑)
でも~地味だからこそ、伝わる物もあんるんですよね~。

多くは語られてませんが、その御が自分なりに分かって
素敵な映画でしたよ(^_^)v
2008/10/29(水) 15:57:25 | URL | アニー #-[ 編集]
ラルフさん、こんにちは

これfuuさんにも勧められてたんだけど、ズート見れずに
いました。で今頃なんですが^_^;

ヨーロッパの香り漂う作品でした。気持が、繊細に伝わる。
そんな映画で、優しかったなぁ。
2008/10/29(水) 16:00:34 | URL | アニー #-[ 編集]
大好き!
きっと届かないと思うので残念ながらTBはしませんが
大好きな1本です~
音楽をやるので,こういうのはツボなんですが
モランジュ少年の天使の美声に癒されますねー
それにしてもマチュー先生,子だぬきって・・・アハハ
出演の子供たち,みんな素人に近いのに
いい演技してましたね。
歌はモニエ少年=モランジュの所属する聖歌隊が吹き替えてますが
メイキングでは,出演した少年たちも練習を積んで,
それなりに歌えるようになってました。
2008/11/04(火) 23:44:08 | URL | なな #-[ 編集]
ななさん、こんばんは

これ素敵な感動もらえる映画でしたぁ。

多くは語らず、妙に感動を押しつける映画では無かったのですが
何か感じるモノがあったし、子狸や、少年達のその後の人生が
どんなものだったのか分かるような気がして

ペピノがマシューを追いかけたのは土曜日
既に、マシューは家族になってたんですね。
それを思うと目頭が熱くなります。穏やかだけど良い映画でした。

あはは、やはり聖歌隊は違うのね。そうですよね、あまりにも
上手すぎだもの(*^_^*)
2008/11/05(水) 17:53:12 | URL | アニー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。