大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »05
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006年05月29日 (月) | 編集 |
突然の夫の事故死の為、妻カイルと6歳の娘のジュリアは、
実家で夫の葬儀を執り行うために、旅客機に乗り込んだ。
しかし、飛行中の旅客機の中で、娘ジュリアは姿を消す。
誰1人、娘の姿を見た者はいず、カイルは必死に娘を捜し始める。

flito.jpg■2006/5DVD発売

■アメリカ制作

■監督 ロベルト・シュヴェンケ

■出演 
ジョディー・フォスター
ショーン・ビーン
ピーター・サースガード







(感想)

飛んでいる飛行機内で娘の失踪と言う設定は新しくて
面白いと思うのですが・・話の流れにはチョット無理あり。

乗客も乗務員も、人の事には無関心とはいえ
顔は知らなくても女の子が居たくらいは、みんな覚えてる
と思うのですが・・・誰も見てないなんて、ありえない(汗)

f1.jpg


それに、何故カイル親子が狙われたのか?
理由は分かるのですが、そこまで犯人は緻密に計算してた
のですかね? その割には、ストーリー展開が計算されてないような。

ちょっと、内容が浅い気がします。

ただ、必死で我が子を探すカイルの姿は、
動物が子供を守ると云う、本能みたいな凄まじさを感じます。
さすがですジョディ・フォスター。

f2.jpg


まー、確かに、我が子を守る為に、他の乗客を危険にさらしても
お構いなし。迷惑きわまりない母親では有るのですが。

これが母親の本能なんでしょうね・・メチャクチャやってます(汗)

内容に、あまり深みは無いのですが、スピード感あるので
サラッと見ると退屈せずに見られると思います・・・。
ホドホドの期待度がグッドです。

■自己中評価stars-3-0.gif

アクセス解析

コメント
この記事へのコメント
こんにちは。

これは…かなり期待をしていました。
しかも時間がとれず劇場で観ることができなかったので、DVDをようやく手に入れて観ました。

てっきりアクション系かと思っていたのですが、序盤からオカルト的で、前半は十分謎だらけでわけがわかっんなくってよかったのですが…後半、これらの恐怖はガラガラと音を立てて崩れてしまいました。

犯人はかなり用意周到に準備をしたと思うのですが、それなのに実際に飛行機に乗ってからはなんというアバウトな。と思ってしまいました。
親子が移動しなかったらいったいどうするつもりだったのか、興味深々です。(^^;

それなりのアクションはあったものの、前半がよかっただけになんとも残念でした。
2006/06/01(木) 20:53:17 | URL | 白くじら #Ubee7fbc[ 編集]
白くじらさん、いらっしゃまし(^o^)

私も、この作品、あまりにも期待し過ぎてて
見たらアレ?・・・のような

知らずに見たら、きっと面白いと思ったのかも
しれないのですが。

期待しすぎて、悪い所が目立ってしまった感じでした。
でも、深く追求しなければ、なかなか良かったかも
2006/06/01(木) 22:07:26 | URL | アニー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。