大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年10月03日 (金) | 編集 |
eat1.jpg

■2008/9/12日DVD発売 ■タイ制作 ■86分

■監督 ・ブラニー・ラッチャイヤブ

■出演
ドゥアン・ロン / チャッチャィ・ブレンバニット / プレムシニー・ラタリファ

■あらすじ■
第二次大戦後の1946年、貧しい中国から叔父を頼りにタイに移民としてやってきた青年リーフィ。物静かで気弱な彼は、タイでの仕事や新生活に僅かな希望を持っていた。しかし、彼を待ち受けていたのは過酷な労働と激しい差別だった。 そんな劣悪な環境の中で持病の喘息が次第に悪化していく・・。精神的にも肉体的にも追い詰められた彼は、唯一慕ってくれていた幼女を誤って死なせてしまう・・・。 善良な男の心が壊れ、狂気が宿る時―未曾有の猟奇殺人が始まる!死体の臓器を喰らい、獲物を捜し求める。

■かんそう■
又、こんなトンマな邦題付けた映画借りるの、私くらいのもんかしらねσ(^◇^;)
なもんで、「ザ・マン-イーター」のジャケにしておきました。

半世紀前、タイで起きた連続幼児殺人事件に基づいて作られた実話です。
邦題からすると、ホラー。 確かに、子供のモツ放出描写少しあります。

しかし、メインは心優しい青年リーフィの幼少時代から
子供の心臓を引き出す悪魔になってしまうまでのヒューマンドラマ系

この殺人鬼、処刑後、ロウで固められ、現在でもタイに展示されてるそうです・・凄いなぁ。

まず、嫌悪感を覚えたのは、対戦中の日本兵の悪行・・・先祖だと思うと悲しい。

荒野と化した、故郷。叔父を頼り、タイへと。
働いて、必ず母を向かえに帰ると約束し旅立つものの
タイでの現実は、過酷そのもの・・・言葉が通じない上に、喘息で病弱。

まともに、力仕事も出来ず、何処に行ってもイジメ続けられます。
お金も無い、病は悪化する、虐げられる・・・精神崩壊して当然なのかも

唯一成功しかけた、農園・・豊作で彼の笑顔初めて見ました。
が、翌日には大雨で水浸し。 ここで、彼の全ては壊れてしまったように

何故、心臓だけエグリ出すのか理由も分かりました。
喘息の薬。嘘~と思う反面、有るのかもと思わされます。

許す事の出来ない、凶悪犯・・・。
しかし、女性記者が「彼は加害者なのか、被害者なのか分からない」と締めくくってました。

取引で無実の罪まで被らされ、処刑された・・彼の人生知ると可愛そうで。

私の好き度stars-3-5.gif

★よろしかったら1クリお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

コメント
この記事へのコメント
キター━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!
スゴイ邦題。

って、実話なんすか?
>この殺人鬼、処刑後、ロウで固められ、現在でもタイに展示されてるそうです・・凄いなぁ。

( ̄ ̄ロ ̄ ̄;;)びっくり。

大戦の頃の日本軍は、アジア諸国で色々悪行を聞きますね。
ごく一部の人がしてたんだろうけど(そう思いたい)、恥ずかしいし、悲しい。
スゴイ邦題の割には、なんか哀しい人の話だったようですね。
これ、置いてあったかなぁ?ますます品揃えが悪くなったのよ。
2008/10/03(金) 01:34:54 | URL | ちゃぴちゃぴ #-[ 編集]
すごいの観ましたね・・・
タイの映画ですか。観たことないな・・・何か他にありました?

ヒューマンドラマ系のホラー。タイの映画デビューにふさわしいのか・・・?
今「インベージョン」観てるところです。
やっぱりホラーはブランクあるときついです(笑)

ルルがお腹ピーピーで、お尻拭いてやらなきゃいけなくて出かけられません・・・病院代ケチってます。
2008/10/03(金) 10:24:42 | URL | ちひろ #-[ 編集]
ちゃぴさん、こんにちは

実話っす。さすがのアンポンの私も、作ったホラーで
この題名には、手出しませんo(^▽^)oゲラゲラ

さんざん、ホラーでは痛い目にあってきましたもんね、お互い(笑)

何か可愛そうだったよ。1人ポッチでお金無いし、薬買えなくて
心臓の煮汁?が薬なの。それも、幼少時代から、故郷に伝わった
風習で・・・しょうがないよね飲んでも。

日本兵・・・何だか、恥ずかしいよね。恨まれて当然かも
2008/10/03(金) 16:32:31 | URL | アニー #-[ 編集]
ちひろさん、こんにちは

タイは、「ザ・アイ」「心霊写真」が有りますねホラー系。
心霊写真は、オススメです!鳥肌立ちます^_^;

他にも、タイホラーってゴロゴロしてますよ(笑)
ただ、イマイチてのが多いのですが

ブランクあるとインベーションもキツイですかぁ。そうかぁ。
ん~、そうなのかもね。

ちひろさん、ルルの食事って何?
ドライフード、それとも缶詰め?

お腹の弱い子には、缶詰は避けた方が良いよ。
うちのツナも、缶食べると下痢するの。

だから、銀のスプーンと、お刺身の切れ端・・後は水。
おかげで、ツナのお腹は快調そのもので助かります。
2008/10/03(金) 16:39:05 | URL | アニー #-[ 編集]
アニーさん、ありがとです。

タイ映画は「とかげ女」もそうみたいですね。アニーさんのレビュー読んだんですが・・・
どうもホラーは続けてみてると免疫ついてくるんですが、ブランクで完全にリセットされる体質みたい(笑)

ルルは今日病院行って注射してもらったよ。いつもドライフードとお水しかあげてないんだけど、元々弱いから・・・
病院から帰ってきたら、完全に人格?猫格変わっちゃって怖い。にらまれて、威嚇されて大変です。
2008/10/03(金) 17:24:18 | URL | ちひろ #-[ 編集]
ちひろさん、こんにちは

いえいえ、とんでもない。
元来、ホラー苦手な方には、合間が空くと無意識に拒否するのかも、体&脳が(笑)

元々好きなんで、合間開けると、逆に禁断症状が出てしまいます
私σ(^◇^;) ノンビリ、再チャレンジしてくださいな(^_^)v

あ~、ルルは元々胃腸が弱い子なんだね。
ドライと水だけで、下痢するって事は

分かるぅ! 動物も病院大嫌いよね!
うちも大変だもの・・・注射が痛いし恐いしで
先生見ると、こいつにイジメラれるって思いこんでるようで

ルル早く良くなると良いね。
2008/10/03(金) 18:46:30 | URL | アニー #-[ 編集]
実話は凄いですね!
でもヒューマンなんですか?ホラー丸出しの
邦題なのに・・・・
なんだか社会問題を訴えるような内容のような気がしました
2008/10/03(金) 21:24:45 | URL | トッタィ #-[ 編集]
次の映画
こんばんは(^~^)

次の映画は、次だけに「NEXT」でしょうか?
ニコラス・ケイジのウソ髪フサフサは変です^^

2分先しか見通せない予知能力者なはずが・・・○○○
最後は○○○になって。うそ~~~ん。そんな終わり方???

・・・って感じになります。これからジャン・・・

ニコラス刑事。二個羅酢掲示。
ぽちっと☆☆☆
2008/10/03(金) 22:00:02 | URL | オーラ・スピリット #-[ 編集]
かわいそうなお話かも…。

何年か前「人体の不思議」とかいう展示を見ました。
電車の車内刷り広告が行き届いていたせいか、
見物人の数もすさまじく、1時間待ちで行列をつくりました。
すべてモノホンの人体。
切り刻んだり、分解したり、肉を融かして血管だけ残したり、
半分だけ解剖された人や、陰部丸出しの女性など、
仁王様もココまではやらないだろうというほど、
やりたい放題の展示でした。
それらの犠牲になった人たちは、
すべて囚人だったそうです。

僕がひとつ納得したのは、皮をはがれても、
「その凶悪な表情は容易に生前を伺い知れるものだった」
ということでした。
一人として立派な顔立ちの人はいませんでした。

> この殺人鬼、処刑後、ロウで固められ、
> 現在でもタイに展示されてるそうです

というアニーさんの記事に
集中的に反応してしまいました(笑)
2008/10/03(金) 23:28:14 | URL | cdoor #1Cm5Xbjo[ 編集]
トッタィさん、こんばんは

この殺人鬼、幼児ほんとは、4人かな?殺害したのですが
結局7人くらい殺した事になってしまったようです。

認めれば中国に帰れる・・そう騙され、認めてしまったの
何かね、彼の人生みると、何の為に生まれた来たのか
あまりにも、ツキに見放された生い立ちに同情してしまって

戦争がなければ、穏やかな一生暮らせた気します。
2008/10/04(土) 00:31:44 | URL | アニー #-[ 編集]
スピリットさん、こんばんは

ニコケイ頭、フサフサだったね(笑)
でも額は相変わらず広くて

2分を重ねて10分、前を見るてのは聞いてたので分かるけど
なんで、ラストはバタフライエフェクトになっちゃったんですかね・・過去に戻ってるし

又、感想書きますね・・次ぎか、その次ぎか^_^;
2008/10/04(土) 00:37:05 | URL | アニー #-[ 編集]
シードアさん、こんばんは

うわ~、勇気ありますね! 斜め後方の方とは思えない^_^;
私、見られないかも、本物

いくら、囚人とは言え、そこまでやるのは死者への冒涜ですね!
何の目的なのか理由が分からない。

この映画の殺人鬼は、多分忘れないようにと言う戒めで
展示されてるのだろうと思いますが、皮は剥がれてないと思うし

この犯人、優しくて母親思い、戦争で日本兵殺せないくらい
の人だったみたい・・・環境って人間変えてしまいますね。
2008/10/04(土) 00:41:41 | URL | アニー #-[ 編集]
ええっと、僕の書き方が悪かったので、
アニーさんに「何の目的なのか理由が分からない」
と言わせてしまいましたが、
僕が見た「人体の不思議」展示会は、
純粋に科学の展示会です。
人体のこと、一番身近なことなのに、
くわしく見たことない人が、僕を含めてほとんどだと思います。
そんな人体の内部の様子や、血管の道筋などが
実感としてわかるとてもためになる展示会でした。

ただ、体を開かれた人たちの表情が、
はっきり過ぎるほど僕にはわかってしまい…。
2008/10/04(土) 01:31:05 | URL | cdoor #1Cm5Xbjo[ 編集]
シードアさん、こんばんは

あ~、ゴメンゴメン。科学の展示会だったのですね
大真面目で、純粋な人体の追求だったと書いてありました^_^;

が、その後の描写があまりにも残酷だったので、つい

人類の未知な部分の為に、体提供してくれた犯罪者の
方達、ありがとう・・・合掌。
2008/10/04(土) 02:02:48 | URL | アニー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。