大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年09月29日 (月) | 編集 |
tugu1.jpg

■2008/9/26日DVD発売 ■イギリス制作 ■123分

■監督 ・ジョー・ライト  ■原作 ・イアン・マキューアン 【 贖罪 】

■出演
・ジェームズ・マカヴォイ (ロビー)
・キーラ・ナイトレイ (セシーリア)
・シアーシャ・ローナン (ブライオニー)

■あらすじ■
第二次世界大戦前夜、夏のイングランド。政府官僚の娘で未来の大作家を自負する13歳のブライオニーは、大学を卒業したばかりの姉セシーリアと使用人の息子で幼なじみのロビーのただならぬ関係を察知し、ロビーへの警戒心を抱く。そして事件は起きる。ブライオニーの嘘の証言によって、愛しあう恋人たちは無残にも引き裂かれ、犯した過ちの重さにブライオニーが気づいたときには、泥沼の戦争が始まっていた。

tugu3.jpg
tugu7.jpg

■かんそう■
「プライドと偏見」の監督作品ですが、私プライドはイマイチ好みで無くて
つぐないも、固い文学作品なのかなぁ?・・と思いつつ鑑賞。

少女が、ついた嘘・・・こんな悲劇に繋がるとは大人でも予想できない
この嘘が、嫉妬だと言う事は13歳の本人には分からないだろうと
子供ではなく、女なんだと、つくづく思わされました。

確信は無かったはずです・・・それでも犯人はロビーだと言い切った少女。
少女の気持、理解できて切ない。

この嘘が、発端で、愛し合う、姉&青年は、戦争と言う大きな渦に巻き込まれ
成就する事の無い、悲恋へと進んで行ってしまうのですが

「私の元へ帰って来て」この言葉だけが、苦しい現実に置かれた2人の寄り所。
海を隔て、フランスで戦う青年、待つ姉。時代に翻弄されてしまったとしか

少女の恋も、決して一時的な初恋では無かったように思います。
看護婦となり、ロビーを探してたのだと。これも又純愛。

歳取った、ブライオニーの告白・・あまりにも、悲しくて。
妹も、嘘の重さに、苦しみ続けて来たのだと思うと、辛い。
彼女の唯一の謝罪は2人を再会させ、自分が憎まれ続ける事だったんですね。

許しを請う事も既に出来ず、自分も記憶をなくして行く病。
本の中で、死ぬまで、いや死後まで罪を背負う・・・それが、妹の選んだ「つぐない」

ラストに、姉&青年の約束の場所、浜辺の家で戯れる2人の姿。
心に染みてしまって・・・許されない罪。それでも妹を責められない。

入り交じった感情が湧いて来て、腹立たしいのか悲しいのか・・
表現しようもない深さで、グイグイ引き込まれてしまいました。

一言、この映画でのマカヴォイさん、いつものナヨ系イメージと違って素敵でした。

私の好き度 stars-4-5.gif

★よろしかったら1クリお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

コメント
この記事へのコメント
な な なんと ラブストーリー系だ!
ちょっと以外でした・・・
昨日、運動会が終わり、速攻でツタヤに行き
パルスとナンバー23と28週後という
豪華グロイ系を借りました。
家に帰りつき、見ようとしたらすぐ寝てしまい
まだ見ていないのですが、
見たら感想などを各記事にコメリますね!
ブラックサイトはまだ新作なので借りてません
2008/09/29(月) 13:22:29 | URL | トッタィ #-[ 編集]
私もちょうど見終わったところでした。
これは、どう感じたか表現するの難しいですよね・・・
なんか切ないって感じですかね。

妹の嘘で、離れ離れになってしまった2人ですが、お互いに気持ちが離れていかず、かえって強く結ばれたのかもですね。

妹もかわいそう。だってあんな立ちH見せられたら、嘘もついてしまうかも!
あの場面は笑えた!だって普通あんな場面に出くわしたら慌てて出て行くとかすると思うんだけど、相当ショックだったのか、2人が離れてマカヴォイがモノ収めるまでずーと見てた(笑)

マカヴォイくんかっこよかったよね♪

2008/09/29(月) 13:49:47 | URL | ちひろ #-[ 編集]
トッタィさん、こんばんは

驚かせてしまいましたかぁ~o(^▽^)oゲラゲラ
私のイメージは、血みどろですかね?(笑) まー、その通りだけど

おまけに、延々と感想垂れてまして・・どう表現していいのか
書き足りないのまだ(爆)

サスペンス1本、ホラー2本ですね。
楽しんでくださいまし。

運動会、雨模様で残念でしたが、あのお弁当ならモモちゃん
大満足ですね(^_^)v
2008/09/29(月) 19:52:48 | URL | アニー #-[ 編集]
ちひろさん、こんばんは

あのシーンは、13歳には衝撃的だったと思うなぁ。
が、そこでメラメラ、自分でも気付かない嫉妬を感じた
ように思います。女だよね。

あのラストは、あまりにも悲しすぎるよ~。
あんなの有り?・・見てる側も、どう表現して良いのか
分からないような感情が生まれてしまって。
傑作っすよ、この映画。何年たっても忘れないと思う映画でした。
2008/09/29(月) 19:56:23 | URL | アニー #-[ 編集]
あたしが、騒いでたのわかったでしょー。よかったでしょー。
私も、血まみれと大娯楽映画が好きな人ですが、
むちゃはまりましたよ。
これが、映画よって思ったもの。
映画館で観た時は、ほんとに椅子から立てなかった。
いろんな場面が頭に巡って、感情がごちゃまぜで。
とにかく、胸が苦しいくらいせつなかった。

少女ブライオニーの気持ちはわかる、
初恋の人が獣に見えたとおもう。
二度までも、性愛シーンを一日に目撃すれば、動揺は大きいのも当たり前のことですよね。
不確かな嘘が、二人の人生を壊してしまった波紋は、大きすぎる。
それ以上に、周りの大人たち。身分は低いくせに出来すぎくんロビーへの嫉妬もあったことから、彼はスケープゴートにされたといってもいい。ヒドイ話だよ、まったく。

マカヴォイくん、よかったでしょ!
これも、前半と後半のイメージがコロッと違うのが、またよかった。
どえらー男前にみえた瞬間と、くたびれてへろへろなんと、こどもみたいな無邪気な顔と、いろんな顔があってはまってしまっただよ。
彼はイイよ~。
最近観たのはハズレ映画がないのよ。
TB、二つかましときます(爆)
2008/09/29(月) 20:37:27 | URL | ちゃぴちゃぴ #-[ 編集]
まだ、観てませんが、
かんそう や コメントしている方のコメント内容から
この映画の良さが伝わりました。。

レンタルしたいリストにチェックです。

チェック。。
2008/09/29(月) 22:46:34 | URL | ふぉっくす #-[ 編集]
アニーさんの☆が4.5ってスゴクねぇ?
「文句言わずに見ろよ!」
ってレベルだよね♪
わかりました、そんなに言うのなら。
今度の土日にね(笑)
2008/09/29(月) 23:43:56 | URL | cdoor #1Cm5Xbjo[ 編集]
ちゃぴさん、こんにちは

ちゃぴさん、絶賛の嵐ですね(-^□^-)

私、プライドと偏見があまり好みではなかったので
平常心で見たのですが、これは良かった!

3人の人生を変えてしまった少女の嘘。
こんな悲劇に繋がるなんて、戦争が無かったら。
3人とも、救われたのに・・・時代が悪かったよね。

何とも言えず、心理描写が深い! 表現できないくらいでした。
私が女だからかもしれなけど、感情移入してしまって
ほんとに、胸が苦しくなるくらい、迫ってくる映画でした。

大傑作っすね!

うんうん、マカヴォイくん、ナヨ違うね(笑)
一本筋が通った凛々しい青年で、良かったですよぉ~。

まー!トラバ2個もありがとう! 感謝(^_^)v
2008/09/30(火) 15:06:12 | URL | アニー #-[ 編集]
ふぉくすさん、こんにちは

これは、良かったですね~。心が震えましたよ私。

ジャンルを、ただのラブストーリーに分けるのが惜しいくらいで
ヒューマンと混ぜたいような奥深さでした。

男性が見てもイケルと思います。是非どうぞ(^_^)v
2008/09/30(火) 15:10:01 | URL | アニー #-[ 編集]
シードアさん、こんにちは

ほんとは、★5付けたかったのよ。
グッと堪えて、4・5。でもね限りなく5に近い4・5なのぉ。

いやいや、オススメしてるので無いので^_^;
映画って好みもあるし、私の★数は当てにならないよ。

ただ、この映画は私の中では大傑作だったのは確かです(^_^)v
2008/09/30(火) 15:13:24 | URL | アニー #-[ 編集]
この映画のストーリーには興味津々です。
奥の深いラブストーリー・・・深すぎて理解できないかもしれませんが。 (^^;
2008/09/30(火) 20:30:52 | URL | りぃみぃ #jI5XCJ0.[ 編集]
りぃみぃさん、こんばんは

りぃみぃさんには、グッドマッチングな映画かも!
原作もシッカリしてますし、俳優陣もハマッテます。

映像もビューティフォーですし、キカイがあったら
見てくださいまし(^_^)v
2008/09/30(火) 21:25:15 | URL | アニー #-[ 編集]
こんばんは
この監督さんの「プライド~」は同じく好きではないです。
・・・なんか退屈で。
でも,この「つぐない」はよかった。
それでも「好き」と言える作品ではないかも。
おっしゃるように,いろんな感情にとらわれて,
感想がひとつに落ち着かないような
そんな難解さもある作品ですね。
・・・原作も難解といえば難解です。
マカヴォイ君の切ない表情がとってもかわいそうでした。
2008/10/03(金) 00:04:41 | URL | なな #-[ 編集]
ななさん、こんにちは

コメントありがとう!
私も、プライドはダメでしたね~。何が言いたいのか分からなくて、ななさんと一緒で、若干退屈してしまいましたσ(^◇^;)

つぐないは、私良かったです~。ほんと色々な感情が入り交じり
上手く表現出来なかったのですが、何とも人間の思いとか気持
がシミ出してるような深みを感じました(^_^)v
2008/10/03(金) 16:20:46 | URL | アニー #-[ 編集]
こんばんは~
なかなか、幻想的で良かったです!
嘘がもたらす悲劇が最大限に発揮された感じでしょうか。

図書室でのシーンは、キツイですね~
何も無かったが如く、そそくさと立ち去る2人がなんとも~
欲求不満だったかも?

手紙が痛かったかな~
2008/10/09(木) 00:43:51 | URL | hiro #-[ 編集]
hiro君、こんばんは

あの2人、図書室での愛が最初で最後だったのが可愛そうで。

私、この映画、ツボに入ったなぁ~。
妹の罪・・・・許せないような許してしまいそうな

だいたい、普通間近えないよね。手紙(笑)
2008/10/09(木) 18:47:59 | URL | アニー #-[ 編集]
こんばんは!
やっとみることができましたよ。
歳取ったブライオニーの告白は切ないし、やるせない。。
二人を再会させ、謝罪することがなんとも心がいたくて・・
これが償いになるのかどうか・・罪は消しようがない。
映像もきれいで、劇場でみたかったな。
キーラ、マカヴォイ、二人ともすてきでした!
手紙、間違えたのがいけなかったよー、、
2008/10/13(月) 23:09:33 | URL | アイマック #mQop/nM.[ 編集]
アイマックさん、こんばんは

見てる側にも、色々な感情が入り交じって、感情移入できる
映画でしたよね~。

もうどう表現して良いのか、胸が苦しくなるような感じで
ドップリ、引き込まれて見入ってしまいました。
映像も大画面で見たら、よりイッソウ綺麗だったでしょうね。

そうそう、手紙間違い・・アホだね(笑)

トラバありがとうございました。
2008/10/14(火) 21:13:48 | URL | アニー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
前から、観たいとわめきまくっていた一作…あきらめかけていたのですが、どうしても「泣きたい」願望(?)が行動をおこさせました。Come Back...Come Back To Me…つぐない原題:Atonement監督:ジョー・ライト脚本:クリストファー・ハンプトン製作総指揮・原....
2008/09/29(月) 20:07:06 | 晴れたらいいね~
映画館で観て、はまってしまってついでに、ジェームズ・マカヴォイにまではまってしまった。(これは予想外の展開でした。タイプじゃないもん)この手の映画ではまるのは「バタフライ・エフェクト」以来かなぁ。泣けるっていうよりも、胸が締め付けられるよ....
2008/09/29(月) 20:07:33 | 晴れたらいいね~
ATONEMENT(2007/イギリス)【DVD】 監督:ジョー・ライト 出演:キーラ・ナイトレイ/ジェームズ・マカヴォイ/ロモーラ・ガライ/シーアシャ・ローナン/ブレンダ・ブレシン/ヴァネッサ・レッドグレーヴ 一生をかけて償わなければならない罪があった。 命をかけて信...
2008/10/13(月) 22:38:36 | 小部屋日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。