大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年09月19日 (金) | 編集 |
misto1.jpg

■2008/9/17日DVD発売 ■アメリカ制作 ■125分

■監督 ・フランク・ダラボン  ■原作 ・スティーブン・キング 【 霧 】

■出演
トーマス・ジェーン / マーシャ・ゲイ・ハーデン / ローリー・ホールデン

■あらすじ■
激しい嵐が街を襲った翌日、湖の向こう岸に不穏な霧が発生していた。デイヴィッドは不安に駆られながら、息子のビリーを連れ、隣人の弁護士ノートンと街へ買い出しに向かう。3人がスーパーマーケットに入ろうとすると、店内は大混乱。外では軍人が歩き回り、サイレンが鳴り続ける。すると、ひとりの中年男が叫びながら駈け込んで来た。「霧の中に何かがいる!」と。店外を見ると深い霧が駐車場を覆っていた!

misto4.jpg
misto2.jpg
misto3.jpg
misto6.jpg

■かんそう■
やっぱり、出たよ・・・・・恐竜もどき、SFの香り漂うキング氏らしい趣向

大嵐の後、突然濃霧に覆われた町。何かが居る! それが何なのか?緊張しましたぁ。
巨大虫に襲われるシーンは、ドキドキ・・巨大だから、虫刺されでも死に至る。デカイよ

が、霧の中の生物より、集団と化した人間の方が恐い。
恐怖のあまり、神に頼ろうとする人々・・・・狂ってる訳ではなく、ワラをも掴む心境なんだと
何と言っても、自分が神の使いと思いこむ、ミセス・カーモディの迫真の演技に驚きます。

見てる側は、今が平常なんで彼女達の異常さが分かり、怒りを感じるものの
もしあそこに居たら? 私も、オカシクなって神様~と仲間の1員かも

息子を生け贄にされそうになった父、そして正常を保ち続けた数人が
救いを求め、霧の中へと・・・・・・・・しかし、何て救いようのない結末。

せめて、後10分、思いとどまってたら・・後悔ばかりの残る後味の悪いラスト
正常組を追い詰め、殺してしまったのは、霧でも怪物でも無く人間でした。 

最後、軍のトラックに乗った女性とデイヴィッドの視線が合った瞬間
表現しようも無い虚しさを感じました。 あの母子は助かったんだね。天国と地獄だよ

霧の不気味さ、そして人間の怖さ・・色々な恐怖が詰め込まれ
退屈する間もなく、楽しめました。

一言、霧の発生原因は・・・映画では、ありがちな原因なんでスルーしましょう^_^;

私の好き度stars-3-5.gifstars-4-0.gif

★よろしかったら1クリお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

コメント
この記事へのコメント
面白かったですよね!

もっと怖いのかと思ってましたが、なぞの生物はそれほど恐怖ではなかったですよね。ただ、ちっちゃい蜘蛛が散ってく様子がゾゾってなりましたが・・・
極限状態の集団心理が何より怖かった。

あの狂った女、「小堺さん、よくやった!!」でしたね(笑)

ラストは「あほたれー!!」って叫びそうになっちゃった。アレは立ち直れないでしょう・・・

2008/09/19(金) 18:50:35 | URL | ちひろ #-[ 編集]
これは、怖かったぞ!人間が…
全く救いようのない結末には、参ったわぁ。
霧の発生原因とか、謎の生き物たちなんか、どーでもよくなっちゃたもの。それが原因であれ、ちがうもんなぁ。
私も、あの女だけは、早く消えて欲しかった…。
凹む映画だけど、私も☆は多いな、うん。

台風さー、じぇんじぇんだったわっ!スリル感もなし(笑)
2008/09/19(金) 21:05:13 | URL | ちゃぴちゃぴ #-[ 編集]
想像力と妄想力
こんばんは(^~^)

来ましたね。ミスト!
丁度昨日、見終わったとこです。
最近の映画はミニマムな視点で描かれる作品が多いですね。
クローバーフィールドそうですけど
大きな事件を市民目線から描いていますよね。

正体が見えない・・・という事は
人、それぞれの持っている恐怖を想像させますね
自分が想像した恐怖が自分では一番怖いですからね
だから人は暗闇が怖いのだと思います。

究極の恐怖映画は何も出て来ない想像させる映画だと思います。
しかしながら、それで映画が成立するかは疑問ですが。

あれ、なにが言いたかったんだろう??(笑)
あ、ミストね・・・

怪物の触手が、もろCGバレバレだったのが残念です。
ラストは後味が悪いですよね。。こっちもガックリって感じです。
B級テイストですが楽しめました。。

あれ、もっと言いたい事があったのに・・・ミニマムな視点で
終わってしまった^^;

長文失礼致しました。。ぽちっと♪

2008/09/19(金) 23:15:14 | URL | オーラ・スピリット #-[ 編集]
人間の恐さ
ほんと、キングらしい怪物ですよね~
映像化すると、どうしてもグロテスクになるんだけど。笑
怪物よりも、極限状態に陥った人間どもが強烈でした・・

ラストは後悔というか、救いがなさすぎるね・・・
最初にでていった母親の顔見た時、唖然としましたよ~
ここまで落とさなくても、、
米軍を呪いました。。。
キングサスペンスものとしてはよかったね!
2008/09/19(金) 23:32:07 | URL | アイマック #mQop/nM.[ 編集]
主人公の俳優は有名なお方ですが
この映画はなんだか謎の生物がいまいちっぽいですな

しかし、恐怖感を味わえそうな感じで
1度 見てやろうかという気になります

2008/09/20(土) 05:28:53 | URL | トッタィ #-[ 編集]
この映画、おもしろそうレす。
ワタシもご覧になってみたいレす。
…何か? 間違えましたか、ワタシ。
「ご覧になる」は目上の人のことを言うときに使うのレすか?
“ワタシ”は言ってる本人だから目上じゃない?
日本語は難しいレすわ。
え? 今の文末の「わ」は「は」と書くのレすか?
アニーさん、それは間違いレショウ?
それが間違いだということくらい
わかりマスヨ、いくら外人レも。
ま、応援して帰りマスは。←文末に「は」を使うアニー式文法。
2008/09/20(土) 10:16:22 | URL | 郷 #1Cm5Xbjo[ 編集]
ちひろさん、こんばんは

怪物はね~、それなりで
霧の中に潜む何か?・・・それくらいの描き方のほうが恐い
と思えるのですがね。まー、キング氏なんで出て当然ですよね

私、あの状況になったら、正常保つ自信ありませんです。はい
2008/09/20(土) 21:29:37 | URL | アニー #-[ 編集]
ちゃぴさん、こんばんは

あら~、臨時休みはオジャンでしたか?!(笑)
うちも、大した事なかったですよ~。

人間の集団心理って恐いよ!
キット、近所で顔見知りが沢山いると思うの。
それでも、子供を生け贄提案に同意するなんて。

狂って無いと言うものの、恐怖で狂ってるよ、やっぱり^_^;

トラバありがとうございました。
2008/09/20(土) 21:34:03 | URL | アニー #-[ 編集]
スピリットさん、こんばんは

確かにね~、霧だけで、恐かったかも。
視界がさえぎられって事自体が恐怖で・・怪物より霧の方が
恐いね。

>究極の恐怖映画は何も出て来ない想像させる映画だと思います。
しかしながら、それで映画が成立するかは疑問ですが

ここ、分かりますよ~。ただ、映画ではなかなか困難ですよ。
本とか良いかも!
怪談話なんて、究極恐いもの。個人の頭の中で、想像する
これが、1番の恐怖だと思います私も。
2008/09/20(土) 21:37:23 | URL | アニー #-[ 編集]
アイマックさん、こんばんは

怪物は、ヽ(´▽`)/へへっ
でも~、キング氏の他作品より、レベル高い怪物だっし
良かったのでわないかと・・・。

それより、集団と化した人間に、驚愕しましたぁ。
あのリーダーのオバサンは凄い! ほんと、恐かった。
虫が刺さなかったから、神の使いって。動かずジッとしてたから
刺さなかっただけで、思い込みもここまでくると手の打ちようが
ないですね(笑)

トラバありがとうございました。
2008/09/20(土) 21:41:43 | URL | アニー #-[ 編集]
トッタィさん、どもです。

ん~怪物は、それなりでした。でもキング氏に怪物は付きもの
なんで、虫と、マンモスみたいのはイケテましたよ(^_^)v

内容は、怪物と言うより、人間の怖さがメインで
本当の怪物は、人間なんだと思わされます(-^□^-)
2008/09/20(土) 21:44:13 | URL | アニー #-[ 編集]
郷さん、ちわっす!

これ良かったよぉ~。キカイがあったら、見てくださいな(^_^)v

何処間違ってるのかと思ったら、末文の最後ですね。
ズート気づきませんでした。でも、あんまり気にしないでね。
誰もそこまで、見てないって(笑)

細部まで、読んでもらってる証拠で感謝(^_^)v
2008/09/20(土) 21:47:52 | URL | アニー #-[ 編集]
こんちは。

ぼくは、劇場鑑賞組です。あ、DVDも買いました♪
劇場で観ると、あの触手も迫力満点で怖かったですよ。

ところで、作品的にはモンスター映画の殻をかぶった人間ドラマ。
このあたりは、キング作品共通っすね。
最後のエンドクレジットで、ずーっと思わせぶりなヘリの音がなってて、最後に何かあるのかなと思ってたら、何もなかった。
これもどんでん返し?
2008/09/21(日) 10:33:11 | URL | くっきーまん #-[ 編集]
>殺してしまったのは、霧でも怪物でも無く人間でした。

このコメント最高です。。

ミセス・カーモディのセリフも正論なところがたくさん
あったんですよね。

もしかしたら、あの状況では、ミセス・カーモディを信じ
ちゃうかも。
2008/09/21(日) 22:23:13 | URL | なお☆ #-[ 編集]
くっきーまんさん、こんばんは

ですよねぇ~、くっきーまんさんは劇場鑑賞が多いもん
こんな、話題作ハズスはずがない!・・ってもんだ(^o^)

ラストに救いがないので、原作が変更されてるの手に取る
ように分かりました。
キング氏のって、ラストには、絶対逃げ場あるし

あはは、確かに、別の意味ドンデン返しかも
思わせぶりも、たいがいにしてほしいですよね(笑)
2008/09/21(日) 23:23:36 | URL | アニー #-[ 編集]
なおさん、こんばんは。初めましてぇ~。

ご訪問ありがとうございます。

つたない感想、誉めていただき、感謝感激です。ありがとう。

そうなんですよ! カーモディ夫人、狂人チックに見えるけど
道理通ってる部分が多々ありましたよね。
ただ、集団のリーダーになってしまったのが、致命的で
神を信じる、真面目な人間だったのでは・・と思います。

私もね、あの集団に絶対入らない・・なんて自信ないです^_^;
2008/09/21(日) 23:28:15 | URL | アニー #-[ 編集]
ラストの救いのなさに、笑ってしまいました。
笑いで動揺を隠そうと試みたんです。(笑

スゴかったなー。

あまりにも人間的な人々の、あまりにも人間的な行動。

説得力のある脚本で、素晴らしかったです。

人間は所詮人間だなぁってつくづく感じました。

いい映画だったぜ!
2008/09/22(月) 22:36:45 | URL | shit_head #-[ 編集]
シット君、こらちにもありがとう!

あそこまで、救いようが無いと笑うしか手ないねσ(^◇^;)

もうね、表現する言葉がなくて、後悔・・としか書けなかったよ。
ミセス・カーモディ上手かった。人間の怖さがヒシヒシ伝わる
映画でした。究極の場面では、ああなっても非難出来ずです。
2008/09/22(月) 22:57:43 | URL | アニー #-[ 編集]
僕は、無宗派なんで、あの宗教オバサンの過激な
布教には、イラッときてたんで眼鏡君には惜しみない賞賛
を贈りましたよ!
殺した罰が酷かったが・・・
結果だけみると、あのオバサンの恨みつらみが災いと
なって一行に降り注いだのかも?
結論的に、籠城作戦は合ってただけに皮肉としか
いいようが無いかも?
2008/10/09(木) 01:06:47 | URL | hiro #-[ 編集]
hiro君、こんばんは

私も苛ついてしまったよ。
メガネって、射撃のチャンピオンよね。
人は見かけで判断してはダメよね(笑)

そんな能力ありそうに見えなかったけど、勇気有る
ズングリムックリさんだったね(-^□^-)

うんうん、結局、あのオバサンが悪魔だったんだよね。
霧とか怪物では無くて、悪魔(^_^)v
2008/10/09(木) 18:45:02 | URL | アニー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
この映画、映画館で観る気満々でして、いざ行かん!って日には夜間上映しかなくって、あきらめた作品なんですよね。かなり、ぶーたれていました。でも、DVDでよかったかも。だって、チビってたかも…(^◇^;)(もうちょっと上品に言うべきよね)ミスト原題:The Mi...
2008/09/19(金) 20:43:23 | 晴れたらいいね~
THE MIST(2007/アメリカ)【劇場公開】 監督・製作・脚本:フランク・ダラボン 出演:トーマス・ジェーン/マーシャ・ゲイ・ハーデン/ローリー・ホールデン/アンドレ・ブラウアー/トビー・ジョーンズ 霧〈ミスト〉の中には“何”が待っていたのかーー 映画至上かつ...
2008/09/19(金) 23:22:47 | 小部屋日記
これはなかなか凄い。SFミステリーと思いきや人間心理ものでした 襲ってきた怪物は物語の中心ではなく、観客である私たちは、1つのこの事件におけるバッドエンドの部分を見せられています。 パニックに陥った住民たちが選んだ選択、それは本当に正しかったのか。 異...
2008/11/28(金) 19:36:15 | いやいやえん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。