大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006年05月19日 (金) | 編集 |
■2003/5月DVD発売(日本未公開作品)
■ドイツ制作
■監督 ・ロベルト・シュウェントゥケ
■出演 ・アウグスト・ディール、ナデシュダ・プレニッケ

皮膚の一部を剥ぎ取られた死体が次々に発見され
連続殺人事件としての捜査が開始される。
新米のマークとベテランのミンクスという2人の
捜査官が調査を進めるうちに、加害者は日本人の伝説的な
刺青師によるイレズミが施された者ばかりを殺害している
ことが判明する。
やがてふたりの身にも危険が迫る……。

tattoo01.jpg


(感想)
パッケージ説明に「セブンを超える」と書いてあったので
又、パクリかなぁ~と思いつつレンタルしてみました。

確かに、ホラーサスペンスで猟期連続殺人物ですが
なかなか面白かった!! ちょっとグロ入ってます。

tattoo-1.jpg

tattoo-7.jpg

タトゥー収集マニアと言う買い手が居て、お金が無くなると
タトゥーを入れた自分の皮膚を売る人達・・。
一部のマニアは、人を殺してまで刺青を欲しがる。
ちょっと想像出来ない設定ですが、新鮮でした。

伝説の彫り師が「ひろみつ」と言う日本人だというのも
良いな・・・日本人である私の心つかみました

tattoo02.jpg


最愛の娘を犯人に殺され自殺する警部補
そして、犯人を愛してしまう新米刑事・・すっかり騙されて
物事の本質が見えず、犯行の手助け的な要素を作ってしまいます。

それぞれの出来事が、あまり深く追求されていないので
物語に深みは感じないのですが、スリラーとしは
良く出来てて、ドキドキゾクゾク、充分楽しめました。

ちょっと、残念なのはラスト、犯人は、まんまと逃げて
騙された事に気付く刑事は呆然と立ちすくんでいるだけ
落ちがイマイチ。あっけないラストでした。

多分、続編でも出来るのではないのでしょうか?

ちなみに、この映画の監督さん、ジョディー・フォスターの
「フライトプラン」の監督さんです。

■自己中評価stars-3-5.gif


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。