大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年04月17日 (木) | 編集 |
bol1.jpg

■2008/1/1日DVD発売 ■スペイン制作 ■120分

■監督 ・ペデロ・アルモドバル

■出演
・ペネロペ・クルス(ライムンダ)
・カルメン・マウロ(母イレネ)
・ロラ・ドゥエニャス(姉ソーレ)
・ヨハンナ・コバ(娘パウラ)
・ブランカ・ボルティージョ(アグスティナ)

■あらすじ■
失業中の夫の分まで働く、気丈で美しいライムンダ。だが彼女の留守中、夫が15歳になる娘パウラに関係を迫り、抵抗した娘は勢いあまって父親を殺してしまう。愛娘を守るため、ライムンダは必死に事件の隠蔽を図るが、その最中に「故郷の叔母が死んだ」と知らせが入る。一方、葬儀のため帰郷したライムンダの姉ソーレは、大昔に火事で死んだ姉妹の母の亡霊が、1人暮らしだった叔母をこっそり世話していた、という奇妙な噂を聞く。

■かんそう■
内容的には、衝撃事実が発覚しますが、鑑賞側を巧みに騙す・・ヒネリとは違う
現実には、隠し通せるとも思えないし・・・凶悪犯でしょうが

その事実を許し合い、共有する。男が入る余地の無い女同士の深い絆を感じます。

ペネロペさん、ラテン系の顔立ちなので、原色にも負けない美しさ!
大きい娘が居て、生活に追われてても霞む事無き美貌ですねぇ。

極端に母親を嫌いますが、それには深く醜い事情が・・。
母の落胆を思うと言えないよね・・・私は、この事実が一番キツかった。
辛かったろうし、どうしょうもなく、父親を許せない

母親から教わった曲を歌う彼女の目に涙・・・・聞く母の目にも涙。
心は求め合い通じ合ってる・・氷った過去が溶けて行くのが分かります。

女の身勝手とも取れますが、女の私には、母娘の取った行動は、当然の選択だと
それを非難する女性は居ない・・・居るかもしれないけど(汗) 共感する部分は有ると

母親が罪滅ぼしに、叔母&隣人アグスティナを看病。彼女の罪は充分償われたと思う。
女達の秘密は、一生封印されて行くのだと・・罪より、絆&思いやりの方が強い。それでイイ。

メイン女優陣に目行きますが、遺棄を手伝った娼婦のお姉さんも優しい。
冷凍庫の中は察しがついてたのに、それでも最後まで付き合った・・彼女も又、女だからです。

女達の心に秘めてる想いが描かれ、楽しい映画では無いのですが
同性同士の為か、心情に訴えかけてくるような物語で、見入ってしまいました。

好き度 ★★★★

★よろしかったら1クリお願いします。

人気ブログランキング ブログランキング 人気blogランキング

コメント
この記事へのコメント
女はツオイ!
火サスまっ青な殺人劇が…なんだけど、女達が素晴らしい!
この映画の男達は、なんともどうしようもない罪な人ばかりだよなぁ。

氷が溶けていくような母娘の様子、よく伝わってきたように覚えてる。
ペネロペさん、お綺麗ですねぇ。原色に負けない!
「人殺し」してんのに、それ以上に絆&思いやりが、じーんとして
なぜかおおいに共感してしまった。
変に、ここで恋愛が絡んでこないのも、私にはポイント高かったです。

「怪談」といい、女は強く怖いもんだねぇ~(^◇^) ケラケラ
2008/04/17(木) 21:50:54 | URL | ちゃぴちゃぴ #-[ 編集]
こんばんは!
女性が共感しやすい映画ですよね。
構成がうまいし、ビジュアルもいいし、ハリウッド映画とは違う。
サスペンスでもユーモアもあって、ひきこまれますね。
ペネロペがイキイキしててよかったなあ。
原色が似合うなあ!

2008/04/17(木) 23:26:19 | URL | アイマック #mQop/nM.[ 編集]
ライムンダの歌が良かったです
女性の血縁と情念を描いた作品だと思います。この監督の「オール・アバウト・マイ・マザー」は残念ながらいまいちでした(他の方の評判はいいようなので、単に好みの問題?)が、これはかなり楽しめました。

ライムンダがギターの弾き語りで歌うタンゴ?がよかったです。あんなキレイな人が目の前で歌ってくれたら、きっと感動で大泣きですね。映画でも泣いてましたから(恥笑)。
2008/04/18(金) 04:10:25 | URL | aosaga369 #JalddpaA[ 編集]
色の使い方が上手ですねー。
アニーさん、こんばんは!
原色やアジアンちっくな柄使いなど目で楽しませてくれるし、
女性同士の強い繋がりが心地よくもありましたね。
私も女性にはウケる映画じゃないかと思います。
察しがつくけど ”見ざる、言わざる、聞かざる” 部分が好き。
だって共感できるもん。

暗くて重たいだけの陰湿な映画じゃないのも良かったです(^^)
2008/04/18(金) 20:07:58 | URL | moco #1wIl0x2Y[ 編集]
ちゃぴさん、こんばんは
同性なんでか、妙に共感してしまいました。

たとえ、殺人者親子でも(笑) それは許されるよ・・なんて、1人思ったりして

ほんと、綺麗よね!
いくら生活に追われてても、素がイイから、ドレスアップすれば
見違えるゴージャス主婦だは・・・何たる羨ましさ(笑)

ラスト、突然終わるけど、それでも、その後が理解できるし
秘密は女達の心に永遠にしまい込む・・・うんイイよ。

トラバありがとうございました。
2008/04/18(金) 22:41:05 | URL | アニー #-[ 編集]
アイマックさん、こんばんは
やってる事は、殺人なんだけど・・・それを罪と思わせない作りで

やはり、女同士なんで、辛さとか分かるんですよね!
自分の娘に・・・・・最低男は、許せない。 存在消したくなるし(笑)

原色に負けない美しさ・・・彫りが深いからでしょうね。
アジア系では、こうは行かないよね・・・悲しいのだがσ(^◇^;)

とても素敵な女達の物語でした。

トラバありがとうございました。
2008/04/18(金) 22:45:22 | URL | アニー #-[ 編集]
aosaga369さん、こんばんは
ペネロペ、歌上手いですね。
情感たっぷりだったし・・・憂いが伝わると言うか。

aosaga369さん、泣いちゃいました!?ヾ(≧∇≦)ノ"キャハハ☆
いや、笑うの失礼なんですが、これ見て泣き、大竹さん見てウナされ
忙しすぎですね・・・・aosaga369さん、感情豊かなんだと思うけど

何故か、面白い方だと・・家族の方、aosaga369さんと居ると退屈
しなさそう(笑)

これ三部作なんですよね?これ意外は見てないのですが
やはり、帰郷が最高傑作だったのかなぁ。
2008/04/18(金) 22:55:49 | URL | アニー #-[ 編集]
mocoさん、こんばんは
女性の秘密共有の方が、男性より強固かも
自分に置き換えると、そう思ったりして。私かなり、秘密守り切る方なんで
(笑)

なもんで、この映画の女性達には共感できました。
重い題材なにの、優しさに溢れてて、ジンワリ心に響きました。

ペネロペさんの美しさにも、酔いしれましたが
女の私が、見て、そお思うのですから、男性が見たらメロメロですよね(笑)

>”見ざる、言わざる、聞かざる”
日光のお猿の、彫り物・・・思い出したの私だけ!?
2008/04/18(金) 23:05:54 | URL | アニー #-[ 編集]
こんにちは
初コメント
&TBも失礼します☆

ボルベール、なんでこんな映画を
男性のアルモドバル監督が描けるのか、本当に驚きます

ペネロペさんが歌うシーンは
私もジーンとして涙が出ちゃいました
2008/04/19(土) 13:34:53 | URL | まる #-[ 編集]
まるさん、こんにちは
ご訪問ありがとうございます!

私も、チョイチョイ、まるさん所、コッソリ覗いてたんですよ(笑)
絵のあまりの、可愛さに、コメントさせていただきました。

そうですね・・女性は、この映画の気持は、痛い程理解できるし
共感も出来るのですが、男性が・・それも描く。

監督、もしかしてお姉系だったりして・・無いなσ(^◇^;)
ベネロペ歌上手いですよね・・感情タップリで聞き入りました。

あ、やはりトラバ飛びませんね。
最近fc2同士でも、ダメみたいです・・・どうなってるんですかね?
でも、ありがとう!
2008/04/19(土) 17:32:19 | URL | アニー #-[ 編集]
アニーさん こんにちは!
女性の方が,危機突破能力高いですね♪
殺人も,なんだか綺麗に見えます。
途中までファンタジーも盛り込まれてるのかと
思って,すっかり違和感なく信じてました(人´∀`).☆.。.:*・°

構成と物語に堪能しました~
2008/04/20(日) 13:55:54 | URL | hiro #-[ 編集]
hiro君、こんにちは
そうだよね・・・女は、ここ1番には強いから(笑)
それも、自分とか自分の子供の事になると、思わぬパワー発揮するもんだよ

旦那は、家族だけど多分入ってないはヾ(≧∇≦)ノ"キャハハ☆

やってる事は、殺人だけど、綺麗でした。心情を美しく映画いてあって
非常に共感でしたは私。

トラバありがとうございました。
2008/04/20(日) 16:42:25 | URL | アニー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
元旦セル&レンタル開始ですが…並んでたんですね~。お先に借りました!観たかったんですよ。よかったですよぉ~。ボルベール<帰郷> 原題:Volver(2006・スペイン)監督・脚本: ペドロ・アルモドバル上映時間:120分キャスト:ペネロペ・クルス、カルメン....
2008/04/17(木) 21:51:15 | 晴れたらいいね~
Volver(2006/スペイン)【DVD】 監督:ペドロ・アルモドバル 出演:ペネロペ・クルス/カルメン・マウラ/ヨアンナ・コバ/ロラ・ドゥエニャス/チュス・ランプレアヴェ ただいま。おかえりなさい。 女たち、流した血から、花咲かす。 カンヌ映画祭で最優秀脚本賞と最...
2008/04/17(木) 23:21:50 | 小部屋日記
「ボルベール<帰郷>」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ペネロペ・クルス、カルメン・マウラ、ロラ・ドゥエニャス、ブランカ・ポルティージョ、ヨアンナ・コボ、チュス・ランプレアヴェ、他 *監督・脚本:ペドロ・アルモドバル 感想・評価?...
2008/04/18(金) 04:51:07 | 映画レビュー トラックバックセンター
ボルベール <帰郷> Review スペインを舞台にイレーネ(祖母)ライムンダ(娘)パウラ(孫)親娘3代に渡って繰り返される怒りと哀しみの連...
2008/04/20(日) 13:40:44 | 嗚呼,魅惑の映画道たまに競馬
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。