大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年04月14日 (月) | 編集 |
beo1.jpg

■2008/4/11日DVD発売 ■アメリカ制作 ■114分

■監督 ・ロバート・ゼメキス

■出演
・レイ・ウィンストン(ベオウルフ)
・アンソニー・ホプキンス(フロースガール王)
・ジョン・マルコピッチ(アンファース)
・ロビン・ライト・ベン(ウイールソー王妃)
・アンジェリーナ・ジョリー(グレンデルの母)
・クリスビン・グローヴァー(グレンデル)

■あらすじ■
6世紀のデンマーク。フローズガール王が盛大な宴を催す中に、醜く巨大な怪物グレンデルが姿を現した。人々を虐殺したグレンデルに対し、王は褒賞を用意して討伐隊を募集。これに応じた戦士ベオウルフは、見事グレンデル撃退に成功する。戦勝を祝い再び華やかに繰り広げられる宴。しかし翌朝ベオウルフが目にしたのは、皆殺しにされた兵士たちの姿だった。彼はその犯人と思しきグレンデルの母親の元へと向かうが……。

beo4.jpg

beo5.jpg

■かんそう■
元々は、英文学最古の1つ、英雄冒険を神話として語り継いだ、格式高い物語らしい。

アンジェリーナ姐さんが、水辺に浮かんでる姿など、気持悪いくらい無機質な美しさ。
Mrホプキンスは、太鼓腹さらしてますが、服来てからは、さすがの存在感
が、Mrマルコピッチ、どーでも良いような役回りで粗末な扱い・・何て勿体ない!

映像はハイレベルですが、人間が持つ喜怒哀楽・・と言う感情が伝わらない。
せっかくの豪華俳優陣なのに、それぞれのキャラに魅力感じられなかった。
フルCGなんで、この辺文句垂れても、しょうがないんだけど・・

しかし、後半になると、ベオウルフが伝える王妃への謝罪と思い
大切な者を命がけで守る。英雄らしい、そして人間らしい部分も見せてくれます。

ベオウルフも、ウゥーとかオォーとかしか言わない寡黙な男で
その口数の少なさが、逆に彼の持ち味として印象に残ります。

大人が見るに堪えうるファンタジーだとは思うし、114分間退屈はしなかったです。
ただ、CGの為、物語に重厚感が無いと言うか、感動が込み上げて来ないと言うか・・・・。
映像美を楽しむ・・・そお見るとグッド。幻想の世界は満喫できました。

結局、いかな剛健な男でも、美しい女性の色香には敵わない。
たとえそれが魔物でも・・・・これは昔も今も、同じでしょ(笑)

好き度 ★★★

★よろしかったら1クリお願いします。

人気ブログランキング ブログランキング



コメント
この記事へのコメント
アニーさんも観られましたかぁ
どーも、フルCGのリアル人間は、相性悪くって…
感情がそがれるのかな?
カーズとかニモとか、あーいうアニメは平気なんだけどねぇ。
いっそ、背景などがオールCGの「スカイキャプテン」くらいの方がいい。
せっかくの壮大な話だったのにね。
マルコビッチは、こんな役ですかい?でしたね。
ホプキンス爺は、最初の出方で、誰かわからんだですよ、あたし。
退屈は、私もしなかったんだけど
こみあげるもんがなかった。

素っ裸で、グレンデルとの戦いは、いつみえるか…
いや、ぜったいみえない!
というのが、爆笑してしまったんですけど…
別に、映画の中でのポロリ…見慣れてます…(^O^)
相変わらず、アホです…

呪怨パンデミック観ましたよん、怪談とつづきでUPしたいなぁ…
2008/04/14(月) 21:48:51 | URL | ちゃぴちゃぴ #-[ 編集]
ちゃぴさん、こんばんは
顔がねぇ~、眉間にシワとか、笑いジワとか無いよね(笑)
その辺が、気色悪かったするし、どう見ても無表情で、何考えてるんだか
感じ取れない・・そこが、感情伝わらずの原因かもしれません。

しかしですよ、私、人物はCGと実写が混じってるのかと思ってました。
それくらい、似てる・・・・こんなハイレベル映像って凄いな(汗)

フルだって知ってビックラこきました。
内容は、そこそこって事で、手打ちましょう。

残念無念でしたね・・・見えませんでした。さすがに隠しは一流ですは(笑)

お、カヤコ&トシオ君見ましたか。相変わらず、これの怖さもソコソコだった
でしょ?!

トラバありがとうございました。
2008/04/14(月) 22:43:56 | URL | アニー #-[ 編集]
アニーさんもイマイチだったんだね。
俳優を使っていても、全編CGの価値あるんですかね。
公開時のレビューいろいろ読んで、やめました・・・
DVDもたぶん観ないかな。。
アンジー姐さんのセクシーな姿は観たい気もするが………
2008/04/15(火) 13:22:33 | URL | アイマック #-[ 編集]
アイマックさん、こんばんは
内容は、そうですね~イマイチでした(笑)

人物は、始め実写混じりかと思うほどリアルでしたが・・・・・。

CG楽しむには向いてると思うのですが、物語を楽しむには
物足りなかったのが本音です(^_^)v
2008/04/15(火) 20:38:57 | URL | アニー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
これを観るのは、勇気が要りました。あたし「ポーラ・エクスプレス」は、予告でダメ!って思ったんでね。まだ、どこかデフォルメされた面があるようなんは、OKなんだけど。まばたきしないのって苦手です。これは、その点がかなり解消されているということで挑戦してみまし...
2008/04/14(月) 21:50:57 | 晴れたらいいね~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。