大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年03月08日 (土) | 編集 |
bon111.jpg

■2008/3/7日DVD発売 ■アメリカ制作 ■115分

■監督 ・ポール・グリーングラス

■出演
・マット・ディモン(ジェイソン・ボーン)
・ジュリア・スタイルズ(ニッキー・パーソンズ)
・ジョーン・アレン(パメラ・ランディ)

■あらすじ■
記憶を取り戻せ! 過去と決別するために。

CIAの極秘プロジェクト「トレッドストーン計画」によって暗殺者にされ、同時に記憶を失ったボーン。そんな彼の記事がイギリスの新聞の一面に掲載された。記事を書いた記者は「トレッドストーン計画」に代わる「ブラックブライアー計画」の取材を進めていたのだ。失った秘密の鍵を見つけるため秘密裏に彼と接触を図るボーン。だが、記者は既にCIAによってマークされていた。


bon6.jpg

bon4.jpg

bon2.jpg

■かんそう■
ボーンシリーズ、3作共に、何故こんなにドキドキするんでしょう?
多発するカット割り・・普通だと主題に集中できないのだが、逆にスピード感が増す。

思えば、海に浮かんでいた時から、追跡され命からがら真相を追い続ける。
3作目にもなると、鑑賞側も、若干疲れて来るもんなんですが、真実知りたくてしょうがない!

期待通り、アルティメイタムも、見応充分。
素晴らしいアクションの切れ、カーチェイスの迫力・・申し分無し。

が、それだけでも無く、彼は、超腕利き工作員だが、常時傷だらけ泥だらけ
その辺が、彼を応援したくなる要素かもしれません。現実はスマートではないんだね。

今作では、協力者が出現しますが、ニッキー良かった。
怯えながらも、ボーンの本当の姿を知り、命をかけて協力する。
刺客に追われ、必死に逃げる彼女の姿が・・手に汗にぎる緊張感

少し、物足りなかったのは、追い求めた真相ですかね。
結局、選択したのはボーン本人だった。当然計画した黒幕達は居るにしても
えらく、淡泊な真相だったような気はしますが

しかし、ラストでは全て明らかになり、黒髪ショートカットのニッキーの笑顔で
苦労を重ねたボーンが、生きて自由になったと言う事分かり安堵した。

この映画、115分がアッと言う間に終わってしまい、
退屈と言う言葉とは、無縁の作品で、楽しめました。

一言、世界中で、たった1つのキーワード「ブラックブライアー計画」の言葉を
傍受するCIAの通信情報網。その高度な能力に、薄ら恐くなった・・・凄すぎる。

好き度 ★★★★

★よろしかったら1クリお願いします。

人気ブログランキング ブログランキング



コメント
この記事へのコメント
これはまた観ます!
映画館で、もう一回観たい気になったなー。
行けなかったけどね。
ただ、えらく目が乾いた(笑)目がつぶれないんだもん。

まっと・でいもんが、やたらかっこよく「みえた」よね。
ニッキーとは、なんかあったようなニュアンスだったね。元彼女なのでしょうねぇ。
真相は、もうどうでもよくって、プロセスを存分に楽しませてくれましたような気がするわぁ。
前二作の復習も、うまく入っていたし。
アクション映画としては、一級のオススメだと思う。褒めすぎ?
TB入れますね~♪
2008/03/08(土) 21:37:13 | URL | ちゃぴちゃぴ #-[ 編集]
この圧倒的なスピード感と切れ切れのボーンの技
痺れます。ただ僕はスプレマシーとの違いがよく分からなかった
です(;´▽`A``
真相は駄目駄目じゃないですか?
これだとまだ記憶の奥底になにかある的オチの方が
良かったかも。
でもそんなの関係ないですね
10分に1回位の危機感にハラハラします。
目が疲れるので目薬も脇に置くのも良いかも
2008/03/09(日) 09:58:34 | URL | hiro #-[ 編集]
ちゃぴさん、こんにちは
>アクション映画としては、一級のオススメだと思う。褒めすぎ?
うん、誉めすぎですヾ(≧∇≦)ノ"キャハハ☆

いやいや、アクション映画と見ると素晴らしかったは!
ただ、私の場合は真相追求のサスペンスも少し期待
してたので、肩すかしくらった感が有ったんだよね。

しかしながら、ボーン3作・・・充分満足できる
作品で、アクションに文句付ける所は無しでした!ブラボー

ニッキーと見つめ合う姿は、愛を感じたけど
妙な事にならなかったし、その方がボーンらしい。余韻で終わり
がグッドですは

トラバありがとうございました(*^_^*)
2008/03/10(月) 12:54:12 | URL | アニー #-[ 編集]
hiro君、こんにちは
うん~、確かに真相追求部分は、今ひとつだった気する。

アクションシーンは、一級品だったと思うので
目つむろう(笑)

展開が、もの凄く早いので、全然飽きない。
それが3作ともにグッド・・凄い事だよね。
パワーダウンせずに、突っ走る映画・・オソルベシ
ジェイソン・ボーン兄さん(-^□^-)
2008/03/10(月) 12:58:51 | URL | アニー #-[ 編集]
こんばんは!
今頃コメント、遅すぎっす。。ごめんネ

ボーンシリーズってみな水準高くて珍しいシリーズだよね。
はじめから終わりまでドキドキさせてくれる作品でしたよ。
CIAを敵にまわすと、恐いよ~
そのCIAを欺くボーンはもっと凄い!!
ニッキーの笑顔、あの音楽、かっちょいい!!!!
2008/04/08(火) 19:14:04 | URL | アイマック #mQop/nM.[ 編集]
アイマックさん、こんばんは
とんでもごじゃらぬ!気使わせてゴメンね。

私も、トラバだけの映画もあったのに、忙しいのにコメントなで
頂いて、ありがとうございます。

ボーンは、全シリーズ退屈知らずな映画で、楽しめました。
マット苦手だったんだけど、この映画で見直したと言うか、新しい魅力
発見と言うか

こんなドキドキが連続する映画も珍しいよね(^_^)v
トラバありがとう。
2008/04/09(水) 01:30:51 | URL | アニー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
なんたって、トランスフォーマー以来ですよ。映画館!(情けない…)行けただけで、満足なんですが、面白かったです!至福の時でした。ボーン・アルティメイタム原題・The BOURNE ULTIMATUM監督: ポール・グリーングラス 原作: ロバート・ラドラム 脚....
2008/03/08(土) 21:29:32 | 晴れたらいいね~
The Bourne Ultimatum (2007/アメリカ)【劇場公開】 監督:ポール・グリーングラス 出演:マット・デイモン/ジュリア・スタイルズ/ジョアン・アレン/デヴィッド・ストラザーン/パディ・コンシダイン/スコット・グレン 彼が「記憶」を取り戻すとき 最後通告が下...
2008/04/08(火) 19:09:10 | 小部屋日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。