大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年02月26日 (火) | 編集 |
su111.jpg

■2008/2/20日DVD発売 ■アメリカ・イギリス制作 ■128分

■監督 ・マシュー・ヴォーン

■出演
・チャーリー・コックス(トリスタン)
・クレア・デインズ(イヴェイン)
・シエナ・ミラー(ビクトリア)
・ミッシェル・ファイファー(魔女ラミア)
・ロバート・デ・ニーロ(キャプテン・シェイクスピア)

■あらすじ■
イングランドの、ウォール村に住む若者、トリスタン。ある日、村と外界を遮断する“壁”の外に落ちる流れ星を目撃した彼は、村一番の美女・ヴィクトリアに愛の証としてそれを捧げるため、超えてはならない壁を超え、魔法の世界ストームホールドに足を踏み入れてしまう。すると、彼は一人の美しいイヴェンを見つける。彼女こそが流れ星だと知って大喜びのトリスタンだったが、それはおぞましい力が彼女の追跡を開始した瞬間であった。やがて彼らの前に立ちはだかるのは、永遠の若さを求める邪悪な魔女、権力に目がくらんだ王子達、そして空飛ぶ海賊。2人を取り巻く、運命の闘いの果てに見つかる真実とは… 

su8.jpg

su5.jpg

su6.jpg

su3.jpg

■かんそう■
コメディファンタジー?そおゆう分類の映画だったのですが
やってる事は、結構残酷・・・が、そお思わせない。笑いが有るからだと思う。

魔女3姉妹も、シワシワ老婆なのに、何故かオチャメで可愛かったり
主役2人が、カスムくらい、とにかく脇キャラが濃厚!インパクト強し

ミッシェルの魔女良かった。本性は凄く恐いのに、美容には敏感で
首のタルミ消した途端、胸が垂れる場面なんか笑かしてくれる

デ・ニーロの女装ダンスは、最初アッケに取られて呆然としたけど
プライド捨て、客を楽しませようとする心意気に、座布団3枚!! 5枚はやらないよ

王子達の幽霊も、えらいお気楽で、癒し系・・・・。

1番のお気に入りキャラは、「ヤギ男」。人間の姿で、タオル喰ってたり
ユニコーンに戦い挑んで、吹っ飛ばされる時には、ヤギじゃん!!(^Q^)/゛
もう、バカウケでした・・・良い味出してる。

この猛烈キャラの中、主役2人は、困難を乗り越えラブストーリーしてるんだけど
笑いとシリアスのブレンド具合が丁度良く、テンポも速く、時間イッパイ飽きない。

映像面も、スケールが大きく、迫力のCGで申し分なし。
128分と言う時間を感じさせない映画で、面白くて楽しめました。

一言、ファンタジーだが、小さい子が見たら怖がるかもしれない・・ご注意(^_^;)


好き度 ★★★★

★よろしかったら1クリお願いします。

人気ブログランキング ブログランキング






コメント
この記事へのコメント
好きやわぁ~
アニーさんは、ヤギ男が好みなのね
(^凹^)ガハハ
というのは、冗談ですがぁ、彼(?)横でヤギになりきってたよねー。私も、彼は目が離せなかったなぁ。
爆笑でしたもん。
壁の番人のじいちゃんも、面白かったけど。
主役の二人は、ほとんど眼中になく、脇キャラをめいっぱい楽しみました。
二番目の王子の屍剣舞(?)も笑ったわ。
お子ちゃまよりも、じぇったいオトナの方が楽しめるよぉ。
イケメン若者父ちゃんベン・バーンズは、ネタです、実は…。
観てるときは、忘れてました(爆)
(^.^; オホホホ
TBしまぁ~す。★⌒(@^-゜@)v 
2008/02/26(火) 20:26:36 | URL | ちゃぴちゃぴ #-[ 編集]
ちゃぴさん、こんばんは
うんうん、ヤギには大笑いさせてもらったは(笑)
ヤギがウマに勝てる訳ないのだが、姿が人間になって
気が大きくなったのかな?あのヤギ(爆)

屍剣舞も凄かったね。本当に操り人形みたいに
動かれてるって感じで、わざとらしさが無かった。

私も、お父さんは男前だと思いましたよ~。
大人の男性の魅力があったような・・出番はチョットだけだ
ったけどヽ(´▽`)/へへっへ

確かに、大人が楽しめるファンタジー。
ブラックユーモア満載で、楽しめました(∩.∩)

トラバありがとうございました。
2008/02/26(火) 23:04:38 | URL | アニー #-[ 編集]
アニーさん こんばんは!
クレア・デインズですね~
彼女の出演作,何本か見てますが
主演でも引き立て役に終ってたりして( ´∀`)
前に観たホアキンと共演の「アンビリー・バブル」は,
やばかった・・・
まだ新作のリチャード・ギアと共演の「消えた天使」も
危険な匂いがしますが,その内狙ってみます。。。
デ・ニーロは,全て投げ打ってますね(笑)
いいのでしょうか?
ミシェル・ファイファー
昔は,凄い美人だったのに,怖顔魔女か~
2008/02/28(木) 00:45:47 | URL | hiro #-[ 編集]
こんばんは!
アニーさんもちゃぴさんもお気に入りみたいなので
準新作になったら観ますねv-22
主題歌を紹介させてもらったことはあるけど
ここまで面白そうな映画とは思ってませんでした~
(ごめんなさいw)
楽しみにしてます♪
2008/02/28(木) 23:25:43 | URL | ラルフ #nft/jt/c[ 編集]
hiro君、こんちには
うんうん、確かに脇キャラの猛烈インパクトに、肝心な星の
光が少しカスンダかも(^_^;)

しかし、笑いばかりでもイケナイので、丁度良いアンバイ
でしたよ。
脇キャラに任せすぎると、コメディ映画になりそうなんで
デ・ニーロは、凄いは・・・表現しようが無い。アッパレ!
ミッシェルは、綺麗でしたよ。老婆と若返った時のギャップが
凄い(笑)
2008/02/29(金) 12:44:14 | URL | アニー #-[ 編集]
ラルフさん、こんにちは
この映画、どう笑うのか例えようが無いのですが
ん~と、綾小路キミマロの世界だは←意味分からんかな(笑)

自滅ギャグなんだけど、妙にツボに入って面白かった。
ラルフさんの好みかどうか分からないのですが
暇つぶしに、キカイが有ったらどうぞです。

が、好みがあるので、保証はしませんのぉ~(爆)
2008/02/29(金) 12:47:25 | URL | アニー #-[ 編集]
ヤギ男が
こんにちは。
アニーさんはヤギ男がお気に入りでしたか。(^^;
この作品ではいろいろな要素がいっぱい入ってて、よくちゃんと最後に収拾がとれたなって感心しました。
ロバート・デ・ニーロが出てきたときにはびっくりでしたよ。まさか!と思いながら女装ダンスを観てました。でもいい役でしたね。

トラックバックさせていただきました。
2008/05/05(月) 16:48:13 | URL | 白くじら #VdvmM0eI[ 編集]
白くじらさん、こんちには

はぁ~い、ヤギ男には、笑わしてもらいました(-^□^-)
ドタバタやってる中で、主役2人はラブストーリーに集中してて
変な事になりそうなですが、別に違和感が無かったです私。

映像も、迫力あったし楽しめましたね~
ロバート氏は、凄かったですね! プライドかなぐり捨てて
ました・・あっぱれ、俳優根性

トラバありがとうございました。
2008/05/05(月) 17:18:50 | URL | アニー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
個人的にぃ、観たかった映画です体調の悪かった昨年の10月頃の公開もんは、観たい映画揃いなのに、ことごとくスルーしてしまった…「パンズ・ラビリンス」もそうだったし。その期待を裏切らずに、面白かったです。楽しかった…というべきか??スターダスト原題:STARD...
2008/02/26(火) 20:26:55 | 晴れたらいいね~
星も人間を眺めるのか…それが重要だ。 2007年(STARDUST) 製作国:アメリカ 監督:マシュー・ヴォーン 製作:ニール・ゲイマン 脚色:マシュー・ヴォーン 原作:ニール・ゲイマン amazon.co.jpで詳細を見る。 今から150年前イギリス…田舎町ウォールは、その名のとおりウォー...
2008/05/05(月) 16:23:02 | MOVIE-DIC
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。