大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »05
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年02月20日 (水) | 編集 |
q1.jpg

■2007/10/24日DVD発売 ■イギリス・フランス・イタリア制作 ■104分

■監督 ・スティーヴン・フリアーズ

■出演
・ヘレン・ミレン(エリザベス女王)
・マイケル・シーン(トニー・ブレア)
・ジェイムズ・クロムウェル(フィリップ殿下)
・シルヴィア・シムズ(皇太后)
・アレックス・ジェニングス(チャールズ皇太子)

■あらすじ■
1997年8月、パリでダイアナが交通事故に遭い、帰らぬ人になった。王家においてダイアナはいつも頭痛の種で、民間人となっていたダイアナの死は本来関係のないことであった。女王はコメントを避けるが、ダイアナを称える国民の声は次第に高まっていく。やがてダイアナの死を無視し続ける女王に、国民の非難が寄せられるようになる。若き首相ブレアは、国民と王室が離れていくことに危機を感じ、その和解に力を注いでいく。

■かんそう■
ダイアナさんの死後10年目に証される真実・・・が歌い文句ですが
これは、チャールズ皇太子&ブレア元首相がタッグを組んで、暴露本でも
出さない限り、にわかには信じがたい

鉄のカーテンが引いて有るような、王室、皇室が公表するはずがない!
半フィクション、半ノンフィクションだと思うなぁ。

女王が流した涙も、ブレア前首相が王室擁護に尽力した事も
信にダイアナさんの為に流した涙だったのか?女王&王室の為だったのか?
それすら、定かでは無い印象受けました。 美談になってるような

個人的には、女王にもダイアナさんにも共感はしない。彼女達は、それぞれの選んだ
道、人生をマットウしただけ。相入れない道だから、しかたが無い。

イギリス国民も、個々の悲しみから、集団の悲しみになってしまってた。
マスメディアの怖さを感じます。 集団心理と言う物は、厄介だよね。
しかし、それだけイギリスを代表する広告塔でカリスマだったと言うの理解できます。

ただ、チャールズ皇太子だけは嫌いだな。自分の保身ばかり
妻であるダイアナさんを盾にし、母で有る女王を盾にし、身を潜めてる

死因の追求や、誰が悪いと言う内容ではなく、楽しめる映画ではありませんが
何故か引き込まれてしまい、ラストまでシッカリ見てしまいました。

ダイアナさんは、死で永遠にイギリスのバラとなった。
じゃなきゃ、今頃は醜態をサラシ、国民にアイソ尽かされてたかも・・とも思ったりして

好き度stars-3-5.gifstars-4-0.gif

★よろしかったら1クリお願いします。

人気ブログランキング ブログランキング








コメント
この記事へのコメント
アニーさん、昨夜はコメントありがとう~!
みなさん高評価なのに、私は感覚が違うのかな?とあせちゃったけど
アニーさんのレビュー読んでちょっと安心したよ!

王家や皇室…謎が多いだけに
どれを信じていいかわからないよね~
人間性が剥き出しになりすぎて
品格が失われていくのはよくわかるよね。
どう足掻いても、賛否両論、100%信頼を得るのは無理でしょw
2008/02/22(金) 00:52:55 | URL | ラルフ #nft/jt/c[ 編集]
うわっ、このポスター、ちょっとこわい(爆)
実は、すっかり自分の記事に書いた内容を忘れていた私。
日本では、考えられないような題材だもんね。
故人ならともかくさぁ。
ヘレン・ミレンの熱演というのは、おぉ~だった。
内容に関しては、私も全部信用してない。
依然、暗殺されたんじゃないかとは思うしね。
ただ、離婚した嫁の葬式の段取りまでは、しらねぇよっていうのは、肯定します(爆)

ヘレンさん、続編に乗り気らしいですが、もぉいいよぉとは思うなぁ。
2008/02/22(金) 01:33:03 | URL | ちゃぴちゃぴ #-[ 編集]
ラルフさん、こんにちは
うんうん、私も100%は絶対無いと思うなぁ~。
疑い過ぎと言われるかもしれないけど、女王も王室存続の
為に伝統を曲げた訳だろうし、ブレアさんも就任早々
王室廃止なんて、大事に関わり合いたく無いだろうし(^_^;)

こんな美談では無く、ドロドロの思惑が交錯してたと想像します。
集団心理は、国をも滅ぼす・・・・だね。
ただ、何百年も受け継がれた王室伝統を曲げた女王には
凄い物も感じます私(^_^)v

トラバありがとうございました。
2008/02/22(金) 18:22:52 | URL | アニー #-[ 編集]
ちゃぴさん、こんばんは
私ね、何だかイギリスの王室と日本の皇室がダブルんだ(笑)
ダイアナさんは、マサコさん・・・まー、夫の愛人とか状況は
違うと思うけど・・民間人では環境になれるまでに、心が
参ってしまいそう(^_^;) 一般人で良かったは私。

え、私みたいの誰が貰うかって・・確かに(爆)

>離婚した嫁の葬式の段取りまでは、しらねぇよっていうのは、肯定します。
それは、そうね(笑) 知らないは私もΨ(`◇´)Ψ キャハハハ

マスコミって、恐いね。ダイアナさんを不道徳った叩く一方
王室に薄情だって、又叩く・・・何だよお前ら! と言いたくなる
が、それを見て、楽しむ自分も居て・・・。

トラバありがとうございました。
2008/02/22(金) 18:29:47 | URL | アニー #-[ 編集]
こんにちは!
こういう題材を映画にしたことがまず凄い。
日本じゃとても無理だね・・^^;
私もリアルだけどほとんどフィクションだと思うよ。
タブロイドネタものかと思いきや、社会派ドラマでした。
違う視点にしたことがよかったかな。
皮肉も感じられてやっぱりイギリス映画だなあと。なんとなくね(笑)

2008/02/24(日) 17:57:29 | URL | アイマック #mQop/nM.[ 編集]
アイマックさん、こんばんは
確かに!
日本の皇室では絶対タブー内容だよね(^_^;)
開かれた王室目指してるのかもイギリス王室。
廃止派も根強いみたいだし・・。

うんうん、王室の人気の為かダイアナさんの為かは
不明ですが、伝統とプライドを捨てて葬儀を出した
女王は凄い女性だと思います。

トラバありがとうございました(^_^)v
2008/02/24(日) 22:58:50 | URL | アニー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
2006年 / イギリス・フランス・イタリア / 104分 【監督】スティーヴン・フリアーズ 【キャスト】ヘレン・ミレン 、 マイケル・シーン 、 ジェイムズ・クロムウェル ...... {{{: 1997年8月31日、“英国の薔薇”ともうたわれた英国王室のダイアナ元皇太子妃が、 パ...
2008/02/22(金) 00:53:53 | *** Ordinary World ***
これも、観たかったの。ダイアナ妃って、お綺麗でしたね。背も高いし、女優かモデルのような雰囲気もありました。あの事件は、私もびっくりした記憶は新しいしアレは絶対陰謀に違いないと思った…(笑)そのもっと昔、エリザベス女王が来日した折、うちの母がTVに釘....
2008/02/22(金) 01:24:33 | 晴れたらいいね~
The Queen (2006/イギリス=フランス=イタリア)【DVD】 監督:スティーヴン・フリアーズ 出演:ヘレン・ミレン/マイケル・シーン/ジェームズ・クロムウェル/シルヴィア・シムズ/アレックス・ジェニングス/ヘレン・マックロリー 世界中が泣いたその日、たった一?...
2008/02/24(日) 17:12:22 | 小部屋日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。