大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007年06月28日 (木) | 編集 |
da1.jpg■2007/5/25日DVD発売 

■ドイツ制作 ■103分

■監督 ・グレゴール・シュニッツラー

■出演
・パウラ・カレンベルク(ハンナ)
・フランツ・ディンダ(エイマー)
・トマス・ヴアシア
・リッチー・ミュラー





■あらすじ■
ある日の授業。高校生のハンナは、光合成の質問をされ回答に窮してしまう。その時、転校生のエルマーが質問を引き継ぐことで彼女を助けてくれた。これをきっかけに、ハンナはエルマーの存在が気になるように。そして授業中にエルマーに呼び出された彼女は、人気のない教室で突然彼にキスをされる。束の間、愛を交わす2人。だがその時、校内に警報が鳴り響いた。それは近隣の原発で事故が起こったことを知らせるものだった…。

da3.jpg

da2.jpg

da23.jpg

■かんそう■
仲良くしていただいてるアイマックさん所で、紹介されてた映画で
とても興味が湧き鑑賞しました。

これは・・普通に考えると確かに若者のラブストーリーです。
が・・・現実的には、悲劇、悲恋だと思う。
17歳~18歳の少年少女には、あまりにも過酷な状況下での純愛。

ハンナ、小さな弟を1人で、守り逃げる・・重荷過ぎる。
彼だけが、頼り・・そして、逢いたい。もっと早く行動してれば
そう思う部分も有りますが、それは結果で有って・・。

彼エイマーも、リスクを背負ってハンナを支えるなんて
私には、真似出来ないかも・・人生カケテも貫くのが純愛。
しかし、命をカケルのも純愛?・・18歳の少年が!?

映像的にも、とても綺麗です。が、美しく見える雨も空も
放射能含んだ死の雨&死の空・・さすがに、現実的に見ると恐い。

彼らに、降りかかった出来事は、限りなく悲劇なんですが
唯一の救いは、2人の未来がイツまでなのか、分かりませんが
最後の時まで、お互いを支え愛し合って行く、笑顔のラストで

1事故で、人間の命&未来を全て奪い去って行く。
原発に頼る、世界への警告の意味も有ると思います。
かなり厳しい内容ですが、感情移入してしまってる自分を確認。

da22.jpg

↑エイマー役の彼、なかなかの、好青年でした(^◇^)

お気に入り度 ★★★★

★よろしかったら1クリお願いします。

人気blogランキング 人気ブログランキング ブログランキング







コメント
この記事へのコメント
わたしも借りてきました
やっと、今日みつけたの。
私も、アイマックさんとこで、興味がわいたんだぁ。
さらさらっと通して、また後からおじゃましますね。
☆4つだぁ。期待しよっと。

アニーさん、むしむしするし、気をつけてね。
うんうん、やっぱり心配だよね。
どうなんかなぁって、思ってました。
記事UPがあったんで、私は嬉しかったけど、
体に気をつけてね。
(=´∇`=) ニャン♪
2007/06/29(金) 00:37:18 | URL | ちゃぴちゃぴ #-[ 編集]
へぇー!
こんな映画があったんだ!
知らなかったですねー。
確かに題材は重そうだけど、ほんと、興味そそりますね!
私も探してみよーっと♪
2007/06/29(金) 00:55:28 | URL | chico #-[ 編集]
(〃´・ω)ノ コンバンハ♪
面白そう!
私が好きそうな映画のような気がするなぁ!
チェックしてみるぅ~!
原発事故は遠い国の話ではないからね~
私の実家から30分くらい走ったら
発電所があるのよ~度々トラブルもあるし怖い!
核の映画で印象深いのは「復活の日」
意外にも邦画!(よね?)くさかりまさお君!

2007/06/29(金) 22:20:04 | URL | ラルフ #nft/jt/c[ 編集]
ちゃぴさん、こんばんは~
私も、これ凄く見たくて・・速攻借りして来ました。

ハンナ、とことん運が無い・・初キス最中に
警告サイレン・・母親は居ない・・目に見えない
恐怖が、弟には理解出来ない。

弟君の最後は、衝撃的でした。
彼も車のキーは何処行ったんだ!(汗)
こんな事も、有るの?くらい、ツキの無い偶然の
連鎖でしたね~。
内容は、キツイけど、怖さをヒシヒシ感じて
・・人事では無いよね(-_-)

お気遣いありがとう!
チョット、家庭の事でバタバタしてて
誰だ! 家庭事情って離婚とか思うのは
ヾ(≧∇≦)ノ"キャハハ☆。
ボチボチ更新して行きますね(-^□^-)
気にかけてくれて、ありがとう!(^_^)v
2007/06/29(金) 23:19:43 | URL | アニー #-[ 編集]
chicoさん、こんばんは~
これね、私も知らなかった映画なの。
お友達の所で、紹介されてて、これは見たい!
と思って・・・。

九州も、川内&玄海・・2つの原発有るよね。
風向きでは、100キロ以上放射能が飛んで
くるんだって・・・これは恐すぎる。
ほんとに、「みえない雲」題名通りの恐怖だと

重い話なんだけど、2人には短くても幸せに
なって欲しい・・切に願うのみでした。
2007/06/29(金) 23:23:03 | URL | アニー #-[ 編集]
ラルフさん、こんばんは~
これね~、チョットキツイんだけど
ラブストーリーメインに描いて有るので
それなりに、見やすかった感じします。

事故そのもののがメインだと、見られないかも(汗)
実際の原発事故は、こんな物では無く、もっと
凄いのだと思うのですが、それではキツスギテ

この中で、小さい事故は、警告せずに隠す
・・・う~ん、確かにそうかも。小事故は、日本でも
頻繁に起こってると思うと・・恐いぞ!!

へ~「復活の日」って邦画、見た事無いです。
くさかりまさお君なんだ(-^□^-)
恐い?・・放射能映画は、現実的に考えると
細菌映画より、恐いんだ私。身近過ぎて(>_<)
2007/06/29(金) 23:29:26 | URL | アニー #-[ 編集]
こんばんは!
こちらこそ、アニーさんには仲良くしていただいて
いつもありがとね~

18歳の若者たちにとっては過酷な状況は辛すぎるし、重荷過ぎるよね・・
黒い雲は無気味でした。
弟くんの事故のシーンは、心臓が止まるほど衝撃的。。
ここでやめようと思ったけど、最後は希望がみえて救いがあった。

劇場ではすぐ終わったんだって・・。
なかなかいい映画なのにね。
フランツくん、偽キアヌでした^^

2007/06/29(金) 23:33:27 | URL | アイマック #mQop/nM.[ 編集]
アイマックさん、こんにちは~
いえいえ、こちらこそ、いつもありがとう!(-^□^-)

あの雲は、普通の雨雲と違う・・・そう思うと
さすがに、恐かったです・・逃げねば・・と自分で
思ったりして(汗)
弟君の事故は、強烈だった・・ハンナって全て
失って、失意で、雨に打たれた気する
雨が、心地よさそうに見えました。あれって自殺
行為だよね(>_<)

似てましたね~キアヌに、(笑)
線が細いけど、なかなか良かったような

トラバありがとうございました(^_^)v
2007/07/01(日) 14:29:38 | URL | アニー #-[ 編集]
No title
アニーさん こんばんは~
これは,ドイツ映画ですよね!
原発事故は,チェルノブイリを連想しますが
怖いの一言ですね,再生までの時間が
莫大だろうし世代を超えて続いていくのが
辛いですよね~ 
その中でも恋愛がメインということで
一筋縄ではないでしょうね,時代と場所は
選べませんからね!馬鹿な元大臣には,こんな
映画を見せた方がいいかもね。
2007/07/03(火) 22:34:05 | URL | hiro #-[ 編集]
hiro君、こんばんは~
この映画ね、チェルノブイリをヒントに作られてん
ですよ~(-^□^-)
殺人鬼より、見えない恐怖・・日本でも起こりうる
事なんで、さすがに恐かったよぉ。

うんうん、若い2人の恋愛・・未来は、木っ端みじん
に砕けてるんだけど、そこらか希望を見出して
行く彼らが、強いよ! 
私なら、もう絶望しか無いと思うのだけど

キュウマさんね~。長崎出身とは思えない
発言で、もう少し、言い方があったろうに
信じられない発言で・・・なんともかんとも(汗)
2007/07/04(水) 21:20:40 | URL | アニー #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/08/07(火) 01:21:03 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
DIE WOLKE(2006/ドイツ)【DVD】監督:グレゴール・シュニッツラー出演:パウラ・カレンベルク/フランツ・ディンダ/ハンス=ラウリン・バイヤーリンク/トマス・ヴラシア/カリーナ・ヴィーゼ/リッキー・ミューラーレンタル屋さんで一番下の棚においてあった映画。さ
2007/06/29(金) 23:22:14 | 小部屋日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。