大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007年05月17日 (木) | 編集 |
han1.jpg

■2007/4/21日~公開中 ■121分 

■イギリス=チェコ=フランス=イタリア制作

■監督 ・ピーター・ウェーバー

■出演
・ギャスパー・ウリエル(ハンニバル・レクター)
・コン・リー(レディ・ムラサキ)
・ドミニク・ウェスト(ポピール警視)
・リス・エヴァンズ(ブルータス)
・ケヴィン・マクキッド(コルナス)

■あらすじ■
1944年リトアニア。名門の血を引くハンニバルは、ドイツ軍の爆撃により両親を失い、幼い妹と2人、山小屋で暮らしていた。そこへ、脱走兵のグルータスらがやって来、山小屋を乗っ取り、妹を連れ去ってしまう。終戦後、ハンニバルは孤児院へ送られるが、そこはかつてのレクター家の古城で、難なく脱走に成功。長旅の末、パリの叔父を訪ねた彼を迎えてくれたのは、美しい日本女性レディ・ムラサキだった。安らぎを覚えながらも、悪夢に、ウナされ続ける、ハンニバル・・・。
han4.jpg

han12.jpg

han6.jpg

■かんそう■
期待せずに見たせいか、退屈する事も無く、普通に楽しめました。
戦争、そして、妹の悲劇無ければ。戦争シーンーは迫力有り。
彼は、優しく穏やかな人間に、成長してたのでしょうね。

頼った叔父は、亡くなり美しい叔母ムラサキの元に身を寄せる
ムラサキって名も、外国の方が聞くと変じゃ無いのかも

ただ、ノレンのように、ぶら下がった日本部屋?
日本人の感覚では無く、外国人の骨董品コレクターの世界?
それを、日本人で有るはずの、ムラサキが、やってのける所が凄い(汗)

西洋文化と日本文化の融合って、難しい・・。

少し、ハンニバルの不気味さが足りなかったのと、グロ描写に
頼り過ぎな気しますが、生まれたばかり、ここから、修羅場くぐり
大物殺人鬼になる、出発点なんで有りかなぁ。

最初は、妹の復讐を果たしていたハンニバルが、後半になると
殺人を楽しみ、カニバリズムに心酔して行く姿・・理解できるし
ある、衝撃的事実を知る事により、彼の人間人格は破壊された。

ある衝撃事実が「記憶の宮殿」なの? それとも、脱走兵の記憶
を思いだした事?・・どっちだか、分からないけど

違和感、感じる部分も有ったのですが、全体的にはライジング
らしく、ハンニバルの生い立ちが、描かれてると思うし
青年ハンニバルも、上品&無感情さ出てした、それなりに納得です。

お気に入り度 stars-3-5.gif←ギャスパー君の美貌に、0.5おまけ

よろしかったら1クリお願いします。

人気blogランキング 人気ブログランキング ブログランキング




コメント
この記事へのコメント
ぎゃすぱ~君だぁ!
観たのね~!
最初の戦争のシーンが一番好き!
あのままの雰囲気で進んでくれたら
よかったのにパリのエセ日本人で
テンション下がっちゃったよ~
シリーズ物としてはよくできてるよね!
2007/05/18(金) 00:08:49 | URL | ラルフ #nft/jt/c[ 編集]
まとめTB!
どうしてTBできなかったか判明したから
まとめてさせて頂きました!
゚.+:。(・ω・)b゚.+:。グッ
2007/05/18(金) 00:19:36 | URL | ラルフ #nft/jt/c[ 編集]
観にいかれたのですね。

僕もギャスパー君の好演のおかげで、飽きないで観れましたね。

面白いな!とは正直思わなかったんですけど、普通に観れました。別にオススメはしませんけど。

レクターの過去があまりにも人間的過ぎて、かなりがっかりしました。生まれた瞬間から殺人鬼であってほしかった。狂った精神は先天的ってゆーことにしてほしかったなぁ。悪魔そのもん。僕の脳内ではレクターは生まれもっての人食い殺人鬼とゆーことになっています。(笑)

日本文化の唐突な描写はいただけないですよね。何を余計なことしてるんだ!って思った。(笑)

やっぱ、一作目のスリル、怖さ、面白さには続編もコレも遠く及ばないんだよなぁ。

ギャスパー君の演技のおかげで辛うじて楽しめました。
2007/05/18(金) 14:36:21 | URL | shit_head #-[ 編集]
こんちぃ~!!
噂の紫婦人は、どうでしたか??
これは、レクター博士好きには、絶対観ないといけない映画・・・
多分・・・DVD、買うんだろうな・・・( ̄ー ̄;)ゞ

ゲイリーのゲイもの(ちょっと、ダジャレ)が、観たいけど・・・
レンタル屋になくって・・・買おうとしたら、売り切れ・・・
フー ( ̄‥ ̄) = =3 困った!!
2007/05/18(金) 14:48:28 | URL | MIAUN #-[ 編集]
遅くなりやした
ギャスパーくぅん♪
と、わめいてるちゃぴです(笑)
コメが出遅れた!素早く読んでたのになっ。

わたくしは、Storyはどうでもよくなっていましたねぇ。
(^3^)-☆
きれいな男に「血」ですよ~。それだけで、そそってました。くふ

この前、久しぶりに「羊」をちょろっと観て、これは違う話としか思えんと思いました。
妄想ニッポンは、ヨソの国としか…。この点は、私も好きじゃないです。
人格の崩壊をもっと描いて欲しかったとは思う。
でも、映像は美しい…
だからぁ、ギャスパーく~ん♪としか言えないわよな。
ε=(/*~▽)/
2007/05/18(金) 18:28:22 | URL | ちゃぴちゃぴ #-[ 編集]
ラルフさん、こんばんは~
あはは、パリの日本人で、テンション下がっちゃったんですね(笑)

確かに、変テコですよね・・しかし、原作者が
そう本に書いてしまったのでしょう(爆)
しょうがないなぁ~。

せめて、日本文化の描き方くらいは、下調べ
してから、描いて欲しかったよね。
あれって、外人さんから見たら、普通なんでしょうか?

あれは、日本人には、あまりにも適当で受けない
に決まってるし。

そうですね、普通って感想が1番、当てはまる
かも・・・・。

あ!。一気トラバありがとうございました(∩.∩)
うちの方に、原因が有ったのかな~?
2007/05/18(金) 23:15:51 | URL | アニー #-[ 編集]
shit君、こんばんは~
うんうん、確かに面白い・・・とは思えなかったですね私も(笑)

でも私は、逆に人間らしい過去が有ると言うのが
分かって、今の凶悪さが、引き立ったように
感じました。

羊達の沈黙は、又違う次元だよね(o^^o)
やはり、あれと比べると、何?クラス
だし、レクターも、アンソニーおじさんと比べるの
酷ってもんだよね。
その分、生首画像に頼ってた感じする~。

オジサンは、立ってるだけで、狂気だもん
ヾ(≧∇≦)ノ"キャハハ☆
2007/05/18(金) 23:22:16 | URL | アニー #-[ 編集]
こんばんは!
風邪ひきまして・・うぅ
だいぶ出遅れてしまいました^^ゞ

釘付けにはなる映像ではあるね。
日本テイストは、われら日本人から見ると、やっぱ痛いっ。

「記憶の宮殿」は、ハンニバルの家庭教師が「頭の中には記憶をためておくことができるんだよ」と言って彼に教えるの。(脳のどこか・・・)
優秀なハンニバルはそれ以来、昔のことでも記憶をたどることによって思い出せるようになった。でもミーシャの件だけはあまりに恐ろしい出来事で、忘れてしまった。

人喰いは後天的なものではないと思いたいなあ。
内容はともかくギャスパーくん、好演してましたね!
2007/05/18(金) 23:24:07 | URL | アイマック #mQop/nM.[ 編集]
みいぁちゃん、こんばんは~
ムラサキ、綺麗だったけど、良く分かんない(汗)

別に愛を描くのなら、日本人でもフランス人でも
何でも良かったような(笑)
東洋系の、神秘的な感じはしたけど・・・ムフ

アンソニーオジサンのレクターを想像してはダメよ
不気味さ、存在感は、薄いからね。
しょうがないよね、大御所に若い俳優さんが
いきなり、近づけるはずも無いし( ̄ー+ ̄)ニッ!

ゲイリーのゲイものって何だっけ?
2007/05/18(金) 23:27:27 | URL | アニー #-[ 編集]
ちゃぴさん、こんばんは~
お疲れモード、回復したですか?
私も、この二日ほど、仕事が忙しくて、記事アップしたままで、トラバもせずゴメンなさい<(_"_)>ペコッ

私、ラスト間際のムラサキとの決別の場面
あそこで、彼は、完全に、人間で無く、モンスターハンニバルになったな・・・と感じましたね。
まー、あれで良しと言う事で(汗)

生首多かったね~。ホラー映画になってたし
あまり、グロに頼らないシリーズですが
今回は、ギャスパー君・・まだまだ、生まれたて
頼っても、しかたないね

この後シリーズは、どう進むのですかね~?

良いんでないの、ギャスパー君の映画
それだけ、惚れてもらえれば、主役名利に尽きる
ってもんだ(∩.∩)

トラバありがとうございました。
2007/05/18(金) 23:35:45 | URL | アニー #-[ 編集]
アイマックさん、こんばんは~
風邪大丈夫ですか?

いやいや、コメントなんて良いのです。
先に風邪、シッカリ治してくださいね。

あの日本シーンーは、やはりどう、ひいき目で
見ても変ですよねヾ(≧∇≦)ノ"キャハハ☆

なるほど、妹の事だけは、ショック過ぎて
記憶から飛んでしまってたんですね。
チラシには、「記憶の宮殿」が開いた時・・・って
書いてあったけど、映画中では、全然触れて
なかったし・・・・やはり、原作本読んでないと
分かりませんねぇ。
でも、逆に本読んだ方達には、あまりにも適当
で、嫌になったかも・・分かる気がします。

生まれつきの、カニバリズム崇拝者だったのですかね?・・・それとも殺人好きだったって事?

トラバありがとうございました(∩.∩)
お大事に・・。キツイ時に、コメントありがとう!
2007/05/18(金) 23:54:28 | URL | アニー #-[ 編集]
期待度ゼロ・・・。
アニーさんおはようです。

日本をフューチャーしてくれるのはうれしいけど、
大作だけにもっと下調べをして貰いたいもんですね。
ムラサキって…。

アニーさんのレヴュー&みなさんのコメを観るに、
あまり期待できそうにないですね。
でも、今の状態で観るとベストって感じですかね(笑

この映画は観るつもりなのでまた来ますね^^
2007/05/19(土) 10:04:24 | URL | 斉藤 #-[ 編集]
ゲイリーのゲイもの・・・
こんちわぁ~(*`▽´*)

ゲイリーのゲイもの・・・
そりは・・・・「ブリック・アップ」でっす。
こっちでは、公開されてないのかな??
観たいの~!!ないの~!!
探し中!!フー ( ̄‥ ̄) = =3
2007/05/19(土) 14:36:00 | URL | MIAUN #-[ 編集]
斉藤って・・・。
アニーさんこんばんわ^^

斉藤って間違えました(笑
別ブログのおれです。ごめんなさい。

失礼しました~。
2007/05/19(土) 21:33:31 | URL | ネコとゴリラ #-[ 編集]
みいぁちゃん、こんばんは~
「ブリック・アップ」って題名なんですね。

うぅぅ~、題名する初物です。
ゲイ物は大好きですが、爽やか感動系なんですかね~。

日本では、公開されなかった・・・未公開でも
DVD有ったりしますが、それも無いのかしら
私も、探してみますね(^_^)v
2007/05/19(土) 22:15:33 | URL | アニー #-[ 編集]
ネコ君、こんばんは~
私さ、斉藤さんのコメント、昼間に読んでたの。
多分、知ってる方なんだろうけど、どうしても
思い出せなくて、何て返事しょう?・・悩んでた
ヾ(≧∇≦)ノ"キャハハ☆

初めまして・・では失礼だし。
以前お話しまたか?・・・も失礼だし。
もう、ネコ君ったら( ̄m ̄〃)
いえいえ、コメントありがとうね。
斉藤君の別ブログとは・・・知りたい(笑)

この映画は、普通でしたよ。
面白いとは思えませんが・・・・まあ、それなり
に・・と言う事で( ̄ー+ ̄)ニッ!
2007/05/19(土) 22:19:52 | URL | アニー #-[ 編集]
No title
アニーさん こんばんは~
アニーさんも劇場で観たのですね。
僕は,あくまでDVDです(笑)
やはりグロ描写不足でしょう。
肉屋を斬るシーンなんかも,腕とか足を落とすのかと思ってましたよ。なんて不謹慎な
( ̄ー+ ̄)キラリ
ギャスパー・ウリエルは演技もできる人ですよね
2007/09/08(土) 22:04:54 | URL | hiro #-[ 編集]
hiro君、こんばんは~
ほぉーい、知らずのうちに、見に行って
ましたぁ~(^o^)

首切りは多かったんだけど、やはり今一歩
でした・・・私の場合はグロ不足と言うより
不気味不足な気が

しょーが無いよね、アンソニー御大のオーラ
にギャスパー青年では・・しかし、青年期の
レクターの雰囲気はシッカリ感じだよ

これからだよ、これからヒヒヒ・・・( ̄∀ ̄)
トラバありがとうございました。
2007/09/09(日) 21:19:12 | URL | アニー #-[ 編集]
hiro君へ
すまん、hiro君のブログ、コメもトラバも
出来ないぞぉ~。テンプレの不具合か?
が・・・他の方の、コメ&トラバ入ってるし

何でジャ! もう、hiro君とこも、ちゃぴさん
所も変・・もしかして、ワテのパソのせい?
あれれ~、もう分からんだす (_"_;)。。。シュン
2007/09/09(日) 22:00:12 | URL | アニー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
2007年4月21日公開 アメリカ/イギリス/フランス 121分【監督】ピーター・ウェーバー【原作・脚本】トマス・ハリス 【キャスト】ギャスパー・ウリエル 、 コン・リー 、 リス・エヴァンズ 、 ケヴィン・マクキッド他{{{:1944年リトアニア。名門家の血を引くハンニバル・
2007/05/18(金) 00:10:27 | ☆☆Ordinary World☆☆
ハンニバル・ライジング監督:ピーター・ウェーバー脚本・原作:トマス・ハリス撮影:ベン・デイビス衣装:アンナ・シェパード音楽:アイラン・エシュケリ / 梅林茂キャストギャスパー・ウリエルコン・リーリス・エヴァ...
2007/05/18(金) 20:09:59 | 晴れたらいいね~
Hannnibal Rising(2007/イギリス=チェコ=フランス=イタリア)【劇場公開】監督 : ピーター・ウェーバー出演 : ギャスパー・ウリエル/コン・リー/リス・エヴァンズ/ケビン・マクキッド/ドミニク・ウェスト/リチャード・ブレイク 「羊たちの沈黙」「ハンニバル」「レ
2007/05/18(金) 23:04:39 | 小部屋日記
繝上Φ繝九ヰ繝ォ繝サ繝ゥ繧、繧ク繝ウ繧ーReview 繝上Φ繝九ヰ繝ォ繧キ繝ェ繝シ繧コ縺ョ隨ャ蝗帛シセ縺ァ縺吶?縲よ怙霑代?檎カ夂キィ縺悟、壹>縺ァ縺吶′蜑堺ス懊r雜?∴繧峨l縺ェ縺??縺後⊇縺ィ繧薙←縺ァ縲舌ワ繝ウ繝九ヰ繝ォ繝サ繝ゥ繧、繧ク繝ウ繧ー縲代b縲
2007/09/08(土) 22:06:08 | ジョニーからの伝言
ハンニバル曖昧さ回避?映画『ハンニバル』と古代の武将ハンニバルの記事が完全に混ざった状態のようですので、ここを曖昧さ回避のページにして、それぞれの記事の内容をハンニバル・バルカとハンニバル (映画)に振り分けるように変更しませんか? 2004年8月1日 (日) 09:2...
2008/01/05(土) 12:46:15 | かんなのblog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。