大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007年05月16日 (水) | 編集 |
asu1.jpg■007/4/25日DVD発売 
■イタリア=イギリス制作 ■110分
■監督
・エルマンノ・オルミ
・アッパス・キアロスタミ
・ケン・ローチ
■出演
・カルロ・デッレ・ピアーネ(教授)
・ヴァレリア・ブルーニ=テデスキ(秘書)
・シルヴァーナ・ドウ・サンティス(傲慢な未亡人)
・フィリッポ・トロジャー(フィリッポ)
・マーティン・コムストン(ジェムジー)
・ウィリアム・ルアン(フランク)

■あらすじ■
インスブルック駅。一人の老教授がローマ行きの列車に乗り込む。満席で食堂車のイスに座る彼は、現地で便宜を図ってくれた女性秘書に想いを馳せる。彼女へのメールを書きかけた彼の前に、将校が座った。通路には席が取れなかったアルバニア移民の家族がいた。将校がその赤ん坊のミルクを蹴散らかした後、教授はある行動をとる…。翌朝、イタリアの駅で太った中年女性が若い青年を連れて列車に乗り込んでくる。傲慢な女性の態度に、青年は嫌気がさしてくる…。一方、列車にはスコットランドからローマへサッカーの試合を見にやってきた3人の青年がいた

asu2.jpg

asu3.jpg

asu6.jpg

■かんそう■
ローマ行き列車、偶然乗り合わせた人々。3つの話が交差し進む物語

何不自由無い暮らしの老教授が、忘れていた初恋を思い出し
本心を告白した事で、他人への優しい心を取り戻して行く。

難民の子供に、ミルクをあげる場面で、食堂車乗客全員が
教授の、行動を見てる場面、滑稽で笑えます。
が、「恥じをかくのが嫌だから本心を隠す」の台詞を考えると
全員の心が見ている・・・そう考えると、違和感無いですね。

教授は、ここで既に明日へのチケットを、ゲットしたと思います。

未亡人&青年の話は、とにかく未亡人の横暴な態度に腹が立つ
女も、あそこまで行ったら、もう終わりかなぁ( ̄m ̄〃)
奴隷のような生活に、疲れ・・離れて行く、青年。

未亡人も、青年に見捨てられた事で、1人新たな人生へと

そして、サッカー青年3人&難民家族の話へと・・これが1番笑える。
3人が、オバカなんだけど、男気の有る良い奴ばっかりで。
キップを難民の少年に盗まれ、家族の辛い境遇話を信じ
自分は無銭乗車と言われても、家族に、キップあげちゃう。

この映画、ラストに「明日へのチケット」の意味分かります。
ローマ駅に下車した時、それぞれに、一生忘れられない思い出が残り
昨日とは違う、明日へのチケットが、心のポケットに入ってる

地味~な内容ですが、ヨーロッパ映画らしい、味わい深い話で
最後は、嬉しくて目頭が熱くなったりしちゃうだ・・これが(*^_^*)
穏やかで、素敵な映画でした。

お気に入り度 stars-4-0.gif

よろしかったら1クリお願いします。

人気blogランキング 人気ブログランキング ブログランキング




コメント
この記事へのコメント
話が交錯するってトコがいいですね。

こりゃ面白そうだわ。

チェックしとこ。
2007/05/16(水) 13:21:04 | URL | shit_head #-[ 編集]
これさぁ、いつもないのん。
やっぱし、イイ映画っぽいからかな?

また、観ます~

ふふ、フツーだった映画の感想待ってます。
PVだからね!あれは…
o((*^▽^*))o ゲラゲラゲラ
2007/05/16(水) 22:26:38 | URL | ちゃぴちゃぴ #-[ 編集]
(〃´・ω)ノ コンバンハ♪
これは私好きかもぉ~v-254
サッカー少年だし!あ、違った、青年だし!
3人の監督が同時にメガフォン取ったの~?
ケン・ローチが苦手だったりするけど
アッパス・キアロスタミは興味あるから
ラテンアメリカ祭り(?)が終わったら借りてみよ~っと!



2007/05/17(木) 00:08:19 | URL | ラルフ #nft/jt/c[ 編集]
shit君、こんばんは~
この映画、アメリカでは無理だね。
ヨーロッパの香りがする作りで、味わいのある
映画でした。

ただ、とにかく地味(笑)
途中まで、何の映画? みたいな
でも、ラストで、3監督の別話が、まとめられて
良い、雰囲気でしたよ(∩.∩)
2007/05/17(木) 00:40:49 | URL | アニー #-[ 編集]
ちゃぴさん、こんばんは~
これね~、以前スマステで取り上げられてて
ずーと見たかった映画なんです。

繋がってるようで、繋がってなかったりするん
だけど、同じ列車乗客に起こった奇跡みたいな
もう、全然派手さは無いんだけど、なかなか
良い雰囲気で、ラストは嬉しくなる映画ですよ。
(∩.∩)

うんうん、普通の感想ね・・近いうちに
アップするね(^_^)v
2007/05/17(木) 00:50:12 | URL | アニー #-[ 編集]
ラルフさん、こんばんは~
3監督の合同みたいですよ。別々の話なんだけど
ラストは、同じ映画みたいになってて違和感が
無かったのですが・・。

これね、3番目の話は、難民の少年はマンチェスターのユニホーム着てて、3青年はセルティク
ファンらしい・・あんまり詳しくなので多分。

無銭乗車助けたのも、セルティクファン
このスタッフさん、サッカー好きなのかもしれないね(∩.∩)
2007/05/17(木) 00:53:47 | URL | アニー #-[ 編集]
アニーの姐貴、ご無沙汰していました!
ようやく会社設立しました!v-66
そしてサイト公開、ヤフーカテゴリサイトへの登録と順風満帆でござるv-56

それにしても、珍しくヨーロピアンですねv-62
これは面白そうだなぁv-9

8月末までは、椎茸生産のバイトがあるんで、9月から少し余裕ができますv-96

それから映画も観るぞ~!!v-52
2007/05/17(木) 01:49:45 | URL | 大蛇山 #-[ 編集]
芋の後かよ・・・
フー ( ̄‥ ̄) = =3 

思わず・・・関係ないけど・・・
「聞かぬは一生の恥、聞くは、一瞬の恥。」
を 思い出した。。。

恥は、かきたくないけど、知らない。解らない。は、
正直に言いたいなぁ~!!

オムニバスっぽいのかな??
違う??(*`▽´*) ウケケケッ

2007/05/17(木) 12:32:35 | URL | MIAUN #-[ 編集]
ズルイなぁ~
アニーさん、こんばんは。
最近、自分が観たい映画ばかり、
しかも立て続けに観てる人。
いいなぁ~、ずるいなぁ~。
ケン・ローチ続きましたね。
自分も一本だけ観たことありますが、
一風変わったラブストーリーでよかったですよ。
2007/05/17(木) 23:52:21 | URL | kowa.shu #-[ 編集]
大ちゃん、こんばんは~
おぉぉ~、ヤフーカテゴリーに登録されたんですか!

それは、凄い・・審査が有るので、なかなか難しいですよねあそこ。
でも、登録されてるアクセス数が段違いに多く
なるので、本当に順風満帆ですね(-^□^-)
これからも、頑張ってね・・・私も、伺いますね。

そう、椎茸生産のバイトしてんだ。
本業とバイトで、超多忙そうだけど、体に気つけて
頑張ってくださいね(^_^)v
2007/05/18(金) 00:07:06 | URL | アニー #-[ 編集]
みいぁちゃん、こんばんは~
うんうん、私も、そう思う。
知らない事は、聞いた方が早いって(笑)

その方が、得よね。

この映画、オムニバスのような、繋がってる部分も
有ったり、ラストは繋がってるような
良い味出してる映画ですよ~。

大蛇芋君も、頑張ってるみたいだし(= ̄∇ ̄=)
2007/05/18(金) 00:09:40 | URL | アニー #-[ 編集]
kowa.shuさん、こんばんは~
私も、麦の穂と、明日への・・は、どうしても見た
かった映画でして(= ̄∇ ̄=)

エルマンノ・オルミ&ケン・ローチ監督の1枚目の
チケットと3枚目のチケットが、良かったですね~。
ちょっと、2枚目のチケットは、意味が分からなかったのですがヾ(≧∇≦)ノ"キャハハ☆

私、最近ヨーロッパ映画の味わい深さが、少し
分かって来た気がします。苦手だったのに
進歩してるのかも・・嬉しい~。
そのラブストーリーとは何ですか?
2007/05/18(金) 00:13:59 | URL | アニー #-[ 編集]
これもレンタル屋になかったよー。しくしく
監督、いい顔ぶれですね。

もうこのタイトルで、すてきな映画だと思わせてくれますね!
たまにヨーロッパの繊細なもの観たくなるよ。
大味なハリウッドものも好きですけどね^^
2007/05/18(金) 23:29:20 | URL | アイマック #-[ 編集]
アニーさん、こんばんは。
『やさしくキスをして』という映画です。
これでラブストーリーまで、
苦手克服するともうなんでもありですね。
自分はまだホラー系が苦手で…。
レンタルしようと思いながら、つい後回しで…。
2007/05/19(土) 17:28:56 | URL | kowa.shu #-[ 編集]
アイマックさん、こんばんは~
これ、チョット素敵でしたよ~。

ですよね~、うちも1本しか入荷してませんでしたし・・・地味な映画は、なかなか入れないよね。

私も、ハリウッド映画大好き!
でも、たまーに、ヨーロッパ映画見ると
心が洗われるような新鮮な感じ受けて
ユッタリして、心地良いモノを感じますよね(∩.∩)
2007/05/19(土) 22:08:58 | URL | アニー #-[ 編集]
kowa.shuさん、こんばんは~
「やさしいキスをして」 何と素敵な題名ですか!

あれ、これってドリカムの歌にも有った気する(∩.∩)

乙女心を?? そそる題名で、良い雰囲気ですね。
おっし、今度、覚悟を決めて、見てみます。
ラブストーリー克服なるか!? (^◇^)
2007/05/19(土) 22:11:53 | URL | アニー #-[ 編集]
トラバ、まいど、先に邪魔してます
これも、やっと観られました!
地味なストーリーだけど、よかったわぁ。
アニーさん、すごくイイ感想だわぁ~。
そうそう、って頷いちゃったよ。
ラストが、本当に爽やかでよかったです。
二枚目のチケットのオバハンの話は、
青年の昔いた場所が土地勘なくて、わかんないんだけど
関係あるのかな?
1と3が、ほわ~とよかっただけに、なんかよくわかんなかった。
2008/04/01(火) 00:41:12 | URL | ちゃぴちゃぴ #-[ 編集]
ちゃぴさん、こんばんは
ヨーロッパ映画!・・・って感じでした。

私も、オバサン&青年の話は、正直意味理解しきれなかったは(笑)
2人共、それぞれの道を進む・・・そんな適当な感想しか書けなかった
でもイイは、それで( ̄ー+ ̄)ニッ!

>青年の昔いた場所が土地勘なくて、わかんないんだけど
関係あるのかな?
ごめん、もう忘れてしまった(爆)許されよ

ユッタリ素敵な人間達そんな映画で、やわらかい印象でした。

トラバありがとうございました。
2008/04/01(火) 21:24:23 | URL | アニー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
==== 明日へのチケット ====[[attached(1,left)]]            ==== ★★★★★ ====‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥2005年 / イタリア・イギリス / 110分【監督】エルマンノ・オルミ 、アッバス・
2007/07/15(日) 00:56:38 | ☆☆Ordinary World☆☆
観よう観ようと思いながら…ふっと気がつくと、おなじみのレンタルショップにこのDVDないのよ!そうなると、余計観たくなるもんですね。こんなときに便利なオンラインレンタルざんす。(最近はTSUTAYAのDISCASしかやってません・ぽすれんのリンクしてるわりに使ってなくて...
2008/04/01(火) 00:11:26 | 晴れたらいいね~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。