大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007年04月13日 (金) | 編集 |
zulo3.jpg■2007/4/6日DVD発売 

■スペイン制作 ■78分

■監督 ・カルロス・マルティン・フェレーラ

■出演
・ジャウマ・ガルシア・アリージャ (ミゲル)





■あらすじ■
目覚めると井戸の底で横たわっていたミゲル。目出し帽で顔を隠した2人の男に監禁された彼は、ロウソクとマッチ、わずかな食料などを与えられながら次第に精神を蝕まれていく。

zulo1.jpg

zulo5.jpgZulo.jpg

■かんそう■
1人キューブのようなストーリーですが・・・・。

目覚めると穴の中・・・排泄物用のバケツがポツンと・・・。
孤独なミゲルですが、犯人とのワズカな会話&交流が有る為
最初のうちは、かろうじて精神を正常に保ってます。

ですが、日に日に、精神&肉体が弱って行く姿・・危機迫るモノが
行動範囲限られた空間&台詞が少ない為、ミゲルの演技力勝負。

体には、皮膚病・・排泄物バケツは、あふれ・・発酵して泡が(-_-)
想像しただけで、嫌悪感を感じ・・見てる側が息苦しくなります。

ミゲルの精神が限界に来た瞬間、「生きる」と言う希望から
「死にたい」と言う絶望へ変化して行く・・死を選択する事が
唯一残された、精神維持の手段だったんですね~。

ラストでは、光り輝く屋外で目覚め、理由&目的などは
描かれず、ただただ、精神を追い詰めると人間は?・・に徹した作り。

面白い映画では無いのですが、期待せずに、見たワリには
ミゲルの壊れっぷりに、目が離せず、見入ってしまう映画でした。

★★★

よろしかったら1クリお願いします

人気blogランキング 人気ブログランキング ブログランキング




コメント
この記事へのコメント
穴ね…
あ~これ、今日迷ってやめたやつだぁ。
(-^〇^-) ハハハハ
旧作になってからにしよっ~とって思ったわけなん。
一人CUBEなんだ。

これは、HOLEだけど、穴っていう題名の映画3本くらいあるね~。私は、「マルコビッチの穴」が好きだけど。
穴って、深いモノがあるんでしょうな
("⌒∇⌒") キャハハ


2007/04/13(金) 00:27:51 | URL | ちゃぴちゃぴ #-[ 編集]
こんばんは!
アニーさんはチャレンジャーだなあ。
閉所恐怖症の私はとても観られないよ。やだやだ^^;

ひとりで、こんな狭い井戸の中で死んでいく恐怖って・・・
最後はどうでもよくなるよな。
生命力との戦いでもあるね。。


2007/04/13(金) 00:34:30 | URL | アイマック #mQop/nM.[ 編集]
ちゃぴさん、こんばんは~
ジャケの歌い文句「キューブを超える感覚」に
ハズレ覚悟で、レンタルしました~。

さすがに、名作「キューブ」には敵わないな(笑)
立方体では無いので、動き回れるスペースが
狭い・・・だから、展開らしきモノが見あたらないの

ただ、実験されてるモルモットのような
ミゲルの、壊れて行く姿が、迫って来て
別の意味、圧迫感ありました(∩.∩)
2007/04/13(金) 01:08:02 | URL | アニー #-[ 編集]
アイマックさん、こんばんは~
こんな穴に、意味無く、閉じこめられたら、私は
直ぐに発狂するはず・・耐えられない(汗)

そうなんですよ~。最後の選択は「死にたい」が
選択なんですよ・・・何だか、理解できてしまって
精神的に追いつめられるって、恐すぎる。

実際、どうなるんだろう?・・そんな想像してたら
知らないうちに、見入ってました(^_^;)
2007/04/13(金) 01:10:51 | URL | アニー #-[ 編集]
(*`▽´*) ウケケケッ
あたしも「マルコビッチの穴」好き~!!
マルコビッチ・・・頭の形いいですよんね。

ほんとにここの映画・・・どこから探してくるのやら??
おもしろいっ!!(≧ω≦)b

ねぇさんたちのとこでも、リストアップしてたら
増えるばかりなので、困ってます・・・
早く、観ろ!!と、いう事でしょうねぇ・・・
2007/04/13(金) 06:41:06 | URL | MIAUN #-[ 編集]
むふふ~~ん@@@
「一人CUBE」か。。。ソソられるな~@@@
半額になったら行ってみようかいな~♪

でも「バケツいっぱいの汚物」はノーサンキューで〓■● バタッ
2007/04/13(金) 12:45:33 | URL | fuu #SpdmJqu.[ 編集]
(*^▽^)ノ コンバンワ♪
一人キューブ!?爆笑~!
キューブは面白かったよね?

これはスペイン映画っていう所が
そそられるけど、スペイン映画でこの手のやつは
怖いような気もする…。
場面が変わらない映画は観る側の精神力も必要だよね~!
2007/04/13(金) 22:19:10 | URL | ラルフ #nft/jt/c[ 編集]
みいぁちゃん、こんばんは~
これね~、奇妙な映画だったよ~(笑)

マルコピッチさんは、濃いけど、存在感有るよね~
そかぁ~、頭の形まで、チェック入れてるんだ
さすがに、みいぁちゃんは、マルコピッチファン
だね~(o^^o)ふふっ♪

あたし、顔しか分からないや(= ̄∇ ̄=)にぃ~!
2007/04/13(金) 23:31:19 | URL | アニー #-[ 編集]
fuuさん、こんばんは~
キューブって、そこそこお金かかってるんだと

この映画は、ただの穴・・おまけに舞台は、穴以外に無いので、お金かかって無いんだろうな~。

ほんとに、俳優さんの力量勝負だった気します。
目とか、もう何処かに、行っちゃってるのよ。

ある意味、恐いかもしれません(∩.∩)
2007/04/13(金) 23:33:52 | URL | アニー #-[ 編集]
ラルフさん、こんばんは~
うんうん、1人キューブのような・・違うような(汗)

>キューブは面白かったよね?
この?マーク、やめてぇ~ヾ(≧∇≦)ノ"キャハハ☆

キューブは、私の感性では名作中の名作なんだから⊂((〃 ̄ー ̄〃))⊃ ふふふ

>場面が変わらない映画は観る側の精神力も必要だよね~!
これも、確かにそうですね~! 
出来事と言う、展開が無いので、一歩間違うと
駄作になる可能性が
この映画は、俳優さんが上手かったのか、知らず
のうちに、見入りますよ(^_^)v
2007/04/13(金) 23:37:36 | URL | アニー #-[ 編集]
アニーさん こんばんは~!
これは,擬似ソウ系では,なくて一人キューブ
ですか~ キューブは,最初のが傑作でしたね!
2は,乗り切れませんでした~(;´▽`A``
0は,観てないです。。。

スペインでも最近この手の作品多いですね
ワールドワイドでシチュエーションスリラーが
流行ってるようで,低予算で作りやすいからかも知れないですね~
2007/04/14(土) 22:14:46 | URL | hiro #-[ 編集]
hiro君、こんばんは~
そだね~、別に危害を加えられる訳では無いのよ。ソウと言うより、キューブに似てる。

1人で、穴から抜け出そうと、もがく。
やっぱり、キューブ系だな(∩.∩)

はい! キューブ初代は、傑作でした!
私も、大のお気に入りなんですよね。
あんな、凄い映画は、あんまりお目にかかれません。

続編は、私的には、ほどほどで
初代で、キューブは完結した・・と、持論を展開
してる私ですΨ(`◇´)Ψ キャハハハ

私も、もう一本、見たいのが、有るのですが
あれはグロ入ってる見たい。
イツ、レンタル開始か、覚えてないし(汗)
2007/04/15(日) 00:12:23 | URL | アニー #-[ 編集]
こんばんわ
なんだこれ~糞映画だった。
ただ閉じ込められているだけで、なんの展開もなく、最後にはなんの謎も明かされず終了^^;
せめて理由くらいしりたかった・・・
てか最後あれは穴から出たのではなく、死んでしまったのでは??
2007/06/24(日) 19:44:37 | URL | スモーク #-[ 編集]
スモークさん、こんばんは~(∩.∩)
初めましてぇ~・・・だよね? (*^_^*)

そうそう、ウ○コ満載でしたよね!(笑)
これ、主人公ミゲルが誰なのか・・も描かれて
無かったような・・ただ、ただ穴の中で人間は?
って感じでしたよね。

えぇぇぇ~、そうなの!? あの光の中の風景は
死後の世界なの?・・・うは、私、そこまでの
発想力が無かった・・助かって良かった
くらいしか思ってなかったです。

なるほど、そう言われてみれば、そうかも
しれないなぁ~。

又、遊びに寄ってね。コメントありがとう(-^□^-)
2007/06/25(月) 01:15:23 | URL | アニー #-[ 編集]
私は全然違う見方をしましたよ♪
ん、んー;;
私は、他の大勢の皆さんとは、なぜか全く違う見方をしましたので、もしや面白い意見になるやもしれないのでコメントさせていただきますぅ。
 まずっ!これは、誘拐とかホラーとか、サスペンスとかとは、全く関係のなく、もっと平凡な人生に対する哲学的な事を描きたかったものだと思います!!
 私の見方では、この映画のテーマは「社会の中で生きている人間が、国家や企業、家族などとの関係の中で、様々な責任を負い、ストレスを受けながらもつつましやかに、平和に暮らしていたものが、ある日突然に、自分の人生や責務に対して疑問を感じ始め、なぜ自分はこんな目にあわなければいけないのか?ただ生きるためだけに働き、家族にも会えず、ただ寝て食って出すのを繰り返しているだけの人生に何の意味があるのか?と人生に絶望し始めながらも、なかなかそこから抜け出せない。そして、ついにふんぎりがついて、全ての責任を投げ出して、自由にはなったが、そのことが完全に社会から孤立する結果を生み、その重大な結果に気づいても、もう後戻りは出来ない…」
 …という、ことだと思いました(^_^);;
 まぁ、会社で働いていて、残業が多くて家族の顔もろくに見れない事が多いお父さんが、我慢し続ける限り、ささやかな幸せを維持できる、逆に、ケツをまくると全てを失うと言うようなことを、寓意的に描いているのだと思いますねぇ。
 だから、最初と最後のモノローグで、これは誰にでも起こりうるとしつこく言ってるのではないでしょうか。 最後の抜け出したシーンは、逆に、自由の価値を否定していましたね?だからあの場面は、食料も水もない荒野でなくてはならないし(むしろ砂漠のほうが解りやすい)、もう戻る穴は無いというモノローグに意味が出るのでしょう。つまり、ホームレスみたいになって死んでしまうんだろーみたいな事ですよね、きっと。 最悪、穴におとなしくとどまっているかぎり、最低限の生活が保障されていたのに…という事ですね♪ 目だし帽のリーダー格はおそらく、搾取する経営者のようなものの象徴、下っ端の目だし帽は、他人の人生に対して浅慮な助言や後押しを与える、困った友人の象徴でしょうかねぇ??
 家は夫婦で見ましたが、夫婦共に同じ受け止め方をしましたよぉ。 いろんな人のコメントを読んでから、覚悟して、つまらないサスペンスのつもりで見たのですが、以外に楽しめてしまいました。
2007/09/16(日) 03:55:15 | URL | とんがらし #-[ 編集]
とんがらしさん、こんにちは~
初めまして~。ご訪問&コメントありがとうございます!(∩.∩)

とんがらしさんは、この映画の皮では無く
身の部分をシッカリと見られてたのですね。

多分私は、その制約され、日々同じ行動パターン
を繰り返してる、自分にすら気づいて無いのかも
しれません・・だから、芯の部分には、何も気づかなかったのかも・・・・。

それと、映画に対して、どうしても、どのジャンル
と言う分け方をしてしまいます。
サラッと、皮だけの匂い、味を感じ取ってしまって
中身は、違う味だと言う事に気づかない。

とんがらしさんの言われる通りかも
この映画は、ただただ穴では無くて
監督さん達の、全社会への風刺映画なのかも
しれませんね。

しかし、ご夫婦揃って、深い部分を読み取られる
とは恐るべし(^o^)

また、是非遊びによってくださいね(-^□^-)
ありがとう!
2007/09/16(日) 14:30:05 | URL | アニー #-[ 編集]
No title
こんばんわ。初めまして。
今、「HOLE」を見終わってなかなか納得いかないものがあったのでサイトを回ることにし、ココを見つけました!

多くのブログさんはやっぱり糞映画だと言ってましたね(^^;)
自分もそう思ったのですが、最後のミゲルの言葉を何回も見てどうゆう映画だったのか考えました。

が、難しいですね;;
妄想だった夢だった、精神的にくると誰もがそうなるくらいしか思わなかったです;

とんがらしさんのこの映画で感じたことでかなり納得できました!
アニーさんのサラっと~って文もとても気に入りました!
なんかかっこいいです!!

ここのブログを見つけてよかったです。
これで眠れます^^

では、また機会があれば遊びにきます☆
2007/09/28(金) 02:17:30 | URL | のの #-[ 編集]
ののさん、こんばんは~(^_^)v
ご訪問ありがとう!! 嬉しいです(-^□^-)

この映画、解釈が難しですよね~。
私も表面しか見てないので、とんがらしさんの
解釈には、うなりました。

「死んでいる」と言う、スモークさんのご意見にも
そうだったのかもしれない・・・と思ったり。

なるべく、客観的に見るよう努力してるのですが
その為に、逆に深い部分まで、入り込めて無い
かもしれません私。

映画って、見る人の状態によって、全然取り方
が変わって・・それが、魅力の1つでもありますよね(-^□^-)

ホールは、大した展開も無いのに、未だに
内容を記憶してます。それって凄い事で
まったく記憶してない映画も多々有る中で
内容のシッカリした貴重な作品だったのかも
しれないと今は思います。

ミゲルさん、凄い演技力だと思いませんか?
あそこまで、危機迫る顔・・誰でも出来るモン
じゃないよね~。

是非、又遊びに寄ってくださいね。
待ってます・・・・ありがとう!(∩.∩)
今日は、熟睡してね(笑)
2007/09/28(金) 23:40:37 | URL | アニー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。