大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
  • 01«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • »03
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007年03月19日 (月) | 編集 |
sinu2.jpg

■2004/4/24日DVD発売 ■スペイン/カナダ制作 ■106分

■監督 ・イザベル・コヘット

■出演
・サラ・ポーリー(アン)
・スコット・スピードマン(夫ドン)
・デポラ・ハリー(アンの母)
・マーク・ラファロ(リー)

■あらすじ■
23歳のアンは、失業中の夫、ドンと、2人の娘とトレーラー暮らし。彼女の毎日は、清掃の仕事と娘たちの世話で過ぎていく。ある日、突然の腹痛で病院に運ばれたアンは、ガンを宣告され、余命2、3ヶ月だと告げられた。頭が真っ白になった後、ぼんやりしたアンの頬に、涙がつたう。トレーラーに戻ると、プール工事の仕事が決まったドンが喜んでいる。アンは、病気のことを内緒にしたまま、夜更けのカフェで「死ぬまでにしたい10のこと」をノートに書き始めた…。
sinu3.jpg

sinu4.jpg

sinu6.jpg

■かんそう■
大泣き必至・・だと想像してスルーしてた作品です。
題材は、辛く悲しい・・でも、優しくて穏やかな映画でした。

娘にバースデーテープ吹き込む場面、告知を飴舐めながら
必死に、耐えてる姿・・やはり、込み上げるモノが :-)

テープを託された、医者・・彼女の為に沢山の飴買ってた。
髪型は変だが(^_^;)・あの表情、優しくて素敵な先生だった

アンの冷静さ心の強さ・・現実離れしてると思うし、リーに対して
取った行動も、健康な人なら、酷い事をする女だと・・。

でもね~、短い時間、リーの事も、心から愛したのだと思う。
そして、愛された・・・アンは自分の愛する全ての人に
希望を残して逝ったんだと・・限られた時間、取った行動全て
許してあげたい

残された者も、アンの思い願いを、シッカリ受け止めて、彼女を心に
残しながらも、みんな前向いて、生きて行く姿。
リーの涙顔で、ペンキ塗ってる姿が印象深かったなぁ・・。

ラストも、決して泣かせません。ただ、ただ穏やかに時間が進み
数ヶ月で、何十年分もの人生を歩み、幸福を残して行った女性の物語。

面白い・・と言う映画では無いが印象に残る・
悲しいはずなのに、柔らかい・そんな感じ・表現困難(^^;)

stars-3-5.gif

宜しかったら1クリお願いします

人気blogランキング 人気ブログランキング ブログランキング





コメント
この記事へのコメント
来たね~!
おはよ♪
「この映画から生きる勇気を貰いました」とか、
ありきたりのコメをあちこちで目にしたゎ。
でも私は、感動はしたけど、イマイチ
「余命2ヶ月なら末期ガンでしょ。ならもっと苦しむし、
やりたいことどころの話じゃ~ね~だろ!?」
っていう現実感が頭をヨギッテ、ちょっとね~@@@
身内を末期ガンで見送ってるから心底感動はしなかったよな~(><)
2007/03/19(月) 05:49:20 | URL | fuu #SpdmJqu.[ 編集]
fuuさん、こんにちは~
私、現実離れした設定の方が助かった(汗)

苦しんでる姿を見送るなんて、究極の号泣映画になって、翌日目がパンパン腫れまくり~。
そおゆう、映画にしたくなかったのかも監督さん

普通なら、許せない行動だったと思うけど
状況の違うアンだから、許してあげたいな~。

ラスト、リーのペンキ塗り・・凄い印象深かったね。
アンの願いを精一杯受け止めてる姿
グッと来ちゃった!・・・・それにしても、表現に苦しむ映画だった・・・どう言えば良いのか悩みました
(= ̄∇ ̄=)にぃ~!
2007/03/19(月) 11:14:23 | URL | アニー #-[ 編集]
避けてましたね
泣ける映画っていうのは、こわいもん見たさ?で
結構みてしまうんだけど、
これは、なぜかさけてましたねぇ。
そうなんだ。泣けるっというよりは、何か暖かいもんが残るような感じ?
ふぅ~ん

死ぬ前にしたいこと?
映画の完結を観ないとダメなんが、数本。
プリズンも完結しないと…
死ねないよぉ~。

しかし、死ぬっていうことは、遅かれ早かれ人間の宿命だしねぇ。
自分のことを知ってる人が生きてる限りは、思い出としても生き残れるもんだと思ったりする。
思い出は、ほとんど美しくなっていくし…。
あ~珍しいコメントを書いてしまった
(;^ω^A
2007/03/19(月) 11:21:23 | URL | ちゃぴちゃぴ #-[ 編集]
これはサラ・ポーリーの静かな演技が印象深かったですね。

それが映画の静かさにつながっていて。

死ぬまでにすること・・・たくさんありすぎますよ。

つーか、僕が死ぬわけがないです。(なんじゃそりゃ?)

さて、サラはうまいです。「ゾンビ」のリメイク「ドーン・オブ・ザ・デッド」でも好演でした。

あと、青春群像ドラマ「go」では、スーパーのレジで働くヤクの売人でした。(笑)

車に轢かれたりして、大変な役でした。

サラはなんか演技が自然ですよねー。
2007/03/19(月) 12:56:44 | URL | shit_head #-[ 編集]
ちゃぴさん、こんばんは~
私も、号泣物は苦手なので、逃げてしまってた
映画なんですが、そんな泣かせる作りでは
なかったですよ・・・当然、ちょっとはウルウル込み上げますが(∩.∩)

そうだね~10じゃ、追いつけないね
やり残し、多いもんなぁ~私も(笑)

うんうん、思い出は、良い所ばっかり記憶に
残るよね・・・でもさ、1年に1回くらいしか思い出してもらえそうも無いな・・それでも良い方か?(笑)
2007/03/19(月) 20:43:07 | URL | アニー #-[ 編集]
shit_head君、こんばんは~
サラさん、凄い綺麗!・・・って感じでは無いし
派手でも無いけど、自然体の演技って感じ
でしたね。

あの、冷静さは、余命数ヶ月の人間の感覚では
無いような気はします。現実的にはね
でも~、柔らかい雰囲気感じました。

この映画、表現するの難しい。
どう言って良いのか・・ヒューマンドラマ系の映画
いつも悩むの・・・面白い訳でも無いのに、引き込まれる映画でした(= ̄∇ ̄=)にぃ~!
2007/03/19(月) 20:47:56 | URL | アニー #-[ 編集]
アニーさん、こんばんは。
写真見ると、思い出しますね。
確かに、こういう映画はどう文章にしたらいいか
困っちゃいますね。
たまに観なかったことにしようかなって思う映画もあります。
やりたいこと一杯ありけど、
何一つ出来そうにない気がする…。
2007/03/19(月) 23:02:58 | URL | kowa.shu #-[ 編集]
(*^▽^)ノ コンバンワ♪
私もこれは気になりながらも
題材が重そうでなかなか手が出てなかった1本です。
いろいろ自分に置き換えて考えてしまうのよね~
(´0`*)
自分が不治の病になったらどうしようとか…
ある意味、ホラーより怖いんじゃないかと思ってたけど、
穏やかそうなので、また冷静に観れそうな時に
観てみたいなぁ~
2007/03/19(月) 23:39:31 | URL | ラルフ #nft/jt/c[ 編集]
アニーさん こんばんは♪
僕もこれは、手にとっては棚に戻す作業
を繰り返していた作品です。
何故かと言えば、死ぬのが怖いからかな
なんだかネガティブになりそうで・・・
ホラーは、バシバシ観てるのですが'`,、('∀`) '`,、
2007/03/19(月) 23:57:49 | URL | hiro #-[ 編集]
kowa.shuさん、こんばんは~
入りの、雨のシーン素敵でしたね~。
素敵と言う言葉は、病気の彼女に適切ではないかもしれないけど・・・・。

そうですよね、同じ立場になったら、私も何も
出来なくて、泣き叫んでるかも
現実を受け入れられないもん

映像的には、そんな酷いシーンがなかったので
心の中で、彼女の命は短い・・想像して見るだけ
だったんですが、結構、それが想像出来て
、許そう!!・・・と1人、思ってた私なんですが(-^□^-)
2007/03/20(火) 00:13:07 | URL | アニー #-[ 編集]
ラルフさん、こんばんは~
私も、これなかなか手が出なくてね・・やっと見ました。

現実離れした設定なんで、号泣は免れます。
あんまり、描写的にキツイと辛いのでリタイア
かなぁ~と思ってたのですが、ラストまで
シッカと見られました。

優しいのよ、アンも周りのみんなも。

でも~、逆に、あまりにも現実とかけ離れてる
と言う方も居ると思います。
その意見も、当然だな・・・取り方1つで変わる
感じの映画でした(^_^)v
2007/03/20(火) 00:18:16 | URL | アニー #-[ 編集]
hiro君、こんばんは~
私も一緒よ!ヾ(≧∇≦)ノ"キャハハ☆

出したり、戻したり・・・どおすべ?悩みまくったり
してね~。
うんうん、題材重いから、なかなか手が出ない
映画かも・・・ダレが、これ最高とか言ってもらわないとダメね多分。

私も、嫌みな泣きじゃない・・と聞いたので
見たのですが、その通りでしたね。
現実離れはしてますが・・・それはそれで良いかも
2007/03/20(火) 00:21:13 | URL | アニー #-[ 編集]
これ、タイトルで恐ろしくて
観たいのに観られないのよ。気が小さい私です・・・・

死を前にすると、私ならどうなるんだろうと考えますね。
大泣きして、明日がくるのが恐くなるかも。
きっと、ささいなことが愛おしく思うな。
気にもとめない小さな花とかね・・・
私も勇気を出して観よう!←死ぬまでにしたい10のうちのひとつね☆
2007/03/23(金) 23:13:44 | URL | アイマック #mQop/nM.[ 編集]
アイマックさん、こんばんは~
うんうん、その気持ちヨーク分かります。
私も、さんざん迷ったもん(汗)

他ブログさんに聞いたら、嫌みな泣き映画では
無いと言う事だったんで、チャレンジできました。

>私も勇気を出して観よう!←死ぬまでにしたい10のうちのひとつね☆

そうそう、題材は重いのは確かなんで、そうゆう
乗りで見ないと、ズート見れない映画かも
気楽に考えないと、無理よね~。こおゆう題名の映画(^_^;)
2007/03/24(土) 19:51:00 | URL | アニー #-[ 編集]
TB(人´ω`).ア☆.リ。ガ.:ト*
思ったほど悲痛さはなかったものの、
やっぱりどう描いてもこういう題材は
テンション下がるから今後は観ないかも…
今は元気だから観れたけど、
私も体調悪い時期があったから、
結構現実的にしか考えられなかったし。。。
私はこうなる前に慌てるより
日々楽しく生きていきたい!(`▽´*)
2007/05/29(火) 00:36:55 | URL | ラルフ #nft/jt/c[ 編集]
ラルフさん、こんばんは~
私も、この手の題材映画は、苦手ですね~。

そんなに、泣きにこだわった作りでないからと
他ブログさんの感想見て、やっとこさ、レンタル
したのですが、以外と良かった。

ただ、派手な映画では無いし、賛否両論有る
映画だとは思います。それぞれですからね(∩.∩)

そうですね~、自分の気持ちが、ダウンしてる時
には、向かない映画かもしれません。

トラバありがとうございました(-^□^-)
2007/05/29(火) 22:40:08 | URL | アニー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
==== 死ぬまでにしたい10のこと ====[[attached(1,left)]]             2002年 / スペイン・カナダ / 106分   【監督】イザベル・コヘット   【キャスト】 サラ・ポーリー、 マーク・ラファロ、スコット・スピードマン 、             レオノ
2007/05/29(火) 00:38:05 | ☆☆Ordinary World☆☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。