大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007年02月14日 (水) | 編集 |
haa1.jpg■2003/11/14日DVD発売 

■アメリカ=ドイツ=イギリス=フランス制作 

■97分

■監督 ・トム・ディクヴァ

■出演
・ケイト・ブランシェット(フィリッパ)
・ジョヴァニ・リシビ(フイリッポ)




■あらすじ■
イタリアのトリノ。29歳の英語教師フィリッパは、夫や生徒を死に誘った麻薬売人に復讐しようと高層ビルのオフィスに爆弾を仕掛けるが、計画は失敗、罪なき4人の市民を死なせてしまう。事実を尋問中に知らされたフィリッパは、罪悪感で失神。その時、彼女の手を優しく握ったのが、21歳の刑務官フィリッポだった。彼女に恋してしまった彼は、やがて彼女を逃がすことを考え始める。フィリッパは麻薬売人を処刑したい気持ちから、フィリッポの立てた計画に乗る。そして2人は刑務所を脱出するが・・・・。

■かんそう■
これは、入りから、映像の美しさに目を奪われました。
緑一面の草原、2人の結ばれたシーンの夕焼け?朝焼け?
青空に垂直に吸い込まれて行く、ヘリコプター・・目に焼き付いて

最初は、犯罪サスペンスのような感じなんですが・・
徐々に2人の愛に変わって行きます。
ビル爆発事件は、2人が出会う為のキッカケのみだと・・思う。

ケイトさん、大人の女性が憧れる、透明感有る凜とした美しさ!

haa2.jpg

haa3.jpg

フィリッポは、一度の出会いで、人生・・それどころか命を賭けれる
運命の女性に出会ってしまうんですね。

前半は、台詞ありますが、後半は、目だけの演技に近い。
それでも、穏やかだが、心に渦巻く罪悪感&激情愛が伝わる・・凄! 

しかし、良く考えると、フィリッパは、悪女だと思えます。
罪無い人の命を奪い、失敗しても、ターゲット殺害を諦めない。
実行の為に、結果的には、年下の男の一途な愛を利用した訳で・・。

haa5.jpg

それを、究極の愛、悲恋に思わせてしまう所がウナラセます。
ラスト、未来の無い2人、空に舞い上がって、2人の世界に
行けたんだねぇ・・と納得してしまうのですよぉ。

この映画、淡々と進み変化少ないですが、別世界的映像美
殺人を犯してまで、貫く愛情の形・・引き込まれてしまいました。

ちなみに、ケイトさんのスキンヘッドもビューティフル。
それと、さすがにイタリアの憲兵隊・・制服が格好いい。
隠れコスプレ好きには、たまらないぃ~。

stars-3-5.gif


参加中です↓ <(_"_)>ペコッ

人気blogランキング

くつろぐランキング



コメント
この記事へのコメント
(^▽^)キャーキャー
ね!ね!よかったでしょ!?
ただの恋愛ものじゃないでしょ~!

フィリッパは自分のやってることもわかってるし、
罪の意識もある・・
こんな若者を巻き込んじゃいけないとも思ってた
と思うのよ・・
でも、愛してしまったからこうなってしまったのよね?
(>_<;)ぅぅ・・

感動のラストシーン・・
フランダースの犬を彷彿とさせる感動だったね!
こんなこと言ったら大ちゃんに怒られそう@@@

2007/02/14(水) 22:52:00 | URL | ラルフ #nft/jt/c[ 編集]
 ( ̄□ ̄||| ガ-ン 
アニーさん、TBありがとう!!
私もしたいけど、できないのよ~@@@
出来る時と出来ない時があるのは
何故なんだろう@@@
2007/02/14(水) 23:14:24 | URL | ラルフ #nft/jt/c[ 編集]
ラルフさん、こんばんは~
これ、はまりましたね~。97分、ピッチリ内容が
濃かったです。あのラストのヘリシーン素晴らしかった! だが、フランダースの犬のように号泣はしなかった・・私、フランダースは大泣きすんのよ(笑)

悲劇だけど、穏やかなラストシーンでした。

トラバごめんなさい。時間によって出来たり
出来なかったするみたい<(_"_)>ペコッ
2007/02/14(水) 23:41:01 | URL | アニー #-[ 編集]
ヘブン?
こんな映画あったんだね。
そういえば聞いたことあるかな?

ケイト・ブランシェットって白っぽい人ですよね。笑
肌も白いが、雰囲気も白っぽそう・・・
劇的なドラマって感じでしょうか。
悲恋ものも好きなんだよね。

映像が美しいのは観てみたいわ~☆
2007/02/15(木) 00:10:21 | URL | アイマック #mQop/nM.[ 編集]
ケイトさんだ!
好きだわぁ~彼女!
コレ観てない~。また、借りよっと。

フランダースの犬は、私も号泣もんですが…
o(TヘTo)
準備して観た方がいいのかな??
ε=ε=(ノ≧∇≦)ノキャー
2007/02/15(木) 00:34:43 | URL | ちゃぴちゃぴ #-[ 編集]
へ~っ
ケイト・ブランシェット好き!今度見てみようっと☆彡
2007/02/15(木) 16:57:33 | URL | 鼻ズル #-[ 編集]
アイマックさん、こんばんは~
私、恋愛物は、超苦手なんですが(笑)
この映画は、違う雰囲気でした
確かに、恋愛物ではあるんですがね~。

どうも表現しずらい映画部類だったんですよ(汗)

フランスぼい、進みでラストは、尻切れトンボ
なんですよ~。ただ、ラスト映像だけで
2人は幸せ・・・と、思わせてしまう幻想的な
映像でした(∩.∩)
2007/02/15(木) 23:34:59 | URL | アニー #-[ 編集]
ちゃぴさん、こんばんは~
フランダースは、間違い(笑)
あれは、大泣きなんですが、これは涙は出ません。泣かすラストでは無いの(o^^o)ふふっ♪

ちょっと、私の表現不足かも・・難しいんだ
文字で表現するの・・・キカイがあったら
見てください・・・・人によるかもしれない予感する
んですが、私は、好きです。この映画。
雰囲気の違う、ラブストーリーでした。

に、よって鑑賞される時は、心&ティシュの
準備は要りませんヾ(≧∇≦)ノ"キャハハ☆
2007/02/15(木) 23:38:59 | URL | アニー #-[ 編集]
鼻ズルさん、こんばんは~
これ入りは、展開あるんですが、半ばからは
淡々と進んで行きます。好みが出るとは思われますが、ラブストーリー苦手の私でも、ラストまで
引き込まれてしまいました。

ラストは、素晴らしい映像です。
あれで、2人の未来は全て理解できる
そんな感じでしたよ~。
2007/02/15(木) 23:41:14 | URL | アニー #-[ 編集]
(*`▽´*) ウケケケッ
こんち~!!
チョコは、あげましたかぁ~!!

映画みたいよぅ。。。
芋が、チョコみせびらかしてたぁ~!!
ちくしょう~!!食べたいっ(*`д´)b

あんこでもいいです。
2007/02/16(金) 07:04:09 | URL | MIAUN #-[ 編集]
リビジ~!!
ジョバリビは声と話し方が
とっても個性的よね♪
『プライベート・ライアン』の衛生兵役で光ってたゎ☆
この映画は出た時直ぐ観てるの。どっちも好きな
俳優さんだからね(^_-)-☆
特にケイトは素晴らしい女優さんだよね!!
でも、どう見ても姉と弟でしょう~?

今日のコメ、普通過ぎて気色わリィ~@@@
2007/02/16(金) 16:05:40 | URL | fuu #SpdmJqu.[ 編集]
みいぁちゃん、こんばんは~
おぉぉ~、大ちゃんが、自慢してたんだ!(笑)

キット、おかあさんに貰ったのよ(o^^o)ふふっ♪

あれ、チョコ、ニコラス・ケンジ君にあげたんでしょ?
もしかして、誕生日にケーキを忘れてケンジ君には罰として、チョコ無しか?ヾ(≧∇≦)ノ"キャハハ☆
2007/02/17(土) 00:29:26 | URL | アニー #-[ 編集]
fuuさん、こんばんは~
あはは、普通だと変な気するね(笑)

これ、あんまり文句言えない映画だったのかも
でも、不思議と言えば、不思議な恋愛映画
だった気もします。

2人は、「ビレッジ」?・・じゃなかったっけ?
ホラーサスペンス系の・・共演してましたよね~。
2007/02/17(土) 00:31:42 | URL | アニー #-[ 編集]
アニーさん こんにちは~!
ケイト・ブランシェットは、「バベル」にも
出演してるんですよね~
殆ど、菊地凛子 の話題で良くわからないけど・・・・
ビル爆破事件が気になります!!
やってる事は、派手ですよね~
2007/02/17(土) 15:54:24 | URL | hiro #-[ 編集]
hiro君、こんにちは~
へぇ~バベルはケイトさんも出てるの?
私も、知らなかった! 日本では凛子さん話題オンリーなんで・・・バベルって凄いメンバーじゃない!

おぉぉ~、これは楽しみだ・・・見に行きたいです(∩.∩)

うんうん、爆破シーンは迫力有りましたよ。
でも迫力は、そこくらいかな
後は、ジックリ見せる、映画でした。
なかなか行けてますのぉ~(^_^)v
2007/02/18(日) 11:57:45 | URL | アニー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
これは、ラルフさんとことアニーさんとこであがってて観たかったんですね~ケイトさんは、好きな女優さんなので、前から題名だけは知ってたんですけどこういう映画だったんですね。ヘヴン監督:トム・ティクヴァ出演:ケイト・ブランシェット&nbsp;,&nbsp;ジョヴァンニ・リ
2007/04/13(金) 00:19:15 | 晴れたらいいね~
ケイト・ブランシェットケイト・ブランシェット(Cate Blanchett,1969年5月14日 - )は女優。オーストラリア、メルボルン出身。1992年にオーストラリア国立演劇学院|国立演劇院を卒業後、舞台女優として活躍。『Kafka Dances』でシドニー演劇協会ローズマウント賞の新人賞
2007/05/22(火) 12:43:00 | 映画俳優(米)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。