大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006年09月21日 (木) | 編集 |
the5.jpg


■2003/11/28日DVD発売 ■アメリカ制作 ■131分

■監督 ・アラン・パーカー ■制作 ・ニコラス・ケイジ

■出演
・ケヴィン・スペイシー(ディビッド)
・ケイト・ウィンスレット(ビッツィー)
・ローラ・リニー(コンスタンス)
・ガブリエル・マン(ザック)
・マット・グレイヴン(ダスティ)

■あらすじ■
大学教授だったデビッドは、元同僚の女性コンスタンスをレイプした上殺した罪で獄中にあり、控訴は棄却され、死刑が確定した。皮肉なことに、彼は死刑廃止論者だった。デビッドは、この世で最後の3日間に、1日2時間、自分の話を聞き、"手記"を書くようにと、なぜか女性記者ビッツィーを指名する。"手記"の売値は50万ドル。ボスの命令で、ビッツィーはしぶしぶ助手のザックと共に、テキサス州のエリス刑務所へ向かう。殺された女性の体内からはデビッドの精液が、顔にかぶせたビニール袋からは指紋が検出されている。ビッツィーはデビッドが犯人だと確信していたが、ザックは懐疑的。しっくりいかない二人に、つきまとう一台のトラックがあった。

■かんそう■
久しぶりに、厚みの有る映画を見たような気がします(汗)

サスペンスに属するようですが、私が見るにヒューマンドラマ系
ですね~。で、カテゴリーはドラマにしときます。独断ですが

ディビットが、大学教授なんで、とにかく話してる内容が難しい。
一応、字幕を追ってはいるのですが、訳分からず(汗)
哲学者かよ!

あ、でも言葉だけなんです、内容は非常に分かりやすいです。
死刑3日前の、ディビットが自分の無実を証明する為に記者に
全てを話す・・そして、ビッツイーは、それを証明しようと
奔走する・・・ところが・・・。

the8.jpg


ディビットが、もう直ぐ死刑なのに、まったく動揺が無く
穏やかなのと、独占手記の50万ドル請求・・今更何でだろ?
先が無いのに、お金居るの?・これはオチまで、良く分からなかった。

彼の台詞で「多くを失うと、死は喜びだ」これがキーでしたね。

結局、ビッツイーとザックは、何の為に必死で走り回ったのか
ディビッドと友人達に、踊らされていただけだったなんて・・。

内容は、良く考えられてて、丁寧に作られてる感じしました。

the7.jpg


結末まで、見ると、ホォ~!・・と納得して見応え有るのですが
チィートばっかし、長い(笑) 途中、もう少しスピードアップして
欲しかった・・・マッタリ感が残念です。丁寧過ぎの感有り。

私は、何故か、他の俳優さんよりカーボーイ(ダスティ)が
印象に残りました。
乱暴で危険人物扱いされるのですが、本当は、コンスタンスを
思いやり、大金を手しても、最後まで紳士だった。
私なら、持ち逃げですね・・・・(爆)

この映画、もう少し展開が早ければ、良かったと思います。

★★★★


コメント
この記事へのコメント
ケヴィン・スペーシー、好き!
LOVEじゃなくて、俳優としてね!
ケイト・ウィンスレットは嫌いだけど、
これも良さそう!!

ニコラス刑事制作!?
是非、観てみたぁ~い!!
映画仲間が増えて、観たいリスト山積みよ!o(^▽^*)o ワ~イ
2006/09/21(木) 17:04:46 | URL | ラルフ #nft/jt/c[ 編集]
再び、コメントありがとう(^_^)v

これね、チョット長いよ(笑)
中間、あそこまで時間かけなくても良いんじゃないかと・・まー、長い所が、この映画の重要な部分なんだとは思うんだけど
マッタリ疲れぎみでした(汗)

ニコラス刑事←キャハハ、これ打ち間違いね・・私も、良く刑事で変換される~
外国の俳優さんの名前、ヘンテコ変換されてメンドクサイよ~。
2006/09/21(木) 17:37:26 | URL | アニー #-[ 編集]
アニーさん☆
こんにちわ。これ面白そうですね。
私もケビン・スペイシー、大好きです。
(私のところでは一回も登場してないですけど(汗))
「セブン」の時はブラピのファンだったのに、
なぜかケビンを応援しちゃった私…ひどいです。

ニコラス刑事(笑)、制作なんですね~。
実はニコラスも好きです。(この人も私のところでは一回も登場してないですけど(汗))

ぜひ観てみようと思います。

P.S.サンドラの顔が好きじゃないのはなんとなく分かります。
でも、アメリカ人には大人気ですよね、サンドラって。
それが、ちょっと不思議に思ってたんですけど、アニーさんがそう言われたので、私だけじゃなかったと、なんだか安心しました。
2006/09/21(木) 18:33:57 | URL | meme #-[ 編集]
memeさん、こんばんは~

あはは、そうですかぁ~、一回も登場してないのですね・・と言う私も、ケビン氏は
初登場かも(汗)

この方のシリアス系が多いモンね~
なかなか、私も見るキカイも少ないかも

ニコラス氏は、結構登場してます
私も、あの情けない~雰囲気が好きですね(笑)

サンドラ、アメリカでは大人気なんだ!
はぁ~、やっぱり演技と言うより顔が
あんまり・・・良かった仲間が居て(爆)
2006/09/21(木) 19:46:00 | URL | アニー #-[ 編集]
テンプレート、黒から白のイメジーに変身ね♪明るいね♪
「ケビン・スペイシー月間」を作ってコレも観ましたが
タイタニックのお嬢さんだけは印象に残ってるけど
内容はスッカリです。ごめんあそばせ~m(__)m
あ、死が近いのに淡々としてるケビンにむかつきを覚えたのを
覚えてます。あららら~@@@
2006/09/21(木) 20:02:58 | URL | fuu #SpdmJqu.[ 編集]
アニーさん
ケヴィン・スペイシーいいですね。
アメリカンビューティーに
ユージュアルサスペクツ奇人から真人間
まで色々こなせるのが最高です。

初めて見たタイトルです。
観たいけどあるかな~

悪魔を憐れむ歌なかったです_| ̄|○ il|!
2006/09/21(木) 22:22:51 | URL | hiro #-[ 編集]
fuuさん、こんばんは~

なるほど、fuuさんの好みを見た所、「感動」とか、「出来事」みたいな物が無いと
ダメみたいですね~・・ずーと見てて分かって来ました(笑)

この映画、冤罪だと分かっても、別に悲しくて涙が出るでも無く、動揺も無い。

平常心で居られるくらい、彼は「全てを失い、何も無かった」んだと言う事ですかね

私は、途中長すぎたのは、ダメですが
内容自体は好きですね。
2006/09/21(木) 22:48:01 | URL | アニー #-[ 編集]
hiroさん、こんばんは~

ほんと、この俳優さん、演技派ですね~
座ってるだけで、存在感有り。

でも、この映画では、脇役のマットさんの
方が印象残ってしまってね~(汗)

見た目とは、違い紳士でした。

好みの問題なんで、気が向いたらどうぞ(^o^)

悪魔・・無かったですかぁ~
あの映画も、評価バリ分かれます(汗)
私が好きなだけで、映画は、その人の好み感性の違いで左右されますよね~
2006/09/21(木) 22:57:47 | URL | アニー #-[ 編集]
やっと私の本性が分かってきたようね~ォーホッホー(´0ノ`o)ォーホッホー

アニーさんの言う通り♪
おまけに、そこに大ドンデン返しが付こうものなら
泡吹いて狂喜乱舞でっす!!!
淡々と進み、悶々と終わる。。。コレ最低★★★
2006/09/22(金) 16:24:41 | URL | fuu #SpdmJqu.[ 編集]
fuuさん、こんばんは~

泡まで、吹くの~(笑)
病気かと思って、病院つれて行きそうだ

でもね、淡々と進み、悶々と終わる映画
にも、たまには心にグッと来るのも
あるよ~・・・たま~にだけど(汗)
2006/09/23(土) 00:25:08 | URL | アニー #-[ 編集]
こんばんわ
アニー様♪

この映画、ズーンと深い映画でした。
死刑制度についていろいろと考えさせられましたが、案山子は基本的には死刑には賛成です。

本作の監督アラン・パーカーの「ミシシッピー・バーニング」も一度観られてはいかがでしょう? って以前にも勧めましたっけ?(笑)

しつこくてすいません…。
2007/03/06(火) 00:02:23 | URL | 案山子 #2JoDbwm2[ 編集]
案山子さん、こんばんは~
私も、基本的には賛成です・・それほど、犯した罪は重いと思ってもらわないとダメです。

「ミシシッピー・・」多分、見てると思うのですが
既に、記憶が残ってません。
もう1度、鑑賞して見ますね(^_^)v
2007/03/06(火) 22:36:29 | URL | アニー #-[ 編集]
アニーさん こんばんは!
この映画は,オチが凄かったですね!
といいますかユージュアルサスペクツ,オチでした
見事に引っかかりましたよ(笑)
カウボーイは,思いの他役者でしたね,彼にも
騙されたっす(;´∀`)
ケイト・ウインスレットがいつもより痩せてましたが
釈迦の手の平で踊らされてたんですね~
遅れましたがTBさせて下さい!
2007/06/05(火) 20:38:46 | URL | hiro #-[ 編集]
hiro君、こんばんは~
ラスト、私も以外だったです。

そんな、自殺有り?・・いくら、寿命が少ないとは
言っても、あの死に方は、苦しすぎる!

きっと、死体の顔は、凄い形相になってたと
想像すると・・・・恐いよ(>_<)

ケイトさんは、本当に透明感がある女優さん
ですよね・・見た目も、演技も、抜群!
憧れる~。

トラバありがとうございました(∩.∩)
2007/06/05(火) 23:13:44 | URL | アニー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ライフ・オブ・デビッド・ゲイルReview 社会派ドラマながらサスペンスの要素も一級品で犯人が読めない展開に唸らされましたよ!アラン・パーマーに感服しました。アメリカにおける死刑の是非がテーマなんですけど
2007/06/05(火) 20:39:33 | ジョニーからの伝言
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。