大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006年09月04日 (月) | 編集 |
rw01.jpg■2006/8/25日DVD発売

■南アフリカ・イギリス・イタリア制作 ■122分

■監督 ・テリー・ジョージ

■出演
・ドン・チードル(ポール)
・ソフィー・オコネドー(タチアナ)
・ニック・ノルティ(国連オリバー大佐)





■あらすじ■
1994年アフリカのルワンダでは、長年にわたるフツ族とツチ族の民族抗争がエスカレートし、ついにフツ族はツチ族の大虐殺を開始。そんな中、ルワンダの高級ホテル支配人を務めるフツ族のポールは、妻タチアナがツチ族であることから家族だけでも護ろうとしていたが、彼を頼って集まってきた難民たちを見ているうちに、彼の心の中で何かが変わり、独り虐殺者たちと対峙することに…。


■かんそう■
実際にあった民族間紛争を映画化したアカデミーノミネート作品。

公開時、見に行くことが出来ず、発売までズート待ってた映画です。
ホテルの名前が「ルワンダ」と言うのだと思っていたのですが
実際は「ミル・コリンホテル」で四ツ星ホテルだそうです。

多分、経営者がフランス系なんだと・・外国人宿泊者が多数居る
高級ホテル・その為に、ここだけはフツ族の民兵も手を出せなかった。

元々、ツチ、フツと分かれていなかったのに、外国が勝手に分け
少数ツチに政権をユダね、フツの不満は爆発してしまった。
これが、発端で、悲劇は起こった・・。

rw1.jpg


印象深かったのは、外国人は安全にホテルから退去できるのですが
残された、ルワンダの人々、雨の中バスを見送るシーンー・・辛い

他国人は虐殺のニュースを見て「可哀相ね」と言い
又、夕食を始める・・私も同じ行動をとるんだと・・・。

アフリカ人だから、そして見返りが無いから・・と言う理由で
諸外国から見捨てられた国・・もし石油が出たらダイヤの宝庫だったら
こんな悲劇は起こらなかったと思います。

それを全て理解して、頼って来た難民を助けようとするポール。

rw3.jpg


ポールは、フツ・・家族さえ守れれば良かったはずなのに
あえて、裏切り者と呼ばれ命を狙われてもツチを守ろうとした
なんら変わりの無い、同じルワンダ国民だから・・。

人間として、あたりまえの事なのかもしれない、でも私には出来ない。

この映画見て、何も見返りの無い国は助けてもらえない事を知り
そして、ポールの勇気有る行動に心打れました。尊敬します。

重い題材とか、面白いとか・・そおゆう言葉は適さない現実です。

ホテルの社長役で、ジャン・レノちょっと出演してました。
出てるなんて、全然しらなかった~。


コメント
この記事へのコメント
アメリカ映画意外は現実を見ている
今晩は はじめまして
この映画照会を見て、イギリスもイタリアもヨーロッパ映画の伝統を忘れていないと嬉しくなりました。アメリカ映画の、何処の映画か分からない映画全盛時代の今、ルワンダの現実をちゃんと見ようとしている、映画がするべきもう一つの仕事だと感動しました。
2006/09/04(月) 23:08:14 | URL | 詩音魔 #-[ 編集]
詩音魔さん、こんばんは。初めまして

私も、この映画、心打たれてしまいました。
知らなかった、ルワンダでの悲劇を初めて理解でき
現実を突きつけられたようで・・・・。

私達が住んでる国も、利益が無くなったら見捨てられる
んでしょうね・・この映画見ると、そう思えてしかたないです。

どうして、こんなになるまで、何も出来なかったのか?
それどころか、今まで詳しい事を知らなかった自分が
情けないです。
2006/09/04(月) 23:57:03 | URL | アニー #-[ 編集]
言わせて貰えば。
私、ドン・チードルずきです。
ソダバーグ監督作品好きなんですが、彼はドン・チードルずきで
よく彼の作品に登場させます。
悪役、良い役、見事にこなす名役者ですよね♪
あ、もちろんコレ観たいです。アニーさん色々観てるね~@@@
私も頑張ろうっとヾ(*´∀`*)ノ゛キャッキャ
2006/09/05(火) 14:48:23 | URL | fuu #SpdmJqu.[ 編集]
アニーさん、こんばんゎ!
私もコレ、観たいです~!
前に使ってたブログでこんな記事書いてますから
よかったらちょこっと、見てね!
http://d.hatena.ne.jp/mix-dogs11/20060214
とりあえず、7泊8日になったら借りてみま~す!

fuuさんに正統派アニーさんをいじめないように言われましたぁ。
私も正統派ですからご心配なく!?
きのうの映画はマニアック過ぎましたぁ~@@@
2006/09/05(火) 22:05:05 | URL | ラルフ #nft/jt/c[ 編集]
fuuさん、こんばんは(^o^)

私、この俳優さん知らない・・監督さんも知らない(笑)
ただ、この映画、どうしても見たくて頑張って待ってました。

地元の映画館で上映されるって話だったのだけど
イツ始まったのか、分からずじまいで・・・。

心に、ズーンって来る映画でした。事実は、やはり凄いです。
どんな、物にも負けない厚みありました。
2006/09/05(火) 23:07:24 | URL | アニー #-[ 編集]
ラルフさん、こんばんは(^_^)v

私も、これ感動と言うか、何と言うか、凄い物を教えられ
ました・・・心打たれてしまいまたよ~

ほぉ~い、旧作になったら見て下さいね~

あはは、私、全然正統派ではないですよ(笑)
大丈夫、いじめられても泣きませんから(爆)

嘘嘘、ちょとやそっとでは、ビクともしません私。
嫌いな物は、嫌いとハッキリ主張してくださいね
その方が、サッパリ性格で私は好きです~。

fuuさんは、トムクルを「う○こ」扱いするくらい
自己主張してました←凄過ぎる・・・ブハハ
2006/09/05(火) 23:14:35 | URL | アニー #-[ 編集]
この作品はホントに感動しました

是非、皆さんに観て欲しい作品ですよねi-228
2006/09/05(火) 23:38:45 | URL | atsushi #-[ 編集]
atsushiさん、こんばんは~

本当に、知らない事を教えてもらった映画でしたね。
沢山の方に、知っていただきたい、現実だと思います。

トラバありがとうございました。v-290
2006/09/06(水) 01:17:58 | URL | アニー #-[ 編集]
トラバさせてね~。

これは、観てほしいです!!

ここのコメントっていいなぁ。色も太字も色々出来て…。
2006/09/20(水) 00:50:43 | URL | ちゃぴちゃぴ #-[ 編集]
ちゃぴちゃぴさん、こんにちは

トラバありがとうございます。
そうですね!是非・・・これはオススメできますね(^_^)v

ちゃぴちゃぴさんも、F2にお引っ越ししますか~

でも、いざお引っ越しになると、色々大変だもんね
メンドクサイ事が山積みになるし(汗)
2006/09/20(水) 14:08:19 | URL | アニー #-[ 編集]
トラバありがとうございます。
自動更新にしてなかったので、すみませんでした。
一時期、エロTBばっかりで、自動だと削除も面倒なくらいだったの。

引越しね。面倒じゃなかったらイイんだけどなぁ…。(^-^;
2006/09/20(水) 19:04:34 | URL | ちゃぴちゃぴ #-[ 編集]
ちゃぴちゃぴさん、トラバ、許可制だったんですね

何度も、トラバしてゴメンネ<(_"_)>ペコッ
うちは、エロトラバ、あんまりこないね~。たまに来るけど

ほんと、最初のうちは引っ越しも楽だけど、年月が経つと、凄い
量を移動させないといけないから、こりゃ大仕事になるし

メンドクサイが、本音だよね(^_^;)
2006/09/21(木) 11:52:53 | URL | アニー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
100%実話。感動のヒューマンドラマHOTEL RWANDA [ホテル・ルワンダ]製作年度 2004年  上映時間 122分   監督 テリー・ジョージ 出演 ドン・チードル 、ソフィー・オコネドー 、ホアキン・フェニックス 、デ
2006/09/04(月) 23:46:26 | 映画(DVD)音楽(CD)の風林火山~失敗したくない貴方へ~
コレ、どこのレビューを拝見しても、&#39;&#39;&#39;「重い、感動、難しい」&#39;&#39;&#39;の3点セット!果たして私は。。。?かなり興味津々で観ました♪{{{製作年: 2004年 製作国: 南アフリカ/イギリス/イタリア 収録時間: 122分 出演者: ドン・チードル ニック・ノ
2007/02/26(月) 09:13:32 | My room is cinema theater
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。