大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »05
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006年08月30日 (水) | 編集 |
single1.jpg■1998/10/31日DVD発売

■アメリカ制作 ■107分

■監督 ・バーベッド・シュローダー

■出演
・ブリジッド・フォンダ(アリー)
・ジェニファー・ジェイソン・リー(へディー)
・スティーヴン・ウエバー(サム)
・ピーター・フリードマン(グラハム)




■あらすじ■
サムと喧嘩をしたアリーは、1人暮らしの寂しさを、まぎらす為
ルームメイトを募集する。そして、あか抜けないが性格の良さそうな
へディーと暮らすことに。しかし、へディーは、髪型、服に至るまで
アリーの真似をし始める。アリーは、恐怖にかられサムと、よりを
戻し、へディーを追い出そうとするが・・サム、そしてアリーまで
命を狙われてしまう・・・・。

■かんそう■

この映画、昔見た記憶あり、なかなかドキドキしたような・・・。
続編を見てないので、1作目からと思い再鑑賞しました。

かなり前の映画ですが、やはり面白い!
色あせてないですね~、ハラハラしながら見ました。

single2.jpg


へディー演じるジェニファー嬢が不気味で怖い。
アリーを失ないたく無いが為に、邪魔する人間を次々に排除して
行くのですが、まったく迷いが無い・・徹底してます。

single4.jpg


それが、2人の幸せ、友情だと思い込む所、完璧にサイコですな。
裏切った、アリーも、既に敵になって、2人の死闘が始まるのですが

ドキドキ、ハラハラします・・一心一体の戦いでした。
かなりの緊迫感で見応えあります。
なんか、昔の映画って内容が濃いですね~。

ルームメイトって、経済的には助かりますが、何処まで
プライバシーに介入して良いものか、微妙ですね。
へディーみたいな、同居人だったら、そら恐ろしいよ

stars-4-0.gif


コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
これは怖かったですねぇ。
ちょっとしたことがものすごく怖くなって行き、スリラーものとしてよく出来ていたと思います。
同じ家で他人同士が暮らすときのプライバシーって難しいですね。私には息が詰まってしまって無理かも。(- -;;

にしても彼氏、ベッドで彼女のことが判らなかったような記憶があるのですが…うーん。(^^;
2006/08/30(水) 23:51:04 | URL | 白くじら #VdvmM0eI[ 編集]
こちらにも♪
アニーさん☆
この映画、面白いですよね。
あのハイヒールのヒールが突き刺さるやつですよね。
女性にはそれすら凶器になるんだと思った覚えがあります。
続編があるんですか?
それすらも知らない私・・・。
映画ファンとか言っていいんでしょうか?私・・・。

話、変わるんですけど、(ここに書いていいでしょうか?もう書いてますけど。)
人気ページランキングって、面白いですね。
これ、アニーさんの人気ページランキングなんですね。
私、あるブログ全体の人気ページかと思ってました。
しかも、そのページに行けちゃうんですね。
真似してもいいですか?
(って、アニーさんがこのコメントを読む前に真似されてるかもしれないですが・・・(笑))
あ!決して、この映画のジェニファー嬢のような性格ではないので、安心してください(笑)
2006/08/31(木) 03:34:11 | URL | meme #-[ 編集]
白くじらさん、こんにちは

私も、久しぶりに見たのですが、やっぱりイケテますね~
ドキドキしちゃった

彼は、分かってたけど、途中で止められなかったって感じ(笑)
そんで、開き直るバカ男だったのですが・・・。
へディーが、「貴男は、そうゆう男だ」って台詞がありますが
そのまんま・・・サムは、そうゆう男だったんですね
癖は、直らないの典型でした・・ヤダな、浮気性の男(汗)

昔、私もルームメイトと暮らした事あります。
家賃が助かるので(汗)
でも、やっぱりダメだった・・・相手のする事にイライラするの
相手も、同じだったと思いますね~

三ヶ月くらいで、1人暮らしに戻っちゃいました。
なかなか、難しいですね~他人と暮らすと言う事は
2006/08/31(木) 12:26:32 | URL | アニー #-[ 編集]
memeさん、再びこんにちは~

その通り・・・ハイヒールのカカトは武器です(笑)
それも、又、良い場所に、しっかり刺さって一撃必殺でした~
いえ、私もレンタル店に行って、続編出てるの知ったのですよ(汗)
それまでは、まったく知らずでした
やっぱり、怖いルームメイトっー映画は

ラインキング、どうぞどうぞ・・・私も、他ブログ見て、まねしたんですから、全然オーケーす(^o^)

それと、そんな事、思ってないですよ(笑)
これは、映画の話なんで・・・・アメリカとか韓国の俳優さんは
ファンを凄く、大切にしますよね!

だから、ファンも一生懸命、応援する
当然の流れかと・・・日本の俳優さんは見習って欲しいもんだ
ファンを「うざい」とか見てる・・ファン有ってのスターなのに
日本人スターは、何か勘違いしてる方、多いね・・ダメだよね
2006/08/31(木) 12:35:32 | URL | アニー #-[ 編集]
はじめまして
こんにちわ。最近、映画ブログはじめたものです。
TBしようとしたら、エラーになってしまいましたが、コメントさせていただきます。

この映画、怖いけど好きな映画です。
ブリジット・フォンダ、最近、音沙汰ないですね。
2007/02/01(木) 12:25:36 | URL | ぼす #mQop/nM.[ 編集]
ぼすさん、こんばんは~(∩.∩)
初めまして! ご訪問ありがとう(-^□^-)

あら~、トラバごめんなさいね。ちょくちょく、出来ない事が有るので
許してくださいね<(_"_)>ペコッ

私も、「ルームメイト」好きですよ。初めて見た時は、新鮮で驚きの
恐いので、ドキドキハラハラして見た記憶が有ります。

で、再鑑賞してみたのですが、やはりオモシロイ!
昔?の映画は、質が良いね。色あせない、面白さ。
最近、ブリジットさん見ないですね~。お元気でしょうか?

私も、伺わせていただきますね。これからもヨロシクお願いします。
ありがとう!
2007/02/01(木) 23:00:01 | URL | アニー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。