大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006年08月29日 (火) | 編集 |
akuma1.jpg■2004/12/3日DVD発売

■アメリカ制作 ■124分

■監督 ・グレゴリー・ホブリッド

■出演
・デンゼル・ワシントン(ジョン刑事)
・ジョン・グッドマン(ジョーンジー刑事)
・ドナルド・サザーランド(スタントン警部補)
・エンベス・ディヴィッツ(グレタ)





■あらすじ■
連続殺人犯リースを処刑室に送りこんだ刑事ホブズ。だが死刑執行の直前、リースは「俺は自由になって戻ってくる」と言い残す。そして、その言葉を裏付けるかのように、リースの犯行を真似た殺人事件が次々に起きていく。しかも渦中にあるホブズ自身が容疑者にされつつあったのだ。だが、やがてホブズはこの一連の事件が、信じ難いことに悪魔―何者かの霊―のものであることを知る。敵は次々といろいろな人間に乗り移りながら、確実にホブズに迫っていた……。



■かんそう■

akuma2.jpg


この映画、私的には、サスペンスの傑作の中に入る作品です。
あくまで、私個人なんですが(汗)

最初は「セブン」ばりのサスペンスなんですが途中でオカルト
ぽくなっちゃってます・・・ですが、流れに違和感ありません。

画像的にも、目をそらしたくなる、猟奇的殺人など出てこないのですが
ローリングストーンズの歌を口ずさみながら、次々に迫ってくる
アザビル(悪魔)の恐怖をヒシヒシと感じて精神的に怖い!

自分の周りに、普通に居そうな感覚に陥ってしまいます。

ラスト、ジョン刑事が選んだ決断・・これにも驚かされます。
「善か悪か決める」とは、こおうゆ事なんですか~

ジョンは強大な相手に戦いを挑み、窮地に追い込みます

ですが悲しい結末に・・・アザビルは人間の心の中で生きてる
実体の無い存在だから・・誰の心の中にも存在してる。
戦おうとする事事態、無意味なのかも

この映画、サスペンスとは呼べないのかもしれませんが
人間が人間の行動を冷静に見て、あざ笑ってる感じで
逃げられない恐怖を感じてしまう映画だと・・・・。

悪魔と言う、古く重い題材なんですが、ローリングストーンズの
歌が効果的に使われ、現代風に見やすい、しかしシッカリ作られた
良作サスペンスだと思います。

■最初死刑囚リースがジョンに最後の握手を求めますが
 なぜ入れなかったの?
 やはり、ジョンは選ばれた人間だったのでしょうか?

stars-4-0.gif


コメント
この記事へのコメント
アニーさん こんばんは
デンゼル・ワシントン 好きな俳優です。
アンジェリナ・ジョリーと共演したサスペンスが面白かった
題名忘れました(汗)「ボーン・コレクター」だったかな?
アニーさん お薦めのこの映画も面白そう。今度みてみます。
悪魔対人間のストーリーだと相打ちが多い気がしますがこの
映画は、どうなんでしょう。
2006/08/29(火) 22:39:45 | URL | hiro #-[ 編集]
こんばんは~

私もデンゼル氏好きですね~

ボーンコレクター見ましたぁ~デンゼル氏がアンジェリーンの
上司かなんかだった・・あれ?違ったか(汗)

ゴメン、あんまり鮮明に覚えてない~<(_"_)>ペコッ
この映画、映像的には、怖くありません。
人間の内面に悪魔と戦う映画でした。

結局、悪魔は、人間なんですよねv-17
2006/08/30(水) 00:30:13 | URL | アニー #-[ 編集]
60点くらい?
観たよ、大分前に!
映画に点数付けるのあんまり得意じゃないんだけど、コレは薄い記憶を辿ると
60点あたりだと思う。デンゼルの映画コレ以外にもいっぱい観てるよ♬
でも「コレッ!!」って言うのが見つからな~い@@@@@

「ジョンQ」?「タイタンズを忘れない」?「ペリカン文書」?
「フィラデルフィア」?「戦火の勇気」?「マイ・ボディーガード」?
「タイム・リミット」?「トレーニング・デイ」?「マーシャル・ロー」?

ほ~ら、どれをとっても「おおッ!!」て~のが無いでしょ???
ちなみに全部観てるし~。あは!!これって自慢!?うん!!
2006/08/30(水) 16:26:54 | URL | fuu #SpdmJqu.[ 編集]
fuuさん、こんばんは~

私、この作品80点は付けるかも・・サスペンスとオカルトが
合体したような感じでしたが、私的には、上質だったと思います。

得意、苦手分野が有るので、人それぞれ
私、サスペンス大好きなんですが、精神的に怖さ感じる映画
少ないので、この映画は貴重かも

あはは、全部見てるんだぁ~、凄いね!
私は、見てないのも多々有るようです

デンゼル氏は、結構シリアスな映画多いですよね
オバカは、やらないって感じ(汗)
2006/08/30(水) 21:29:09 | URL | アニー #-[ 編集]
アニーさん こんばんは^^

これ私も結構好きな作品です
ジャンルとしては「オカルト●●」とかになるんだろうけど、
なんていうか、オカルト特有のおどろおどろしさとか暗黒っぷりというのか、
そういったものが少ない気がするんですよ
普通のサスペンスもののような、
冷静で真面目(??)な空気感と展開で進むのが、
なんだか不思議なんですがとてもよかったですよね

そして 案の定、
あのローリングストーンズの歌は頭から離れません(笑)
2008/11/28(金) 01:20:10 | URL | ヨヨ #jQTfdwCM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
デンゼル・ワシントン主演、まだ若いです。これ結構好きなんですよね。 触ると相手に乗り移れる悪魔アザゼルと戦う一人の刑事の話なんですが、ローリングストーンズの曲が何度もでてきて(タイトルまま)、この歌が離れなくなりますね(笑) 脇を固める俳優陣も豪華でし...
2008/11/28(金) 01:13:41 | いやいやえん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。