大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006年08月28日 (月) | 編集 |
open5.jpg


■2004/1/21日DVD発売

■スペイン制作 ■117分

■監督 ・アレハンドロ・アメナバール

■出演
・エドゥアルド・ノリエガ(セサル)
・ベネロペ・クルス(ソフィア)
・チェテ・レーラ(アントニオ医師)
・フェレ・マルティネス(ベライヨ)
・ナイワ・ニムリ(ヌーリア)

■あらすじ■
セサルは女性にモテるだけでなく、両親から十分な遺産を相続し、優雅に暮らしていた。ある日、彼はソフィアに一目ぼれし、それまで付き合っていたヌーリアに冷たくあたる。しかし、ヌーリアの巧みな誘いにのったセサルは彼女の車に同乗して、心中といえる交通事故にあう。ヌーリアは死亡しセサルは大怪我を負い無惨な顔になってしまう。愛していたソフィアからも冷たくされ不幸のどん底だったが、手術に成功。再び美しい顔を取り戻し、ソフィアとの関係もうまくいき始めてた矢先、死んだはずの恋人が現れる。その時からセサルは悪夢に悩まされるようになる。果たしてこれは現実なのか?それとも夢なのか?

■かんそう■

トム・クルーズの「バニラ・スカイ」の元版・・バニラスカイ
見てないので、良く分からないのですが・・トム氏があんまり(汗)
こちらの、エドゥアルド氏の方が良い男だと・・これ関係ないか

入り、いきなり「オープン・ユア・アイズ」の怪しい女性の声で
もうスリラーに入ったのかぁ~と・・タダの目覚まし時計でした

open4.jpg


スタイリッシュな、サスペンスなんですが、凄い謎だらけです。
途中で、ラストが読めるような映画では無かった。
見てる側も、夢と現実の区別がつかない・・。

ラスト間際で、やっと内容が理解できるのですが、凄い凝った作り
でした・・・誰が見ても予測出来ないと思います。
探してた答えは、別次元の話でした。

ベネロペ嬢と、エドゥアルド氏、主役らしく、なかなか印象
に残ります。

open2.jpg


あんな顔になってしまったら、同じ選択をするのかな~?
でも、私、目覚めたら、もっと幸せな夢を選び楽しく過ごしたい!
まして、何度でも選べるんんだから

「選ぶのは貴方次第ですよ」・・・・

派手な映画では無いのですが、ヨーロッパ系映画らしく淡々と
話が進んで行き、不思議感覚で、答えが知りたくて
ドンドン、のめり込んでしまう映画でした。

見応え充分で、印象に残るサスペンスでした。


コメント
この記事へのコメント
観たのですが・・・それも・・・
2回観たんです。なのに②忘れてるなんて・・・「バニラスカイ」はうんこです。
トムクルもうんこですヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆
確かコレのジャケットは顔半分が男、もう半分は女じゃなかったっけ~!?
なんかすごくスリルがあったような覚えが・・・もう一度観た方がよさそ!!
オバチャンの脳は狂牛病の牛のようにスカスカです。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
2006/08/28(月) 21:56:36 | URL | fuu #SpdmJqu.[ 編集]
fuuさん、こんばんは

これ2回も見たの・・・スゲー何で?
内容が好き?それとも主役のセサルが好み?(笑)

うんこまで、言える・・・前は変な顔だったね(爆)
ほんと、凄いや、映画よか貴女の、その堂々とした自己主張
聞いてた方が面白い!! キャハハv-218
2006/08/28(月) 22:24:49 | URL | アニー #-[ 編集]
 アニーさん こんばんは
最近、世界的に流行ってる記憶・夢系の中では
最初の部類になるんでしょうね。
僕は、この系統好きなので、若干点数甘めになってたりします。

僕は、ペネロペ・クルスは、バニラスカイの方が綺麗
に撮れてた気がしました。
2006/08/28(月) 23:27:23 | URL | hiro #-[ 編集]
私も「バニラ・スカイ」より、こっち派なんですが、それはこっちを先に観たからというのも多少、あるかも。
結末がどうなるか、というのはこの映画の場合、キーポイントでもあるわけで。
この手の映画、結構あるんですが、お勧めできないのが難点。
(結末を言うようなものなので、面白みがなくなっちゃうし。)
2006/08/29(火) 12:50:49 | URL | yis80 #-[ 編集]
hiroさん、こんばんは~

ハシリ映画なんですね~、こおゆう映画は、途中が問題ですね
見る人によって、結末見たい派と、意味分からない派に分かれて
しまう感じ。

でも、私は、前者ですよ・・・何でなのか知りたくて知りたくて
その為には、途中をジックリ見ないと分からなくなってしまう。

私的には、面白かったです・・「バタフライ・エフェクト」なんかも
最初は意味分からなかったのですが、ドンドンのめり込む
そんな感じの映画でした~

でも、「バニラ・スカイ」は見ません(笑)トム、ヤダv-12
2006/08/29(火) 20:21:27 | URL | アニー #-[ 編集]
yis80 さん、こんばんは~

「バニラ・スカイ」は、派手ですか?
何か、トム氏なんで、演出がハデハデそうな気がして~

見てないので、比べる事は出来ないのですが

確かに、答えしか無い・・・私には、途中でのヒント、まったく
分かりませんでした。・・・・もうラストまで一直線に答えを
探してただけです(汗)

これでも、精一杯ネタバレ禁止で書いたのですが
バレバレですかね?(爆)・・・キャハハ
2006/08/29(火) 20:28:10 | URL | アニー #-[ 編集]
hiroさん、もいっかい

トラバありがとうございましたv-222
2006/08/29(火) 20:29:02 | URL | アニー #-[ 編集]
もう一つ、バックで~!
私も、こういう映画、大好きで~す!

先に「バニラ・スカイ」を観たけど、
これがもう、金返せぇーーってパターンのダメ映画で、
商売人トム・クルーズの道楽映画としか言いようがなかった・・
きっと、ペネロペをゲットするために撮ったんでしょ~
お金はレンタル料で済んだけど。

「オープン・・」のほうはTVでやってて、
オリジナルかぁ~と何気なく観てたら
アニーさん同様、のめりこんで抜けなくなっちゃいました!
アレハンドロ・アメナバール、すっばらしいです!
こっちは好きな映画でした!

2006/09/14(木) 21:19:47 | URL | ラルフ #nft/jt/c[ 編集]
こんばんは~

私もね、トムクル苦手でね(汗)
きっと、バニラも凄い派手な映画になってるんだろうと想像する(笑)だから、見たくないの~

元祖の方は、主演も格好いいし←これは又、違う問題だ(笑)
全然、どんな流れになるのか、読めなくてね・・・。
ドンドン、のめり込んでしまった映画でした。

別次元の話のような、身近に有りそうな・・印象に残る映画でした。
2006/09/14(木) 21:31:36 | URL | アニー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
オープン・ユア・アイズSTORY刑務所内の精神病棟。セサル(エドゥアルド・ノリエガ)は精神分析医アントニオ(チェテ・レーラ)にこれまでの経緯を語る。それによるとセサルは、ハンサムな上親の遺産を相続したため、金に
2006/08/28(月) 23:29:37 | ジョニーからの伝言
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。