大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年05月17日 (月) | 編集 |
私は、現在windows7(64ビット)のノートパソ使っています。
xpからの買い替えですが、日本語入力はATOKを使っていました。

XP時代には、漢字変換なんて当たり前だと思っていて
ATOKがどれだけ使い易かったのかなど全く感じていませんでした。

が、7になってから入力はMS-IME頼み・・・ヌオォォー猛烈に使いづらい!
慣れてる方は不便無いのでしょうが、エイトックから移行した私にとって
IMEの変換ブリ、有り得ない。未知の世界でした(汗)

使い始めブログ更新にも倍近く時間かかりました。
現在は少しなれたものの、不便に変りなく、エイトック購入を考えたのですが
「高い!!」←ドケチなんで、これで躊躇ヽ(o゚ェ゚o)ノ

で、フリーソフトを探してみたのですが「Baidu type」なるモノが
まず目に付き使ってみるべ・・と思ったものの残念ながら64ビットに未対応

で結局「グーグル日本語入力」をダウンロードし、それで今、更新してます。

顔文字無いので、辞書登録して・・とメンドクサイ事はあるのですが
何せタダですから、少々の事には目をつむろう精神です(*゚ー゚*)

IMEより、遥かに使い易い! ATOKに勝ってるとは思いませんが、これならストレス
感じる事無く使えそうです。

ATOK購入考えてる方は、取りあえずgoogleを試してみるのも1つの手かもしれません。

■ google日本語入力

■ 「Baidu type」(32ビットのみですが、顔文字も元々有り)

★よろしかったらクリックお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

スポンサーサイト

2010年05月15日 (土) | 編集 |
kurara1.jpg

■2010年5月8日DVD発売  ■アメリカ制作  ■92分

■監督 ・デクラン・オブライエン

■出演
トム・フレデリック/ ジャネット・モンゴメリー/ テイマー・ハッサン

■あらすじ■
女子大生のアレックスは、友人達とキャンプを楽しんでいたところを突如何者かに襲われる。森の中を逃げ惑うも、次々と無惨に殺されてゆく。一方、刑務所の看守ネイトは、凶悪犯たちを護送する事に。しかし、護送車は途中で事故に遭い、深い森に放り出されてしまう。囚人たちはチャンスとばかりに脱出を試みるが、そこへ恐怖に怯えたアレックスが現れ、この森には“奴ら”がいると繰り返すが。

kurara3.jpg 
kurara5.jpg
kurara6.jpg 

■かんそう■
深い森、奇形ミュータント、そして餌食の若者達・・入りは、恒例クライモリです。
前作で、奇形家族の多くが殺されてしまった為、今回は2人キリ。

小さい子は、2で指しゃぶってた赤子ですかね? 大きくなったなぁ~。
罠を持ち上げられない所、チョット可愛かった

と、ここまでは今まで通りなのですが・・・ここから妙な展開にチェンジ

囚人と看守の戦いや、仲間割れがメインになり「奴ら」から逃げる緊迫感不足です。
奴らより、囚人達の方が、たち悪いです

看守ネイト、唯一善人かと思いきや、最後ドンデン返しくらいます。
好青年も、金に目がクラミ自ら墓穴を掘る。何て浅はか

殺されっぷりが豪快なんで、ラストまで退屈しないのですが、かなり毛色が変わってしまい
クライモリのようで、クライモリでは無い・・そんな感じでした。

一言、最後の足誰?別の奇形?普通の人?どっちにしても、続編やる気マンマン?^_^;

私の好き度 ico_grade5_3.gif

★よろしかったらクリックお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

2010年05月11日 (火) | 編集 |
The_Descent_2.jpg

■2010年3月19日DVD発売  ■イギリス制作  ■95分

■監督 ・ジョン・ハリス

■出演
シャウナ・マクドナルド/ ナタリー・メンドーサ/ クスリテン・カミングス/ ギャヴァン・オハーリー

■あらすじ■
アパラチア山脈の洞窟探検に出掛けた女性6人のグループが行方不明になるという事件が発生。そのうちの一人、サラだけが血まみれの状態で生還する。保安官が残りの仲間たちの安否を尋ねるが、サラは意識が混濁していたため、救助隊はやむなく彼女を連れて洞窟に向かう事に……。

05.jpg

04.jpg

■かんそう■
「オッサン何者なんだぁ!?」・・・が全てなんですが

サラって、トコトンついてないですねぇ。
死んでも戻りたく無い洞窟に逆戻り。 彼女は血まみれの絶叫女王が板に付いてます^^;

仲間の一人も生存してましたが、脱出して間も無い話なんで納得です。

内容は前作と同じようなモンで謎の恐怖が無いのと
男性陣が混ざり、銃が使われてしまったせいか怖さ半減

ウ○コ池に浸かる姿は、相変わらず気持ち悪いですが
あんな太っちょ保安官が狭い洞窟通れそうも無いけどな~。

でも、普通に最後まで見られたし、気色悪いウインクおっさんが最後絡んで
くるとは、予想してませんでした。

が、逆に絡んだオッサンに興冷めしたのも事実。
何だか有りがちな方向へ進みジ・エンドでした・・次作に無理やり繋げる展開としか思えない

一言、怪物君って、地底人だけあって、さすが色白。羨ましい( ^)o(^ )

私の好き度 ico_grade5_3.gif

★よろしかったらクリックお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

2010年05月04日 (火) | 編集 |
New-Moon-1.jpg

■2010年3/26日DVD発売  ■アメリカ制作  ■130分

■監督 ・クリス・ワイツ

■出演
クリステン・スチュワート/ ロバート・バティンソン/ テイラー・ロートナー/ ダコタ・ファニング

■あらすじ■
転校生ベラは、妖しく美しいエドワードと恋に落ちる。が彼は、100年以上も生き続けてきたヴァンパイアだったのだ。彼の正体を知っても、恋心を止められないベラは、エドワードのそばにいるために自分もヴァンパイアになりたいと思い始める。だが自分と同じ苦しみをベラに味あわせたくないエドワードは、彼女の前から姿を消す。最愛の人を突然失い、ふさぎこむベラ。そんな彼女の心を癒したのは、幼なじみのジェイコブだった。

■かんそう■
new-moon-2.jpg
new-moon-3.jpg
new-moon-4.jpg

いつも言うようですが、恋愛映画は不得意です・・じゃ見るなって話なんですが
「初恋」を見てしまったので、完結まで見たいのです。

前作にまし、ディープラブで少々時間を長く感じられてしまいました。
多分、愛する人と居られない・・苦悩、心理描写メインで体の動きが少なかったからかな

が、一緒に居られないなら死を選ぶ。これこそ究極の純愛っす。
ここまで、異性を愛した経験無いので理解出来ない反面、激情愛に憧れたりもします。

今作では、ジェイコブ君出ずっぱり。彼の想いも切なかったけど顔引っかかれるの怖いし(^_^;)

それと、元祖種族の小柄な女性、可愛さと怖さのギャップ感じて印象深い。

2作目は、マッタリしてしまって私の好みでは無かったのですが
次作は、派手なバトルが展開されそうで期待大です。

私の好き度 ico_grade5_3.gif

★よろしかったらクリックお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング



2010年05月01日 (土) | 編集 |
hana1.jpg

これから、映画ばかりでは無く、映画以外にも好きな物
たとえば、お花とか家庭菜園とか猫ニャンとかのお話も
混ぜ混ぜしてノンビリ更新して行こうと思う今日この頃な私です。

で、お花第一弾は「ちりあやめ」
私宅は、庭に雑草避けの為、砂利を一面敷いています。
が、その砂利に負けず毎年暖かくなると、庭の片隅にヒッソリ咲いてくれます。

一日でシボンデしまうし、100円ライターくらいの背丈しかありません。
もっと環境の良い場所だと大きくなって次々に咲くのかな?

車庫横なんで、慌ててると忘れて踏んずけちゃいます(^_^;)

それでもメゲズニ、強くそして何処までも青く澄んだ可憐なちりあやめってケナゲ。

★よろしかったらクリックお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。