大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年06月29日 (月) | 編集 |
ce1.jpg

■2009/6/12日DVD発売  ■スペイン/フランス/アメリカ制作 ■133分

■監督 ・スティーブン・ソダーバーグ

■出演
ベニチオ・デル・トロ / カルロス・バルデム / デミアン・ビーチル

■あらすじ■
1965年3月、ゲバラは忽然と姿を消した。カストロはキューバ共産党中央委員会の場で、ゲバラの手紙を公表する―。彼は再び、革命の旅を始めた。変装したゲバラは、1966年11月ボリビアに入国する。そこは大統領の独裁政権のもと、農民やインディオたちは圧政と貧困にあえいでいた。ゲバラのもとに次々と革命に燃える戦士が集まるが、ボリビア共産党の援助が絶たれ、ゲリラ軍は孤立していく

■かんそう■
前作は、生涯革命家としての序章ですね。
映画的に見ても、別れの方がドラマチックだと思います。

キューバ革命後、家族にも目的告げす新たな戦いの場へと旅だったゲバラ。
が、ボリビアではヨソ者として扱われ、密告に追い詰められてしまう。

ボリビア国民は、一生貧しくても構わないのか?・・と思う反面
褒美の小銭に動かされてしまうのも、貧しいがゆえなんだと感じる。

カストロは豪華なディナー、ゲバラはジャングル。 私には理解出来ないけど
そこが、全ての人に自由をと戦いに挑み続け、未だに慕われる理由の1つだと

人間を信じ、裏切られたゲバラ・・それでも信じ続けた彼
「作戦が失敗する事で、民衆は目覚めるかもしれない」 損得勘定など無い

我が身を犠牲にしても虐げられた人々に伝えたい思いをヒシヒシ感じる。

命乞いする事も無く最後まで堂々と信念貫いた革命家。
彼の人生は幸福だったのかは分からないけど、生き様は
私の心に刻まれました。

私好き度 ★★★★

★よろしかったらクリックお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

スポンサーサイト

2009年06月27日 (土) | 編集 |
fani1.jpg

■2009/6/26日DVD発売  ■アメリカ/イギリス/フランス/オーストリア/ドイツ ■111分

■監督 ・ミヒャエル・ハネケ

■出演
ナオミ・ワッツ / ティム・ロス / マイケル・ピット / ブラディー・コーベット

■あらすじ■
別荘で過ごすアンとジョージ夫妻のもとに、ポールとピーターと名乗る青年が卵を分けて欲しいと訪れる。ふてぶてしい訪問者の態度に業を煮やしたジョージがポールのほほを平手打ちすると、突然二人の男は凶暴な顔を見せ、生死をかけたゲームをしようと告げるが……。

fani3.jpg
fani2.jpg

■かんそう■
同監督のリメイク作品ですが、オリジナルを見た事が有るので
どう違うのか見比べてみたくて鑑賞。

思いっきり同じ・・アンのスリップ姿が、ブラ&パンツ姿になってたのと
ポールがオリジナルより男前だったのが違う。

理不尽さに嫌~な気持にさせられ、最後の最後まで後味悪い。

ポールはサラサラ爽やか青年、ピーターは太めだけど、気弱そうで優しげ。

従来の殺人者達は、恨みや快楽など一応理由が有ったりするのですが
この2人は、心底ゲーム感覚のみ。 何の感情も持ち合わせて無い。

画面に問いかけてる来るの腹立たしいし、形勢不利になるとリモコンで
巻き戻してしまう所など、被害者に救いが無い

人の命ってイトモ簡単に消し去れると言う事感じます。

楽しい映画ではないが、何故か印象強くて忘れられそうも無い作品です。

一言、若い男の子に卵分けてって言われホイホイ気許しちゃダメです奥さん!(私も含む)^_^;

私の好き度 stars-3-5.gif

★よろしかったらクリックお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

2009年06月25日 (木) | 編集 |
fuku1.jpg

■2009/5/28日DVD発売  ■アメリカ制作  ■85分

■監督 ・エリック・イーソン

■出演
ブレンダン・フレーザー / スコット・グレン / モス・デフ

■あらすじ■
アメリカからブラジルのサンパウロへ逃れナイト・クラブ兼売春宿を営む、ロッソとポールの親子は、ある日、大量のコカインを手に入れる。それを売却して新生活を手に入れようと考える親子だが、息子ポールの独占欲は日増しに肥大化していく。

fuku3.jpg
fuku2.jpg

■かんそう■
邦題に役者名が入ってるのが・・・どうも胡散臭い^_^;

ブレンダンさんのバイオレンス系作品なんて見た事無いので、興味本位で鑑賞

サンパウロ裏町の荒んだ感じは、良い雰囲気でした。

ブレンダンさん、父親の金そして妻を奪おうとする
性根の腐った悪役なんですが、冷酷に成りきれない男。

しかし、まー、息子に恨まれてもショウがない父親だよ
ナンチュー、オヤジだ・・・息子が許さないの分かる。

一方、色々な事情で急遽仲間となった青年モスさんにも
短いながら、女性との物語があったりして

どちらかと言うと、ヒューマンドラマの要素が強かったような

バイオレンスとしては淡々とドライな感じ受けるものの
ヒューマンとしては深みが足りなくて、インパクト弱し。

私の好き度 ★★★

★よろしかったらクリックお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

2009年06月22日 (月) | 編集 |
los1.jpg

■2009/6/19日DVD発売  ■アメリカ制作  ■119分

■監督 ・クリス・シヴァートソン

■出演
マーク・センター / マイケル・ボーウェン / ロビン・シドニー / アレックス・フロスト

■あらすじ■
65年夏、ニュージャージー州の保養地・スパルタで不良青年・レイによってキャンプ中のふたりの女子大生が射殺された。4年後、未だ逮捕に至っていない刑事・チャーリーは新展開を図ろうとすが…。

■かんそう■
ホラー作家、ジャック・ケッチャム原作の映画化作品・・・つっても読んだ事は無し^_^;

キング氏絶賛の文字にソソラレ、つい手を出してしまいましたが
血みどろホラーでは無く、サイコホラーでした。

雰囲気は、クリスチャン・ベール演じた「アメリカン・サイコ」の世界。

レイ青年は、ドラッグ、酒、女、大好き、若者にアリガチな男。
が、病的なまでのナルシスト・・自分より弱い者には絶対的な威圧感で接する

サイコチックって様々なパターンが有るのでしょうが、とにかく打たれ弱い

プライド傷付けられ、思うようにならなくなると一気に精神崩壊

錯乱状態のレイ役マークさんの演技が凄い
止めようもない、興奮ハイテンション状態

私は平静状態なので、見てて笑ってしまうのですよ
これは、アメリカ・サイコでも同じでした・・・・・あの状態こそサイコなのだと思えて

映画的には、面白いとは思いません。 が、心底異常者って、恐い。

私の好き度 ★★★

★よろしかったらクリックお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

2009年06月19日 (金) | 編集 |
reb1.jpg reb2.jpg

■2009/6/5日DVD発売  ■アメリカ/イギリス制作  ■119分

■監督 ・サム・メンデス

■出演
レオナルド・ディカプリオ / ケイト・ウィンスレット / キャシー・ベイツ
キャスリーン・ハーン / マイケル・シャノン

■あらすじ■
1950年代アメリカ、コネチカット州。フランクとエイプリル夫妻は、閑静な住宅街に暮らし、子供にも恵まれた理想のカップル。しかし、甘い新婚時代の暮らしも次第に色あせていく。演劇志向のエイプリルは地元の劇団の舞台に立つが、芝居の出来が悪く夫婦で口論に。一方フランクは、しがないセールスマンの仕事にやるせない不満を感じていた。そんな時エイプリルが提案する。「みんなで、パリで暮らしましょう」と…。

■かんそう■
ラブストーリーかと思ってたのですが・・
夫婦間の愛が描かれてはいるものの
見終わって、辛さ、やるせなさでイッパイになってしまって

あそこまで悲しい幕切れにはならないにしても
どの夫婦にでも大なり小なり当てはまる

両者の言い分理解できるし、私が同じ立場でも選択は難儀

現代なら、速攻離婚するのがお互いの為だと思えるけど
時代と、とことん憎しみ合って無いのが、こんな悲劇を招く訳で

終始、罵り合いで、ゆうつな気分になるんだけど
レオ&ケイトの演技が上手くて引き込まれてしまうし
身近な問題で、あらためて自分に正直か?・・考えさせられてしまいました。

ただ、ままならないのが現実で世間体優先・・ジレンマに落ち入りますね

結局、夫は一生罪を背負って生きて行く定めかもなぁ。

それと2人を理想化した近隣主婦。人の不幸で自分の幸せ度計ってる
あんな女にはなりたくない・・・と思いつつ、既になってるかも私

私の好き度 ★★★★

★よろしかったらクリックお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

2009年06月16日 (火) | 編集 |
siss47.jpg

■2009/6/3日DVD発売  ■アメリカTVドラマ  

■VOL4 【 ハードウェイ 】  【 代償 】  ■88分

■VOL5 【 大いなる成就 】 【 レジェンド 】 ■88分

■VOL6 【 賽は投げられた 】 ■45分

■かんそう■
3の終わり、スーザンに殴られたティーバック・・この2人は予想通り結託。
が、スーザンは本当に金の為なのかわ分からないなぁ。

狙われたセルフが、マホーンに助言求め返答は
「追われた建築士が逃げるのやめ挑んできた」 攻撃は最大の防御。

何だか、これまでの激闘を懐かしく思い出してしまいました。

中盤までに、裏切り、マホーンの復讐達成。
サラの拷問トラウマの払拭などなど、結末に向け1つずつですが
確実に決着が付いて行きます。

siss4.jpg
siss43.jpg

ただ、今回はベリックにつきます!
いつも、人の影に隠れ煮え切らない男でしたが、勇者として逝きました。

ティーバックの涙目、マホーンの警察バッジを棺に置く場面とかウルウルしちゃって
初代からのメンバーなんで寂しくなりましたが、格好いい最後。お疲れ様

一方マイケルは、病をオシ自由の為に計画遂行へと
ラストに近づくにつれ、他メンバーの活躍も描かれ、みんな頼もしい

解読器の部屋への侵入はドキドキしました。
刑務所とは警戒レベルが違います。既にスパイの域でしょ

スーザンと閣下の関係に驚き・・・娘が閣下の子だと知って2度ビックリ^_^;
男女関係とは摩訶不思議なモンです

siss44.jpg
siss46.jpg

目まいに襲われながらも、辿り着いた目的地・・・が触った途端バレちゃった
普通、物自体にもセキュリティー有るのが常なんですがね~

手術しなければ、命は無いと宣告されたマイケル。
侵入察知され、時間との勝負・・・・計画失敗か? そして彼の命は?

良い所で、今秋リリース予定の後半へとオ・ア・ズ・ケェ~。 (。-_-。)

★よろしかったらクリックお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

2009年06月15日 (月) | 編集 |
dw1.jpg

■2009/6/3日DVD発売  ■韓国制作  ■90分

■監督 ・シム・ヒョンレ

■出演
ジェイソン・ベア / アマンダ・ブルックス / ロバート・フォスター / エイミー・ガルシア

■あらすじ■
LA郊外の広範囲な地面陥没事件を取材していたTVリポーターのイーサンは、現場で鱗状の化石を目撃する。それは少年時代に聞かされた、世界に訪れる危機の話を裏付けるものだった。イーサンは危機から世界を救う鍵となる“運命の女性”を探すために奔走し、ようやくその女性・サラを見つける。しかし同じく彼女を追っていた巨大なモンスターもLAに出現し、街を破壊しながらイーサンとサラに襲いかかってきた

dw2.jpg
dw3.jpg
dw4.jpg

■かんそう■
韓国に伝わるドラゴン伝説。 大昔、運命に逆らい心中してしまった男女の
生まれ変わりが、欧米人だったと言う事で・・それはまあ、良いんです。

大蛇が突進して来るスピードの速さ、高層ビルを螺旋描きながら昇る姿。
CG映像は、アナコンダ3&4を見てる私からするとクオリティー高い

悪の軍隊は、どう見ても大都会に出現したスターウォーズ^_^;

とまあ、映像的には、何ら問題無く楽しめたのですが
内容が素晴らしく、アッサリ淡泊・・・TV放送カット版のようでした。

イーサン、前世では武道の達人でしたが、強いんだか弱いんだか?
逃げるだけで結局運命には逆らえず。
パニック映画なのか、悲恋物語なのか・・・・分からず。

やはり、ドラゴン伝説を90分で描くの無理だなと
じっくり描けば、壮大で重厚感有る題材なのに残念。
が、退屈する事は無かったです

一言、悪と善の大蛇・・・闘ってる時、区別が付きません

私の好き度 ★★★

★よろしかったらクリックお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

2009年06月14日 (日) | 編集 |
on1.jpg

■2009/6/5日DVDレンタル開始  ■タイ制作  ■110分

■監督 ・モントン・アラヤンクン

■出演
インティラー・ジャルンプラ / チャッチャー・ルチナーノ

■あらすじ■
医師による妻殺害事件を追うことになった女性レポーターのチャリニーは、調査を進める中で事件と酷似したふたつの殺人に行き当たり、ある家の存在に辿り着く。

on2.jpg
on4.jpg
on6.jpg

■かんそう■
実話ベースのタイホラーですが、中盤まで結構恐い

妻殺し医者のグリグリ見開いた目つきは異様だし
チャリニーの怯え方が上手い。

恐ろしい形相の女性霊が、ジワジワと迫ってくる怖さ体感できるし
彼女は、危険を伝えようとしてるのですが
あの顔で警告されても恐くて、聞いてる余裕無いね^_^;

霊が巣くう家も、良い塩梅の不気味さ。
熱帯地域なので日本とは違って開放感有るのですが
そこはアジアンホラー・・何か居るのが気配で分かる。

黒い影は、「回路」を連想してしまいまたが、まあ有りです。

私は、てっきり旦那に取り憑いたと思ってたのですが
違ったぁ・・・逆パターンだったのか? どちらも取り憑かれたのか?

時悪な者の正体ですが、掴み所が無く曖昧な感じ受けました。
が、実話ベースと言う事でエタイの知れない存在
逆に現実的なのかもという気はしますが・・・・・。

私の好き度 私の好き度 stars-3-0.gifstars-3-5.gif

★よろしかったらクリックお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

2009年06月12日 (金) | 編集 |
suta11.jpg

■2009/5/29日~公開中  ■アメリカ制作  ■126分

■監督 J・J・エイブラムス

■出演
クリス・パイン / ザカリー・クイント / エリック・バナ / ゾーイ・サルダナ
カール・アーバン / ジョン・チョー / サイモン・ペック / アントン・イェルチン

■あらすじ■
ジェームズ・T・カーク(クリス)が宇宙艦隊に入隊して3年。USSエンタープライズに乗ることに成功したカークだったが、船内のトラブルメーカーになってしまう。それが気に入らないスポック(ザカリー)は、カークを船から追い出そうとするが……。

suta10.jpg
suta7.jpg
suta6.jpg
suta12.jpg

■かんそう■
スター・トレック大好きです!・・とは言ってもシリーズ見続けてるコアファンでは無し。
今までに、何人艦長が替わったのか?
ピカード艦長&データのコンビも結構好き。

が、この映画は詳しくなくても充分楽しめました。
こんな豪華映像、スピード早い展開、今までの関連作で見た事ないよ私。

新船エンタープライズ登場には、感動! 
それと、初代スポックにも感動。年齢だろうけど表情が優しくなったね

スールーだっけ?ワープ失敗とか、いかにも新人らしくて初々しい。

内容も、カークが艦長になるまでの事情、スポックの苦悩。
そして2人&クルーの絆が出来るまで。
恒例のこどく、人間ドラマも織り込まれてました。

カークとマッコイのトンチンカンな絡みも笑わしてくれるし、スコットもお気楽で(笑)

敵ネロの悲しみ恨みの深さを、もう少し描いて欲しかった気はしますが
時間を忘れて入り込んでしまいました。

ラストの定番ナレーション&テーマ曲・・・これでもう私ノックアウトでしたわ

私の好き度 stars-4-5.gif

★よろしかったらクリックお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング 

2009年06月11日 (木) | 編集 |
surame1.jpg

■2009/4/18日~公開中  ■イギリス制作 ■120分

■監督 ・ダニー・ボイル

■出演
デヴ・バテル / マドゥル・ミッタル / フリーダ・ビント

■あらすじ■
インドのスラム出身の少年ジャマールは人気クイズ番組に出演し、あと1問で2000万ルピーを手にできるところまできた。しかし、これを面白く思わない番組のホストは警察に連絡。彼はズルをして正答を得ていたとされ、詐欺容疑で逮捕されてしまう。ジャマールは警察署での警官の厳しい尋問に対し、正答を知ることになった自分の過去を話し始める。そこには1人の少女を追い続けた彼の人生の物語があるのだった

■かんそう■
アカデミー受賞で突然遅れ公開・・うち辺りでは日常茶飯事で何ら問題無し(^_^)

スラムで育った子供達のタフさ、そして劣悪環境の中で
たくましく生きている人々の溢れるエネルギーがムンムン

映像がスピーディーだし、曲が絶妙にマッチングしてて退屈させない

う○こまみれのジャマールがサイン求めても嫌な顔1つしないスター。
彼も又、少年期に裕福では無かったかもしれないなぁ。

宗教争いで、公然と無差別殺戮が行われたのには愕然したし
貧しい子供達を食い物にする大人が居るの、どの国でも変わらないのが悲しい。

でも、闇の中でも子供達に悲壮感が無く、笑顔が眩しいくらい光ってる。

ジャマールの純愛・・非現実的なのが逆に美しい。出会いは運命・・憧れる。
お金では買えない大切なモノを、自らの力で掴み取ったよ。

お兄ちゃんも、最後に兄弟愛見せてくれたし

インドのみならず、全ての人に、どんな苦境に遭遇しても
ヘコタレルなってパワーを貰えるような作品でした。

一言、エンドロールまで楽しませてくれるよねぇ・・・踊るマハラジャかいな

私の好き度 stars-4-0.gif

★よろしかったらクリックお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

2009年06月09日 (火) | 編集 |
aru11.jpg

■2009/6/5日DVD発売  ■アメリカ制作  ■109分

■監督 ・デヴィッド・エアー

■出演
キアヌ・リーヴス / フォレスト・ウィッテカー / ヒュー・ローリー / クリス・エヴァンス

■あらすじ■
ロス市警のラドロー刑事は、事件解決のためには手段を選ばず、強引なやり方を貫き通す男。上司のワンダー警部だけは彼を理解し、かばってくれていた。そんな時ラドローは、かつてコンビを組んでいたワシントン刑事が彼の違法捜査を密告していると聞きコンビニ店内で捕まえようとしたその時、覆面強盗が店に押し入り、ワシントンは銃弾を浴びて死んでしまう。四面楚歌の状況に陥ったラドロは・。

aru5.jpg
aru6.jpg
aru7.jpg

■かんそう■
ディスコと呼ばれた、クリス・エヴァンス目当てに見たような感じですが・・。

キアヌの制服姿、格好良いし、内容的にも緊張感有って2転3転
同僚達、煙たがりながらもフレンドリーだし、ボスも頼りになる存在。

1人だけ、カヤの外だったとは本人夢にも思わなかったでしょうね

ただ、何となく展開が読めてしまって・・・・予感がしたと言うか
若干、真実に辿り着くまでが、どっかで見たような流れで

ラドロー刑事は、腕は良いし仲間を信頼しきってる・・都合良いコマ。
が、彼ままならない人生にヨタッテルだけで、正義感は人一倍強いって印象でした。

ちーと、ありがちな展開で、強烈印象は残らないものの
時間イッパイ楽しめたし、普通に面白かったです。

一言、犯人の予感はしましたが、最後の内部捜査官の目的はサスガに読めませんでした

私の好き度 stars-3-5.gif

★よろしかったらクリックお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

2009年06月09日 (火) | 編集 |
uru1.jpg

先着2万人限定前売り特典、ドッグタグです。

T4が10万人だったので、数が少なく貴重と言える反面
ジョン・コナーほど、人気が無い・・・とも解釈できるような気も^_^;

私は、どうもアメコミ系の映画は得意ではありません。
が、X-MENは大好き。 アイアンマンも結構好きです。

X-MENでのお気に入りキャラはマグニートですが
いきなり、マグニートのスピンオフは確実に無謀だと思えるし(^∇^)アハハハハ!

他メンバーの作品が単独で制作されるのかも知りません。

考えると他全員は生まれつきのミュータントでしたが
ウルヴァリンは、手術みたいなモノで生まれ変わった訳で

概要だけはファイナルディシジョンで触れられてましたが
結局、彼の生い立ちは謎のままで、スピンオフで語られるのね

結構、人間ドラマの雰囲気漂う感じですが、今ノリに乗ってる
ヒュー・ジャックマンですし、楽しみに待ちマース。

アメリカでの評判はいかがなもんでしょうね?



★よろしかったらクリックお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

2009年06月06日 (土) | 編集 |
t4.jpg

■2009/6/13日~公開  / 先行鑑賞  ■アメリカ制作  ■114分

■監督 ・マックG

■出演
クリスチャン・ベール / サム・ワーシントン / アントン・イェルチン 
ブライス・ダラス・ハワード / ヘレナ・ボナム・カーター

■あらすじ■
“審判の日”から10年後の2018年。人類軍の指導者となり、機械軍と戦うことを幼いころから運命づけられてきたジョン・コナー。今や30代となった彼は、人類滅亡をもくろむスカイネットの猛攻が開始されようとする中、ついに人類軍のリーダーとして立ち上がることになる。

■かんそう■
予想以上にベリーグッド! 最後まで圧倒されスゲーの一言。

ジョンが部隊隊長から、全体のリーダーとなる過程が描かれてました。

入り、死刑囚マーカスから始まり・・・どう関連づけられるのか?
又、ヘレナさんが、見るからに重病って感じで、青白い顔が似合うったら(笑)

年代が交錯するので、カイルの年齢とか脳内でゴチャ混ぜなんですが
深く追求する所ろでも無いし

審判後の話で、特定の刺客ターミネータとの戦いでは無く
スカイネットとの戦いのため、これまでの作品からすると
話の焦点がボケ気味かもしれません。

が、全体的に見ると身動ぎ出来ないくらいの興奮度。

次から次えと、繰り出される新種マシーンの攻撃・・迫力映像に酔いしれました。

T-800の攻撃受けたジョン。 T3で、2032年にジョン死亡と言ってたので?
この辺の設定も抜かり無しですなぁ。

逃げるジョンから、闘うジョンへと上手くシフトした気がします。

4は、ジョンと言うよりマーカスがメインだったように思えますが
ここから、新たなジョン・コナー伝説が生まれるには充分な満足感でした。

一言、合成あの方はサービスショット程度ですが、それでも嬉しかったし
基地のバックモニターに日本列島・・あれは日本のファンへサービス?

私の好き度 stars-5-0.gif

★よろしかったらクリックお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

2009年06月04日 (木) | 編集 |
ara11.jpg ara1.jpg

■1999年制作アメリカTVドラマ  ■2007/3/8日DVD発売  ■2枚組 / 254分 

■監督 ・クレイグ・R・バクスター  ■原作 ・スティーブン・キング

■出演
ティム・デイリー / コルム・フィオーレ / デブラ・ファレンティ

■あらすじ■
アメリカ・メイン州の小さな島で保安官を務めるマイク。間もなくやってくる強大な嵐に備えていると、殺人事件の報せが入った。マイクが現場に駆けつけると、そこには惨殺された老婆のそばで、銀狼の頭をつけた杖を持ち、血まみれで紅茶を飲んでいる犯人アンドレの姿があった。アンドレを留置所に送るが『要求に応えれば島を出て行く』というメッセージと怪しげな歌を残す。ひどくなる嵐と、次々起こる惨劇に震える島民たち。マイクは事件の謎を解こうとするが

■かんそう■
かなり前、NHKで放送され見逃した部分が有って、見たかったものの
題名が分からず、2人の方に教えていただき、やっと全鑑賞できました。

再鑑賞しても、やっぱり秀作。

血みどろや、怪物も出て来ません・・・が、暗闇で赤く光る目、ときおり見せる牙。
かいま見せる程度なのが、逆に恐ろしい。

島民の秘密を暴露し、悪夢を見せ巧みに心を操り、不安と恐れをジワジワ浸透させて行く
悪魔?役のコルムさんがハマリ過ぎ!

何処か、「ミスト」の世界。 追い詰められ行き場が無くなる恐怖。
そして、救いの無い結末・・・自分や家族は助かりたい。人間の秘めた本性を感じます。

両親でさえ、島の習わしとして欲しがってるモノを差し出しますが
8分の1の確立に賭け、本心は外れる事を祈る・・・思惑を利用されてしまったような

ラルフ君、生きてはいたけど、既に人間では無いし、島民も死ぬまで選択が
正解なのか間違いなのか苦しむ後味悪いラストでわありますが

時間忘れて、引き込まれてしまい見応えありました。

私の好き度 stars-4-0.gifstars-4-5.gif

★よろしかったらクリックお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

2009年06月03日 (水) | 編集 |
furase1.jpg

■2009/6/3日DVD発売  ■イギリス制作  ■114分

■監督 ・ベイリー・ウォルシュ

■出演
ダニエル・クレイグ / ハリー・イーデン / イヴ / ヘレン・マックロリー

■あらすじ■
若くして全てを手に入れたハリウッドスターのジョーは、毎晩のように酒と女とドラッグにまみれた自堕落な生活を送っていた。そんなある日、かつての親友ブーツの突然の死の知らせを受け、彼の人生は一変してしまう。

furase9.jpg
furase6.jpg
furase8.jpg

■かんそう■
禁断のサスペンスだとジャケに書いてあったのでドキドキなのかと
予想したのが、そもそもの間違い

地位も金も手に入れ、目指すモノを失い虚無な人生送っていたジョー。
封印した思春期の罪の呵責から再生するヒューマンドラマのような

少年期が淡々と回想されるので、若干中ダルミするのが残念。

人妻との情事のせいで、最愛の人に去られただけで無く
罪の無い子供まで、死に追いやってしまった。

まだ未熟な少年ですが、自分を責めたの分かります。

機雷を嫌いと思う少女。母親だけで無く皆から嫌われてると勘違いするの可愛そう。
まー、子供に機雷だ! と叫んでも、分からないと思うけど

友の死で変わる人生・・・・良い方に変わった感じ。
「行動するのが勇気では無く、留まる事が勇気」

自分の犯した過ちを、真っ直ぐ見つめ立ち直る彼の表情は清々しかったです。

一言、引き締まった後ろ姿の全裸も拝めますが、やはりブルーの瞳が魅力的。
晴れ渡った空と海に瞳が映えるのよ

私の好き度 stars-3-0.gifstars-3-5.gif

★よろしかったらクリックお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

2009年06月02日 (火) | 編集 |
sya1.jpg

■2009/5/29日DVD発売  ■アメリカ制作  ■96分

■監督 ・メナン・ヤポ

■出演
サンドラ・ブロック / ジュリアン・マクマホン / ニア・ロング / ケイト・ネリガン

■あらすじ■
夫のジムや2人の娘と幸せに暮らしていたリンダ。ある日、ジムが交通事故で死んだという衝撃の知らせが届く。あまりの出来事に呆然とするリンダだが、その翌日、目覚めキッチンへ向かうと、ジムが何事もなく朝食を食べていたのだ。しかしさらにその翌朝になると今度はジムは死んでいて、葬式のために多くの人々が集まっていた。混乱の中リンダはなんとか状況を把握しようとするが……。

sya3.jpg
sya4.jpg

■かんそう■
シャッフルされた一週間・・・何故シャッフルされたのかわ描かれてません。

ギクシャク関係の夫婦へ、神様が与えてくれたラストプレゼントだったのかも

一週間が入り乱れて、どの日が何曜日なのか見てて分からないのですが
ジムの事故を止めようと奔走するリンダの姿にハラハラしました。

サンドラさんって歳取らないねぇ・・昔と同じ顔してるような。(∩.∩)

どんなに愛し合った男女も、年月が経つと、愛薄れて行くのは
悲しいのですが、一週間のチャンスで愛を取り戻せて嬉しかった。

妻や娘に愛を残し、愛されて逝く。
裏切りの疑惑や、冷めた関係を残して逝くのとは大違い。

結末を変える事は出来なくても、最後には前向いて歩んでいく母娘
穏やかで、優しい表情がチャンスを生かせた証拠です。

時間交錯の手法は目新しい物では無いのですが
結構楽しめたし、優しい気持ちになれました。

私の好き度 stars-3-5.gif

★よろしかったらクリックお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

2009年06月01日 (月) | 編集 |
guro1.jpg

■2009/5/22日DVD発売  ■日本制作  ■73分

■監督 ・白石晃士

■出演
長澤つぐみ / 川連廣明 / 大迫茂生

■あらすじ■
初デートの日、喫茶店で恥ずかしそうに向き合う男女。和男は、会社の同僚であるアキに想いを寄せている。そんなデートの最中、二人は突然何者かに襲われ見知らぬ地下室で目を覚ました。手足は拘束され、口には猿ぐつわ・・・いったい何が始まるのか!?

guro2.jpg
guro3.jpg

■かんそう■
くどいようですが、これ有って、おろちの無いTSUTAYAが??^_^;

展開は拷問の連続で内容ウンヌンではないものの、題名通りなので可。

注意書きに
■ とてつもなく残虐映画です。
■ 嘔吐覚悟でご覧ください。
■ モラルはお捨てください。
■ カップルではご覧にならないでください。
■ この映画に救いを求めてはいけません。

ん~確かに、的確な注意書きかも(笑)
ただ、理不尽な拷問受ける男女間に、我が身を切り刻まれようが
相手を助けたいと言う気持は感じられます・・・綺麗事では済まされない究極の愛かも

衝撃瞬間をハッキリ見せてはいないのですが、やってる行為自体は猛烈強烈。
しかし、見えないので、それ程痛みを感じ取れません。

私的には、性的拷問?描写の方がキツカッタ・・・生々しいたらありゃしない!

あそまで来ると、生きてるだけで良かったなんて心境になるモンなんでしょうか?

物語の意味は分からないのですが、グロ邦画も頑張ってるな・・と思いました。

一言、最愛の人に「私の為に死ねる?」と聞かれたら、貴男どうします?ヘビーな質問だ
あ~だから、カップルで見るなって事なんだ・・・なるほど

私の好き度 stars-2-5.gifstars-3-0.gif

★よろしかったらクリックお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。