大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年10月31日 (金) | 編集 |
ib1.jpg

■2003/6/6日DVD発売 ■アメリカ/イギリス制作 ■96分

■監督 ・ポール・アンダーソン

■出演
・ローレンス・フィッシュバーン(ミラー船長)
・サム・ニール(ウィリアム博士)
・キャスリーン・クインラン(ピーターズ)
・ジョエリー・リチャードソン(スターク)
・ジャック・ノーズワージー(ジェスティン)
・リチャード・T・ジョーンズ(クーパー)
・ジェイソン・アイザック(D.J)

■あらすじ■
2040年、人類初の太陽系外縁調査に出発した調査船イベント・ホライゾンが海王星付近で消息を絶つ。それから7年経ったある日、宇宙ステーションは生存を絶望視されていたイベント・ホライゾン号からのSOS信号をキャッチし、直ちに設計者・ミラーとUSAC(合衆国航空宇宙軍)隊員たちを派遣。そして、船内に移って救助を試みる彼らに、これまで体験したことのない怪奇現象が次々と襲いかかる…。

ib2.jpg
ib3.jpg
ib4.jpg

■かんそう■
「バイオ・ハザード」の監督作品。 SFもろホラーです。
以前見た事有るのですが、グロだったのは記憶が有るものの内容が・・忘れた^_^;

宇宙&宇宙船は、美しくハイレベルCGです。

静寂の宇宙空間・・・無機質な宇宙船で繰り広げられる惨劇の数々。
かなりの鮮血量、それにも増してウィリアム博士の狂気度合いがマックス!

博士が設計したホライゾン号。この船のコアは異空間へのワープを目的とするプログラム
未知の場所へ行く事に成功し帰っては来るのですが幽霊船のような様相で

船内は、血の海、干からびた無数の死体・・・いったい何が?
異空間で、姿の無い悪意に満ちた何かに乗っ取られてしまった船。

人間は、それぞれに触れられたくない苦い思い出を、心の底に封印してる
それを探り出し、幻覚として見せ、見てしまった者は、徐々に精神を蝕まれて行く。

逃げ場の無い閉鎖された空間なので、イッソウ何かの気配を感じてしまって不気味。

博士の切れ演技は迫力大でした。血まみれの顔で迫って来て恐いのよ。

欲を言うと、「地獄より恐ろしい場所」に行って、この目で見たかった。
どんな恐ろしい事が繰り広げらてる世界なのか興味深々だったのに

が、逆に考えると、見なかったからこそ想像が膨らんで怖さが増すのかもしれません。
悪趣味作品かもしれませんが、グロ大好きの私は楽しめました。

一言、姿を消した乗組み員達は皆、地獄より恐ろしい場所に居て苦痛に耐えてるって事?

私の好き度stars-3-5.gifstars-4-0.gif

★よろしかったら御協力お願いします。

人気blogランキング  ブログランキング

スポンサーサイト

2008年10月30日 (木) | 編集 |
suki1.jpg

■2007/11/2日DVD発売 ■アメリカ制作 ■92分

■監督 ・リチャード・エアー

■出演
・ジュディ・デンチ(バーバラ)
・ケイト・ブランシェット(シーバ)
・ビル・ナイ(リチャード)

■あらすじ■
ロンドン郊外の中学で歴史を教えるバーバラは、厳格で辛辣な性格から教え子だけでなく同僚からも疎まれ、孤立していた。そんなある日、若く美しい美術教師シーバが赴任してくる。「彼女こそ、私が待ち望んだ女性」と直感したバーバラは、彼女をこっそりと観察しては毎夜日記に“報告”していた。計画的にシーバに近付き、親しくなっていくバーバラ。だがそんなある日、シーバと15歳の教え子のセックス現場を目撃し…。

suki4.jpg
suki2.jpg
suki3.jpg

■かんそう■
実話を元に作られた小説「アイリス」を映画化した作品だそうです。

教え子15歳の少年・・・見た目、まだ子供なんだけど女性の扱いに慣れてて
フレッシュじゃないなぁ~。やるもんだねぇ、最近の男の子^_^;

情事を見られ、金銭などの要求されるのかと思いきや
バーバラの目的は、シーバの独占。レズっけも有るんだろうけど
友情を履き違えたサイコチックな人間で・・・薄気味悪い。

弱み握られ、オロオロするだけのシーバ。願いを拒否するやいなや
狂人と化すバーバラ。 終始穏やかな人柄なんで、豹変した彼女は迫力大。

が、愛情?友情?の裏切りに怒り危害を加える、お馬鹿では無く、あくまで冷静で狡猾
ここに、皆騙されてしまって信用してしまうのだろうと思います。

バーバラも、孤独な1人暮らしで、寂しいのだとは思うけど
異常なまでの情の深さが災いし、相手を追い詰め人生を崩壊させてしまう

去る者は追わないバーバラ。去れば新しい友情を探す。
彼女が、オニューの日記買う場面では、懲りないオバサンだなぁ~と

バーバラみたいな女性が、現実に居た事自体が恐い!

ジワジワと静かに、追い込まれる怖さを感じる見応えある作品でした。
身近に、こんなオバサン居ても、絶対本性見抜けないよ私。

一言、さすがの女優陣・・・2人だけで物語りが成り立ってます

私の好き度 ★★★★

★よろしかったら御協力お願いします。

人気blogランキング  ブログランキング

2008年10月28日 (火) | 編集 |
kuti1.jpg

■2008/7/18日DVD発売 ■日本制作 ■98分 ■R15

■監督 ・寺内 康太郎

■出演
・飛鳥 凜(三女・真弓)
・川村 ゆきえ(長女・幸子)
・岩佐 真悠子(次女・雪枝)
・斉藤 洋介(父・沢田光三)

■あらすじ■
1978年5月18日 岐阜県で起こった連続殺人事件。死者13名、負傷者52名・凶器ハサミ…。

岐阜県の養鶏場を営む沢田家の三姉妹。結婚を控える幸子、自立して美容室で働く雪枝、陸上部に所属し活発に学生生活を送る真弓。順風満帆なこの家族に、幸子の元恋人が起こす残虐な事件。その運命を背負うことになる真弓。幸子と間違え真弓に硫酸をかけ、そして半狂乱のままで一家に殺意を抱く。狭い田舎町で起きた残虐な事件、そして精神的にも肉体的にも事件の傷を抱え、一人孤独に陥る三女とそれを励ます姉たち。そんな中、町では真弓の通う高校の生徒・OBが被害者となる連続殺傷事件のニュースが飛び交っていた…。


kuti2.jpg

■かんそう■
只今、旧作鑑賞ウィーク・・ウィークと言うより、TSUTAYA100円券が終わるまで^_^;

あんまり、記憶が無いのですがサトリエさんの1は見ました。
2は、旧作で良いかなぁ・・って事で、今頃見ております。

当時、日本中を恐怖に落とし入れた、口裂け女が誕生するまでを
実際の未解決ハサミ惨殺事件と絡ませた・・・悲しい可愛そうなお話でした。

何不自由無く、学校でも人気者の真弓。オープニングロール硫酸でドロドロに
溶け裂けた口を縫い合わせる場面は、結構気持悪いです。

中盤まで、ビギニングらしく真弓の希望に満ちた青春物語が展開して
イツ始まるの?・・とは思ったのですが、その部分が有るので
どん底に落ちた時のギャップの差が際だちます。

一番貧乏くじ引いた真弓・・・父や姉達は励ますものの
「人の噂も75日」これは都会の話で、田舎は他に話題が無いから止まらない。

借金の為、父は自殺し、3姉妹は助け合い生きて行く道を選択するも
真弓の殺人を知った長女は、信じられない行動に・・・気持は分かるが妹に殺鼠剤とは
あまりにも、冷静冷酷にやってのける長女の方が恐いでしょ

包丁で刺されても、死なない真弓。その辺り、興冷めしてしまうのですが
安っぽいホラーでは無く、生い立ちがシッカリ描かれ予想以上に面白く
ゾクゾク感も、程良くブレンドされラスト真弓の口が裂ける場面、恐。

一言、やはり日本最強の都市伝説だと再確認しました。

私の好き度stars-3-5.gifstars-4-0.gif

★よろしかったら御協力お願いします。

人気blogランキング  ブログランキング

2008年10月27日 (月) | 編集 |
cora1.jpg

■2005/12/22日DVD発売 ■フランス制作 ■97分

■監督 ・クリストフ・バラティエ

■出演
・ ジェラール・ジュニョ (クレマン・マチュー)
・ジャン=バティスト・モニエ( ピエール少年時代)
・ ジャック・ペラン( ピエール)
・ フランソワ・ベルレアン (ラシャン)

■あらすじ■
世界的指揮者のピエールは、母の葬儀のために帰郷する。そんな彼に、古い友人のペピノが一冊の日記を手渡した…。時は、1949年のフランス。問題児が集まる寄宿舎へ、新しい音楽教師マチューが赴任した。子供たちの酷いイタズラに迎えられたマチューだが、何よりも、体罰で規律を保とうとする校長に疑問を持つ。子供たちの心を開くため、合唱団を結成したマチューは、学校一の問題児、ピエールの美声に驚嘆する。やがて子供たちは、歌を通じて純粋な心を取り戻していくのだが…。

cora2.jpg

■かんそう■
ズート見よう・・と思いつつ、今日まで延び延びになってた作品です。
問題児が集まる孤児院。 そこに左遷させられた教師マシュー。

昇進のみが命の校長、そして子供達に閉口し見捨ててしまった教師達
コーラスを通じ心を通わせ、マシュー&子供達、お互いに立ち直って行く物語。

どいつもこいつも扱いにくくて、ちっとも言う事聞きゃしない^_^;
マシューは、今までの体罰に変え、子供達をかばい・・自らの反省を促す手法を取る。
すると、夢を持つ純粋な少年達だと気付くんですね。

思春期の少年達って、繊細でモロイ。悪態ツイテても、本当は気持を伝えたい

子狸みたいな教師マシューが、又良いのよ。 体型、顔立ち、優しさ溢れてる。

マシューが孤児院を去る場面、窓から飛ぶ紙飛行機には、込み上げてしまって
彼の行動は決して間違ってなく、子供達にも伝わってたんですね。嬉しかった。

その後、マシューがどうなったのかは分からず終わりなのかと思ったら
彼の後を追った、ペピノが語ってくれる・・ただ、映画では語られない。

が、語られずとも、分かる気がする・・・充実した人生を過ごしだんだろうなぁ。

鼻つまみ者の少年達・・そして、どん底まで落ちたマシュー。
知らずのうちに助け合い、人生を取り戻した・・・

多くは語られず、大げさな感動も無いけど、穏やかで感覚にプルプルと来るお話でした。

私の好き度 stars-4-5.gif

★御協力お願いします。

人気blogランキング  ブログランキング

2008年10月25日 (土) | 編集 |
hant1.jpg

■2008/10/24日DVD発売 ■アメリカ制作 ■103分

■監督 ・リチャード・シェパード

■出演
・リチャード・ギア(サイモン)
・テレンス・ハワード(ダック)
・ジェシー・アイゼンバーグ(ベン)
・リュボミール・ケレケス(ボグダノビッチ・・・通称フォックス)

■あらすじ■
かつて紛争地域から、伝説的なレポートを送り届けていたサイモンとカメラマンのダック。しかしある事件がもとでサイモンは仕事をクビに。一方、本国に戻ったダックは出世していた。その二人が数年ぶりにボスニアのサラエボで再会する。「大きなネタ」を持っていると言うサイモン。それは虐殺事件の首謀者であり、戦争犯罪人フォックスの情報だった。フォックスを求めて、彼らは危険地帯へと・・。

hant4.jpg
hant5.jpg

■かんそう■
ボスニア紛争。その中で国際的にも問題になったのが8000人が殺害された
「スレブレニツァの虐殺」。その首謀者を追ったジャーナリスト達の物語。

かなりヘビーな社会派ドラマかと思いがちですが、娯楽混じりに仕上げ有り
重厚感は無いものの、事実を学びながらも見やすかった。

金に困ってた・・それだけでサイモンはフォックスを追ってたのでは無く
心に深い傷を負い復讐と言う感情もあったはず。 フォックスの薄ら笑い腹が立つ。

無鉄砲なサイモンの静止役ダック。息ピッタリでグッドコンビネーション。
ここに、ボンボンのベンも参加、動機はイッパシのジャーナリストに見られたい。
役回りが不明なんですが、結構頭の回転早くて活躍してます。

命がけの追跡に出かけるのに、「サラエボを楽しもう」の看板前に座ってたり
ポリス国連軍指揮官のスパイもどきの行動、食事代金を盗むサイモン
何か、どっか笑ってしまうのですよ

結局、フォックスは政治的取引で、今後逮捕されるのかも不明だけど
現代の都市伝説・・・・ああなって欲しい。その願いが伝わります。

根底には、残酷な事実が存在し、それををシッカリ伝えてる反面
サスペンスアクションの雰囲気で、時間が短く感じラストまで楽しめました。
ジャーナリストとは危険を犯しても事実を伝えるのが、本能なんですね。

一言、ポリス指揮官、左遷でしたがリスに食われちゃったのかな^_^;

私の好き度 ★★★★

★よろしかったら御協力お願いします。

人気blogランキング  ブログランキング

2008年10月25日 (土) | 編集 |
au11.jpg

■2008/10/22日DVD発売 ■アメリカ制作 ■114分

■監督 ・カーステン・シェリダン

■出演
・フレディ・ハイモア(エヴァン)
・ケリー・ラッセル(ライラ)
・ジョナサン・リース・マイヤーズ(ルイス)
・ロビン・ウィリアムズ(ウィザード)
・テレンス・ハワード(リチャーズ)

■あらすじ■
11年と16日間、施設で育った11歳のエヴァン。彼は、両親の顔も名前も知らないが、心に聞こえてくる音を通じてつながっていると信じていた。そして、ある日、施設を飛び出し、N.Y.のストリートで生まれて初めて楽器に出会う。そこで、エヴァンは自分の想いを楽器に託して表現できるということに気付く。そして、自分の音楽はこの世界のどこかにいる両親の元へ届くと信じて…。果たして、エヴァンに奇跡は起こるのか――?

au3.jpg
au2.jpg
au4.jpg

■かんそう■
フレディ君の純粋無垢な顔が天使そのもの
涙流して、養子縁組相談?受ける所なんか、愛おしくて抱きしめたかったし

町に逃亡して初めて聞く様々な音。 
彼の表情だけで活き活きと輝いてるのが分かるの。

まだ見ぬ両親も、愛し合いながらも、それぞれの事情で合う事を許されず
息子が居て、生きてる事すら知らない。

11年が経っても、愛は変わらず、ライラの為にルイスが歌うラブバラード
思い続けた感情が伝わって切ない。 

身寄りの無い、エヴァンは町を、さ迷い胡散臭いウィザードの所に身を寄せるのですが
ウィザードも、そんな悪い人じゃなかったし。エヴァンの才能を見出したのも
音楽のあり方を教えたのもウィザード・・ただ、お金に困ってたのでしょうがないね。

公園で、ルイスに会った場面では・・・父親なんだよ!・・と心の中で叫んでました

エヴァンの一途さ、純粋さからか出会う人に、根っから悪人は居なかったような

教会でのパイプオルガン、そして演奏会・・荘厳な音色に感動してしまいます。

音楽、そして愛が繋ぐ親子の絆。 有りえない・・と思う以前に
会わせてあげたい!・・・・見てる側がそんな気持にさせれられてしまう物語で
心に優しく響く映画でした。 親子が会う事できて嬉しかったなぁ。

私の好き度 ★★★★

★よろしかったら御協力お願いします。

人気blogランキング  ブログランキング

2008年10月23日 (木) | 編集 |
2110.jpg

■2008/10/22日DVD発売  ■アメリカ制作  ■122分

■監督 ・ロバート・ルケティック

■出演
・ジム・スタージェス(ベン)
・ケイト・ボスワース(ジル)
・ケヴィン・スペイシー(ミッキー)
・ローレンス・フィッシュバーン(コール)
・アーロン・ヨー(チョイ)
・ライザ・ラビア(キアナ)

■あらすじ■
マサチューセッツ工科大学に通うベンは夢のハーバード大学医学部進学資格を得ながら、30万ドルの学費を捻出できずに頭を痛めていた。そんな時、ミッキー・ローザ教授から秘密の研究チームに誘われる。彼は優秀な学生たちにブラックジャックの必勝法であるカード・カウンティングを習得させ、ベガスに乗り込んでは大金を稼いでいたのだった。学費のためにチーム入りを決めたベンは天才的な数学力を発揮する・・しかし、思わぬ落とし穴が・・・。

2116.jpg
2114.jpg
2115.jpg

■かんそう■
もっと、豪快&派手でカッコイイ!
そんな、内容かと予想してましたが、邦題イメージと違い意外と地味。 

それもそのはず、実話ベースだそうで・・若者達はファンタスティクな経験したんだね~。 
実際の「MITブラックジャックチーム」はアジア系メンバーだったそうです。

ごく普通の大学生の集団・・・もちろん、計算にかけては秀才揃ですが
ギャンブルのプロ集団ベガスのカジノ相手に、一歩も引けを取らない戦いブリ

カードのカウント方法、+15だの17だの・・・・チットもサッパリ分からず
ボンクラ頭の私に、分かるようじゃ勝負には勝てないしねσ(^◇^;)

若者達の足引っ張ったのは、ローザ教授。 やり方が汚い! 最低のギャンブラー
でも逆に考えると、人生万事上手くは行かない現実を教わったのかも

全てを無くしてしまったベン。ツイテナイ・・・なんて思ってたら
そこは、頭の切れる秀才・・・どんでん返しで、全て取り返す。

眼力で違法摘発するコールが去ったカジノは、彼らの独壇場と化す
やはり、頭の良いと言うのは特別な才能だと思います。

ラストは爽快にマトメタありました。実話にしてはドラマチィクです

派手さはなかったのですが、浮き沈みのギャップが激しいからか
122分間、退屈する事も無く楽しめました。

一言、主役のジムさんスラッと背高くて男前でしたぁ~。

私の好き度stars-3-5.gifstars-4-0.gif

★よろしかったら御協力お願いします。

人気blogランキング  ブログランキング

2008年10月21日 (火) | 編集 |
27d11.jpg

■2008/10/16日DVD発売 ■アメリカ制作 ■111分

■監督 ・アン・フレッチャー

■出演
・キャサリン・ハイグル(ジェーン)
・ジェームズ・マーズデン(ケビン)
・マリン・アッカーマン(テス)
・エドワーズ・バーンズ(ジョージ)

■あらすじ■
アウトドア・ブランドの社長秘書として働くジェーンは、ブライド・メイド(花嫁付添い人)に生き甲斐を感じ、毎日、誰かの結婚式の準備に奔走していた。そんな彼女に、地元新聞で結婚式の取材記事を書いているケビンが目をつける。結婚記事の仕事に飽き飽きしていたケビンは、ジェーンのブライド・メイド人生を記事にし、それを手柄に部署から抜け出そうとしたのだ。しかし、取材を続けるうちにジェーンに惹かれるようになり…。

27d4.jpg
27d5.jpg

■かんそう■
「プラダを着た悪魔」のスタッフが再び制作した、爽快感入りラブストーリー・・かな。

ジェーン何歳だろう? 20代後半から30代前半・・子供の頃から憧れだった結婚式
まだ、自分では経験ないけど、幸せのお手伝いできる仕事で楽しそう。

式の掛け持ちで、少々お疲れ気味だけど、笑顔を絶やさない彼女は素敵。

彼女、頑張り屋さんだから、皆に信頼され仕事は順調・・・が、恋いわ?
からきし奥手なのよ。妹に恋いこがれた上司を取られてしまっても何も言えない。

そんな彼女の、押し込めた感情を解放してくたれのが記者ケビン。

妹の本性を暴露してしまったけど、ジェーンも妹テスも後味の悪さに
自分の行動を後悔し、反省して行く姿は爽やかで温かい。

彼女は、触れられたくない心の底をケビンに指摘され、本心を言える
唯一の男性になって行くんだね。 真の愛を探し出したようで、めでたし

大げさな感動は無いけど、等身大のジェーンの姿が自然に描かれ
女性なら、共感出来る部分が多々ある映画だと思います。

一言、27枚のドレスを着回すジェーン。ダサかったり、素敵だぁ・・と思ったり。
着せ替え人形みたいに可愛いの。

私の好き度stars-3-5.gif

★よろしかったら御協力お願いします。

人気blogランキング  ブログランキング

2008年10月19日 (日) | 編集 |
agu11.jpg

■あらすじ■
ベティ・スアレスは、有名な大学を卒業した優秀で性格のいい女の子。出版業界で働くことが夢であるが、容姿の醜さから何処も雇ってくれない。ある日、編集長が急死したファッション誌モードの新編集長として会長の息子ダニエル・ミードが就任。しかし、ダニエルは有名な女たらしであり、秘書に手を出すことは間違いなかった。そこで会長は、絶対手を出さない秘書として、面接にやってきていたベティを採用することを思いつく。その一方、会社の経営をのっとろうとする陰謀が暗躍していた。

agu4.jpgagu3.jpg
agu5.jpg

■かんそう■
64回ゴールデングローブ賞ドラマ部門、作品賞など数多くの栄冠に輝いた
ブッチャイクだけど、ポジティブ思考ベティのハートフルコメディドラマ。

既に、レンタルは9/3日から、BSなどなどでも放送開始されてますが
10/18日から、NHK総合でもシーズン1放送開始されました。

アメドラにハマルと、延々続くので、最近敬遠気味だったのですが
タダだし、1話だけでも・・と思い鑑賞してみました。

サワリ部分を見逃してしまったのですが・・これが面白い!!
雰囲気が「プラダを着た悪魔」に似てますが、あちらはアン嬢が元々美形。
こちらは、ベティが・・(笑) 美人とは言い難いけど、けなげさに応援したくなる。

服だけで無く、もう全てがダサダサ。 ベティの眉毛には圧倒されました^_^;

最初、新編集長もダサい彼女を排除したくて、笑い者にするのですが
彼の回りも、敵だらけ・・唯一の味方はベティだったと気付く

ここから、悪戦苦闘の物語は幕を開けて行きます。

笑い有り、しんみり有り・・そんな感じで1話、凄く楽しめました。
編集長との恋とかには発展して行かないのかしら? 

2話からも、かなり虐めが横行していくようですが、前向きなベティが、どう蹴散らして
行くのか楽しみになってしまい、結局1話見ただけでハマッテしまったようです。

★よろしかったら御協力お願いします。

人気blogランキング  ブログランキング

2008年10月18日 (土) | 編集 |
ye2.jpg

■2008/10/18日~公開中  ■アメリカ制作  ■118分

■監督 ・D・J・ カルーソー  ■制作総指揮 ・スティーブン・スピルバーグ

■出演
シャイア・ラブーフ / ミシェル・モナハン / ビリー・ボブ・ソーントン

■あらすじ■
「私の言うとおりにしなさい さもないと死ぬことになる」突然かかってきた1本の電話。その瞬間から、コピーショップの店員ジェリーと、法律事務所で事務係として働くシングルマザーのレイチェルの平凡な生活は一変する。謎の女性に引き合わされたまったく面識のない男と女。彼らの愛するものを奪い、目的も知らせぬまま、次々と指示を伝え秒単位で行動させていく謎の女は、二人を戻ることのできない恐怖へと巻き込んでいく…。

■かんそう■
謎の女の正体、一昔前に流行った・・何処かで、見たこと有るなような

が、その古さを補うような、凄まじいスピード&緊張感に心拍数上がりっぱなし!
大迫力で、グングン迫って来て、見てる私も衝撃に歯食いしばってましたね^_^;

内容的には、謎の女が仕掛ける数々の計画。
理由も正体も目的も分からず、コマのように動かされる人間達。
人間が作った物なのに、太刀打できず、右往左往。

何処に居て、何をしていても全て見られてると思うと、そら恐ろしい

謎の女は、狂って暴走してるのでは無く、指示を忠実に実行しただけ
灰色の選択は、彼女の脳内には無い訳で理解出来ない
理解出来ないからこそ、脅威となり手付けられない強さ

ギロチン計画の締めとも言える、ネックレス
ラストで、ああ使われるとは、中盤までは予想出来ず2転3転。 
謎解きのサスペンス要素も、盛り込まれて退屈しなかった。

構想に新鮮さは感じませんでしたが、娯楽大作としては
ハラハラドキドキが絶え間なく襲って来、楽しめたし面白かったです。

一言、いくら双子とは言え、声まで正確に一致するもんなんでしょうか?

私の好き度 ★★★★

★よろしかったら御協力お願いします。

人気blogランキング  ブログランキング

2008年10月16日 (木) | 編集 |
implant.jpg

■2003/8/22日DVD発売 ■アメリカ制作 ■89分

■監督 ・ロバート・ハーモン

■出演
・ローラ・レイガン(ジュリア)
・マーク・ブルカス(ポール)
・イーサン・エンブリ(サム)
・ジョン・エイブラハムズ(ビリー)

■あらすじ■
大学院で心理学を学ぶジュリアは、学位をとるための審査会に向けて論文に取り組んでいた。そんなある日、幼なじみのビリーから突然連絡を受ける。ふたりは子供の頃、異様なほどに夜を怖がるという症状を抱えていた。久しぶりに会ったビリーはやつれ、手に奇妙な傷があった。そして「やつらが戻ってきた。やつらは光を嫌い、闇に生きる」とつぶやいて、ジュリアの目の前で拳銃自殺を遂げてしまう。その日を境に闇を恐れる症状を再発したジュリアの前に、同じ症状を持つビリーの友人が現れ、ビリーの遺した日記を彼女に見せるのだった……。

■かんそう■
人間の潜在意識の奥深くにある闇への恐怖・・そこにスポット当てた作品でした。
ドアから見える、真っ暗な廊下やクローゼット・・出そうで出なくて恐い。

雰囲気&空気、冷たくてヒンヤリしてる感じは良く伝わります。

幼少期、奴らに目付けられた者達は、自分でも気づかない印を付けられ
将来は闇に取り込まれてしまう。奴では無く、奴ら。ウジャウジャしてる奴ら。

ジュリアが、洗面棚、開けた時の真っ暗な空間にウゴメク奴らの姿は不気味。
手に絡みつく、真っ黒なネバネバ粘液には、ブルブル

成長し、印が表れだすと食べ頃。 なんで、餌なんだかは分からず^_^;
でっかい爪?みたいの、入ってて痛くないのかなぁ? もう少し小ブリでも良いような。

闇の恐怖は体感できるものの、奴らの正体は、まるで説明無し。
蜘蛛みたいな姿して、猛スピードで襲って来るのは分かりました。
奴らの姿見てしまった以上、何なのか知りたいのは鑑賞者の常

結局分からず、消えた者達も行方不明者として処理されてしまうのでしょうか?
ラストのまとめ具合が物足りなくて、満腹にはなれなかったのが残念です。

ただ、この映画見た後、目閉じてシャンプーするのは避けました

一言、又もやウェス・クレイブン絡み。本作は提供ですが・・提供って何なんですかね?

私の好き度 ★★★

★よろしかったら御協力お願いします。

人気blogランキング  ブログランキング

2008年10月15日 (水) | 編集 |
conto1.jpg conto3.jpg

■2005/7/29日DVD発売 ■アメリカ制作 ■105分

■監督 ・ティム・ハンター

■出演
・レイ・リオレッタ(リー・レイ)
・ウィレム・デフォー(コーブランド博士)
・スティーブン・レイ(アーロ)
・ミシェル・ロドリゲス(テレサ)

■あらすじ■
人間とは思えぬ凶暴性で、多くの犯罪を起こしてきた男、リー・レイ。死刑執行室で最期の時を迎えた彼は、数時間後、背広姿の一団に囲まれて目を覚ます。神経薬理学者のコープランド博士は、ある新薬開発試験の被験者になれば、レイに別の人生を与えようと取引を持ちかける。その薬“アナグレス”は、脳の気質を変化させ、怒りや狂気を抑え込む効果があるという。やがて実験が始まり、レイの心の奥に眠る後悔や自責の念が目覚め始めた。はたしてレイは本当に生まれ変わるのか、それとも脱走を目論んでの演技なのか…。

conto2.jpg

■かんそう■
ウィリム&レイ・・・濃厚キャラ同士の競演サスペンス。

手の付けられない凶暴な犯罪者リー、薬物注入で死刑執行されてしまうのですが
新薬の被験者として生かされる死刑囚も現実に居るのかもしれません。

リーが、新薬で、後悔に目覚め善人になったのか
それとも、逃げ切る為のフリなのか・・?
レイ氏の行動&表情からは微妙な真実が読み取れません。

優しい表情だったり、疑惑持たせる表情だったり・・さすがです。
被験者と関わりを禁じられてる博士も、徐々にリーと友人のように接しだす。

1人の人間として見てしまうのですね。毎日観察し続ければ情も湧きます。

実験は順調に進んで行くのですが、リーには過去の非道で敵が大勢さん
顔が変わってないから、狙われ、追いつ追われつのサスペンスが展開

が、本当の敵は、実験遂行した製薬会社。善人になろうが、タダのモルモット。
結果が出れば用済み。まして、博士も知らない偽の薬を投与してたと言う、新事実が

結末は、同じなんです。死刑囚を生かしておくはずが無い。

ただ、博士の腕の中で最後を向かえたリー。昔の記憶が走馬燈のように流れる中
死刑執行時には辛い思い出ばかりだった彼の記憶に、ほんの一時人間としての幸せな
ページが付け加えられ、リーは善人として、逝った・・それだけが救いかな。

ヒューマンとサスペンス混ぜたような、地味な作品でしたが、ウィリム&レイ
の上手い演技のせいか、知らずと見入ってしまい楽しめました。

私の好き度stars-3-5.gifstars-4-0.gif

★よろしかったら御協力お願いします。

人気blogランキング  ブログランキング

2008年10月13日 (月) | 編集 |
dee1.jpg

■2008/9/19日DVD発売 ■イギリス制作 ■85分

■監督 ・バディ・ブレスナック

■出演
リンジー・ホーン / ジャック・ヒューストン / マックス・カッシュ / アリス・グレチャン

■あらすじ■
アイルランドにマジックマッシュルームを探しにキャンプを訪れた5人のアメリカ人学生。
タラ(リンジー)が、もっとも危険なマジックマッシュルーム【デス・ヘッド・マッシュルーム】
を口にしてしまう。その後仲間が次々と惨殺され…。


dee2.jpg
dee4.jpg
dee3.jpg

■かんそう■
【日本での公開を自粛した問題作!】

ここに、そそのかされ以前見たのですが、内容が恐くての自粛ではなく
マジックマッシュルームが題材だから見送られたんだと思います。
絶対居るのよ、山に似たキノコ探しに行く人σ(^◇^;)

公開見送りでもDVDリリースしたら、同じだと思いますが・・・フム。

先っぽが、黒い目玉に見えるキノコは、猛毒持をマジックキノコらしく
死ぬか、助かっても凶暴となり異常な人間になってしまうそうです。

本編中では気づきませんでしたが、画像見るとタラの黒目が大きくなって気味悪い。

ラスト間際まで、恐いも何も意味が分からなかった。残酷シーンは、見せてもらえず死体だけ

クライモリみたいなマウンテンマン兄弟が居て、ジョーク飛ばすし
女性見て、「沢山、物が積めそうだ」ってトラックかい。 生めそうなら、まだ分かるが

この地方に伝わる、恐い都市伝説と絡めて進んで行く妄想と現実の惨殺。
タラ演じたリンジー嬢は熱演されてました。
泥まみれ血まみれになり、本人が気付く場面。表情が行っちゃってて恐。

退屈するような作品では無かったのですが
残念ながら全編通すと、怖さは体感できずでした。

私の好き度stars-2-5.gif

★よろしかったら御協力お願いします。

人気blogランキング  ブログランキング

2008年10月12日 (日) | 編集 |
mastr1.jpg

■2000/8/11日DVD発売 ■アメリカ制作 ■90分

■監督 ・ロバート・カーツマン ■制作総指揮 ・ウェス・クレイブン

■出演
タミー・ローレン / トリー・クレーン / アンドリュー・ディヴォフ / ロバート・イングランド

■あらすじ■
現代、アメリカ。古美術収集家のボーモント(ロバート)が輸入した古代ペルシャのアフラマズダ神像が港に荷下ろし中、酒に酔ったクレーン担当者のミスで落下。作業員のひとりは像の中から深紅の宝石を見つけ、こっそり盗んだ。宝石鑑定士のアレックス(タミー)は巡り合わせでその石を鑑定することになり、息を吹きかけた。その瞬間、魔術師によって宝石の中に封じ込められていた邪悪の化身ジンが復活。この世ではナサニエル・デメレスト(アンドリュー)と名乗り、人々の願いごとをかなえることで相手の魂をとりあげて力を蓄えるジンは、現世を支配するため自分を復活させたアレックスに3つの願いごとをさせようともくろむ

mastr3.jpgmastr2.jpg
mastr4.jpg
mastr5.jpg

■かんそう■
■監督は「メン・イン・ブラック」「スポーン」など特殊メイク担当ロバート・カーツマン
■制作総指揮は、「スクリーム」「エルム街の悪夢」のウェス・クレイブン
■脚本は「ヘルレイザー4」のピーター・アトキンス

なんとも、見事な制作陣。これだけで、興味深々・・。

「エルム街の悪夢」 「キャンディマン」「13日の金曜日」「スキナー」
などなど、私達を恐怖に落とし入れた、往年の名殺人鬼達がチョイ役で出演
でもぉ~、至って正常役なんで、雰囲気違います

ストーリーは、凝ったものではないのですが、スプラッター色が強く
恐いでは無くて、グロくて、気色悪い・・ってのが適してるような

ヘルレイザーの脚本家さんってのが、良く分かる・・・グロ描写が似てます。
ヘルと同じく、コアファン付いてたようで、シリーズ化されたんですねぇ。

アンドリュー氏の表情はジアクそのものなんですが、相手が願わなければ
魔力発揮できないので、「帰れ!」って言われた場面は笑いました。

それと何と言っても、本来の悪魔姿。 目だけ見ると、かなり恐いのですが
全体像が・・・何だ? スリザー同様、頭の触手がクニョクニョ ( ̄◇ ̄;)

どっか憎めないオチャメな姿と行動で・・・・気合いが抜けます。
グロ&ユーモラスが混合されたようなホラーでしたが、何故か退屈する事も無く
おマヌケ混ざり系ホラーの好きな私は・・・・結構楽しんでしまいました。

私の好き度stars-3-5.gif

★よろしかったら御協力お願いします。

人気blogランキング  ブログランキング

2008年10月11日 (土) | 編集 |
rivo1.jpg

■2008/10/3日DVD発売 ■イギリス/フランス制作 ■115分

■監督 ・ガイ・リッチー  ■制作 ・リュック・ベッソン

■出演
・ジェイソン・スティサム(ジェイク)
・レオ・リオッタ(マカ)
・ヴィセント・バストーレ(ザック)
・アンドレ・ベンジャミン(アヴィ)
・マーク・ストロング(ソーター)

■あらすじ■
罠にはめられ投獄された凄腕ギャンブラーのジェイクは、獄中でギャンブルの究極のテクニックを会得。出所後、カジノ王・マカから大金を巻き上げて恨みを晴らす。逆上したマカは殺し屋ソーターを雇い、ジェイクを抹殺するように命令するが、ザックとアヴィの二人組によってジェイクは救われる。二人は彼を匿うことを条件に、全財産を渡すことを要求。さらに、血液の病気で余命が3日であることを宣告するのだった

rivo4.jpg
rivo3.jpg

■かんそう■
長髪に、髭・・・・額は広いけど最初誰だか分かりませんでした。
声を聞くと、ジェソン兄さんだわ! 渋くて、良い声。

兄さんにしては珍しく、肉体アクションが完璧に封印された作品。
心理戦展開してます・・・それも自分との戦い。

内容は分かるものの、小難しい映画で見る人によっては退屈かも
銃撃戦は有りますが、豪快爽快な内容ではないし

私は、結構イケマシタ。過去の偉人達が残した名言。
「敵は身近な所に居る」 「極める為には、強い相手と戦う事」など

ジェイク&マカは、必死に戦い続けるのですが、最強の敵は自分の中に存在してた訳で
チェス天才と詐欺天才は、既に、そこを超越した人間だった。

ジェイクは、それを乗り越え、マカは自滅してしまった。

マカ演じた、リオさん熱演でしたねぇ。狂気の男、でも最後は涙流しながらオノレに負けた。

殺し屋ソーターも、良い味だしてました。どう見ても、冴えない中年サラリーマン風
が、凄腕・・・彼も又、自分に打ち勝ち、良心に従い男らしい死に様で格好良かった。

自問自答を繰り返し、自我に目覚めた者だけが勝者となる哲学ポイ物語。
ジェイク&ザック&アヴィ・・・この3人が組めば、最強だね。敵無しよ。

ただ、途中でのアニメシーンがどうも私的にはシックリ来なかったのと
余命3日って・・・・・又そんな無茶なヽ(´▽`)/へへっ

私の好き度stars-3-5.gif

★よろしかったら御協力お願いします。

人気blogランキング  ブログランキング

2008年10月09日 (木) | 編集 |
ame1.jpg

■2008/10/3日DVD発売 ■アメリカ制作 ■110分

■監督 ・ビリー・レイ

■出演
・クリス・クーパー(ロバート・ハンセン)
・ライアン・フィリップ(エリック・オニール)
・ローラ・リニー(ケイト・バロウズ)

■あらすじ■
FBI訓練捜査官オニールは新しく創設される部署「情報管理部」で、定年間近のハンセン特別捜査官を密かに監視するように命令を受ける。無愛想なハンセンだが、オニールは次第にその信頼を経て家族ぐるみで付き合うように。しかし、ハンセンにはなんら怪しいところはなかった。疑問に思ったオニールは上司を問い詰るが、そこで明かされたのは、ハンセンが20年以上にわたってKGBに国家機密を漏らしていたという事実だった。

amee2.jpg
amee3.jpg

■かんそう■
アメリカの機密&スパイをロシアに売った、実在の人物ロバートが
2001年逮捕されるまでの、2ヶ月間を描いた実話ベースの作品。

ロバート演じる、クリス氏が、用心深く決して他人を寄せ付けない。
その雰囲気が、全体から漂ってFBIが手こずったの分かります。一筋縄では行かない強者。

捜査官に昇格したいエリック、ロバート担当になった理由は、ロバートのエロ行為。
もちろん、秘密にされた本題はアメリカの根底を揺るがす大事件だったのですが

ロバート&エリック、駆け引きの連続で、派手な立ち回りこそ有りませんが
心理戦サスペンス色強いです。 蛇と蛙がにらみ合ってる様相

ただね、若いエリックの捜査そして逮捕劇、ロバートは見抜いてたように思えます。
それでも、エリックを信じたかったのか、はたまた祖国裏切りに疲れ自ら罠にハマッタか?

にらみ合いながら、お互いを受け入れて行く姿が地味に表現されてます。
祖国を売り人を信じられない事の悲しさ、捜査官を続ける事の虚しさ。

心理の深い部分は謎で、ロバート本人が何も語ってないのだろうと予測します。
ラスト曖昧なのが逆にリアルで、想像で綺麗にマトメて無い所がグッド。面白かったです。

一言、あのロバート夫婦のエロビデオは? 
やっぱり彼、エロ趣味が有ったと言う事? 嘘~、あんな堅物から想像だにできず。

私の好き度stars-3-5.gifstars-4-0.gif

★よろしかったら1クリお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

2008年10月07日 (火) | 編集 |
gost1.jpg

■2008/10/3日DVD発売 ■アメリカ制作 ■85分

■制作・出演
ザック・バカンス / ニック・グルフ / アーロン・グッドウィン

■あらすじ■
米CSチャンネルで放送されるや、その真偽を巡り、全米4大ネットワークの全局が調査に乗り出した心霊映像。 ネバダ州に実在する心霊スポットで15ヶ月間、撮影を敢行。その衝撃から「NY国際インディペンデント・フィルム&ビデオフェスティバル」にてベスト・ドキュメンタリー・グランプリを受賞。「エリー・ホラー・フィルム・フェスティバル」でもベスト映画に選定された戦慄作!!

gost2.jpg

■かんそう■
かなり恐い・・・・本物なら・・が大前提ですが

この邦題は、多分「ブレア・ウォッチ・プロジェクト」のパクリかと思われます。
男性3人組が、ハンディカメラ片手に、霊現象を追うドキュメンタリー作品。

中盤まで雰囲気だけで、赤外線カメラに写る男衆3人の顔の方が恐いって

EVP(霊の声)とか、煙のような球体オーブなどは聞かれ見られるものの
それだけでは、どうもイマイチ乗れなくて少々退屈ぎみ

そんな頻繁に霊が出て来る方が、リアリティ無いとは思うのですが

そうこうしてたら、出たの!! 霊が! 顔は見えないけど、シッカリ人間の姿した霊。
霊とは、本来人間には見えないらしいのですが、人間の精気をもらい姿を現す
だから、吸われた人間は、凄く疲れるんだって。へぇ~。

この映像が話題となり、「世界でもっとも恐い場所」の1つ、廃ホテルから撮影依頼が来る
このホテルでの、レンガ跳びのポルターガイストには、さすがにビクつきました。

映像&音声の専門家が、テープを分析し自然の物と断言し
真のスーパーナチュラルだと云う事なんですが・・・。

アメリカでこれだけ、話題騒然なのに日本のメディアが、ほっとく訳が無い。
ので、どうも胡散臭くて信用できないのが、本音かなぁ。

しかし、夜あんな不気味な場所に行く事。 それ自体が、私には恐怖です。

私の好き度 本物なら・・・・・・・・・★★★★★
        まゆつば物なら・・・・★★

★よろしかったら1クリお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

2008年10月05日 (日) | 編集 |
next1.jpg

■2008/10/3日DVD発売 ■アメリカ制作 ■95分

■監督 ・リー・タマホリ

■出演
ニコラス・ケイジ / ジュリアン・ムーア / ジェシカ・ビール  / ピーター・フォーク

■あらすじ■
「2分先の未来」が見える予知能力を持っている男クリスだが、その能力を隠し、ラスベガスで二流のマジシャンとして目立たないように暮らしていた。そんな彼の能力に気づいたFBI捜査官カリーは、テロリストによるロサンゼルス核攻撃を阻止するため、クリスの協力を得ようと考える。一方、クリスはいつもダイナーで見かける女性リズに密かに恋心を抱き、声をかける機会を狙っていた。自分の「能力」を使い、リズと知り合ったクリスだが、そのことが彼女を事件に巻き込むことになる。

next2.jpg
next4.jpg
next8.jpg

■かんそう■
ニコちゃん髪増えてましたが、額の広さは健在で安心しました。

退屈する事もなく、ラストまで楽しませてくれたものの・・・・。
見終わると、解せない事ばかりで、消化不良の胃もたれ気分になっちゃって

カリー捜査官に協力要請された時、自分関連の2分先しか見えないって言えば
巻き込まれる事なかったんじゃないの? 何も自から率先して巻き込まれなくても
強引な話なんだけど・・そんな所突っ込むと、映画にならないしね

その後は、サスペンス有り、ラブ有り、アクション有りで
娯楽作としては、一通りのツボはシッカリ押さえた作り。

で、あの分身の術は・・・・2分を重ね、数時間先に戻ると言うの聞いてたので
意味分かりましたが、映像としてはどうでしょうか? 

ラスト、「間違えた!」の直後、核爆発で、おぉぉ~! 見てる私もドキドキしちゃって。
その時々で、2分前は変わる。その意味はカスカニにですが、理解できました。

がですよ。何で、又戻る訳?2分先は常に変わる、に関連して戻るのでしょうが
私には意味が分からなくて。この辺が、消化不良の原因だと思われます。

鑑賞後に、疑問がモコモコ膨らんで来るのですが
見てる間は、それほど変だな~とも思わず面白かったし、良いやね、それで

一言、コロンボ~! お元気そうで、相変わらず味わい有る、良い顔&良い雰囲気。

私の好き度stars-3-5.gif

★よろしかったら1クリお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

2008年10月04日 (土) | 編集 |



今日は、アクセスアップのお供【アットルーツ】のお話を
お友達の愛ちゃんに、お誘い受けまして参加してみました。

参加したばかりで、詳細イマイチ理解していないのですが
先祖代々繋がり続け、勝手にマイブログを宣伝し続けてくれる方式のようです。
ネズミ講思い出す~・・・違うって。

上のパーツご覧の通り、私の親?4名のブログ名が流れつづける訳ですが
親のブログに訪問しなければイケナイと言うのでも無く、ホッタラカシでオーケーみたい。

ホッタラカシとは言っても、ルーツで新しい出会いがあるかもしれません。

エディタや、あし@と同じ感覚ですが手がかからないのが魅力的ですし
登録が非情に簡単。メルアド入力しても登録完了のお知らせも来ません(笑)

真面目なサイトみたいですし、どのような効果が出るのか、今の所未知数ですが
ブログパーツの1つとして貴方も気軽に参加してみませんか。

★よろしかったら1クリお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング


2008年10月03日 (金) | 編集 |
eat1.jpg

■2008/9/12日DVD発売 ■タイ制作 ■86分

■監督 ・ブラニー・ラッチャイヤブ

■出演
ドゥアン・ロン / チャッチャィ・ブレンバニット / プレムシニー・ラタリファ

■あらすじ■
第二次大戦後の1946年、貧しい中国から叔父を頼りにタイに移民としてやってきた青年リーフィ。物静かで気弱な彼は、タイでの仕事や新生活に僅かな希望を持っていた。しかし、彼を待ち受けていたのは過酷な労働と激しい差別だった。 そんな劣悪な環境の中で持病の喘息が次第に悪化していく・・。精神的にも肉体的にも追い詰められた彼は、唯一慕ってくれていた幼女を誤って死なせてしまう・・・。 善良な男の心が壊れ、狂気が宿る時―未曾有の猟奇殺人が始まる!死体の臓器を喰らい、獲物を捜し求める。

■かんそう■
又、こんなトンマな邦題付けた映画借りるの、私くらいのもんかしらねσ(^◇^;)
なもんで、「ザ・マン-イーター」のジャケにしておきました。

半世紀前、タイで起きた連続幼児殺人事件に基づいて作られた実話です。
邦題からすると、ホラー。 確かに、子供のモツ放出描写少しあります。

しかし、メインは心優しい青年リーフィの幼少時代から
子供の心臓を引き出す悪魔になってしまうまでのヒューマンドラマ系

この殺人鬼、処刑後、ロウで固められ、現在でもタイに展示されてるそうです・・凄いなぁ。

まず、嫌悪感を覚えたのは、対戦中の日本兵の悪行・・・先祖だと思うと悲しい。

荒野と化した、故郷。叔父を頼り、タイへと。
働いて、必ず母を向かえに帰ると約束し旅立つものの
タイでの現実は、過酷そのもの・・・言葉が通じない上に、喘息で病弱。

まともに、力仕事も出来ず、何処に行ってもイジメ続けられます。
お金も無い、病は悪化する、虐げられる・・・精神崩壊して当然なのかも

唯一成功しかけた、農園・・豊作で彼の笑顔初めて見ました。
が、翌日には大雨で水浸し。 ここで、彼の全ては壊れてしまったように

何故、心臓だけエグリ出すのか理由も分かりました。
喘息の薬。嘘~と思う反面、有るのかもと思わされます。

許す事の出来ない、凶悪犯・・・。
しかし、女性記者が「彼は加害者なのか、被害者なのか分からない」と締めくくってました。

取引で無実の罪まで被らされ、処刑された・・彼の人生知ると可愛そうで。

私の好き度stars-3-5.gif

★よろしかったら1クリお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。