FC2ブログ
大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
| Login |
2008年08月30日 (土) | 編集 |
fees5.jpg
■2008/8/22DVD発売 ■アメリカ制作 ■86分

■監督 ・ジョン・キャラガー

■制作総指揮 ・マット・ディモン&ベン・アフレック&ウェス・クレイヴン

■出演
・パルサザール・ゲティ(マヌケ)
・ヘンリー・コリンズ(コーチ)
・ナヴィ・ラワット(ヒロイン)
・ジュダ・フリードランダー(ビール男)
・ジェニー・ウェイド(ハニーパイ)
・クリスタ・アレン(タフィー・・・・・・のちヒロイン2)
・エリック・デイン(ヒーロー)
・デュエイン・ウィチカー(ボス)
・クルー・ギャラガー(バーテン)

■あらすじ■
テキサスの広大な荒野にあるバー。いつもの面々がいつもの安酒で酔いつぶれるなか、突然ショットガンを持った血まみれの男が飛び込んできた。男の手には正体不明の怪物の頭が握られていた。バーの封鎖を指示するやいなや、何者かが襲いかかってくる。唖然とするバーの客たちをよそに、今度は血まみれの女が飛び込んできた。バーの外から聞こえる野獣の叫び声。電話も通じず助けも呼べない状況の中、次々と怪物たちの餌食となってゆくバーの客たち。絶体絶命のなか、はたして未知のモンスターを相手に生き残ることはできるのか!?

fees4.jpg
fees3.jpg
fees2.jpg
■かんそう■
M・デイモンとB・アフレックが設立した「ライブ・プラネット社」がプロデュースする
人気番組「プロジェクト・ブリーンライト」。その番組の一般公募から選ばれた脚本の、映画化。


低予算らしく、グラインドハウス系の香りがするモンスターパニック。
目玉引き出し、緑の液噴射、ウジ虫、溶ける人間&血しぶき・・グロ満載。

ブラックユーモアも炸裂してて笑えるホラーです。
入り、登場人物の役名・・ご覧の通り、面々のプロフィールが紹介されますが、茶化しマクリ

ついでに、エロも際どい・・怪物同士の合体腰フリや、人間女性のお口の中での高速腰フリ。
多量のお口内発射で、女性が吐き出す白液には、気色悪ぅ~と思いながらも

下品極まりないのですが、描写が大げさなんで、笑いを誘う作りです。

ヒーローなんて、「君達の救世主だ!」と、のたまった瞬間に絶命・・ヒーロー名前負け
怪物君達が、何処から来て、何故生まれたのか? なんて、完全無視(笑)

とにかく、理由より生き延びるの一言に尽きる内容なのですが、茶化すだけでも無く
ドキドキ感も、それなりに感じます。

この映画で1番新鮮だったのは、バーの面々にまったく一体感が無い事。
誰が犠牲になろうが、お構いなしで、自分が助かれば良い訳だ

運良く、外のトラックに辿り着いた、お姉ちゃんなんか、他の人間を助ける気など
サラサラなくて、とっとと1人で逃げちゃう・・・本当にそれっきり帰って来ないのよ

もう何かね、私の中のモンスターパニックのイメージは粉々(笑)

レトロ感のあるショボホラー好きには、心クスグル楽しめる映画だと思います。
私、このハチャメチャな乗りは、かなり・・・・・・・・・す・き!

一言、既にアメリカでは2そして3制作されてるそうです。

■ザ・フィースト公式ページへ■

私の好き度 ★★★★

★よろしかったら1クリお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

スポンサーサイト