大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年08月30日 (土) | 編集 |
fees5.jpg
■2008/8/22DVD発売 ■アメリカ制作 ■86分

■監督 ・ジョン・キャラガー

■制作総指揮 ・マット・ディモン&ベン・アフレック&ウェス・クレイヴン

■出演
・パルサザール・ゲティ(マヌケ)
・ヘンリー・コリンズ(コーチ)
・ナヴィ・ラワット(ヒロイン)
・ジュダ・フリードランダー(ビール男)
・ジェニー・ウェイド(ハニーパイ)
・クリスタ・アレン(タフィー・・・・・・のちヒロイン2)
・エリック・デイン(ヒーロー)
・デュエイン・ウィチカー(ボス)
・クルー・ギャラガー(バーテン)

■あらすじ■
テキサスの広大な荒野にあるバー。いつもの面々がいつもの安酒で酔いつぶれるなか、突然ショットガンを持った血まみれの男が飛び込んできた。男の手には正体不明の怪物の頭が握られていた。バーの封鎖を指示するやいなや、何者かが襲いかかってくる。唖然とするバーの客たちをよそに、今度は血まみれの女が飛び込んできた。バーの外から聞こえる野獣の叫び声。電話も通じず助けも呼べない状況の中、次々と怪物たちの餌食となってゆくバーの客たち。絶体絶命のなか、はたして未知のモンスターを相手に生き残ることはできるのか!?

fees4.jpg
fees3.jpg
fees2.jpg
■かんそう■
M・デイモンとB・アフレックが設立した「ライブ・プラネット社」がプロデュースする
人気番組「プロジェクト・ブリーンライト」。その番組の一般公募から選ばれた脚本の、映画化。


低予算らしく、グラインドハウス系の香りがするモンスターパニック。
目玉引き出し、緑の液噴射、ウジ虫、溶ける人間&血しぶき・・グロ満載。

ブラックユーモアも炸裂してて笑えるホラーです。
入り、登場人物の役名・・ご覧の通り、面々のプロフィールが紹介されますが、茶化しマクリ

ついでに、エロも際どい・・怪物同士の合体腰フリや、人間女性のお口の中での高速腰フリ。
多量のお口内発射で、女性が吐き出す白液には、気色悪ぅ~と思いながらも

下品極まりないのですが、描写が大げさなんで、笑いを誘う作りです。

ヒーローなんて、「君達の救世主だ!」と、のたまった瞬間に絶命・・ヒーロー名前負け
怪物君達が、何処から来て、何故生まれたのか? なんて、完全無視(笑)

とにかく、理由より生き延びるの一言に尽きる内容なのですが、茶化すだけでも無く
ドキドキ感も、それなりに感じます。

この映画で1番新鮮だったのは、バーの面々にまったく一体感が無い事。
誰が犠牲になろうが、お構いなしで、自分が助かれば良い訳だ

運良く、外のトラックに辿り着いた、お姉ちゃんなんか、他の人間を助ける気など
サラサラなくて、とっとと1人で逃げちゃう・・・本当にそれっきり帰って来ないのよ

もう何かね、私の中のモンスターパニックのイメージは粉々(笑)

レトロ感のあるショボホラー好きには、心クスグル楽しめる映画だと思います。
私、このハチャメチャな乗りは、かなり・・・・・・・・・す・き!

一言、既にアメリカでは2そして3制作されてるそうです。

■ザ・フィースト公式ページへ■

私の好き度 ★★★★

★よろしかったら1クリお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

スポンサーサイト

2008年08月28日 (木) | 編集 |
mova1.jpg
■2008/8/27日DVD発売 ■イギリス制作 ■103分

■第1話 【あるエンジニアの死】  ■第2話 【ザ・ソルジャー】

■あらすじ■
イギリスで携帯電話の中継基地を狙った爆破事件が続発していた。さらに携帯で通話中の市民を襲う無差別殺人。手かがりは現場に残された「ベルゼゼブ」悪魔と言うメセージ。そして、狙われるのは決まってコーソンコム社の携帯のみ。果たして、犯人の目的は?

■かんそう■
イギリスで放送されたTVドラマ。ミニドラマらしく、シリーズ全2巻でエンド。
短さに誘われて、鑑賞してみました。

展開は、時間戻し系サスペンスです。しかし、その戻し具合&相関図が尋常ではありません。

入りの、射殺事件は関係無いのだろうと思っていたら、巡り巡って繋がってる
全ての事柄に関連性が有る為、一瞬たりとも、よそ見すると訳が分からなくなります。

チョット、戻し過ぎ・・の感は有りますが、丁寧に練りこまれてる為か見入ってしまいました。

それと、これでもかっ!ってくらい、携帯電話にスポットをアテタ作品です。
出来事全ての発端、原因は携帯電話・・・考えると、現実有りえるような。

良く耳にする、携帯が及ぼす健康被害、そして車使用での人身事故。
携帯って、現代人には無くてはならない便利な道具です。
が、その1方で悲劇をもたらす、悪魔のツカイでもありますねぇ。

VOL1では、実行犯と、彼を操る人物は分かります。
ですが、その人物も又、誰かにコントロールされてる。何ともまあ、複雑
その誰かが、何の目的で犯行重ねているのか不明で、後編で謎は解明されるのだと

少し戻し過ぎて、展開が遅いなぁ・・とは思ったものの、中途半端なサスペンス映画よりは
意外とイケテマシタ。

VOL2が、9/10日リリースで、完食しようと思っています。
しかしですよ・・VOL2が207分も有るんですよ! 207分って貴方長過ぎでしょうが^_^;

好き度stars-3-5.gif

★よろしかったら1クリお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

2008年08月27日 (水) | 編集 |
amea1.jpg

■2008/8/27日DVD発売 ■アメリカ制作 ■157分

■監督 ・リドリー・スコット

■出演
デンゼル・ワシントン(フランク)
・ラッセル・クロウ(リッチー)
・キウェテル・イジョフォー
・キューバ・グッディングjr
・ジョシュ・ブローリン

■あらすじ■
1968年、フランク・ルーカスは長年仕えたハーレムの黒人ギャングのボスの死後、独自の麻薬ビジネスを展開する。やがて大物マフィアをも出し抜く成功を手にするが、目立たないことを信条にする彼の素顔はベールに包まれたままだった。一方、汚職がはびこる警察組織の中で正義を貫こうとする刑事リッチー・ロバーツは新設された麻薬捜査チームのリーダーに任命され、ドラッグ市場を牛耳る謎の人物に迫って行くのだった。

amea9.jpg
amea3.jpg
amea2.jpg

■かんそう■
実話ベースの映画ですが、157分と言う長さに気合い入れて鑑賞しました。

まず、入り1968年アメリカの電気店、ソニーや東芝の製品が牛耳ってたのに驚き。
こんな時代から、日本企業は頑張ってたのね・・・ここは余談ですが^_^;

内容的には、派手なギャング物ではなく、登場人物それぞれの思いがメイン。
しかし、心理描写だけで無く、裏の凶悪行為も描かれてます。

師と仰ぐ元ボスの後を継ぎ、麻薬ビジネスに新しい風を吹き込んだフランク。
そして、悪徳警官はびこる中、正義を貫いた刑事リッチー。

この2人、敵同士でありながら、組織からツマハジキされる所は同じ
今が居心地の良い人間から見ると、彼らは脅威となるし、差別問題も根強い

それだけでなく、お互い自らの大義をマットウする為に、大切な物を犠牲にしてる
その事を2人は、理解してる・・それでも自分を貫こうとした男達。あ~痺れる

妻子に別れ告げられるリッチー、母親に人間の道を悟されるフランク。
教会から出た時のフランクの表情は印象に残ります。
                                 
敵でありながら、友のようで・・・何の怯えも、戸惑いも感じさせない穏やかな表情
彼は、逮捕される事を願っていたのかも・・非情に徹する事の出来なかった人間フランク

ニューヨーク悪徳警官も、潔かった。彼も又、家族を愛し醜態を見せたくなかったんだろうと。

人間って、大小違いで正義も悪も無いね。誰かを悲しませ叩けばホコリが出るって事かも
ドライ&ウェットが絶妙バランスで、男達の生き様見せてもらえる、見応え有る作品でした。

一言、商売に派手は禁物! お金有っても、高級毛皮は命取りです。

好き度 ★★★★

★よろしかったら1クリお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

2008年08月25日 (月) | 編集 |
5f1.jpg

■2008/8/20日DVD発売 ■アメリカ制作 ■87分

■監督 ・ローレンス・マルキン

■出演
ライアン・フィリップ / ローレス・フィシュバーン / コルム・シーニー

■あらすじ■
食料支援計画を実行する為、モロッコを訪れたジャズピアニストのマーティン(ライアン)は突然、滞在中のモロッコでテロリスト(ローレンス)に誘拐される。テロリスト達はマーティンがモロッコに訪れた目的を聞き出すため、壮絶な拷問を行うが…。

5f8.jpg
5f9.jpg
5f6.jpg
■かんそう■
指切り拷問付き、密室心理サスペンスな物語でした。

ピアニストの命とも言える、指を1本ずつ切って行く様は、さすがに痛い!
ただ、マーティンの指がズングリだった・・ピアニストの指って細くて長いイメージが^_^;

物語的には、タヌキとキツネの化かし合いで展開は読めません。

オランダ生まれアメリカ在住のピアニストに、執拗に目的を聞き出そうとするテロ組織。
命の指を切り落とされても、目的を白状しないピアニスト。

ここで、見てる側は迷わされます。そうとう拷問に訓練された人物か?
はたまた本当に、ただのピアニストで純粋に人道支援で裏目的が無いのか?

ガンとして口を割らないマーティンに、あの手この手で、接するテロ組織。
ほんとに、マーティンは間違いで拉致されたのかと思いましたねぇ。 

ただ、中盤から食料支援の過程が、回想されて行くので・・チョット疑いが生まれます。
が、その回想が、曖昧で弱い・・ここを鮮明にすると速攻展開が読めてしまうので
ワザと、ボカシテあるのかもしれません。

追い詰められ、とうとう白状してしまうマーティン。あれ?これで終わり?

ここで、もう一捻りが用意されてました。 うはぁ、テロ組織じゃないよぉ。
ラストは、ドライ&クール。1を殺して100を救う非情な世界です。

密室で繰り広げられるので、途中で緊張感が途切れダラケテしまうのと
核心持ち込みが唐突なのは気になりますが、内容は凝った展開で、結構楽しめました。

一言、マーティンの彼女って、どっちの仲間なの?

好き度stars-3-5.gif

★よろしかったら1クリお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

2008年08月23日 (土) | 編集 |
hanhana1.jpg

■2008/8/30日~公開  ■アメリカ制作  ■92分

■監督 ・ピーター・バーグ

■出演
ウィル・スミス / シャーリーズ・セロン / ジェイソン・ベイトマン

■あらすじ■
ハンコックは悪を退治し、人助けもする。でも、やりすぎパワーのせいで物は破壊され、街はパニック!市民からは大ブーイング!ニュースでは“トラブルを生むヒーロー”として非難される始末。でも本人は「そんなの知るか!」と全く反省する気なし。でも本当は孤独で寂しい。なぜ自分だけ違うのか?そんな時、ある人物から提案が…。「皆から愛される、真のヒーローにならないか?」と

hanhana4.jpg
hanhana2.jpg
■かんそう■
感想の前に、アメリカのポスター、インパクト有りますねぇ^_^;
いったい誰?・・と思いつつも、このドアップ好きなんですが

最初から、既にハンコックがスーパーパワーの持ち主で、力の加減が分かってない
酔いどれヒーローと言う事、前面に出してるのは新鮮。小出しない所が良いじゃないですか

ハンコックが何故救世主なのか?
その部分も、暴走活躍と同じくらい時間割いてたようで、何故?の回答はされてました。
シャーリーズ・セロン久々に見ましたが、チョット歳取ったけど、やはり綺麗でセクシー。

映像は、凄い迫力。飛ぶは、持ち上げるは、ぶっ壊すはで、ハデハデ
貨物列車を体で止めるシーンでは、おぉぉ!~と目がマンマルに
ベタギャグも沢山盛り込まれて、クスクスくらいは笑えたよ。

ただ、どうも、どっかで見たようなシーンが多いのですよ。
ヒーロー物なんで、似てもしょうがないかとは思いますが。

ハンコックがイメージアップの為、イヤイヤ着せられるヒーロースーツったら!
この手の映画の好きな方なら、絶対、あの映画を連想するはずです。

が、エンドロール開始直後、そこシッカリ指摘してるんですよ。
あの映画のパクリかぁ~・・ってね

言われたウィルの表情が可笑しくて・・監督も、ウィルも、その辺を逆に利用してる
「違う!」と片意地張らない所が好感持てます。

コンパクトにまとめてあって、苦悩&愛&笑い、良い具合にブレンドして有り
なかなか楽しめました。

好き度stars-3-5.gifstars-4-0.gif

★よろしかったら1クリお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

2008年08月21日 (木) | 編集 |
cant1.jpg
■2008/8/8日DVD発売 ■アメリカ制作 ■122分

■監督 ジョエル・コーエン / イーサン・コーエン

■出演
トミー・リー・ジョーンズ / ハビエル・バルデム / ケリー・マクドナルド

■あらすじ■
メキシコ国境に近いテキサスの砂漠でハンティング中に、偶然、死体の山に出くわしたルウェリン・モスは、大量のヘロインと現金200万ドルが残されているのを見つける。危険を承知で大金を奪ったモスに、すぐさま追っ手がかかる。必死の逃亡を図るモスを確実に追い詰めて行くのは非情の殺し屋アントン・シガー。そしてもう一人、厄介な事件に巻き込まれたモスを救うべく老保安官エド・トム・ベルが追跡を始めるのだった

cant2.jpg
cant3.jpg
cant4.jpg
■かんそう■
喉が渇きを覚えるくらい、ドライな映画でした。カラカラに乾燥してる

物語的には、ヒネリも無くて、追う逃げる・・と、至って直球
何が面白いのか正直分かりません。

ただ、持ち逃げしたモスには人間の暖かみを感じるのですが
殺し屋シガーの凍り付いた怪演が恐い。 終始無表情で執拗に追いかけて来る。

彼は、ユーモアの無い男と称されてましたが、日々全力投球なんでしょうねぇ。
酸素ボンベ持ち歩く殺し屋なんて、普通に考えると笑ってしまうのですが
彼の場合は恐ろしくて、笑えなかった。完璧に行っちゃってます

何の罪も無い、モス夫人を射殺するのも驚きましたが、1番ブルったのは
GSのオッチャンとの世間話。世間話で、コイン裏表は無いでしょ!!
へたに、話しかけちゃいけませんね。 殺されちゃうよ^_^;

こんな話、有りえないと思いつつ、テキサスなら有るかもなんて思います。
だって、テキサスチェンソー事件も有ったし←まるで関係ないけど

殺し屋も強烈インパクトだったのですが、トミー・リー保安官も良い味だしててサスガです
最後父親との会話で「何も変わらない」 ここは印象に残りました。

正義感で突っ走っても、無駄な努力で寿命縮めるだけ
卑怯だけど現実ですよね。悪だと分かっていても触らぬ神に祟り無し・・・です。

何処がどう、面白いのか表現に苦しむのですが、ヘンテコ髪型の超タフな殺し屋の
異常さが、記憶に焼き付く作品でした。

好き度stars-3-5.gifstars-4-0.gif

★よろしかったら1クリお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

2008年08月19日 (火) | 編集 |
poi1.jpg

■2008/8/20日DVD発売 ■アメリカ制作 ■90分

■監督 ・ピート・トラヴィス

■出演
デニス・クエイド / マシュー・フォックス / フォレスト・ウィッテカー
ウィリアム・ハート / シガニー・ウィヴァー

■あらすじ■
スペインでの演説中に米大統領が何者かに狙撃され、さらに演壇が爆破されるテロが起こった。シークレットサービスのバーンズはTV中継車に乗り込み、撮影された映像をチェック。そこに怪しい何かを見つけた。同時刻、サマランカ市警のエンリケは事件の容疑者として拘束されそうになり、サマランカ市街へと逃亡を謀る。アメリカ人旅行者のハワードは、ビデオカメラを片手にそんなエンリケを追いかけ…。

poi6.jpg
poi4.jpg
poi2.jpg
■かんそう■
はぁぁ~これは面白かったです!

スペイン広場でテロ撲滅条約を交わそうとするアラブ&西欧諸国
それを阻止しようとする、テロ組織の攻撃。

テロ絡みではありますが、重い部分の話でなく拉致された大統領を
助けようとするシークレットサービスの手に汗握るスリリングサスペンス。
拉致した大統領を、何に利用するのかまでは提起しないので、見やすいです。

暗殺時間から、この事件に関わる人々が23分前に戻り、犯人を追及して行く
手法で、まるで関わり合いが無いようで、最後には繋がって行く・・。
途中まで、先が読めないうえに、スピード感が有りました。

次から次へと、裏をかく護衛側とテロ組織側のイタチゴッコで、息つく暇を与えないし
カーチェイスも迫力大でハラハラの連続・・・目が離せなくて

テロ組織も、頭脳明晰・・・緻密な計算で、ハイテク駆使ですよ。凄いなぁ。

90分と言う短さからか、内容の矛盾点を考える暇が無かったですね(笑)
物語に深みは感じませんが、一気に突っ走らされてしまう展開で楽しめました。

目的の為には、仲間の抹殺を平然とやってのけるテロ組織が、最後に
少女の命を奪えなかったのが印象的で、非現実的な気もする反面
やはりホッ・・・・・っとしました。

好き度 ★★★★

★よろしかったら1クリお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

2008年08月18日 (月) | 編集 |
sea111.jpg

■2008/8/13日レンタル開始 ■アメリカFOXテレビドラマ ■44分

■13話 【 駆引きの行方 】  

■出演
ウェントワース・ミラー / ドミニク・バーセル

sea2.jpg
sea3.jpg
sea8.jpg

とうとう、シーズン3フィナーレを向かえました。
私、少しずつではありますが、3の入りの燃尽き症候群から快復してます。

さて、前話で脱獄成功した天国組、ウィスラー&父の敵マホーンに逃げられ
兄弟にとって、人質救出が最優先でウィスラーを追います。

ウィスラーは、相変わらずエタイの知れない人物のままで、謎だらけ
スーザンに抹殺されるのが恐いのでもソフィアを助ける為でも無く・・何者なのか未だ不明。

一方バスケ少年は、検問で止められますが、ここで又、父の臨機応変な対応で無事通過。
肥料満載のトラックには、いかな警察犬も役に立たず・・臭くて鼻曲がるだろうワンコも^_^;

そして地獄組&スクレ。スクレは何て可愛そうな・・マイケルの事を一切喋らず
ヒドイ拷問にも耐え続け、最後までマイケルを裏切らなかった。泣けますねぇ。

逆に次から次へと、裏切まくりのTバック。とうとう瀕死のルチェロを殺し
ソーナのボスへと。でも彼は、猫がぶってただけで、元来性悪なんでグッド。

そんなこんなの中、とうとうマイケル達とスーザンの直接対決へと
博物館の金属探知機は、さすがマイケル! やっぱり、頭良い

ここで、ソフィアとウィスラーの別れが、ズート騙されてたソフィアも可愛そうだけど
ウィスラー&マホーンの関係も気になります。最初から2人はグル?

一番辛かったのが、LJがマイケルに手渡した、折り紙ですねぇ。

救出成功した兄弟・・・・しかし、マイケルは復讐へと1人走り始めます。

ラストは、中途半端だけど、これで終わりかと思わせるようなシーンの連続ですが
スクレそして、Tバック&ベリックは? このままで、終わらせる気は無いようです。

物語は、逃げるマイケルから、追うマイケルへと変わって行くようです。

シーズン4、楽しみに待ちましょう。        お・わ・り

sea1111.jpg
↑シーズン4のキャストフォト・・・・ん~サラ居るし。やっぱり生きてるんですかね? ^_^;

★よろしかったら1クリお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

2008年08月15日 (金) | 編集 |
puriri6112.jpg
■2008/8/13日レンタル開始 ■アメリカFOXテレビドラマ ■87分

■11話 【 7人の夜 】  ■12話 【 天国と地獄 】

■出演
ウェントワース・ミラー / ドミニク・バーセル

puriri611.jpg
puriri6113.jpg
puriri6114.jpg

シーズン3フィナーレまで、後3話となりました。
縦穴脱獄をモクロンデいたマイケル面々、しかし大雨で地面に穴が!!
見つかったら、イッカンの終わり・・やむなく、警備厳しい夜の脱獄へと変更

マイケルはバスケット少年を仲間にしますが、可愛そうだと思ったんだろうね。

補助電源が作動するまでの30秒・・・どう考えても無理だし、普通騙されないよね^_^;
信じ込ませるマイケルの天才なのか? 追い詰められた面々の浅はかなのか?

一方、リンカーン達、計画をスーザンに、ことごとく読まれ、スクレは脅迫され
ソフィアまで拉致され八方塞がり。
スーザン、ソフィアにタバコの火押しつけてリンカーンをも脅迫する・・手強い

愛するソフィアの為、ウィスラーは、座標を渡そうとするも・・踏み止まるんですね。
マイケルに運命を預ける訳で・・渡しても、ソフィア&LGは消される運命だし

穴掘ってる奴らは、思惑が交錯して裏切りやら疑惑やらで大にぎわい
そろそろ、なり潜めてたTバックの狡猾さが見えて来て嬉しい(笑)彼はこうでないとね

とうとう脱獄決行!脱獄見慣れてるのに、ドキドキしゃった。
が、手助けするスクレがぁ・・・・・・拘束され、いったいどうなるの?

puriri6122.jpg
puriri6121.jpg

時間は30秒と聞き、自分だけ助かりたい、ルチェロ&T&ベリックが先に・・。
だから、浅はかだってーの・・・見事失敗。ここまで計算尽くだったとは・・出来過ぎです

3人の脱獄騒動に紛れ、残りの面々は、まんまと脱獄成功。ん~どう見ても強引過ぎかなぁ。
とは思うけど、成功した4人とリンカーンは砂浜へと

ここで、リンカーンが埋めたクーラーボックスの中身が披露されます。
なるほど、陸&船では直ぐに捕まるから水中ね。ここはサスガだなと

何と、ここでスクレの出番だった訳ですね。が、彼は拘束され身動き出来ない。
イッカンの終わりかと思った時、バスケット少年の父の機転で見事成功。

一方、失敗組には、凄まじい追求が。シーズン3ではベリックの殴られっぷりが迫力大
ボコボコでリアルに血みどろ。彼は何処か憎めない・・本当に何も知らないお馬鹿さん

Tバックは我が身の危険を回避する天才ですよ・・スクレを身代わりに仕立ててしまう
スクレの運命は、いかに・・。

逃げ切っても、どうもウィスラーは信用出来なくて・・彼は何者?やはり謎は解けぬまま
フィナーレへと持ち越し、このままハッピーエンドとは思えないですねぇ。

つ・づ・く

★よろしかったら1クリお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

2008年08月13日 (水) | 編集 |
zem111.jpg zem11.jpg
■2008/8/6日DVD発売 ■フランス/ルーマニア制作 ■77分

■監督 ・ダヴィッド・モロー/ ・ザヴィェ・バリュ

■出演
ミヒャエル・コーエン / オリビア・ボナミー

■あらすじ■
2002年10月。ルーマニア、ブカレスト郊外。フランス人学校で教師をする女性クレモンティーヌと夫で作家のリュカは、街から離れた林の中の屋敷に引っ越してきて3ヵ月が過ぎた。静かで平穏な日々を送ってきた2人だったが、その夜事態は一変する。懐中電灯を手に暗闇に身を隠す姿の見えない何者かが、夫婦の屋敷を襲撃し始めたのだ。相手の正体も理由も分からぬまま、夫婦は暗闇の中を必死で逃げまどうのだったが…。

zem2.jpg
zem4.jpg
zem8.jpg
zem9.jpg
■かんそう■
現実におきた事件がベースになっており、現在ジェシカ・アルバ主演
ハリウッドリメイク版「The EYE」の制作されてる2人の監督さんデビュー作らしいです。

正体不明の副題から、悪霊系か宇宙人系だと予想してましたが・・・。
何の気配も無く、忍びより実行に移す過程が恐くてドキドキでした。

冒頭の事件と、メインの事件が別話のようでシッカリ繋がってます。
ルーマニアの警察って、直通は無いの?日本で言う110番とか、その辺遅れてますねぇ。

メインの事件ですが、襲ってくる者が何者なのか、まるで分からない中
逃げまどい追い詰められ、ジワジワとアオッテ行く展開で、夫婦の恐怖体感できました。

鍵穴から、瞬間に飛び出す釘。ここも結構見慣れているのですが
やっぱり、ドキッ! と恐かったぁ。

正体が分かってからは、少し自分の中で盛り上がりが薄くなってしまったのですが
これが、実話だと言う事を思い出すと、薄ら恐いんですよ。

「遊んでくれないから」って理由で、殺人ゴッコされちゃ、たまったもんじゃありません。
たった6年前の事件だし・・そう思うと、さすがに引きます

ルーマニアって何か恐い! テキサスも恐いけど^_^;
殺されても、誰も気付いてくれなさそうな場所って感じします。

好き度 stars-3-5.gif

★よろしかったら1クリお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

2008年08月11日 (月) | 編集 |
ham314.jpg ham312.jpg
■2008/8月公開  ■アメリカ制作 ■112分

■監督 ・ロブ・コーエン

■出演
ブレンダン・フレイザー / マリア・ベロ / ジョン・ハント / ルーク・フォード
ジェット・リー / ミシェル・ヨー / イザベラ・リョン

■あらすじ■
1946年、ロンドン。幸せだがちょっぴり退屈な毎日を送っていたリックとエヴリンの夫妻は、外務省に頼まれ、“シャングリラの目”と呼ばれる巨大なブルーダイヤを返還するために上海へやって来る。そこで彼らを待ち受けていたのは、両親に内緒で大学を辞め、現地で遺跡の発掘にいそしんでいた息子アレックスとの思いがけない再会だった。その驚きに追い打ちをかけるように、アレックスの発掘した皇帝のミイラが、2000有余年の時を超えて生き返る事件が勃発。またもやスーパー・パワーを持つミイラと戦うハメに陥ったオコンネル・ファミリーは、皇帝の世界征服の野望を阻止するべく、ヒマラヤから万里の長城へと冒険を重ねて行くことに…。

ham313.jpg

ham319.jpg

ham317.jpg

ham31.jpg
■かんそう■
夏休中の日曜日と言う事で、恐ろしく混んでて・・前から3列目、首が痛い

相変わらず、ド派手で、息つく間も無いくらいのスリリングな猛スピード展開。
字幕読んでると、映像見逃すかも。  まー、うちは吹き替えしか無く選べないけど^_^;

映像面は、大迫力でスケール大きい・・ヒマラヤの山並み、皇帝の復活・・守る兵馬俑軍
それと、小ギャグは今回も健在。 兄ジョナサンの経営してる店の名が笑えました。

ただ、面白いんだけど・・・・微妙。 面白さでは前作の方が勝ってるような気が
主要人物が多くて、リックがメインなのか、息子アレックスか? 皇帝はどうした!?
皇帝VS親子で無く、皇帝VS占い師だったりで・・・詰め込み過ぎて、何味だか?

目的は同じでも、そこいら中に戦いが有るので、のめり込めずでした。
皇帝の3頭蛇なんかより、兵馬俑ミイラ描写に力入れて欲しかったなぁ。

新エヴリンは体当たりアクションで、頑張ってました。見慣れれば違和感なくなるかも
息子アレックスは存在感が少し薄かったな~。やっぱり、ハムナプトラはリックですね

内容的には、大満足ではなかったのですが、やはり胸躍る冒険アドベンチャー
退屈はさせません。スカッと胸のすく大娯楽作で楽しませてくれました。

中国から、南米へと冒険は続きそうなジョナサンの台詞でしたが・・。

一言、吹き替えなんですが、息子アレック役の方は、又、舌っ足らず
何で、ちゃんと喋れる方選ばないのか?

好き度stars-3-5.gifstars-4-0.gif

★よろしかったら1クリお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

2008年08月09日 (土) | 編集 |
eri1.jpg
■2008/8/6日DVD発売 ■イギリス/フランス/ドイツ制作 ■114分

■監督 ・シュカール・カプール

■出演
ケイト・ブランシェット / ジェフリー・ラッシュ / クライブ・オーウェン

■あらすじ■
25歳でイングランド女王に即位したエリザベス。父王ヘンリー8世の遺志を継ぎプロテスタントの女王として即位したが、国内にはカトリック信者が大勢おり、不安と憎悪が渦巻いていた。その頃、ヨーロッパ列強はイングランドを占領すべく狙っており、スペイン国王フェリペ2世はことあるごとに圧力をかけてきた。さらにカトリック派のスコットランド女王メアリー・スチュアートの存在も火種となっていた。

eri7.jpg
eri10.jpg
eri6.jpg
eri8.jpg
■かんそう■
1998年制作「エリザベス」の続編映画ですが・・・・前作見てません。
これはぁ~、見た方が一層楽しめる気がしました。

エリザベス女王とメアリー女王の関係などは前作に描かれてるようですし
バージンクイーンと呼ばれたエリザベス一世の恋愛部分も
ゴールデン・エイジだけでは分からず

ですが、豪華絢爛な衣装、城の荘厳さ、そして壮大な映像。凍り付くほど美しい!!
城の上から撮ってる映像など、空から撮ってるの? くらい天井が高い
ウサギ小屋に住んでる私は、あんな所で寝たら金縛りに遭いそう^_^;

映像美だけで無く、ケイトさんの存在感たら。まわりも演技派揃いだと
思うのですが、女王のオーラーが満ちてました。貫禄充分。

内容的には、当時最強のスペインの罠に落ちたメアリー女王
エリザベスに反旗をヒルガエスのですが、メアリーはタダのコマ
メアリー女王の人生って時代に翻弄され悲し過ぎる

苦悩しながらも、メアリーを処刑するエリザベス・・
エリザベスの、人間として女性としての弱さなどが描かれてました。

しかし、彼女はスペイン無敵艦隊を前線で迎え打つ。普通なら逃げるのに
女性とは思えない、勇敢さ。 この姿が有ってこそ、黄金期を迎えられた気が

込み上げる感動は無かったのですが、1世の伝えられていない感情部分と
圧倒的に美しさに、引き込まれてしまい見応え有ります。

一言、スペイン艦隊も、イギリス沿岸の地形くらい詳しく調べてから攻撃すべきだね
あれじゃ、負けてあたりまえだし。

好き度stars-3-5.gifstars-4-0.gif

★よろしかったら1クリお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

2008年08月07日 (木) | 編集 |
sis1.jpg
■2008/8/6日DVD発売 ■アメリカ制作 ■91分

■監督 ・ダグラス・パック

■出演
・クロエ・セヴィニー(グレース)
・ルー・ドワイヨン(アンジェリーク)
・スティーヴン・レイ(ライカン医師)

■あらすじ■
ジャーナリストのグレースは、ラカン医師が運営する小児病院での不審死を調べていた。同じ日、ボランティアとして来ていたウォレス医師は、ラカンの助手のアンジェリークと知り合った。アンジェリークは双子の姉アナベルが同居している事をウォレスに告げた。その頃、ラカン医師のオフィスに潜入したグレースは、監視カメラのモニターでウォレスが女性に殺害される現場を目撃。犯人はアンジェリークか、それともアナベルなのか。

■かんそう■
1973年、ブライアン・デ・パルマ監督の「悪魔のシスター」のリメイク作品です
とは言っても、オリジナル見てません・・30年前だと生まれてないし・・ハイハイ、嘘ですよ。

調べてみると、オリジナルはヒッチコック風の作りだったらしいのですが
リメイクはサイコスリラーとなってました。

とにかく、異常です。みんな異常。そんなに恐いとは思えないのですが
最初から最後まで、暗~くヨドンダ空気に包まれて気味悪い。

姉アナベルと妹アンジェリーク、ただの双子では無く、体の1部が繋がった姉妹。
当時、そのような子供は見せ物か実験材料としか使われなかった。

2人には精神的な異常も有り、医師の好みで一方が生かされ、片方は犠牲に
ここで既に、医師はコントロールされてる。サイコの巧みさが感じられました。

内容的には、よく有る二重人格物・・・かと思いきや、違うの
グレースが姉だったのか?・・いや、傷無かったし。又グレースも異常だったんじゃないかと

姉妹分離手術の前に、医者がヒントくれてました・・姉では無く妹だと

鳥肌立ちませんし、ラストも、あれで良いの?・・が、謎解きが多く、飽きる事ないし
異様で不気味な世界を味あわせてもらえました。やはり、サイコは恐い。

一言、R-18指定ですが、殺人描写でですかね?それともセックス描写で?

好き度 stars-3-5.gif

★よろしかったら1クリお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

2008年08月05日 (火) | 編集 |
sip1.jpg
■2003/7/4日DVD発売 ■アメリカ/オーストラリア制作 ■91分

■監督 ・スティーブ・ベック

■出演
ガブリエル・バーン/ ジュリアナ・マルグリース/ ロン・エルダート/ デイズモンド・ハリントン

■あらすじ■
1962年、イタリアの豪華客船アントニア・グレーザー号は、アメリカに向けて大西洋を航行中に突如消息を絶った。それから40年、ベーリング海を漂う謎の船が発見される。さっそく調査に向かったサルベージ会社のクルーたちは、この船が40年間消息不明となっていたアントニア・グレーザー号であることを知る。さらに、無人の船内で大量の金塊を発見する。海洋法では公海上でこうした船が発見された場合、所有権は全て発見者に属することになっている。クルーたちは大喜びするのだったが…。

sip2.jpg

sip3.jpg

sip6.jpg

sip8.jpg
■かんそう■
猛暑なので涼しくなりたくて、久しぶりに、ゴースト・シップ鑑賞してみました。
内容をホトンド記憶してないのですが、冒頭のワイヤー場面だけは忘れられない

再度見ても、あのシーンは強烈でした・・・一瞬に数十名の客がスッパリ胴体切れ。凄い。
それと、口イッパイに頬張るウジ虫。こんなシーン有ったのですねぇ。

ガブリエル・バーンが出てたのも忘れてましたσ(^◇^;) あまり活躍してないから良いけど

後は不気味な雰囲気が続き、弾痕跡から流れだす血・・良い感じの流れ。
しかし、途中で派手な爆破など有る為か、アクション映画見てるようで

悪霊の正体はサタンに使える死神かぁ~。幽霊船なんで悪魔もありかも
ただ、1つ分からないのは、何故ワザワザ人間を呼び寄せたのか?

金塊を盗む・・悪行をさせないと地獄へ送れないから手の込んだ方法取ったんですかね?
その辺、良く分からないのですが・・・フム。

恐くて、ブルブルするような映画では無いのですが、映像が綺麗で豪華。
血しぶきバンバンとは違う、オカルトっぽい上品なホラー映画でした。

一言 あの人が死神だったとは予測できませんでした。
どう見ても誰からも好かれそうな人なのに・・・・・・。

好き度 stars-3-5.gif

★よろしかったら1クリお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

2008年08月02日 (土) | 編集 |
spi1.jpg
■2008/8/2日DVD発売 ■アメリカ制作 ■99分

■監督 ・ニック・ライオン (ライオンって^_^;)

■出演
・ヘレン・マットソン(ミランダ)
・ベン・クロス(トム)
・ドミニク・キーティング(フォーブス)

■あらすじ■
美しい体と、類まれな頭脳も併せもったミランダは、叔父とニ人で静かに暮らしていた。ある日、突如ミランダの体に異変が起き、エイリアンと姿を変えた彼女は、運ばれた病院内のスタッフを惨殺。動揺を隠せない叔父トムは、実は自分が人間とエイリアンのDNAを掛け合わせ、ミランダを作った事を打ち明ける。ミランダの異変に対処するため、元同僚の研究者に助けを求め、二人はメキシコへと。しかし、ニ人が見たものは、エイリアンの遺伝子を操り、今でも次々と新種を生み出していた元同僚の姿だった…。しかしミランダの異変は、彼にとっても想定外であり、みるみるうちにミランダの体はエイリアンにのっとられ、やがてミランダは種を残すと云う本能のまま、生殖相手を貪欲に求めていく……。

spi6.jpg

spi8.jpg

spi55.jpg

spi33.jpg

■かんそう■
言わずと知れた、スピーシーズシリーズの最新作です。
1作目から全て見ている、エロティクSFホラー。
エロと言っても、彼女達にとって種の存続が目的なので描写はホドホドの真っ裸。

見てるとは言っても、ちっとも思い出せない
確か、3?のラストは、生殖機能削除した男性エイリアンと旅だった・・ような

4では、掛け合わせの新種が誕生し、人間の心とエイリアンの本能が戦う
そして、作り出された女性新種同士の争いが描かれてました。

前作を記憶してなので、比べるに値しないのですが、4の映像は良かった
さすがに、20世紀FOX作品、そんじょそこらのショボクレSFと違い、上質。

血管が浮き出るミランダの姿、敵アズーラの顔・・・・気色悪~。

内容的にも、前作より印象に残る気はします。人間としての死を選んだミランダ。
作った事を後悔しながら、娘のように思う彼女を消滅させるトム。

この辺、人間の絆が理解できます・・・可愛そうなんだよね。

ただね、このシリーズで、どうも苦手なのは、エイリアンの姿ですよ
場面が暗いから、あまり分からないのですが、よーく見ると・・毎回お粗末な気が^_^;
至る過程の姿は良いのに、何でかなぁ~。

が、ここ意外は内容&映像共に、予想してたより良かったように思います。

一言、胎児はどうなったの?刺されて死亡?爆破で?まさか生き残って次作へ続く?
いい加減、もー打ち切っても・・潮時だと思うのですがねぇ。

好き度 stars-3-5.gif

★よろしかったら1クリお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

2008年08月01日 (金) | 編集 |
hid1.jpg

■2008/7/11日DVD発売 ■アメリカ制作 ■84分

■監督 ・チャールズ・マクドゥーガル

■出演
ジェイミー=リン・ディスカラ / ブレンダ・フリッカー / ロバート・ダヴィ

■あらすじ■
大学を卒業したハイディ・フライスは、当時交際していた年上の男性に高級娼婦の元締めアレックスを紹介され、コールガールとしての仕事を請負うようになる。たちまち売れっ子となったハイディはハリウッドや財政界の大物を客にしてNO.1の高級コールガールとして上り詰めていく。だが、アレックスが逮捕され、ハイディは弱冠23歳にしてアレックスの後を継ぎ、高級コールガールの元締めとなる。たちまち才覚を発揮し、大成功を収めるハイディだったが、そんな彼女にも警察の手が伸びていた・・・。

hid3.jpg

hid2.jpg
■かんそう■
これ映画では無くて、TVドラマですかね?
既に、WOWOWなどで放送済みのようで・・知らずに鑑賞。

1993年に逮捕された「ハリウッド・マダム」と呼ばれた女性の実話です。
セックス描写目当てに借りたのではなく、タイム誌の表紙を飾る大企業の重役の約半分
そして、多数のアーティスト&ハリウッドムービースター・・彼女の顧客だったそうで

そう言えば、前ニュースで聞いた記憶が有ります。顧客名が暴露されるのか?
アメリカ大賑わいだった・・そんな話。 公表されたら大スキャンダルに・・あ~知りたい(笑)

題材は非情に興味ソソルし、ハイディの浮き沈みが現実の通り描かれました。
裏切りに次ぐ裏切り・・誰も信用できない世界。
ハイディ本人が裏切って、のし上がって来た訳ですから。

顧客手帳には500万ドルの値が付き、彼女の心は揺らぐ
しかし、最後まで秘密を守りきった彼女の第2の人生も、それ程悪くない
と言うより、やっぱりセレブ・・この辺、アメリカ社会らしいなぁ。

ただね、人物像の掘り下げが浅いのですよ。淡々と事実を描いてあるだけで
心理描写、警察&身近な人物達との駆け引きなど・・緊張感も安らぎも無しでサラッと淡泊。

彼女が、上り詰め没落して行く間には、もっと波瀾万丈な出来事が
満載だったはずなのですが・・・・残念。 アッサリ逮捕でエンド

人間の心の変化が、描かれて無い為、ドキュメンタリーのような感じで
それ程、印象に残る作品では無かったように思います。

好き度 ★★★

★よろしかったら1クリお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。