FC2ブログ
大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
| Login |
2008年07月07日 (月) | 編集 |
day111.jpg

■2008/7/4日DVD発売 ■ロシア制作 ■132分

■監督 ・ティムール・ベクマンベトフ

■出演
コンスタンチン・ルベンスキー /  マリア・ポロミナ / ウラジミール・メニショフ
ガリーナ・チューニナ  /  ヴィクトル・ヴェルズビッキー / ジャンナ・フリスケ

■あらすじ■
「人間界に生きる"異種"―それはバンパイア、狼男、魔術士、魔女など超能力を持つ者たちで光と闇に分かれ、それぞれ"光の異種""闇の異種"と呼ばれる。数世紀の戦争の後、休戦協定が結ばれ、平和を守るため夜の番人(ナイト・ウォッチ)は闇の者を、昼の番人(デイ・ウォッチ)は光の者を互いに監視することになった。かくて千年、平和は守られ光と闇は協定のもとで無事に共存してきた。だが均衡が崩れる。12年前、"光の異種"のアントン・ゴロデツキーは闇の魔女を使って妻に呪いをかけ、胎児だった息子を殺しかけた。それで息子のイゴールは闇の側につき闇側は休戦破棄をもくろむ。だが、イゴールの悪の力に匹敵する女性が光側に出現する。2人の"偉大な異種"―その力は絶大で、2人が衝突すれば世界は崩壊する。唯一、人類を救えるのは"運命のチョーク"だった…」

day8.jpg

day7.jpg

day9.jpg

■かんそう■
2006/7月に発売された「ナイト・ウォッチ」の続編で、3部作ダークファンタジーの2作目
ナイトは、かなり吸血鬼色強く、血みどろだった、かすかな記憶が
正直言って、まるでナイトの内容を覚えていません・・・・・・^_^;

アントンは人間で、自ら選択し異種になった・・・でしたよね? やはり、思い出せません。
それくらい、異色ファンタジーで掴み所が無かった、ゴメンちゃい

で、2作目ですが・・・相変わらず雰囲気はグッドなものの、内容の理解が困難
だいたいの流れは、分かるのですが。高度過ぎて難しいのぉ。
血みどろシーンも、ほとんど無かったですね~。

CG映像は、大迫力! ハリウッドにも負けてませんロシア映画。
モスクワ? の灰色の町並・・スケールも大きく幻想的で美しいし、戦いの場面は
それこそ、別世界に迷い込んだようです・・さすがに、ファンタジー

難を言うと、長い。132分も要らない気する。 アントン&スヴェトラーナの恋愛は
良いとしても、彼女いちいち泣く必要があるのか? スピード感がダウン

それと、2人のシャワーシーン・・笑えた。何故浴室から美しい森&滝なのか
・・・に、シャワーヘッド持たなくても 監督さん、何ですかあれは?

内容的には、それ程面白いとは思えませんでしたが、独特の世界観は感じられるし
映像は、レベルが高く、その辺を重点的に見ると、楽しめる・・そんな感じでした。

一言、私の場合、ナイト・ウォッチを再鑑賞してからデイ・ウォッチに挑まなかったのが
最大のミスで、前作を色濃く引きずってますので、ご注意

好き度 stars-3-5.gif

★よろしかったら1クリお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

スポンサーサイト