FC2ブログ
大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年05月21日 (水) | 編集 |
naru2.jpg

■2008/5/21日~公開中 ■アメリカ/イギリス制作 ■150分

■監督 ・アンドリュー・アダムソン

■出演
ベン・バーンズ/ ジョージ・ヘンリー/ ウイリアム・モーズリー/ スキャンダー・ケインズ
アナ・ポップルウェル

■あらすじ■
ペペンシー兄妹の治めた黄金時代から1300年の歳月が流れたナルニア国。かつて全能なる王アスランに祝福され、全てが幸福に包まれていた魔法の国は、テルマール人に征服され、もはや存在しない。迫害され生き残ったナルニアの民は森に逃れ、この暗黒の世界に再び光をもたらす者の出現を待ち続けていた。一方、テルマールの王宮では、亡き王の弟ミラースが、正統な王位継承者カスピアンの暗殺を企てる。“伝説の四人の王”を呼び戻すと言われる魔法の角笛だけを手に城から逃亡した美しき王子は、テルマール人が決して足を踏み入れない森の奥深くで、ナルニアの民と出会う…。

■かんそう■
1章では4兄弟が、まだ幼かったせいか戦いが弱々しかったのですが
成長した事と、カスピアン王子参戦で、戦いに迫力が出てきました。

カスピアンは当然ですが、長男ピーターも、昔のレオ君バリの美少年になってて
この2人が衝突し犠牲を払いながら、成長して行く。それを助ける妹弟
スーザンと、エドマンドが大人びましたね・・・冷静に全てを見てる

全員、ナルニアの為に勇敢に戦い戦士としての誇りを見せてくれます
が、最後はアスラン&ルーシーが締めるんですよ←良い所取りですか(笑)
神々しいまでの存在で、1吠えで全ては彼の前にひれ伏す

ナルニア住人達も笑いのツボ押さえてて、笑わしてくれます。猫の口輪は受けた
映像面も何ら不満ありません。幻想的で美しかったし、迫力有りました

戦いの部分が、結構ハードになってて、大人向けになっていましたが
花びら舞う場面や白い魔女復活場面など、やりはファンタジーなんだと感じます

最近、公開中鑑賞で、どうも当たり感が乏しかったせいか、良い物見せてもらった

欲を言うと、カスピアン王子が、もう少し活躍して欲しかったのですが
3章では、上2兄妹は卒業らしいので、次作中心人物として活躍してくれるのではないかと

150分と長時間ですが、まるで苦にならず、楽しめました
この内容なら、2回行けます。チケット無駄にしなくて済みそう

一言、カスピアン&スーザンのロマンスは成就する事は無いの?アッサリだった

お気に入り度stars-4-0.gifstars-4-5.gif

★よろしかったら1クリお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。