大好きな映画の、感じたままの感想書いてます。
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年05月31日 (土) | 編集 |
buuua1.jpg

■2008/5/30日DVD発売 ■アメリカTVドラマ ■第1話 【覚醒】 ■89分

■監督 ・ピーター・オファロン

■出演
・カーク・ジョーンズ(ブレイド)
・ジル・ワーグナー(クリスタ)
・ネルソン・リー(シェン)
・ニール・ジャクソン(マーカス)
・ジェシカ・ゴーワー(チェイス)

■あらすじ■
街では不可解な誘拐事件が発生していた。ブレイドはその黒幕がヴァンパイア カソン一族のマーカス・ヴァン・スカイヴァーであることを掴む。一方、双子の弟が不審な死を遂げたクリスタは、その真相を探るうちにヴァンパイアの存在を知ることとなる。やがてクリスタと出会ったブレイドは、復讐心に燃えるクリスタをマーカスに接触させるのだったが…。

buuua5.jpg

buuua2.jpg

■かんそう■
以前記事にしました、映画版ブレイド3部作の続編が、TVドラマでレンタル開始されました。

1話と言う事で、ブレイドの生い立ち&クリスタが吸血鬼になるまでの序章です。
サワリ部分なので、ブレイドのアクションの切れ&格好良さが、見て取れなかったぁ。

ブレイドの素性紹介などは映画版の母親、養育はウィスラーと、そそまま使用されてます。
純血種マーカスは、冷静な紳士・・妖しい雰囲気で、お似合い

いとも簡単に、クリスタは吸血鬼になってしまいますが、1話だからか
ブレイドが主役ではなく、クリスタが主役のようで・・・・ちょい、イメージ違ったような

ゴツイ男性のド迫力アクション期待してたのですが、まあ、これから徐々にだと思われます。
ついでに、言わせてもらうと、CGが今一歩で。 やはり映画には負けてます。

映画版ウェズリー兄さんを知ってるので、1話はチョット物足りなかったのですが
見慣れてくれば、カーク兄さんもハマッテ来るのだと

取りあえず、ブレイドvsマーカスの戦いは見物だうと思うし、長老達も出てきたりするかも
グレードアップを楽しみに、全話見続けたいと思います。

一言 カーク兄さん、もう少し、剣使いをメインに見せて欲しいです。

★よろしかったら1クリお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

スポンサーサイト

2008年05月29日 (木) | 編集 |
b21.jpg

■2008/5/21日DVD発売 ■アメリカ制作 ■93分

■監督 ・ジェフ・ペタンコート

■出演
トビン・ベル/ダニエル・サヴレ/マット・コーエン/レニー・オーコナー/ジャロッド・ベイリー

■あらすじ■
ヘンリーとローラの兄妹は、幼い頃両親を“ブギーマン”に殺されたと信じ、いつか自分たちも殺されると、恐怖に怯える日々を過ごしていた。ある日、ローラはその恐怖を取り去るため兄がいた施設へと入るが、そこには恐ろしい惨劇が待ち受けていた…。

b22.jpg

b23.jpg

■かんそう■
サム・ライミ率いる「ゴースト・ハウス・ピクチャーズ」による2004年制作ホラー
「ブギーマン」の続編です。1はアメリカで大ヒット・・・私的には、意味分からずでしたが

が、懲りずに2に果敢に挑戦・・・1とは、180度作りを変えて来てます。
1は気味悪い。 2は気色悪い。 何とも曖昧な表現でゴメンなさい^_^;

トビンまたもや出演してますが、この映画では冷静&頭脳明晰な精神科医。
こおゆう役は、不気味でハマリますね。

内容的には、よく有るヤング集団ホラー(またヤングって死語を・・)
ただ、全員が心の病を持つ面々で、ブギーマンよか、彼らの方が恐いは

監督、何に影響されたのか、グロ描写はソウバリのノリ。
それぞれの病状に合わせた殺人方法で、意外と凝った面もあり。
虫や、心臓開き、吐瀉物の体内注入・・・チョット作り物ポイけど、それなりに良い

が、ブギーマンの正体が。 都市伝説系のオバケでは無く
実在の人間と言う事で、若干萎えた・・ただの、精神異常殺人鬼。

ここで、思ったのは邦題サブの「憑依」。 このサブ付けた方凄い
憑依と言う言葉に、犯人像が凝縮されてます。漢字も捨てたもんじゃないな

雰囲気のみで終わった前作よりテンポも速く、少しだけヒネリも入って
見やすかったし、それなりには楽しめました。

好き度 ★★★

★よろしかったら1クリお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

2008年05月28日 (水) | 編集 |
ran1.jpg

■2008/5/24日~公開中 ■アメリカ制作 ■90分

■監督 ・シルベスタ・スタローン

■出演
・シルベスタ・スタローン(ランボー)
・マシュー・マースデン(スクールボーイ)
・グレアム・マクダビッシュ(ルイス)
・ジェリー・ベンツ(サラ)
・ポール・シュルツ(マイケル)

■あらすじ■
タイで孤独な日々を送っているランボーのもとに、少数民族を支援するキリスト教支援団体のサラが彼の前に現れる。彼らは軍事独裁政権による迫害が続く隣国ミャンマーの窮状を憂い、医療品を届けようとしていた。その情熱に打たれ、頼みを受けて目的地の村まで送り届けるランボー。しかし本拠地に戻った彼に届いたのは、サラたちが軍に拉致されたとの報せ。救出のために雇われた最新装備に身を固めた傭兵部隊5人に、手製のナイフと、弓矢を手にした一人の戦士が加わる。戦場への帰還を決意したランボーだった…!

■かんそう■
アメリカ→ベトナム→アフガニスタン→そして、最後の戦場ミャンマーへと
ランボー、タイが似合うんだ・・・山奥なら何処でも似合う男で(笑) 

悪夢にウナされる程、人殺しに疲れた戦士。彼の心を動かすサラの決意が少し弱め
拉致された彼女達を救出する為に立ち上がるランボーには納得。

後は、もう凄いです! ミャンマー軍の悪行に呆然としました。
何処まで、真実かは分かりませんが・・ここまで、意味の無い惨殺繰り返す政権に
見てる側まで、憤りを感じてしまって。 話し合い解決・・そんな綺麗事は通用しません。

悪行&戦い、描写的に、グロホラーの域で、血みどろなんですが
それが、戦争だと言う事で一層リアルに見えました。
子供を火に投げ入れる場面は、眉間にシワが寄っちゃった

「人殺しは罪」と主張してたサラ達も、生きる為には殺りくが必要と分かっただろうし
傭兵達も、サラ達の取った行動に共感するしないで、意見分かれる所が世論反映してる。

ランボーの為だけの映画ではありますが、スクールボーイはカッコイイ。
スナイパーは、一発必殺なんで、やはりスマートで花形ですね。

ストーリーは直球でアッサリですが、とにかく激しい銃撃戦の連続!
大音響が、お腹にズシズシ響きっぱなしで鳥肌たち
退屈するスキは与えない作品で楽しめました。

一言、戦い終わって、丘にたたずむランボーの姿・・・痺れます!!

好き度 ★★★★

★よろしかったら1クリお願いします。

人気blogランキング ブログランキング

2008年05月27日 (火) | 編集 |
silku1.jpg

■2008/5/23日DVD発売 ■カナダ/イタリア/日本制作 ■109分

■監督 ・フランソワ・ジラール

■出演
・マイケル・ピット(エルヴァ)
・キーラ・ナイトレイ(エレーヌ)
・役所 広司(原 十兵衛)
・中谷 美紀(マダム・ブランシュ)

■あらすじ■
19世紀フランス。戦地から故郷に戻った青年、エルヴェは、製糸業を営むヴァルダヴューから、蚕卵を入手するためアフリカ行きを依頼される。危険な旅を経て、蚕卵を持ち帰ると、それで得た富で美しい女性、エレーヌと結婚。自らも製糸工場を経営し、結婚生活は順風万帆であった。しかし、アフリカの蚕が病気にやられ、新婚のエルヴェに再び買い付けの依頼が。しかも、行く先はアフリカより遥かに遠い日本だった…。

silku3.jpg

silku2.jpg

■かんそう■
日本語で綴られた2通の恋文に、まつわる切ない物語でした。

蚕の買い付けで遠い日本へ行く過程は、それ程重要ではなかったのかも
ヨーロッパに咲き乱れるユリ、そして雪景色の日本・・美しくて幻想的で目を奪われます。
が、日本とヨーロッパの生活レベルの差に愕然。日本は何たる貧祖(汗) 山間部だしね

そこで、出会う絹のような肌の日本女性・・・心奪われてしまうエルヴァ。

役所さん夫婦、人様の前で、膝枕なんて普通しなだろうと思ったのですが
後で、考えると2人は、夫婦なんだと伝えたんだね。どう見ても、親子くらい歳離れてるし

ここで1通目の恋文・・成就する事なく、エルヴァは愛する妻の待つ祖国へと
愛と恋い、その狭間で苦悩する夫、それを察してしまう妻

幸せなのに、心は満たされない・・微妙な心情が、表情仕草から弱めだけど感じられます。

これだけだと、単なる男の裏切り行為のお話なんですが・・・
ラスト2通目の手紙でガツンとやられました・・・エレーヌの切ない想いが痛い程分かって
エルヴァも大切な人が誰だったのか初めて気づく。生きてる間に気づいて欲しかったなぁ。

2通目を読む中谷さんの涙で潤んだ瞳が、印象的でした。
彼女も、真実を伝えて安堵したんだろうな。

長い寄り道しながら、やっと真実の愛を見つけ出した夫婦の物語。
淡々と地味なお話だったのですが、男女の愛情の深さが心にジンワリ染みました。

好き度stars-3-5.gif

★よろしかったら1クリお願いします。

人気blogランキング ブログランキング

2008年05月25日 (日) | 編集 |
hav1.jpg

■2008/5/23日DVD発売 ■アメリカ制作 ■90分

■監督 ・マーティン・ワイズ

■出演
・ジェシカ・ストループ(アンバー)
・マイケル・マクミリアン(ナポレオン)
・ダニエラ・アロンソ(ミッシー)
・ジェイコブ・バルカス(クランク)
・アレックス・アレクサンダー(サージ)

■あらすじ■
カーター一家が食人一家と死闘を繰り広げてから1年が経った。悲劇の核実験場で、軍事目的の調査を行っていた科学者たちが謎の失踪をとげる。その頃、砂漠地帯で訓練に励んでいた米軍の新兵らは、科学者のものと思われる電波をキャッチ。チームを組み救出に向かうが、そこはカーター一家が死闘を繰り広げた禁断の場所であった。不意をつき襲ってくる異形の者たちに兵士らはなす術もなく…。

hav4.jpg

hav5.jpg

hav3.jpg

■かんそう■
1の奇形と戦う家族とは、サワリ程度の関連性で
あれれ、赤ちゃん産んでたの誰? 1関係の女性ではないよね?
・・・・・じゃ無いと言う見解で、ありがちな普通のグロホラーになってました。

入りから、ガンガン飛ばしてグロ炸裂・・・雰囲気作りなどありません。
奇形達は、高度な機器を使いこなし罠を仕掛ける程、頭脳アップしてました。

男は食料として殺され、女は子孫繁栄の道具として生かされる。
出産シーンや、合体シーンは、同性として悪寒が走りました。
奇形オトンのヨダレがドロッ~と顔にかかる・・・。 死んだ方がマシだ!生き地獄。

ただ、少し恐怖演出過剰かな・・ワメキ散らす男性兵が居て、緊迫ムードが途切れる
それと、奇形が人間の範囲超えてしまったような・・・地球の生き物とは思えず

淡々とやってのけるクールなバイオレンスさは無くなった分
グロ描写重視になってますが、炭坑内でのドキドキ感は、結構感じられたし
銃撃戦なので派手ですが、テンポが早く飽きさせません。

ラスト生き残った数人の兵士。あのエンドはどう解釈すれば良いのでしょうか
次作に繋ぐ結末か?それとも、その後、あの手の持ち主達に惨殺されたのか?

私は、1の前半部分で若干ダレてしまったので、2のスピード感ある
ドキドキ&グログロの方が、楽しめたし面白かったです。

1言、学者さんの日の丸Tシャツに、名前はハン・・・何処の国の方?
2言、兵士を助けた奇形は、どうなったん?ダイナマイトで吹っ飛んだ?分からん。

好き度stars-3-5.gifstars-4-0.gif

★よろしかったら1クリお願いします。

人気blogランキング ブログランキング

2008年05月24日 (土) | 編集 |
ore11.jpg

■2008/5/23日DVD発売 ■アメリカ制作 ■93分

■監督 ・ウィル・スペック / ・ジョシュ・ゴードン

■出演
・ウィル・フェレル(チャズ)
・ジョン・へダー(ジミー)
・ウィル・アーネット(ストランツ)
・エイミー・ポーラー(フェアチャイルド)
・ジェナ・フィッシャー(ケイティ)

■あらすじ■
マッチョで派手な演出を売りにしているフィギュアスケーターのチャズと、繊細なナルシストのジミーは世界選手権で同点1位となり、表彰台で大乱闘を繰り広げてしまう。2人は男子シングル部門から永久追放の裁を受けるが、男子ペア部門での復活に望みをかけペアを組みスケートリンクに上がることに……。

ore2.jpg

ore6.jpg

ore5.jpg

■かんそう■
ドタバタ、コテコテギャグ満載のスケーター物語でした。
これがね、ホントにどうしよう?・・・くらいのギャクなんだけど笑っちゃうんだ

入りから、ヘンテコな孔雀だったり、指先から火が出たり(笑)
ジミーはいかにも、男子スケーターって感じのナヨ男
チャズは、太すぎて飛べそうもない・・・・3回転ジャンプしたら着氷で骨折しそう

敵ペアの2人も、こりゃ又、絵に描いたような悪役顔だし・・・・可笑しくて
ジミーのストーカーも「いつか殺す」と言いつつ、彼を心底愛してる、凄い良い奴で

チャズは、ミッシェル・クワンと、やったと豪語するセックス依存症男。
この映画に何の関係あるの? と思いつつ、又笑ってしまって(汗)

オバカ旋風の中に、再び一流スケーターとしての誇り、過去犬猿の男同士が
ペアとして、理解し合い、友情を育む・・なんて、感動ストーリーも入ってたり~の

スケートも、かなり練習したんだろうなぁ。
ジャンプはCGだろうけど、スベリは滑らかで見事!

最後、勝負をかけた大技、突然、重い方を投げる事になっても、問題なく成功
・・・・・なんて有りえないけど許せてしまう

チョイ役で、サーシャ・コーエン出てたが、彼女の満面の笑みに、嬉しくなったし
ジミーが「ショート・サーキット」好きと言うのも、懐かしかったりして

終わってみると、何だったんだこの映画?と思うんだけど、絶え間なく襲ってくる
ベタギャグと軽い感動に、引きずり込まれてしまったようで、楽しめました。

好き度stars-3-5.gif

★よろしかったら1クリお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

2008年05月23日 (金) | 編集 |
mot4.jpg

■2008/5/21日DVD発売 ■アメリカ制作 ■85分

■監督 ・ニムロッド・アーントル

■出演
・ルーク・ウィルソン(デビィッド)
・ケイト・ベッキンセル(エイミー)

■あらすじ■
車の故障で人里離れたモーテルに泊まることになったデビッドとエイミー夫妻。何気なく見始めたビデオには残忍な殺人シーンが映し出されており、その映像が自分たちが泊まっている部屋で撮影されたものだと気づく。数台の隠しカメラを発見した2人は必死で脱出を図るが……。

mot8.jpg

mot7.jpg

mot6.jpg

■かんそう■
入りの音楽&子供に先立たれ冷めた夫婦・・・モーテルのウサンクサイ受付オヤジ
古典スリラーの定番パターンで、とても良い雰囲気から始まります。

2人が、汚い部屋で見たビデオには、同部屋で繰り広げられるスナップフィルム。
隣室からのノック音・・ドンドン叩きまくりでジワジワ恐い。

ここまではね(汗) 必死に逃げようとする2人、殺そうとする殺人者達
ハラハラはするものの、怖さが体感できませんでした・・・何故か?

受付オッサンが、裏有る表情で印象には残るし
エイミーを痛めつける場面は、迫力ありました。
ただ、捕まらない2人にイライラして、わめき散らすんです。ここが原因かも

冷静沈着に追い詰める。 そんな追跡の方が恐いと思えるのですが
人によるのかもしれませんが、私はそちらの方がジワジワ来ます。

ラスト、アッサリと思いがちですが、私はあれでオーケーだと
銃弾に倒れた犯人が、再び襲う・・なんて、間の抜けたオチは勘弁してほしいので

命がけの脱出で、冷めた夫婦の絆は、取り戻されて万々歳ですし
作りは、丁寧でシッカリしてると思え、それなりには楽しめました。

しかし、それほど恐くはなかった・・あまりにも、古典過ぎて単調かなぁ。

好き度 ★★★

★よろしかったら1クリお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

2008年05月21日 (水) | 編集 |
naru2.jpg

■2008/5/21日~公開中 ■アメリカ/イギリス制作 ■150分

■監督 ・アンドリュー・アダムソン

■出演
ベン・バーンズ/ ジョージ・ヘンリー/ ウイリアム・モーズリー/ スキャンダー・ケインズ
アナ・ポップルウェル

■あらすじ■
ペペンシー兄妹の治めた黄金時代から1300年の歳月が流れたナルニア国。かつて全能なる王アスランに祝福され、全てが幸福に包まれていた魔法の国は、テルマール人に征服され、もはや存在しない。迫害され生き残ったナルニアの民は森に逃れ、この暗黒の世界に再び光をもたらす者の出現を待ち続けていた。一方、テルマールの王宮では、亡き王の弟ミラースが、正統な王位継承者カスピアンの暗殺を企てる。“伝説の四人の王”を呼び戻すと言われる魔法の角笛だけを手に城から逃亡した美しき王子は、テルマール人が決して足を踏み入れない森の奥深くで、ナルニアの民と出会う…。

■かんそう■
1章では4兄弟が、まだ幼かったせいか戦いが弱々しかったのですが
成長した事と、カスピアン王子参戦で、戦いに迫力が出てきました。

カスピアンは当然ですが、長男ピーターも、昔のレオ君バリの美少年になってて
この2人が衝突し犠牲を払いながら、成長して行く。それを助ける妹弟
スーザンと、エドマンドが大人びましたね・・・冷静に全てを見てる

全員、ナルニアの為に勇敢に戦い戦士としての誇りを見せてくれます
が、最後はアスラン&ルーシーが締めるんですよ←良い所取りですか(笑)
神々しいまでの存在で、1吠えで全ては彼の前にひれ伏す

ナルニア住人達も笑いのツボ押さえてて、笑わしてくれます。猫の口輪は受けた
映像面も何ら不満ありません。幻想的で美しかったし、迫力有りました

戦いの部分が、結構ハードになってて、大人向けになっていましたが
花びら舞う場面や白い魔女復活場面など、やりはファンタジーなんだと感じます

最近、公開中鑑賞で、どうも当たり感が乏しかったせいか、良い物見せてもらった

欲を言うと、カスピアン王子が、もう少し活躍して欲しかったのですが
3章では、上2兄妹は卒業らしいので、次作中心人物として活躍してくれるのではないかと

150分と長時間ですが、まるで苦にならず、楽しめました
この内容なら、2回行けます。チケット無駄にしなくて済みそう

一言、カスピアン&スーザンのロマンスは成就する事は無いの?アッサリだった

お気に入り度stars-4-0.gifstars-4-5.gif

★よろしかったら1クリお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

2008年05月20日 (火) | 編集 |
naru1.jpg


最近、めっきり頂き物が少なくなったような気しますが
つい最近では、TSUTAYAで試飲の缶チューハイ・・・それくらいσ(^◇^;)

今回は、21日公開「ナルニア国物語」 第2章カスピアン王子の角笛
のペアチケットをシネトレさんに応募しておりましたら、当選。
今日届きました。早

初日に間に合うようにとの、スタッフの方の心遣いでしょうか?ありがたや
しかし、ペアなんです・・・誰と行くんだ・・うちの旦那は、映画にまるで興味示さないし

こうなったら、頑張って、2回行きます。

しかしまあ、何てミスボラシイ、写真でしょうか・・・ヒドイ写真をお目にかけまして
申し訳ないっすね~。が、肝心なのは中身なんで・・チャント綺麗ですチケットは

取りあえず、これで安心して初日にいけます。感謝。
カッチョイイ、カスピアン王子を、この目で確かめてこねば

今日は、映画関連頂き物のお話でした。       お・し・ま・い

★よろしかったら1クリお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

2008年05月18日 (日) | 編集 |
eee1.jpg

■2008/5/2日DVDリリース ■イタリア制作 ■104分

■監督 ・ジャコモ・マルテッリ

■出演
マイケル・バークス / マヤ・サンサ / アンドレア・ディドナ / ジェイムズ・バークス

エシュロン(Echelon)はアメリカ合衆国を中心に軍事目的で作られた、主に電子情報に関する収集・分析・分類・蓄積・提供を行なうほぼ地球規模でのシステムの名称とされているが、その存在は公表されていない。

■あらすじ■
エシュロンに技術提供をするウェンデル・クランショー社の盗聴システムに関する機密文書を偶然手にした民間の女性フランチェスカ。国家レベルの最重要機密を知ってしまった彼女は、たちまち産業スパイに仕立て上げられNSAとウェンデル社の標的となってしまう。しかし、組織の卑劣極まりない行為を見かねたNSAエージェントのジェームズは、自らの立場を投げ打って彼女を助けることを決意する-。ジェームズは、このシステムを逆に利用して、この国家レベルの盗聴行為を世間に暴こうとしていたのだ。

■かんそう■
米・英・カナダ・オーストラリア・ニュージーランド。 
英語圏5カ国で構成された盗聴システム
現実にエシュロンは存在しているらしいのですが。

文書を偶然拾い親切心で届けようとした女性を抹殺しようとする企業側。
一般人だと分かっていながら、止められないNSA。
既に企業の力の方が強く、たてつけない。

この衛星経由した盗聴ってのが、凄いのですよ!
受話器上げてなくても、携帯の電源切っても盗聴できるんだ
近未来には、現実になりそうで・・・恐すぎる。

追跡劇とか、結構緊迫感あって、ハラハラでした。
古い、テクノロジー機器で、ハイレベル機器に対抗する彼ら
見事に成功、キャリアが違うよ・・が、仕掛けられた罠に落ちるフランチェスカ。

低周波を増幅させ武器とする。耳から血ダラダラ、泡吹いてケイレン。
この辺、ビックラしました。

題材は、なかなかリアルで恐かったのですが諜報部員がオッサンなんだ
元腕利きって感じの・・なもんで、派手なアクションは無く地味。山登りも息切れ(笑)

ラストも「正義は勝つ」ではなく、我が身を犠牲にし仲間を助ける
しかし、犬死にではなく、企業は悪事を暴かれる。これが救いかな

何処までが、事実なのか分かりませんが、既に盗聴されてるのかも
そんな、不安を感じさせる作品で、想像してたよりは良かったです。

好き度 ★★★

★よろしかったら1クリお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング



2008年05月17日 (土) | 編集 |
kan1.jpg

■2008/5/8日DVD発売 ■韓国制作 ■116分

■監督 ・キム・ヨンハ

■出演
・キム・アジュン(カンナ / ジェニー)
・チェ・ジンモ(サンジュン)

■あらすじ■
身長169cm・体重95kgのカンナ。彼女は唯一の取り柄である美声と歌の才能を活かし、スター歌手の“ゴースト・シンガー”をしている。スポットライトのあたらない裏方でも、想いを寄せるプロデューサー・サンジュンに会える仕事を楽しみにしていたカンナだったが、偶然にもサンジュンの本音を聞いてしまう。「才能があっても美貌はないカンナなど、せいぜい利用すればいい」決定的な現実を突きつけられた彼女は、命がけの“全身整形”を決意するが…?!

kan2.jpg

kan3.jpg

■かんそう■
韓系が苦手な上にラブも苦手な私・・・ラブコメかなぁと思い鑑賞。

最初は、カンナに突き付けられた現実に、可哀相やらムカつくやらで
彼女を一大決心に導いた一言は、キツイなぁ。この男、嫌な感じ(笑)

ここまで、苦痛を耐えて尽くす男だとは思えないけど、カンナの恋心は分かる。
結局、見た目は関係ない・・・なんて嘘っぱちよね

カンナも可愛いんだけど、周りが笑わしてくれます。
手術した先生とはテレクラ繋がり。ゴッドハンドも脅迫されオドオドかたなし

でも、カンナの場合は、エロと言うより、人生相談電話みたいで
彼女の性格が良く伝わります。 この辺のやり取りは、面白かったです。

恋愛部分は、どうみてもベタラブ・・王道まっしぐら
カンナじゃダメで、ジェニーでもダメ・・・どおすりゃ良いんだ!(-。-#)

と思いつつも、父娘の感動シーンでは涙ボロボロ。ハマッテしまったようで

恋愛、笑い、感動。 沢山の要素が詰め込んで有るんだけど
上手にバランスが保たれ、太ってるから落ち込む・・そんな悲壮感もなく見やすかった。

この映画、ラブストリーリー苦手な私でも、結構楽しめました。

キム嬢って、歌手なの?マリアって歌、凄い耳に残るし
伸びやかで優しい声が、印象的でしたねぇ。

一言、カンナが95㎏のままだったら、2人は結ばれたのか?・・疑問だ

好き度stars-3-5.gifstars-4-0.gif

★よろしかったら1クリお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

2008年05月15日 (木) | 編集 |
gaaa2.jpg  gaaa1.jpg

■2008/4/16日DVD発売 ■アメリカ制作 ■94分

■監督 ・ロバート・カーツマン

■出演
トビン・ベル / リア・レイチェル / エリン・ロキッツ / ジェルメーヌ・デロン

■あらすじ■
いとこ同士の、ゼインとネルは、幻覚に悩まされていた・・そんな時、ゼインから気張らしにと別荘に誘われる。友人ら数人で、出かける彼ら。しかし、ゼインには別の目的が、それは曾祖父が発見し、未だ見つからない金鉱を探す事だった

gaaa3.jpg

gaaa4.jpg

■かんそう■
ソウもどきのジャケに騙され、今回も見事に花火打ち上げ成功。
ここまで、偽ジャケ使って、犯罪にならないのでしょうか?

アメリカはさすがに、まともなジェケ写真使ってます
が、よく見ると、アメジャケに漂うB級感では誰も手ださない?
さすが、計算高い日本の発売元ですね(笑)

確かに、トビンは出演してます。金に目くらんだエロオヤジ。
主役なんて程遠い。 何の活躍もせず、トットと消えます

エロは満載、グロはショボショボ・・何ですか、あの斧での人間縦割りは?
今時、小学生でも怖がらない恐怖演出だと思いますねぇ。
理科室にある、人体解剖模型のようなレベルです。

内容的には、呪い物ですが、せっかく日記とか発見できたのだし
裸の姉さん走らせる暇があるなら、過去の悲惨な出来事でも紐解けば
また、別の雰囲気になったろうと

結局、ひいじぃちゃんの悪行が一族末裔が途絶えるまで、呪われ続ける
そおゆう物語でしたが・・・。

老婆の顔と、ガラガラ蛇だけは恐かったですね。印象に残ったのは、これくらい。

脱力感は襲ってきますが、最後までは見られました、が私的にはハズレです。

好き度 ★★

★よろしかったら1クリお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

2008年05月13日 (火) | 編集 |
buuu2.jpg  buuu1.jpg

■2007/11/22日DVD発売 ■アメリカ制作 ■93分

■監督 ・エリック・スティール

■あらすじ■
アメリカ西海岸、サンフランシスコに架かる全長2,790m、高さ230mのゴールデンゲート・ブリッジ。そこは観光名所であるとともに、世界有数の自殺の名所でもある。何故この美しい橋に自殺者が呼び寄せられた7つの実話。飛び降り自殺する人々をとらえ、世界中で論争を巻き起こした衝撃のドキュメンタリー。

■かんそう■
見たい・・・と思いつつ、あまりの題材の重さに手が出てなかった作品です。
退屈とか茶化す、と言うレベルの映画では無かった。

この赤く美しい橋は、「X-MENファイナル」でマグニートが動かした橋ですねぇ。

車や人が行き交い、人生を楽しみ謳歌してる沢山の人達の脇で
人が簡単に落ちるのですよ・・・・映像だけ見てると作り物のような無機質さで
後で、考えると見てはイケナイものを見てしまったような

同じ場所に、喜びと苦しみが存在してる・・・何故こんな人目に付く白昼に?
自殺した方の家族や友人が、淡々と何故?かについて語っています。

が、この人達にも分からない・・これが、本音だと。
死を踏み止まった青年が語っていますが、支離滅裂・・選んだ彼自身にも心境は
理解できなし、説明できなのだと思います。

薬で、良くなる場合、逆に悪化する場合、自ら立ち直る場合、手助けを必要とする場合
人それぞれで、周りの人間が選択を誤ると解放の道を選んでしまう願望者。

この映画は、それを助けたいと言う、偽善的な作りでは無く事実を伝えたい
それだけだったと感じました。
風光明媚な、橋から飛び降りた時、彼&彼女達は、苦痛から解放され幸せ感じたのかなぁ?

永遠の謎です。 悲しいとも、辛いとも・・何も感じられない現実を見てしまった
と思うと同時に、やはり、重苦しく気が滅入ってしまいました。

好き度・・・ごめなんさい、計れません

★よろしかったら1クリお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

2008年05月12日 (月) | 編集 |
ko1.jpg

■2008/4/4日DVD発売 ■ドイツTVドラマ ■91分

■監督 ・アクセル・ザント

■出演
・エルドゥアン・アタレイ(ゼミル)
・ギデオン・バークハルク(クリス)
・シャルロット・シュエッブ(エンゲルハルト隊長)

■あらすじ■
1996年からドイツRTLで放映され、日本でも2008年2月からCS朝日にて放映されたTVドラマシリーズドイツの高速道路・アウトバーンを舞台に、高速警察隊・コブラ11の活躍を描く。過去10シーズンもの長きに渡り放映され、日本でも様々な邦題でリリースされてきた人気長寿シリーズである。ドイツならではの様々な名車がスクラップになる壮絶なクラッシュ・シーンが見ものの、臨場感溢れるカー・アクションである。

ゼミルとトムは、そのアウトバーンを守る警察隊・コブラ11のメンバー。そんなある日、トムが何者かに殺された。復讐を誓うゼミルは、決死の覚悟で犯人を追うのだが…。


■かんそう■
連ドラだとは知らずジャケ借り。 調べたら10年近く続いてる人気ドラマらしい。
分かる気がする・・・爽快、痛快、大爆発

このエビソードは、リリース記念のスペシャル版みたいで
ゼミルの相棒だったトムが殉職し、ニュー相棒クリスへと変わる話でした。

ヘタなカーアクョン映画より、よっぽど派手で豪快!車飛ぶゾー
主役2人のコミカル場面も有ったり、相棒殺した悪人は許さない
ゼミルの目力、闘志みなぎってます。

このゼミルが、体小さいのですが、やけに存在感ある方で、印象に残ります。
女性隊長も、厳しい中にも、人情味溢れる人柄で、007のM的存在ですかね

内容的には、犯人の尾行に気づかない・・潜入捜査官なら気付よ
でも、ここが無いと、物語のクライマックスに繋がらないので妥協(汗)

ラストも、もうダメか!?の瞬間にヘリ登場・・西部警察を思い出しました。
「正義は勝つ」・・刑事アクションの定番パターンながら、やっぱり気持良いのよ。

ドラマ部分も、ちゃんと描いてありますが、やはり1番の見所は車。
ヨーロッパの高級車、フェラーリやBMWがガンガン爆走・・・カッチョ良い!

男の熱血ドラマ&車好きには、ツボ押さえた内容で
連ドラですが、この1話だけでも意味理解でき、結構楽しませてくれました。

一言、他のエビでは、高級車そのまま爆発させる事も有るそうですが
スペシャルでは見られなかったな。 暴走してるワリには無傷・・・出し惜しみか

好き度  stars-3-5.gif


★よろしかったら1クリお願いします。

ブログランキング 人気blogランキング

2008年05月11日 (日) | 編集 |
jjj1.jpg

■2008/5/2日DVD発売 ■アメリカ制作 ■106分

■監督 ・ジョージ・ラトリフ

■出演
・ヤコブ・コーガン(ジョシュア)
・サム・ロックウェル(ブラッド)
・ヴェラ・ファーミガ(アビー)
・ダラス・ロバーツ(ネッド)

■あらすじ■
ニューヨークの高級マンションに住むブラッドは、妻子と共に幸せな日々を送っていた。だが、9歳の長男・ジョシュアはひどく大人びた性格の優等生で、両親や祖母が妹を溺愛する姿を見るたびに、歪んだ思いに捕らわれていた。そんな一家に、やがて不穏な影が漂いはじめる。飼い犬の急死や不穏な物音、奇怪な行動を取るジョシュア。そして、娘の泣き声に悩まされていた妻アビーまでもが、精神的に追い詰めてられいく。

jjj2.jpg

jjj3.jpg

■かんそう■
何となく、ジャケがウサンクサイかなぁ~ハズスかなぁ~と思いつつも
映画祭で、賞を取ってると書いてあったので、レンタル。

物語の流れ的には「オーメンのダミアン」
が、数字666も黒犬も無しでオカルトではなく、サイコスリラーでした。

少年の、冷静沈着に家族を追い詰めて行くサイコぶりは気味悪い。
親えの愛情と言う物を、まるで感じず・・淡々とやってのけます。

母親の心の病を巧みに利用し、自分を愛さない家族を崩壊へと導く。
頭がいいだけに、大人は決して勝てない。
先を読んで行動する計算だかい嫌なガキで(汗)

ただ、引き金となったビデオテープ・・・何で有るの?
子供が見たら、落ち込むに決まってる。
まー、両親も消し忘れてたのだうとは思うけど・・その辺、強引かな

母親の異常なパニック症状にもイライラしたのですが、病気だからしょうがない
思うに、ジョシュアは、妹が原因で異常行動に出たのでなく、生まれつきサイコ
ラストで、叔父さんを次ぎの獲物にする所なんか見るとね。言葉巧みなんだ

どんな大人になるんだ?将来は、大物サイコ殺人鬼決定だね

内容的には、シッカリした作りだと思うのですが、残忍な殺人シーンなど
ショッキングな出来事が無い為か、中ダルミしてしまいました。
見せてくれたのは、モルモットのミイラだけ(笑)

この手の映画は、どうしてもダミアンとカブってしまい新鮮さ感じられなかったかなぁ。

好き度 ★★★

★よろしかったら1クリお願いします。

人気ブログランキング ブログランキング 人気blogランキング



2008年05月09日 (金) | 編集 |
仲良くしていただいてる「小部屋日記・アイマックさん」からタッチされました
「スターのお仕事バトン」です。アイマックさん、ありがとうございます。

犯罪者が難しかったですね。何も考えず、バッサバッサと斬りつける怪物系なら
いくらでも、頭に浮かぶのですが、普段は上品・・しかし、豹変。
思いつかなくて、かなり反則使ってますが、ご容赦を

最下部にコピペ用ありますのでご利用ください。

では、そろそろ

■ 1.映画に出てくる「刑事」といったら誰?
baton1.jpg

★ 「ダイハード」のブルース・ウィルス
かなりカプルかと思いますが、外せないよね。刑事=ジョン・マクレーン
ここまで皆様に、連想されられるとは、刑事役冥利に尽きると言うものです。

baton13.jpg

★ 「ルパン3世」の銭形警部
警部、警部、警部、刑事・・ほら、刑事になったヒヒヒ・・・( ̄∀ ̄)
個人的に、銭形のトッツアンは大好み・・反則お許しを

■ 2.映画に出てくる「犯罪者」といったら誰?
baton7.jpg

★ 「激突」のコンボイの運転手?
えっと、運転手さんは最後まで、不明で謎の人物です。又、謎と言うのが最高で
ラストまで、心拍数上がりっぱなし・・大昔見たのに、未だに記憶が鮮明。凶悪犯ですは
え、これも反則ですかぁ。

baton6.jpg

★ 「デス・プルーフ」のカート・ラッセル
タフガイ気取った、スタントマンマイクのクールさと、軟弱さのギャップに唖然。
若い女性に刺激を求める姿は豪快・・若くないとダメみたい・・ケッ!

baton12.jpg

★ 「ヒッチャーリメイク」のショーン・ビーン
内容的には、オリジナルの方が恐いけど、雨の中、立ちすくむ彼の姿
その、恐ろしい表情は犯罪者の鏡

■ 3.映画に出てくる「弁護士」といったら誰?
baton3.jpg

★ 「告発」のクリスチャン・スレーター
メインの記憶は、ケビン・ベーコンなんですが
クリスチャン・スレーターの正義感溢れる若き弁護士は良かった。
この時代、彼はまだ、輝いてましたねぇ。

■ 4.映画に出てくる「医者」といったら誰?
baton8.jpg

★ 「ハンニバル」のアンソニー・ホプキンス
人間喰いながらも、超一流の外科医だったと想像。
だって、頭蓋骨みごとに、カットして・・かつ殺してない・・凄い腕前。

■ 5.映画に出てくる「大統領」といったら誰?
baton4.jpg

★ 「マーズアタック」のジャック・ニコルソン
あの大俳優が、真顔で火星人と奮闘してました。
恐い顔して、ノンキな大統領( ̄ー+ ̄)ニッ!

baton5.jpg

★ 「エアフォース・ワン」のハリソン・フォード
これも、定番ポイけど「貴方になら、付いて行きます!」と思わせる、リーダシップと格好良さ。

■ 6.では、この人の「大統領」役を見てみたいと思うのは誰?
baton22.jpg

★ デンゼル・ワシントン
今や、人気実力ともに、円熟期に入ったような・・顔立ちも上品で頭脳派のイメージが
冷静沈着な姿に、今一番大統領姿を見てみたい俳優さんです。

■ 7.最後に、映画に出てくるちょっと変わった職業で印象に残ってるのは何?
死体掃除屋さんですかね・・バスタブで、硫酸みたいのかけて、証拠残さず綺麗サッパリ。
あんな仕事って、実際あるのでしょうか?溶かす時、どんな臭いがするんだろう?
・・・・・嗅ぎたい(笑) 又、変態発言しちゃった

■ 8.バトンを回す人たち
やってみたいと思われた方は、ドシドシお持ち帰りください。
完成されましたら、是非とも一報ください。小走りで、参上つかまつります。

個別には、コッソリ奇襲に伺います。

★応援ヨロシクお願いします

人気ブログランキング ブログランキング 人気blogランキング



[コピペ用]
1.映画に出てくる「刑事」といったら誰?
2.映画に出てくる「犯罪者」といったら誰?
3.映画に出てくる「弁護士」といったら誰?
4.映画に出てくる「医者」といったら誰?
5.映画に出てくる「大統領」といったら誰?
6.では、この人の「大統領」役を見てみたいと思うのは誰?
7.最後に、映画に出てくるちょっと変わった職業で印象に残ってるのは何?
8.バトンを回す人たち



2008年05月09日 (金) | 編集 |
ru1.jpg

■2008/3/13日DVD発売 ■アメリカ制作 ■113分

■監督 ・ゲイリー・マーシャル

■出演
・リンジー・ローハン(レイチェル)
・フェリシティ・ハフマン(母リリー)
・ジェーン・フォンダ(祖母ジョージァ)

■あらすじ■
何かと反抗ばかりして、母との関係を上手く築けないレイチェルに手を焼いた母・リリー。リリーは、レイチェルに大人の女性になってほしいと思い、夏の間、レイチェルの祖母ジョージアが暮らすアイダホの農場で教育してもらおうとするのだが…。

ru4.jpg

ru5.jpg

■かんそう■
バラバラだった女3世代家族が、心の絆を取り戻して行く物語
笑いが散りばめてあるので、ハートフルコメディかなぁ。

母リリーには、娘が何故反抗的なのかも分からず祖母を頼る。
しかし、リリーとジョージァの間にも確執が・・・・。
最初、娘を預けようとしたのは、面倒見るのに疲れ、押しつけた感じです

レイチェルも、心に深い傷を持ち、母親に伝えたい。
しかし、伝える事によって、母の幸せを壊してしまう事を理解してて
愛してるのに、うまく表現できない女の子

祖母も、リリーに本心を伝える事なく、離ればなれに暮らしている。
ジョージァは、1本筋の通った、昔気質の女性で・・逆の意味、頑固。

リリーから、見るとレイチェルは嘘つきの問題児。
が、ジョージアは孫の真実を見抜き、娘と孫を守ろうと努力する
優しい言葉は、かけずとも、気持は伝わります。

レイチェルの、精一杯悪ぶって、心のバランスを保ってる姿も、ケナゲ
しかし、都会の常識は、田舎では非常識で(汗)

モルモン教の青年がレイチェルに恋しますが、婚前交渉は厳禁
付き合ってもないのに、いいなずけと結婚する定め・・これって本当ですか?
常時、見張りが付くのは、チョイやり過ぎかな(笑)

母、祖母は、さすがに上手い!若いリンジーも大胆なりに自然な、17歳演じてました。

泣け!・・と感動を押しつけない分、少し、インパクト弱めですが
暖かい気持にさせてくれる作品で、普通に面白かったです

好き度  stars-3-5.gif


★よろしかったら1クリお願いします。

人気ブログランキング ブログランキング 人気blogランキング


2008年05月07日 (水) | 編集 |
sx1.jpg

■2008/4/4日DVD発売 ■ロシア制作←多分 ■92分

■監督 ・ウラディミール・ボタポフ

■出演
セルゲイ・マクホビコフ / アンナ・タラトーチナ / セルゲイ・バタロフ / ミクハイル・ジガロフ

■あらすじ■
ロシアが極秘開発した“ゴルゴン・システム”。それはあらゆる航空機をステルス化する、究極の戦略兵器だった。開発者のオルガを乗せた爆撃機“07”は演習に出発。しかし、その機内にはテロリストのコントロール装置が仕掛けられていた…。

■かんそう■
フライボーイズが面白かったので、調子こいてスカイアクション物借りてみました。
結果は、ドカンと1発、やらかしてしまいましたねぇ~。

内容ウンヌンの前に、立ちはだかる巨大障害・・・・・2重音声なんですよ!!
ロシア語で会話してるのに、その上にオッサン1人で、会話を棒読み・・・有りえない

マスターテープから、これだったらしいのですが、ジャケに大文字で書きなさいよ!
そんな、本編始まる前に「ご了承下さい」って、大反則でしょうが

これをリリースできるとは、どおゆう了見ですかね?アルバトロスでした(納得)
それを最後まで、見る自分も、どおゆう了見なんですかね(笑)

一通り、怒りましたので、本編へと・・・ロシア空軍全面協力? 
どの辺、協力されたのでしょうか? エアバトルなど見あたらずぅ。

おまけに「ゴルゴンシステム」ってのが、世紀、いや人類史上初の大発明なんですが
レーダーに映らないどころか、目に見えない透明飛行機・・・・。

プリンセス天功イリュージョンワールドへ、ようこそ。ですは

爆撃機の核ミサイル置き場の赤色灯、今ホームセンターから買って置いといたからレベル
一応、機体に付けてよ、一応ね・・・怒る気力も吸い取られましたねぇ。

せめて、男前でも・・発見できず。主演の女性はロシア美人でしたが。

題名に、そそのかされ借りた方、絶対居る・・3本あって2本レンタル中だったし
やるせない気持を、共に分かち合い慰め合いましょうぞo(^▽^)oゲラゲラ

好き度 (2重音声なので、★付ける以前の問題で無し)

★よろしかったら1クリお願いします。

人気ブログランキング ブログランキング 人気blogランキング

2008年05月06日 (火) | 編集 |
hiruu1.jpg

■2008/4/25日DVD発売 ■アメリカ制作 ■107分

■監督 ・アレクサンドル・アジャ

■出演
・アローン・スタンフォード(ダグ)
・ダン・バート(ボビー)
・エミリー・デ・レイブン(ブレンダ)
・ヴァネッサ・ショウ(リン)
・キャスリーン・クインラン(エセル)
・トム・バウワー(GSのオッチャン)

■あらすじ■
警官を退職したボブが家族を連れてトレイラーで砂漠を横断中、故障により砂漠の中で立往生することに。だが核実験場に近いその荒地は、放射能によって突然変異を起こした食人一家がおり、カーター一家との殺し合いが始まるのだった…。

hiruu2.jpg

hiruu6.jpg

■かんそう■
入りの核実験の映像&奇形の赤ん坊の標本が恐い。
爆風の中に座り込む兵士達・・・彼らが、人体実験アトミック・ソルジャーの部類ですか?
アメリカの恐ろしい部分が、シッカリ描写されてます。

「サランドラ」と言うホラーのリメイクらしいのですが、見てないので内容は不明。
あまりにも、クライモリと設定がカブルのは、クライモリもサランドラがベースなの?

前半の雰囲気作りが、かなり長いです・・・チョイだらける。ここは、グッと我慢
始まったら、凄いです!1番軟弱そうなメガネのダグが切れまくりの豹変

「やられる前に、息の根止めろ」状態・・命がけなので、ためらいなど無し。
描写的には、かなりキツイのですが、淡々と実行するので恐いではなく
豪快&痛快・・・・・さすが、「ハイテンション」の監督、やる事が、強烈。

車の残骸置き場、クレーターでした。あれも、実験で出来た物だと
この辺、シッカリ利用してて上手いですね~。

殺人鬼一家のインパクトが弱めかなぁ。 記憶してるのは、赤ずきんちゃんだけ
多分、ダグの無感情さに圧倒されてしまったからかもσ(^◇^;)

見てる側が、惨殺に何の感情も湧かない、この映画のドライさったら

流れ的に新鮮さは感じませんが、狂人チックなノリでなかなか面白かったです。
2は、かなりグロアップらしいので、チェックせねば・・大好きです、血みどろ映画。

好き度  stars-3-5.gif


★よろしかったら1クリお願いします。

人気ブログランキング ブログランキング 人気blogランキング

2008年05月05日 (月) | 編集 |
fll1.jpg

■2008/3/21日DVD発売 ■アメリカ制作 ■138分

■監督 ・トニー・ビル

■出演
・ジェームズ・フランコ(ローリングス)
・ジャン・レノ(セノール)
・マーティン・ヘンダーソン(キャシディ)
・ジェニファー・デッカー(ルシエンヌ)

■あらすじ■
欧州で第一次世界大戦が激化する中、フランスに渡ったアメリカの若者ローリングスは、戦闘機のパイロットに志願する。そこには同じくアメリカからやってきた若者たちがいた。ルノー大佐の下、パイロットとしては素人の彼らを、一人前の戦闘機乗りにする訓練が始まった。ローリングスは仲間たちと友情を育んでいく一方、フランス人女性と恋に落ちる。やがてドイツ軍飛行隊との戦いの日が来た。それは予想を超える過酷なものだった。

fll4.jpg

fll2.jpg

■かんそう■
実話ベースに作られた映画ですが、飛行機が初めて軍事実用化された
時代の話で、無人戦闘機エディ(ステルスから拝借)とか、音速で飛ぶ飛行機を
見慣れた私。  質素なプラモデルのような姿に、最初はキョトン・・でした。

操縦席はムキ出し、脱出装置無し、ミサイル無し。
玉詰まりをトンカチで叩くなんて現在では信じられない話で
新人パイロットの寿命は3~6週間。それでも彼らは、戦った。

大空への憧れに突き動かされた青年達の物語ですね。
ただ、夢の飛行機に乗る手段は戦争しか無く、戦死と言う現実も横たわっています。

色々な事情で集まった青年達が、友の死、挫折を乗り越えながら1人前の飛行機乗りと
して自立する過程や、愛情&友情も盛り込まれ、見やすかった。

Mrレノの存在も光ますが、先輩キャシディと黒い鷹の空中戦は見応え有り。
その中で、後輩に戦争の厳しさを伝えて行く姿に心打たれます。

同性として、ルシエンヌが、行き帰りの飛行機を見上げ数える場面も
共感できたし、恋愛ベタベタのクドサもありません。

映像面は、CG駆使され、エアバトルはド迫力。劇場で見たら凄かったと想像。

1つ悲しかったのは、愛し合う2人が再会出来なかった事。
これが実話ベース・・パッピーエンドでない現実です。

最近、長時間映画を避けてたのですが、この映画は138分が短く感じられたし
軽めに描いてあるため、重厚感はないのですが、それが逆に良かったのか
戦争ベースなのに重苦さ感じずで、楽しめました。

好き度 ★★★★

★よろしかったら1クリお願いします。

人気ブログランキング ブログランキング 人気blogランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。